マルシャルはユナイテッド復帰へ、セビージャ会長が明言「我々が望むようなプレーではなかった」

2022.05.25 14:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャのフランス代表FWアントニー・マルシャル(26)はマンチェスター・ユナイテッドに戻るようだ。

冬の移籍市場でユナイテッドからセビージャに活躍の場を移したマルシャル。ユナイテッドで燻っていた環境からの起死回生を目指してレンタル移籍を決断した。

最初の数試合はポストプレーやドリブルで攻撃にアクセントを加え、移籍後2試合目となったエルチェ戦で初アシストを記録。さらに3試合目のヨーロッパリーグのディナモ・ザグレブ戦では初ゴールを挙げた。

新天地で順調なスタートを切ったかに思われたマルシャルだったが、ケガを境に徐々にトーンダウン。リーグ戦最後の7試合での出場はわずか23分だった。

シーズンを終えて、セビージャのホセ・カストロ会長がスペイン『カナル・スル・ラジオ』で26歳の去就に言及。クラブを納得させる活躍ができなかったとして、買い取りの可能性を否定。ユナイテッドに復帰することを明言した。

「それ以外のことはできない。我々は大きな努力した。彼は自分の価値を示そうとしたが、適応できなかった。ケガも少なくなかった」

「これは純粋なローン移籍であり、彼はユナイテッドに戻ることになる。我々が望むようなプレーが出来なかったね。努力をしていなかったとは言えないが、うまくいかなかった」

関連ニュース
thumb

C・ロナウドはやはりユナイテッド退団を希望か

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)はやはりマンチェスター・ユナイテッド退団を望んでいるようだ。イギリス『BBC』が報じている。 昨夏、ユベントスから12年ぶりに古巣ユナイテッドに復帰したC・ロナウド。公式戦38試合の出場で24ゴールとさすがの決定力を見せ付けたが、チームはプレミアリーグ6位と振るわずヨーロッパリーグに回ることになった。 キャリアを終盤に迎え、チャンピオンズリーグでのプレーを希望するC・ロナウドは適切なオファーがあれば退団すると、『BBC』は伝えている。 チェルシーを筆頭にイタリア勢ではローマやナポリが関心を示している中、C・ロナウドはどんな決断を下すだろうか。 2022.07.03 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ディーン・ヘンダーソンがPL昇格のN・フォレストにレンタル! 買取OPなしか

ノッティンガム・フォレストは2日、マンチェスター・ユナイテッドからイングランド代表GKディーン・ヘンダーソン(25)の1年レンタルを発表した。 イギリス『BBC』によると、買取オプションはこのレンタル契約に含まれておらず、給与はノッティンガム・フォレストが全額負担することになるという。 2年間にわたるシェフィールド・ユナイテッドでの武者修行を経て、2020年夏に満を持してユナイテッドに復帰したヘンダーソン。その終盤こそ出番を増やしたが、昨季は新型コロナウイルス感染などで出遅れると、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアの2ndGKに甘んじて、わずか公式戦3試合の出番に終わった。 そうした状況が続くようだと、今秋に迫るカタール・ワールドカップのイングランド代表入りもさらに怪しくなるため、今夏の移籍が噂に。当初こそニューカッスル・ユナイテッド行きが取り沙汰されたが、24年ぶりのプレミアリーグ復帰を果たすノッティンガム・フォレスト行きの線を強まっている状況だった。 ヘンダーソンは「プレミアリーグに復帰した最初のシーズンにプレーする機会を与えてくれた監督とオーナーに感謝したい。クラブのみんなと一緒に仕事ができるのを本当に嬉しく思う。最後に、僕を歓迎してくれたファンにも心から感謝する。今季、素晴らしい瞬間を祝い合うのが待ちきれない」とコメントした。 なお、ノッティンガム・フォレストにとって、ヘンダーソンはクラブレコードの移籍金1750万ポンド(約28億6000万円)でウニオン・ベルリンから獲得したナイジェリア代表FWタイウォ・アウォニイに続く今夏2人目の新戦力となる。 2022.07.02 19:50 Sat
twitterfacebook
thumb

リシャルリソン売却のエバートン、フリーのリンガードと会談か

イギリス『BBC』によると、エバートンがイングランド代表MFジェシー・リンガード(29)を獲得しようと動いているようだ。 昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドと契約が切れ、フリーのリンガード。2020-21シーズン後半にローン加入した古巣ウェストハムのほかにも、ニューカッスル・ユナイテッドの関心が取り沙汰される。 そのなか、先日にファイナンシャル・フェアプレーも考慮して、アドオン含む総額6000万ポンド(約98億1000万円)でFWリシャルリソンをトッテナムに売却したエバートンはリンガードと会談したという。 なお、フランク・ランパード監督はアメリカ遠征前の補強を求め、バーンリーを退団したDFジェームズ・タルコウスキの獲得が濃厚。さらに、トッテナムの表MFハリー・ウィンクスにも興味があるとされる。 2022.07.02 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

カバーニにフランス復帰の可能性、ニースが関心か

マンチェスター・ユナイテッドを退団したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(35)に、ニースが触手を伸ばしているようだ。 カバーニは2020年夏にパリ・サンジェルマンからフリーでユナイテッドに加入。不甲斐ない攻撃陣のなかで一人気を吐く試合もありながら、公式戦59試合の出場で19ゴール7アシストを記録。ただ、今季は公式戦20試合の出場で2得点1アシストに終わっていた。 35歳という年齢もあり、引退も見据えた去就が気になるところだが、ニースの地元紙『ニース・マティン』が、同クラブがカバーニの獲得に動く可能性があると報道。かつて、元フランス代表FWハテム・ベン・アルファや元イタリア代表FWマリオ・バロテッリを獲得した実績が信憑性を高めているようだ。 昨季のニースは若手の力でリーグ・アン5位という成績を収めたが、新シーズンに向けてはベテランとの融合を考えており、他にもボルシアMGのスイス代表GKヤン・ゾマー(33)や、マルセイユに所属する元フランス代表GKスティーブ・マンダンダ(37)との関連が伝えられている。 ただ、人気も実力もあるカバーニには引く手あまた。バレンシアをはじめ、ラージョやエルチェ、サレルニターナからの関心も噂されるが、ニースはウルグアイ代表FWがチームのプロファイルに適合する人材だとして注視しているようだ。 また、昨シーズンに公式戦25試合に出場したフランス人FWエヴァン・グサン(21)が多くのクラブから興味を持たれていることから、代役のストライカーを探しているとも言われている。 2022.07.02 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが初補強に迫る! フェイエノールトに続いてマラシアとも合意

マンチェスター・ユナイテッドがフェイエノールトからオランダ代表DFティレル・マラシア(22)の獲得に向けて、さらに前進したようだ。 ここまで退団者のニュースが続き、補強なしと寂しい状況のユナイテッド。エリク・テン・ハグ新監督の下でスタートを切るシーズンに向け、バルセロナからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得しようとする動きが前面的になるなかで、水面下で進める交渉の1つとされるのがマラシアだ。 当初こそ基本移籍金1300万ユーロ(約18億3000万円)+アドオン200万ユーロ(約2億8000万円)でリヨン行きが有力視された左サイドバックだが、今週に入って、ユナイテッドが基本移籍金1500万ユーロの総額1700万ユーロ(約23億9000万円)に転売条項を含むオファーで形勢逆転したとされる。 フェイエノールトのテクニカルディレクターを務めるフランク・アーネセン氏からもユナイテッドとの合意を認める発言がなされ、ようやく今夏の補強に漕ぎ着けそうな様相を呈するなか、イギリス『The Athletic』によると、マラシアとも1年延長オプション付きの4年契約で合意に達したという。 そんなマラシアは週末にもユナイテッド移籍に向けて、メディカルチェックを受ける可能性があるとも。実現すれば、ユナイテッドにとって今夏1人目の新戦力で、テン・ハグ監督にとっても就任後初の補強となる。 なお、ユナイテッドはF・デ・ヨングのほかにも、アヤックスのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネスとブレントフォードでプレーしたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの獲得にも乗り出しているといわれている。 2022.07.02 12:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly