8月のACLセントラル開催に立候補、Jリーグ野々村芳和チェアマン「日本でやった方が勝つ確率を挙げられるのではないか」

2022.05.31 19:22 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは31日、第5回理事会を開催。その後に記者会見を行った。

今回の理事会では、声出し応援の段階的導入の試合が決定したことや、百年構想クラブの審査結果、また、競技規則の適用ミスとなった試合の取り扱いなどが決議された。

様々な決議事項があった中、野々村芳和チェアマンは、5月31日が日韓ワールドカップ(W杯)開幕からちょうど20周年であることに触れ、「森島さん、宮本さんが20年経ったねということから理事会が始まりました」と、理事会に出席したメンバーであり、当時大会に出場していた森島寛晃氏、宮本恒靖氏と、当時を懐かしんだとコメント。「歳をとったねということと、サッカーも前に進んでいるよねという話になりました」と、20年経っての今を考えさせられたとした。

その中で、弾丸でチャンピオンズリーグ(CL)のリバプールvsレアル・マドリーの決勝を観に行ったと明かし、「CL決勝を弾丸で見に行きました。パリは日本人の我々がいくと、コロナがどこに行ったんだというぐらいでした」と環境の違いについてコメント。「スタジアムの雰囲気は、盛り上がることは当然ですが、サッカーにおけるサポーターの皆さんの存在は本当に大きいなと感じて帰ってきました」と、改めてサポーターのありがたさを感じられたとした。

また、会見の中ではAFCチャンピオンズリーグ(ACL)について言及。川崎フロンターレは敗退したものの、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸の3チームが勝ち上がっている。

8月には東地区はラウンド16から準決勝までがセントラル開催される予定だが、開催地が未定となっていた。

野々村チェアマンは「ACLの次のステージはセントラル開催になる。日本のサッカー界として、ACLでチャンピオンを目指すという気持ちも含めて、日本でセントラル開催をすることを検討しています」とコメント。アジアサッカー連盟(AFC)に対して、日本が立候補したことを明かした。

今回の立候補した理由については「Jリーグとしてどういうサポートができるかということも考えると、日本でやった方が勝つ確率を挙げられるのではないかということ」と、Jリーグ勢が勝ち上がるための環境を作りたいということを挙げた。

また、日韓W杯以来、東京オリンピックは行ったものの、大規模なサッカーの国際大会は開催されていない。

野々村チェアマンは「日本の国内において、それなりのサイズの国際大会をたくさんやっているわけではないです。(W杯から)20年たって、若いスタッフが増えた中で、国際大会を経験するのはクラブにもリーグにも将来必ず役に立つということで、費用は多少かかってもトライしたいというところです」と語り、日本が大きな大会を実施できることを示したいという狙いもあるようだ。

関連ニュース
thumb

「マリノスの未来を切り拓く」2シーズン前の悔しさ胸に横浜FM・喜田拓也が意気込む「歴史を変えられるタイミングはそう何度も来るものではない」

横浜F・マリノスのキャプテンを務めるMF喜田拓也が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のヴィッセル神戸戦を前に意気込みを語った。 現在は明治安田生命J1リーグで首位に立ち、リーグ制覇へと邁進している横浜FM。ACLでは全北現代モータース(韓国)、ホアンアイン・ザライ(ベトナム)、シドニーFC(オーストラリア)と同居したグループステージを4勝1分け1敗で終えて首位通過を果たした。 その横浜FMがラウンド16で対戦するのは神戸。ACLの舞台でJリーグチームと対戦することとなった。 喜田は神戸戦に向けて、「タフなグループステージを勝ち抜いて、明日から決勝トーナメントということで、ここから先はマリノスの歴史上は突破したことがない、見たことがない景色になるところではあるので、必ず自分たちの力でマリノスの未来を切り拓いていきたいですし、その力があるチームだと信じているので、自分たちがやってきたことを信じて、思い切ってぶつかっていくだけだと思います。マリノスファミリーの力を結集して、思い切ってぶつかっていきたいと思います」と、これまで通りのやり方で向かっていくと虚ちょうした。 横浜FMとしてはACLの最高位はラウンド16。この先に勝ち進んだことは今までない。 喜田は「クラブとして突破したことがないところまで来たので、切り拓くのは自分たち次第だと思います」と語り、「歴史を変えられるタイミングはそう何度も来るものではないので、チーム全員でやってきたことを信じて出し切りたいですし、何よりも今いる仲間と1試合でも多く戦いたいので、そのためには勝ち進まなければいけないです」と、しっかりと勝ちたいと意気込んだ。 また「あとは変に着飾る必要もないと思います。このチーム、この仲間を心の底から信じているので、自分たちが今までやってきたこと、仲間を信じて思い切ってぶつかるだけなので、結果や相手に囚われず、自分たちのことに集中して、堂々とピッチに立てればと思います」と、自分たちの良さをしっかりと出すことだけだとした。 その喜田は2020年のACLにも参加。カタールでの集中開催となった中、ラウンド16で水原三星ブルーウィングス(韓国)の前に敗れっていた。 当時も見たことのない景色を見ると口にしていた中で、悔しい思いをしたが、1年半が経過して再びチャンスが巡ってきた形となる。 「2020年のベスト16で敗退したあの日の光景だったり、景色というのは忘れたことはないです。強烈な悔しさを経て、本当に悔しい気持ちでチーム自体はいっぱいでしたが、それでも前を向いてみんなで手を取り合って進んできて、自分たちの手で切符を掴み取って、そして今年グループステージを勝ち抜いて、この場に立つということは、自分たちの手で掴み取ったと自信を持ってピッチに立つべきです」 「勝利という意味ではピッチに立つ、立たないは関係なくみんなの力が必要だということは、ACLに限らず、ずっと言ってきたことなので、それが自分たちの色で、大切にしてきたことです」 「ACLだからと変わることはないですし、ここから先は見たことがない景色ですけど、僕たち自身がやることは変わらないので、とにかくやることは、お互いを信じて堂々とピッチに立つ。やるべきことをやって結果を出すというのは、どの大会でも変わらないので、チームを信じて貫き通して、必ず結果を出したいと思います」 キャプテンとして再びチャレンジすることが叶った喜田。2シーズン前の悔しさを払拭し、未来を切り拓けるか。試合は18日の20時から埼玉スタジアム2002で行われる。 2022.08.17 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「全員を使いたい」横浜FMのマスカット監督、ACLの外国人枠3名のチョイスは「バランスが取れる選択肢を持つ」

横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のヴィッセル神戸戦を前に意気込みを語った。 現在は明治安田生命J1リーグで首位に立ち、リーグ制覇へと邁進している横浜FM。ACLでは全北現代モータース(韓国)、ホアンアイン・ザライ(ベトナム)、シドニーFC(オーストラリア)と同居したグループステージを4勝1分け1敗で終えて首位通過を果たした。 その横浜FMがラウンド16で対戦するのは神戸。ACLの舞台でJリーグチームと対戦することとなった。 マスカット監督にとっては横浜FMでは初の決勝トーナメントの指揮。メルボルン・ビクトリー時代にもラウンド16は1度しか経験がなく、その時は全北現代に敗れていた。 改めてラウンド16に向けては「数カ月前にすごく良いグループステージの経験を経て、ここに戻って来れたことを凄く嬉しく思う。決勝トーナメントがスタートする中で、今度からは勝ち抜きになる。自分たちは自信を持ってここにきているし、皆さんには、マリノスというクラブ、サッカーをピッチ上で表現するのを見せたい」とコメント。今シーズン見せているサッカーを表現していきたいとした。 11月にカタール・ワールドカップがあること、そしてACLの日程の関係もあり、今シーズンも過密日程を過ごしてきた横浜FM。ただ、先週末の湘南ベルマーレ戦は、台風8号の影響で中止となり、久々に試合間が空いたこととなる。 調整面については「準備はもちろん湘南戦に向けてやっていたが、中止になったことについて言うことはない。クラブとしてファン・サポーター、関わる皆さんが危険に晒されないこと、安全が第一だ」と中止された試合について言及し、「練習のスケジュールを少し変えながら、良い準備をすることに集中し、次の試合への準備が上手くできたと思う」と、調整は問題ないとした。 また、今夏獲得したFWヤン・マテウスはプレーしないままACLへ。「来てくれて本当に嬉しい。ヨーロッパはプレシーズン中と言うこともあり、彼が日本に来たことでコンディション面もそうだが、日本の暑さという部分で、大変な経験をしていると思う」と、チームに加わったことを喜んでいた。その中で、「異国の地で、文化も言葉も人も違うなか、よくやってくれている。1日も早くアダプトしてくれることを信じているし、来てくれたことに感謝している」と語り、環境に慣れていってもらいたいとした。 神戸には実力者が多く揃い、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタも前日練習に参加していた。「向こうにはイニエスタだけではないというところは自分もよくわかっている」と、警戒すべきはイニエスタだけではないとコメント。「彼1人がどうこうというチームではない。他にも良い選手が多く、個の力を持っている選手が多いチームだと思っている」と語り、「明日どうなるか、誰が出てくるかはわからないが、相手がどうこうと言うよりも、自分たちが何をしたいか。どういうサッカーをしていくかに集中していきたいと思うし、それを大事にしていて、そこにフォーカスしたい」と、自分たちに矢印を向けて戦っていくとした。 ACLでは外国人枠の関係で3選手しか起用ができない。現在ブラジル人が6名所属する中、3名はメンバー外になることが確定。試合ごとに選べるとはいえ、チームとしてのプランをリーグ戦とは変える必要がある。 「3人という外国人枠というのは初めてのことではないが、慣れているわけでもない」 「常に選手を選ぶというのは簡単な作業ではない。一番大事にしているのは、チームとしてバランスが取れる選択肢を持つこと。全員を使いたいと思いがあるが、可能ではないこともわかっている。全員を必要としていて、選手たちが良いスピリットを持って、常日頃、練習や試合をやってくれている」 「選ばれなかった選手、ピッチに立てなかった選手は良い気分ではないことは十分承知しているが、彼らも出ている選手のために日々努力し、次の試合では自分にチャンスが来ると思って練習に打ち込んでくれていると思う。そういうところで、全員を信じているし、全員が必要だと思う」 マスカット監督は誰をチョイスしてメンバーを組むのか。試合は18日の20時から埼玉スタジアム2002で行われる。 2022.08.17 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ACLラウンド16に臨む神戸、リーグでは苦戦もDF大崎玲央は自信「自分たちにもクオリティはある」

ヴィッセル神戸のDF大崎玲央が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16に向けた記者会見で勝利への自信を示した。 今年の4月から5月にかけて行われたACLグループステージを首位通過し、ノックアウトステージ進出を果たした神戸。18日に埼玉スタジアム2002で行われるノックアウトステージ・ラウンド16では、同じ日本勢の横浜F・マリノスと対戦する。 大崎にとっては2020年に出場したACLでベスト4進出を果たして以来、これが2度目の国際舞台に。会見では「非常に楽しみですし、自分たちがどこまでやれるかの証明になると思います。まずは明日勝って、次に進んでいきたいですね」と意気込みを示した。 準決勝までは一発勝負となる今大会、大崎は普段のリーグ戦との違いについて認めつつ、「一発勝負ではありますが、だからといって消極的になるのではなく、積極的に仕掛けていかないと。自分たちはボール持っているときとそうでないときで、戦い方がはっきりしています。明日の試合では、できる限り自分たちが主導権を握りたいです」と語り、チームがこれまで取り組んできたアグレッシブな姿勢は維持したい考えを明かした。 現在明治安田生命J1リーグで首位に立つ横浜FMとは対照的に、神戸は16位に低迷。劣勢が予想されるが「これはACLなので、リーグ戦の順位は関係ありません」と強調しており、「もちろん、相手はクオリティがありボールの保持も上手いチームです。ただ、自分たちにもクオリティはあると思っています。守りに入り過ぎず、攻守に攻撃的な姿勢を見せたいですね」と、リーグ戦とは違った姿を見せられるはずだと述べた。 今年3月のリーグ戦で横浜FMに0-2のスコアで敗れた際は、三浦淳寛氏が指揮をとっていた神戸。あれから数度の監督交代を経て現在は吉田孝行監督がチームを率いているが、大崎は「チームとしてここまでやってきて、監督が変わればもちろんスタイルは変わります。ただ、それでも最終的にプレーするのは選手なので。明日の試合はこれまでやってきたものを示せるチャンスですから、勝って次に進みたいです」と述べ、あくまでプレーするのは選手であり、今季成長してきた姿を見せたいと気合いを示している。 2022.08.17 14:39 Wed
twitterfacebook
thumb

自身初のACLに挑む神戸の吉田孝行監督、横浜FMとの同国対決にも「恐れずアグレッシブにいきたい」

ヴィッセル神戸の吉田孝行監督が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16への意気込みを語った。 明治安田生命J1リーグでは16位に低迷しているものの、ACLはグループステージ4試合負けなしでノックアウトステージに進出した神戸。18日に埼玉スタジアム2002で行われるノックアウトステージ・ラウンド16では横浜F・マリノスと対戦する。 今年6月にクラブの指揮官に就任した吉田監督にとっては初の国際舞台。「ACLという素晴らしい舞台で、Jリーグトップレベルの横浜FMと対戦できるのは嬉しいし、楽しみにしています。我々としては勝って次に進みたいですね」と期待感を示した。 対戦相手の横浜FMは、リーグで低迷する神戸とは対照的に現在2位に5ポイント差をつけて首位に立つなど、好調を維持している。それでも、「リーグ戦とは違う雰囲気だと思います」と強調しつつ、「自分自身、この舞台を経験したことがないので明日にならないとわからない部分はあります。ただ、こうしたトーナメントでは勢いや立ち上がりの集中力、セットプレーがキーになるかなと。攻守にアグレッシブにいく姿勢が大事です。それはリーグだから、ACLだから、一発勝負だからではなく、そうした姿勢をチームとして出していくことが今後の戦いにつながります。恐れず、攻守にアグレッシブにいきたいですね」と、強敵相手にも一貫した戦い方で臨むことを強調した。 今シーズンはMFアンドレス・イニエスタ、FW大迫勇也、FW武藤嘉紀と、中心選手の相次ぐ負傷に苦しんできた神戸。しかし、現在は3人とも復帰を果たしており、吉田監督も「万全かと言われれば、痛みはあるかと思います。ただ、大迫と武藤は先週末のリーグ戦に出ており、アンドレスも昨日から合流しているので問題はありません」と明かし、明日の試合での起用に向けて太鼓判を押した。 会見では、先月チームに加入したFWステファン・ムゴシャの状態について問われる場面も。吉田監督は「彼が加わることで新たなオプションができました。長身なので、ターゲット役だったりポストプレーだったりで、良い変化を加えてくれているなと。日本に徐々に慣れてきて、試合を重ねるごとにコンディションも上がってきているので、状態は良くなってきています」と述べ、今後出場機会は増えていくことを示唆している。 2022.08.17 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ACLのシーズン移行に疑問、Jのシーズンはどうすべきか/六川亨の日本サッカー見聞録

AFC(アジアサッカー連盟)は8月1日、来シーズンのACL(AFCチャンピオンズリーグ)を現行の春秋制から秋春制へ移行する日程を発表した。来シーズンのACL1次リーグは9月に開幕し、決勝は2024年5月11日と18日に行われる予定だ。 これまでも「シーズン移行」については幾度となく議論が重ねられ、そのたびに結論は先送りされてきた。ご存じのように日本をはじめ韓国や中国といった極東の国々は“春秋制"を、中東勢は“秋春制"を採用している。このため“春秋制"によるACLは、中東勢にとって1次リーグと決勝トーナメントではメンバーが入れ替わる可能性の高い大会でもあった。 それでも結論が先送りされてきたのは、「どちらがアジアにとって適しているか、公平性を保てるか」という点で、“正解"を見つけられなかったからでもある。 日本に関して言えば、16年1月に「最初で最後」になるであろうJFA(日本サッカー協会)会長選挙で、JFA副会長だった田嶋幸三氏は“秋春制"を、JFA専務理事だった原博実氏は現行の“春秋制"を訴えた。それが選挙の行方を左右したかと言えば、田嶋会長が4期目(任期は1期2年で最長4期まで再選が可能)を迎える現在もシーズン制に変化はないため「ノー」と言える。 もちろん過去にはJSL(日本サッカーリーグ)時代も“秋春制"を採用したこともあった。1985年のことだ。2月から5月にかけて開催されたメキシコW杯アジア1次予選で、日本は本命と目された北朝鮮をFW原博実のゴールで1-0と破る大金星をあげた。アウェーではきっちり0-0で引き分けて2次予選に進出した。 すると2次予選は中国が勝ち上がると思われたが、香港に足元をすくわれ1次予選で敗退。2次予選は8月と9月にホーム&アウェーで行われ、日本は3-0、2-1で香港を退け、W杯予選で初の決勝へと進出した。 そこでJSLも9月6日に開幕し、翌年の3月26日に閉幕するロングランとなった(チーム数も10から12に増えた)。W杯予選を勝ち上がったためにJSLは“秋春制"にならざるを得なくなり、翌86年からは正式に“秋春制"(翌年制)へと移行。シーズンも86/87年と表記され、それは91年まで7シーズン続いた。 当時のJSLが“秋春制"を導入できた大きな理由の1つに地域性があげられる。読売クラブや日産自動車、三菱重工、古河電工とほとんどのチームが東京と神奈川に集中し、それ以外ではヤマハと本田技研の静岡勢、ヤンマーの大阪、マツダの広島と関東以西に集中していた。 北にあるチームとしては当時JSL2部の住友金属の茨城県が“北限"のため、降雪による試合中止の心配はほとんどなかった。 関東にも雪は降る。87年のトヨタカップではFCポルトとペニャロールが降雪のなか熱戦を繰り広げたし、98年には全国高校選手権の決勝で東福岡と帝京が名勝負を演じた。しかし、それは年に1~2回あるかないかである。このため“秋春制"もスムーズに導入することができた。 しかし、それらはチーム数が少なく特定の地域に集中していたJSL時代の話。全国に58チームもある現在のJリーグでは、青森県を筆頭に日本海側の北部には豪雪地帯が多い。そうした環境下で“秋春制"を導入したら、札幌、山形、秋田、新潟、富山、鳥取などは、スタジアムはもちろん練習グラウンドを確保するのにも苦労するだろう。 そうした地域では、快適な観戦環境を提供するためスタジアムにヒーターなどの暖房設備も必要になるが、それには半端ない投資が必要になる。 ウインターブレイクを採用すれば、1~2月の厳寒期での試合開催を避けることはできる。しかし、ただでさえ過密日程のJ1リーグは、さらなる日程的な負担を強いられることになり、代表選手はオフシーズンがなくなる危険すらある。 そして問題はスタジアムや練習環境といったハード面だけではない。年度をまたぐ問題――学校は年度替わり、企業は決算時期――というハードルもある。ただ、こちらはJSL時代もクリアできただけに、企業努力によって乗り越えることができるはずだ。 高校生や大学生は、例えばFC東京の松木玖生のように、卒業式を待たずにJリーグでプレーしていた。こちらは登録ウインドーの設定変更で対応することが可能だ。企業の決算時期に関しては、JSL時代に主流だった「重厚長大」な日本の基幹産業と比べ、親会社の企業形態がかなり劇的に変化しているだけに、一概に比較することはできない。しかしながら検討の余地はあるのではないだろうか。 むしろ難問は、やはりスタジアム問題となる。柏やG大阪のように“自前"のスタジアムがあるクラブはいい。問題は地方自治体が所有しているスタジアムだ。企業と同様に4月から新年度が始まり、3月末で決算となる。 もしもJリーグが“秋春制"を採用したら、クラブは建前上シーズン開幕から3月までしかスタジアムの使用許可を取れない。4月以降は、改めて使用許可を取ることになる。これだけJリーグが浸透しているのだから、スタジアムの使用に関しても行政サイドは理解を示してくれると思うが、手続きが煩雑になることは避けられないだろう。 そして結論である。 “秋春制"への移行に関する問題点を長々と書いてきたが、メリットよりもデメリットの方が多いと言わざるを得ない。 そしてACLである。大会に出場できるのはJ1リーグの上位3~4チームだけ。そして、例えACLで優勝しても、4年に1度開催の拡大版クラブW杯(24チーム参加)は新型コロナウイルスの影響で開催のメドが立っていない。 現状では、4年に1度あるかないかの大会のために、多大な犠牲(になるだろう)を払ってまでシーズンを移行するメリットはほとんどないと言っていいだろう。それなら現行の“春秋制"を維持しつつ、ACLに出場する3~4チームにはJリーグとして日程的、経済的な配慮をすることで十分ではないだろうか。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.08.12 23:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly