「無精髭なんか生やしちゃって」遠藤渓太が横浜FMのスタンドに!ワイルドになった姿にファン興奮「全体的に逞しくなってる」

2022.06.02 12:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウニオン・ベルリンに所属するMF遠藤渓太が古巣である横浜F・マリノスの試合を観戦に訪れた。遠藤は2020年夏に横浜F・マリノスからウニオン・ベルリンにレンタル移籍。公式戦17試合に出場して1ゴールの数字を残すと、今シーズンから完全移籍に移行した。

しかし、今シーズンはシステム変更や負傷の影響もあり、ブンデスリーガ4試合に途中出場したのみでプレータイムが合計51分という悔しいシーズンとなった。
遠藤は帰国すると、1日に行われた天皇杯2回戦の横浜FMvs鈴鹿ポイントゲッターズの一戦に姿を現した。

クラブOBで現在はアンバサダーを務める元日本代表の波戸康広氏がSNSを更新。スタンドで観戦する遠藤の姿を投稿すると、ファンからは「元気そうで何より」、「全体的に逞しくなってる」、「大人になりましたね」といった声が。さらに、「無精髭なんか生やしちゃって」と、遠藤の口元に髭が伸びていたことに着目する声もあった。


関連ニュース
thumb

試合巧者ウニオンがベルリン・ダービー制して首位バイエルンにプレッシャー《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは28日、ブンデスリーガ第18節でヘルタ・ベルリンとのベルリン・ダービーに臨み、2-0で勝利した。ウニオンのMF原口元気は89分からプレーしている。 前節ブレーメンに2-1と競り勝って2位に再浮上したウニオン(勝ち点33)は、再開後2戦連続スタメンだった原口がベンチスタートとなった。 17位ヘルタ(勝ち点14)に対し、守勢の入りとなったウニオン。しかし、堅実な守備でしっかりと耐えるとハーフタイム間際の44分に先制する。左サイドからのトリメルのFKをダリーニョがヘディングシュートで押し込んだ。 ウニオンが1点をリードして迎えた後半、67分にリードを広げる。ロングカウンターに転じた流れからベッカーがボックス左に侵入。丁寧なラストパスをセギンが難なくゴールへ蹴り込んだ。 その後、74分にCKから迎えたピンチではトゥザールのヘディングシュートをGKレノウが好守で凌ぎ、2-0でシャットアウト勝利。 このあと、試合を行う首位バイエルンに勝ち点で並びプレッシャーをかけている。 2023.01.29 02:04 Sun
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトのSDが原口元気への関心認める「3日後にわかる」

シュツットガルトが、ウニオン・ベルリンの日本代表MF原口元気(31)への関心を認めた。ドイツ『キッカー』が伝えている。 今冬の移籍市場で中盤の補強を進めたいシュツットガルト。ドイツメディアによれば、ボデ/グリムトのノルウェー代表MFヒューゴ・ヴェトレセンの獲得を試みたが、3度のオファーも実らず計画を断念。その代替案落として挙がっているのが原口のようだ。 27日にライプツィヒとの上位戦で敗れた後、スポーツ・ディレクターのファビアン・ウォールゲムートが公言。獲得可能かどうか「3日後にわかる」とコメントしたようだ。 2014年夏のヘルタ・ベルリン入りからドイツでを活躍の場とする原口は、2021年夏にウニオンに新天地を求め、昨季は公式戦42試合で2得点6アシストと奮闘。今季もここまで公式戦18試合に出場中だ。 2023.01.28 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

引く手あまたのイスコ、ウニオン・ベルリンがオファーか

ウニオン・ベルリンが、元スペイン代表MFイスコ(30)にオファーを出したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 昨年夏にセビージャに加入しながらも、恩師のフレン・ロペテギ監督の解任を受けて今冬に自身も退団を決断したイスコ。いち早くオファーを出したというマルセイユやサウジアラビアを拒否したという報道もある中、多くのクラブが目を光らせている模様だ。 そんな中、新たにウニオンがオファーを出したと『スカイ』が報道。同クラブは先日、チュニジア代表MFアイサ・ライドゥニ(26)を獲得したばかりだが、日本代表MF原口元気に他クラブから触手が伸びるなど、中盤の入れ替えがさらに進む可能性がある。 ただ、元スペイン代表MFには引く手あまたで、ロペテギ監督率いるウォルバーハンプトンをはじめ、ユベントスやMLSのクラブとの関連も伝えられている。 2023.01.28 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ウニオン原口元気にシュツットガルト移籍の可能性…すでに交渉か

ウニオン・ベルリンの日本代表MF原口元気(31)に対して、今冬の移籍話が浮上している。 2014年夏のヘルタ・ベルリン入りからドイツが活躍先の原口。2021年夏からはウニオンに新天地を求め、昨季は公式戦42試合で2得点6アシストを記録して奮闘した。 今季もここまで公式戦18試合に出場中だが、先発チャンスが減少傾向。その裏で、昨季のブンデスリーガで5位フィニッシュのチームは今季も3位の好位置につける。 そんななか、ドイツ『スカイ』がMF遠藤航やDF伊藤洋輝の日本代表勢も所属するシュツットガルト行きの可能性を報道。すでに交渉中で、原口本人も前向きだという。 その裏で、シュツットガルトはボデ/グリムトのノルウェー代表MFヒューゴ・ヴェトレセンを獲得しようと3度のオファーも撃沈。新たに原口の名が浮上した模様だ。 原口であれば、ベトレセンよりも安価に獲得できるともされるシュツットガルト。ブンデスリーガ15位と残留を争うチーム状況だが、原口の去就やいかに。 2023.01.28 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、チュニジア年間MVPのライドゥニを獲得!

ウニオン・ベルリンは27日、フェレンツヴァーロシュに所属するチュニジア代表MFアイサ・ライドゥニ(26)を完全移籍で獲得した。 ウニオンへの移籍が決まったライドゥニは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「世界最高のリーグでプレーすることは、すべてのプロサッカー選手の夢だ。だから、ブンデスリーガで自分の力を証明できることはとても嬉しい。これまで見聞きした限りでは、ウニオンはフレンドリーでありながら、情熱的で野心的なクラブだ。ここにうまく溶け込めると確信しているし、ウニオンで成功するためにすべてを捧げるよ」 2022年のチュニジア年間最優秀選手に選ばれたライドゥニは、2016年アンジェでプロデビュー。しかし、その後は出場機会に恵まれず、国内下部リーグへのレンタル移籍を繰り返し、2018年夏にルーマニアのヴォルンタリへ完全移籍。 ヴォルンタリでは主力として2シーズンで公式戦56試合に出場し7ゴール5アシストを記録。この活躍が評価され、2020年夏にハンガリーの強豪フェレンツヴァーロシュへ移籍すると、絶対的主力として在籍2年半で公式戦103試合に出場し9ゴール16アシストをマークしていた。 また、2021年3月にデビューしたチュニジア代表ではこれまで28キャップを誇り、昨年末に行われたカタール・ワールドカップでもグループステージ全試合に出場し、強豪デンマーク代表と引き分けた試合ではMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いた。 2023.01.28 01:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly