生後1カ月の愛娘が初の生観戦で父のゴール見守る! スタジアムでは銅像になった祖父とも対面!?

2022.05.26 20:15 Thu
Getty Images
エバートンのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの娘ロミーちゃんがお爺ちゃんと対面した。
PR
ファン・デ・ベークはアヤックス時代の2019年からエステル・ベルカンプさんと交際をスタートさせ、今年4月に第1子となるロミーちゃんが誕生したばかりだ。恋人のエステルさんはアヤックスやアーセナルで活躍したデニス・ベルカンプ氏の愛娘でもある。
今シーズンはマンチェスター・ユナイテッドからのレンタル移籍でエバートンに加入。プレミアリーグ最終節では、義父の古巣アーセナルの現在の本拠地エミレーツ・スタジアムに乗り込んだ。

エステルさんのインスタグラムによると、この試合をロミーちゃんも観戦に訪れていた模様。エミレーツ・スタジアムにあるベルカンプ氏の銅像とロミーちゃんが対面する微笑ましい様子を投稿している。

生後約1カ月のロミーちゃんにとって初のスタジアム観戦となった試合では、エバートンは敗れたものの父ファン・デ・ベークは見事にゴール。ロミーちゃんはさすがに覚えていないかもしれないが、一家にとって忘れられない思い出になったのではないだろうか。


PR
1 2
関連ニュース

「僕がPKのキッカー」PKで揉めたチェルシー、4ゴールのパーマーが振り返る「口論は少し行き過ぎたかも」

チェルシーのイングランド代表MFコール・パーマーが、PKを巡る騒動について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 15日、プレミアリーグ第33節でチェルシーはエバートンをホームに迎えた。 今シーズンもチームは低迷する中、なんとか来シーズンのヨーロッパ行きを目指して残り試合を戦っている状況。一方で、エバートンは勝ち点剥奪の状況もあり、残留争い真っ只中となっている。 試合はそのパーマーが躍動。13分に先制ゴールを奪うと、18分、29分と開始30分でハットトリック達成。前々節のマンチェスター・ユナイテッド戦に続くハットトリックを記録した。 さらに1点を加えて迎えた64分にちょっとしたトラブルが発生。チェルシーがPKを獲得すると、パーマーが蹴ろうとする中で、PKを獲得したノニ・マドゥエケが自身が蹴りたいとアピール。さらに、そこに止めに入ったのか、蹴りたいと申し出たのか、ニコラス・ジャクソンも加わる異様な事態となったが、コナー・ギャラガーが2人を制してパーマーがキッカーに。これをしっかりと決めて、4ゴールを記録。試合は6-0で圧勝となった。 この4ゴールで得点数を20に伸ばし、マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと並んで得点ランキングトップに立ったパーマー。『スカイ・スポーツ』でPKのシーンについて言及した。 「他の選手たちはそれを蹴りたがったけど、4-0だったから理解はできる」 「でも、僕がPKのキッカーだ。そして、僕は蹴りたかった。だから、最終的には僕が蹴ることとなった」 「僕たちは誰もが責任を負いたいと思っているということを示そうとしているだけだ。口論は少し行き過ぎたかもしれないけど、誰もが助けたいと思っている」 「大したことではない。僕たちは笑いながら冗談を言っていた。監督は僕たちに今話してくれたよ」 マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、醜いシーンを見せてしまったことに対し、「残念だ。我々はこのような振る舞いをしてはいけない。彼らに『このような振る舞いはこれで最後だ』と伝えた」とコメント。「素晴らしいチームになりたいのであれば、我々は変わり、集団として考える必要がある」と語り、若いチームが故のことでありながら、プロとしてみっともない姿だったと糾弾した。 マドゥエケもジャクソンも本気でPKを蹴る気でいたように思えるが、パーマーはしっかりと決めてチームを牽引。ポジティブな要素が少ないシーズンの中での奮起は残り数試合でも期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】本当に冗談を言っていたのか? PKキッカーで揉めるチェルシーの一部始終</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NqhBGC2CZEc";var video_start = 35;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.16 18:05 Tue

「最後には光が見えている」1年以上プレーしていない元イングランド代表MFデレ・アリ、現在の目標をリマインダーにセット「2026年ワールドカップ」

かつてはイングランド代表で10番も背負ったことがあり、将来が期待されていた元イングランド代表MFデレ・アリが、復活を期待し大きな野望を口にした。 ミルトン・キーンズ・ドンズ(MKドンズ)でキャリアをスタートさせたデレ・アリは、2015年2月にトッテナムへ完全移籍。2015-16シーズンからはトッテナムでプレーすると、すぐさまその才能を開花させイングランド代表にまで上り詰めた。 2年連続でPFA最優秀若手選手賞を受賞するなど、順風満帆のキャリアを築いていくかと思われたが、2019-20シーズンから停滞。ジョゼ・モウリーニョ監督との不仲説や自身のケガなどもありクラブを追われると、2022年1月にエバートンへと完全移籍。2022-23シーズンはベシクタシュへレンタル移籍を経験するなどしたが、かつての輝きは見られていない。 今シーズンはエバートンに復帰したものの、腰とそ径部の負傷からプレーできておらず、2023年2月にプレーしたのが最後となっている。 さらに、2023年7月には自身の壮絶な生い立ちについてインタビューで告白。睡眠薬中毒になっていたことや、幼少期に受けた性的虐待によるトラウマがあることなどを告白し、アメリカで6週間リハビリ施設に入っていたことなどを明かしていた。 そのデレ・アリはイギリス『スカイ・スポーツ』の「マンデーナイト・フットボール」に出演。まだプレーはできていないが、近い将来の復帰と目標を口にした。 「インタビューをした時、リハビリから抜け出してプレーに戻る準備ができているのは、その時が最高の気分だと言っていた」 「大変ではあったけど、これは僕が今進んでいる旅であり、その結果を待っているだけだ」 「大腿直筋を断裂してしまった。忍耐とは何かを本当に学ばなければならなかった」 「ケガを抱えての長い道のりで、浮き沈みも多かったけど、多くのことを学び、人間としてさらに成長することができた。感謝している」 「ケガをしたことはもちろんありがたくはないけど、自分自身をよく知ることができたことは良かった。ケガの痛みは復帰後に本当に生きてくるし、モチベーションにも繋がると思う」 「インタビューの後、いつサッカーに戻ってくるのかと聞かれ、休んでいるのかと思っていたけど、ただのケガだった。上手くいけば、このケガは終わりに近づいている。最後には光が見えているし、楽しみだよ」 1年以上プレーできていないデレ・アリ。インタビューで告白したことが問題なのではなく、単にプレーできる状態ではないケガの治療をしているとのこと。そして復帰が近づいているという。 今シーズン中にはトレーニングに戻り、かつての輝かしい頃のパフォーマンスを取り戻せると感じていると自信を口に。2年後のワールドカップ(W杯)を目指すと語った。 「僕は選手として自分のレベルを知っているし、自分がどこまで到達できるのか、頭が正しい位置にあるときにどれだけ上手くなれるかも知っている」 「調子は良いよ。もちろんケガにはガッカリしているけど、またプレーできることに興奮している。サッカーを見ることさえ難しかった。この8カ月は大変だった」 「毎日11時に携帯電話に2026年ワールドカップというリマインダーが来るんだ。それが僕の目標だ」 「人々は僕が1年もプレーしていないと言うだろうけど、それが僕の目標。自分のレベルがどれぐらいであるかは知っている」 エバートンとの契約は今シーズン限りで満了を迎えることとなり、プレーしないまま最後の1年が終わることが濃厚だ。ただ、プレミアリーグに残りたいという希望を口にした。 「今のところ、僕の目標はW杯だけだ。今はケガをしているので、1日1日を大切に、ケガが適切に治ることを確認し、夏が終われば最高の状態になれるようにすることだけを考えている」 「僕はエバートンと契約しているので、それ以外のことについて話すことは失礼になる。彼らは僕に対してとても素晴らしい対応をしてくれているけど、状況の詳細はまだ分からない」 「プレミアリーグに残りたい。最高のレベルで、最高の選手たちとプレーしたいんだ」 プレーができないままでシーズンを終えることになるが、持っているポテンシャルは間違いないデレ・アリ。残り2年、リマインダーの予定通り、W杯の舞台にイングランド代表として立っているのか注目が集まる。 2024.04.16 14:47 Tue

残留争いに大きな影響? 規定違反で勝ち点剥奪のエバートンが控訴、プレミアリーグは「迅速に審理」を約束

プレミアリーグの財務規定に違反したとして2度目の勝ち点減点を言い渡されたエバートンが控訴。プレミアリーグはシーズン中に決定を下すことになるという。 エバートンは昨年11月17日、独立委員会からプレミアリーグの収益性および持続可能性規定(PSR)の違反が指摘され、勝ち点「10」を減点。その後、上訴したことにより、2月26日に勝ち点「6」の減点に変更されていた。 エバートンは1660万ポンド(約31億8000万円)の違反をしている中、プレミアリーグはさらに聴取を進め、8日に追加で勝ち点「2」のマイナスを決定。これにより、勝ち点「8」が減点されることとなった。 エバートンは二転三転する結果に対し、「一貫性がない」と指摘。控訴することを決定していた中、プレミアリーグは15日に声明を発表。「迅速に」審理するとした。 「エバートンは、プレミアリーグの収益性および持続可能性規定への違反をクラブが認めたことを受けて、勝ち点2の原点を課すという独立委員会の決定に対し控訴した」 「本日、クラブが司法委員長に上訴を提出したことを受け、この件を審理する上訴委員会が任命された。この訴訟は、リーグの標準指示に従って、迅速に審理される」 「全てのクラブとファンに明確さと確実性を与えるため、プレミアリーグは今シーズンの最終日である5月19日までに結果を確認し、控訴を緊急に解決することを目指している」 シーズンに及ぼす勝ち点の影響は計り知れない。現在勝ち点8がマイナスされているエバートンは、勝ち点27で16位に位置。降格圏のルートン・タウンとの勝ち点差はわずかに「2」という状況だ。 1試合消化が少ない状況とはいえ、今回の違反による勝ち点の上下はエバートンのみならず、他のクラブにとっても死活問題。残り5試合と終わりが迫っている中で、残留争いには不確定要素がつきまとうこととなった。 2024.04.16 12:55 Tue

「恥ずべきだ」ポチェッティーノ監督がPKキッカー巡り口論の選手に苦言「こうした振る舞いはこれが最後」

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、PKキッカーを巡る選手同士の争いに苦言を呈した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 チェルシーは15日に行われたプレミアリーグ第33節のエバートン戦で、攻撃陣が爆発。前半だけでMFコール・パーマーがハットトリックを達成する活躍を見せると、FWニコラス・ジャクソンにもゴールが生まれ前半だけで勝負を決定づけた。 こうした状況の中、61分にFWノニ・マドゥエケがボックス内で倒されてPKを獲得。しかしこの際、PKキッカーはパーマーと決まっていながらマドゥエケは自らがキッカーを務めることを希望してボールを離さず。ジャクソンもマドゥエケに蹴らせるよう主張し不穏な空気になったが、MFコナー・ギャラガーの仲裁もあり結局はパーマーがキッカーを務め、しっかりと5点目を記録した。 最終的に6-0で勝利した試合後、ポチェッティーノ監督は結果を出したことを喜びつつもPKの場面については苦言。PKキッカーはパーマーだと断言し、こうした出来事は二度と起こらないと強調している。 「(PKの場面は)恥ずべきことだった。私は彼らに『こうした振る舞いはこれが最後だ』と言ったよ」 「試合であれだけのパフォーマンスを示していたのに、あの振る舞いはあり得ない。素晴らしいチームになりたいのであれば、ここから我々は変わり、チームとして考えていく必要がある」 「我々は多くを学ばなければならない若いチームであり、今はその過程だ。試合後、選手たちにもこのことは話した。こうした出来事は、もう見たくない。ファンに対しても謝りたいと思う」 「次にこのようなことが起きたらどうするかについては、はっきりさせなければならない。彼らは学び、プロ意識を持ち、集団に集中する必要がある。キッカーはコールであり、彼らもそれは知っていたはずだ。これは、我々にまだ学ぶべきプロセスがあるとよくわかる例だろう」 「(マドゥエケやジャクソンへの処分は)ない。学べば良いだけなんだ。彼らはまだ若いのだからね」 <span class="paragraph-title">【動画】PKを巡って揉めるチェルシーの選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>チェルシー・パーマー<br>得点ランキングトップに並ぶ今季20点目!<br>\<br><br>プレミアリーグ第33節<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#チェルシー</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#エヴァートン</a><br><br>この日4得点目となるPKを決めてついにハーランドに並ぶ<a href="https://twitter.com/hashtag/CHEEVE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CHEEVE</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#パーマー</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SPOTVNOW?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SPOTVNOW</a> でライブ配信 <a href="https://t.co/3UOnQWBo6M">pic.twitter.com/3UOnQWBo6M</a></p>&mdash; SPOTV NOW JAPAN (@SPOTVNOW_JP) <a href="https://twitter.com/SPOTVNOW_JP/status/1779973451547283743?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.16 10:40 Tue

「完璧な試合」6得点大勝にチェルシー指揮官も歓喜、4ゴール大暴れのパーマーは「初日から素晴らしかった」

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、プレミアリーグでの大勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 15日、エバートンとのプレミアリーグ第33節に臨んだチェルシーは、前半まででMFコール・パーマーがハットトリックを達成すると、FWニコラス・ジャクソンにもゴールが生まれハーフタイムへ。後半になっても流れは変わらずパーマーのPKで5点差とすると、90分にはDFアルフィー・ギルクリストにも嬉しい初ゴールも生まれ大量6得点で勝利した。 ポチェッティーノ監督は試合後、全体的なパフォーマンスへの満足感を示しつつ、ハットトリックのパーマーを特に称えている。 「素晴らしいパフォーマンスだった。とても嬉しいし、選手たちには心からの敬意を表したい。完璧なゲームだった。我々は6得点を挙げ、クリーンシートも達成できたのだ。まさに夢の実現だよ」 「クリーンシートは多くの成果を出すため、非常に重要だ。相手の攻撃的な場面やセットプレーが非常に危険なチームに対しては特にね。その点も、今日のチームは素晴らしかった。序盤から良いスピリットを示してくれており、とても嬉しい」 「(パーマーが)初日からチームに与えた影響は素晴らしかった。我々は契約するすべての選手に対して、常に最高の結果を期待しているから驚きはない。彼は(古巣の)マンチェスター・シティでも、常にゴールを決める能力を持っていた」 「とはいえ、彼が適応していく様子、そしてプレーやパフォーマンスについては本当に素晴らしい。これはチームにとっても彼にとっても素晴らしいことであり、クラブが彼と契約するという決断は正しかったと示している」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】チェルシーvsエバートン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7l-UQN0gNRk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.16 10:10 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly