CSKAモスクワ、リーベルのU-23コロンビア代表MFカラスカルを完全移籍で買い取り

2022.05.25 07:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
CSKAモスクワは24日、リーベル・プレートのU-23コロンビア代表MFホルヘ・カラスカル(23)を完全移籍で買い取ったことを発表した。移籍金は600万ユーロ(約8億1000万円)で、契約期間は2026年6月までとなっている。

2022年2月にリーベルから買い取りオプション付きのレンタルで加入した攻撃的MFのカラスカルは、今季のロシア・プレミアリーグで11試合に出場して1ゴール1アシストを記録していた。

U-23コロンビア代表としては2020年開催の東京五輪予選を兼ねたCONMEBOLプレオリンピック大会に出場。7試合に出場して3ゴールを挙げたが、4位に終わり本大会出場には届かなった。


関連ニュース
thumb

CSKAモスクワがブラジル人SBモイゼスをインテルナシオナウから買取OP付きレンタル移籍で獲得

CSKAモスクワは4日、インテルナシオナウのブラジル人DFモイゼス(27)をレンタル移籍で獲得することを発表した。 1年間のレンタル移籍で、買い取りオプションもついているとのことだ。 モイゼスは今回が初の海外移籍に。コリンチャンスやレッドブル・ブラガンチーノ、バイーア、ボタフォゴ、インテルナシオナウでプレー。2022年1月にバイーアから完全移籍で加入していた。 左サイドバックを主戦場に、左サイドハーフでもプレー。これまでカンピオナート・ブラジルレイロ・セリエAでは121試合に出場し2ゴール13アシストを記録していた。 また、インテルナシオナウでは公式戦96試合に出場し3ゴール14アシスト。今シーズンも、公式戦19試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。 2022.08.05 10:06 Fri
twitterfacebook
thumb

セリエA昇格組レッチェ、CSKAモスクワMFビストロビッチを買取OP付きレンタルで獲得

セリエAに昇格したレッチェは24日、CSKAモスクワのクロアチア人MFクリスティヤン・ビストロビッチ(24)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 2018年1月に母国スラヴェン・ベルポからCSKAモスクワに加入したセントラルMFのビストロビッチは、CSKAモスクワでは徐々に出場機会を減らしていたこともあって2021年冬にトルコのカスムパシャにレンタル移籍。 昨季後半は同じくトルコのファティ・カラギュムリュクにレンタル移籍し、スュペル・リグで18試合に出場。主力としてプレーしていた。 2022.07.25 00:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ロシアの訴えをスポーツ仲裁裁判所が却下、ウクライナへの軍事侵攻による大会からの締め出し処分に6件の訴え

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は15日、ロシアサッカー連盟(FUR)と一部クラブからの上訴を却下したことを発表した。 事の発端は、今年2月に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻。今もなお続いている状況ではあるが、この軍事侵攻によりサッカー界も大きな影響を受けた。 多くのウクライナ国民が避難するなか、ウクライナの国内サッカーは停止。カタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指していたウクライナ代表もプレーオフが残っていたものの延期となっていた。 この件を受け、国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)は、ロシア代表、そしてロシアのサッカークラブをあらゆる大会から締め出すことを決定していた。 ロシアもカタールW杯の欧州予選プレーオフに残っていたが失格。UEFAの大会にもロシアのクラブが参加できないことが決定し、それは新シーズンも継続されることとなった。 この件に関し、FURがFIFAとUEFAにそれぞれ1件ずつ、さらにゼニト、ソチ、CSKAモスクワ、ディナモ・モスクワの4クラブがUEFAに対して上訴しており、合計6件の訴えがあったが、全てが却下されることとなった。 CASは7月5日、11日に関係者たちとビデオでヒアリングを実施。CASは声明で「全てのケースにおいて、パネルはロシアとウクライナの間の紛争の激化、及び世界中の国民と政府の反応が、FIFAとUEFAが対応しなければならない不測かつ、前例のない状況を作り出したと判断した」とし、「そのような状況が続く間、ロシア代表とクラブは、彼らの支援の下で大会に参加すべきではないと判断した上で、パネルは当事者がそれぞれの規約と規則の下で与えられた裁量の範囲内で行動したと判断した」と説明している。 また、責任はFURやクラブにはないとしながらも、世界中で行われるサッカーイベントの安全性を守るためには仕方ないものだとまとめた。 「このように判断した上で、パネルはロシアとウクライナの間の紛争の性質を特徴付ける必要はなく、影響を受ける競技に対するこのような紛争の影響にのみ焦点を当てることにしました」 「パネルは、ロシアのサッカーチーム、クラブ、選手には何の責任もないウクライナでの現在の軍事行動が、FIFAとUEFAの決定により、彼らやロシアサッカー全体にこのような悪影響を及ぼしたことは残念であります。しかし、パネルの見解では、こうした影響は、世界の他の国々のために、安全かつ秩序あるサッカー競技を行う必要性によって、相殺されるものでありました」 2022.07.15 22:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、CSKAモスクワからスロベニア代表MFビヨルを獲得

ウディネーゼは14日、CSKAモスクワからスロベニア代表MFジャカ・ビヨル(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までとなる。 なお、イタリア『スカイ』が伝えるところによれば、移籍金は400万ユーロ(約5億5700万円)の基本金に、最大450万ユーロ(約6億2600万円)まで上昇するボーナスが付随。さらに将来的なリセール時の移籍金10%をCSKAモスクワに支払う契約になっているという。 母国のルダル・ヴェレニエでの活躍が認められ、2018年夏にCSKAモスクワへ完全移籍したビヨルは、190cmの屈強なフィジカルを持つ守備的MF。その体格通りのボール奪取力を生かしたプレーで、移籍初年度から主力として活躍すると、2020-21シーズンには2.ブンデスリーガのハノーファーへレンタル移籍。 CSKAモスクワへ復帰した昨季は、主にセンターバックを主戦場に公式戦30試合に出場。4シーズン在籍したCSKAモスクワでの通算成績は、公式戦96試合に出場し7ゴール8アシストとなっていた。 また、各年代のスロベニア代表に選出されてきたビヨルは、2018年10月に19歳でフル代表デビューを飾ると、これまで31キャップを刻んでいる。 2022.07.15 06:01 Fri
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワ、トルコ代表MFヤズジュの買い取りでリールと合意できず…

CSKAモスクワは23日、トルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(25)の買い取りについて所属元のリールと合意に至らなかったことを発表した。これにより同選手は来季リールに復帰することとなった。 2019年夏にトラブゾンシュポルからリールに加入した攻撃的MFのヤズジュは、加入初年度にヒザの前十字靭帯を断裂してシーズン後半を棒に振ったものの、2020-21シーズンは主力としてリーグ・アン32試合の出場し7ゴールを記録。 しかし2021-22シーズンは、昨夏に就任したジョスリン・グーヴェネック監督の下で序列が低下。出場機会が激減すると今冬に買い取りオプション付きレンタルでCSKAモスクワに加入。 CSKAモスクワでは加入初戦のスパルタク・モスクワで初ゴールを記録すると、その後リーグ戦6試合連続ゴールをマーク。公式戦12試合で8ゴール2アシストを記録した。 2022.06.23 22:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly