「情けない…」“大阪ダービー”で味方同士が一触即発…昌子源が怒りペレイラと口論「そりゃ怒る」、「怒るのも無理ない」…片野坂監督の表情にも「切ない…」

2022.05.22 14:47 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
なかなか調子が上がらないガンバ大阪が、“大阪ダービー”への熱い思いが思わぬ事態を招いた。

今シーズンはYBCルヴァンカップですでに2度対戦しているG大阪とセレッソ大阪。結果は1勝1分けでC大阪が勝ち越している。

サポーター同士のいざこざがピッチ外で相次いだこともあり、試合に向けては両クラブの社長から異例の声明が発表された試合。リーグ戦での初対決は、C大阪のホーム・ヨドコウ桜スタジアムで行われた。

試合は36分にG大阪が山見大登のゴールで先制。VARによる判定を挟んだが、アウェイのG大阪が先制する。

しかし58分、カウンターを仕掛けたC大阪は、清武弘嗣の圧巻のパスから、最後はアダム・タガートにゴールが生まれ同点に。さらに66分には、奥埜博亮がヘディングでゴールを奪い、C大阪が逆転する。

意地を見せたいG大阪だったが、なかなか攻撃が上手くいかず。C大阪の圧力の前に押し込まれる時間が続く中、事件は88分に起きた。

2-1と1点ビハインドの状況。タッチラインを割ったボールを昌子源がすぐに拾いスローインを行おうとしたが、G大阪の選手は誰1人寄ってこない。

時間がほとんどないなか、勝利を目指して早くリスタートしたかった昌子はボールを叩きつけて味方に怒り。「何やってんだよおい!」と身振りを交えて、味方を煽った。

すると、この行動で火がついたのはレアンドロ・ペレイラ。最前線から猛然とダッシュすると、最後尾の昌子の元にダッシュ。昌子に向けて何かを言い合い、昌子も怒りがおさまらず、ウェリントン・シウバが仲裁に入ったほどだった。

自ベンチ前での行動には、片野坂知宏監督の悲痛な表情もカメラに収められ、ピッチ上の選手に何かを叫んでいる。

互いに勝利への思いがある中で、両者の熱量がよくない形でぶつかり合ってしまったシーンは大きな話題を呼ぶこととなった。

この行動には「負けてるのに気持ちが入ってないところでそりゃ怒るわな」、「昌子が怒るのも無理ない」、「ピッチ内で改善しないと」という声の他、「片野坂さんの表情が見てて切ない」と、選手の後ろに映る片野坂監督に注目が集まることとなった。

このあと後半アディショナルタイムには奥埜がもう1点追加し、3-1でC大阪が勝利。さらに、試合後にはゴール裏のサポーターと三浦弦太が揉めるなどもあり、G大阪にとっては、大きな1敗となった。

1 2

関連ニュース
thumb

齊藤未月がスーパーな一撃のG大阪、土壇場のPK献上で浦和とドロー【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節の1試合が2日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ガンバ大阪vs浦和レッズは1-1のドローに終わった。 4連勝と好調のサンフレッチェ広島を破り、4連敗の悪い流れを止めた12位のG大阪と今季初のリーグ戦連勝と上昇気配を漂わせる10位の浦和。わずか1ポイント差でひしめく両者のマッチアップとなった。 中2日でのゲームとあって、ボランチとして出ずっぱりだったダワンをベンチからスタートさせたG大阪だが、2-0で勝ち切った広島戦での成功体験も胸に立ち上がりから浦和陣内で試合を進める。 中5日の浦和としてはそのアドバンテージを生かしてペースを掴みたいところだったが、ベンチ外のキャスパー・ユンカーに代わって最前線を務める明本までなかなかボールを運べず、我慢が続く。 それでも、攻守両面で上回り続けるG大阪が坂本の持ち上がりから先制。33分、左サイドの石毛がゴール前のファーサイドに右足でクロス。齊藤が胸トラップからの右足フィニッシュでネットを揺らす。 華麗なカウンターから齊藤の加入後初ゴールでリードしたG大阪はさらに勢いづく。39分に見事な崩しから倉田がゴールネットを揺らした場面こそオフサイドだったが、終始ペースを握って折り返す。 1点ビハインドでの後半に向けて、平野、酒井、ダヴィド・モーベルグを一挙に送り出した浦和は反撃ムードに。疲れからか、トーンダウン気味のG大阪にも乗じて、攻め込む時間を明らかに増やす。 その状況をチャンスと見るや68分にも松尾を投入した浦和は最後の交代で関根を送り込み、前に圧をかけるが、ダワンや藤春、高尾、昌子、パトリックでカードを使い切ったG大阪も集中を切らさない。 だが、浦和が終盤も押し込むと、90分にボックス右で仕掛けた松尾が対面の三浦からファウルを誘い、浦和がPKを獲得。これをアレクサンダー・ショルツが落ち着いて決め、土壇場で追いついた。 結局、ともに死力尽くした一戦は痛み分け。G大阪は土壇場で勝ち点2を落として連勝を逃した一方で、連勝ストップの浦和は敵地で最低限の勝ち点1を持ち帰っている。 ガンバ大阪 1-1 浦和レッズ 【G大阪】 齊藤未月(前33) 【浦和】 アレクサンダー・ショルツ(後45+2) 2022.07.02 21:08 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:G大阪vs浦和】苦しむ両者、課題は得点力…団子状態の中で3ポイントを積み上げるのは?

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:00キックオフ ガンバ大阪(12位/20pt) vs 浦和レッズ(10位/21pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆連敗ストップ、真価が問われる一戦【ガンバ大阪】 4連敗と苦しい中でミッドウィークにはホームに4連勝中のサンフレッチェ広島を迎えた。試合は2-0で勝利。連敗を脱出した。 この試合では若手を起用した采配が的中。1-0で迎えた中で、ユース上がりの坂本一彩が初ゴールでリードを広げた。 ボールをつなぐサッカーを広島相手にもトライ。ビルドアップに難はまだまだあるが、少なからず成果は出ている。オープンな展開となった後半には、カウンターから何度もチャンスを迎えたが決めきれず。この点はやはり低迷する理由の1つだろう。試合を終わらせることができず、広島に押し込まれる時間が続いてしまった。 中2日で迎える今節。疲労度で言えば完全に不利な状況。ただ、ホームでの連勝を目指すには負けるわけにはいかない試合。片野坂知宏監督がどのようなメンバーを送り込むか。フレッシュさが失われれば、またしても黒星がついてしまうだろう。連勝を収め。団子状態の今の順位から抜け出せるだろうか。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:福岡将太、三浦弦太、クォン・ギョンウォン、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、齊藤未月、ダワン、黒川圭介 FW:山見大登、石毛秀樹 FW:パトリック 監督:片野坂知宏 ◆目指すは3連勝、まずは結果を【浦和レッズ】 長い長いトンネルから抜け出した浦和は、前節は最下位でもがくヴィッセル神戸と対戦し、0-1で勝利を収め、初の連勝を収めた。 苦しみながらも、引き分けに終わらずに勝ち点3を得たことは、今のチームにとっては大きな自信につながるはず。共に苦しむチーム同士の対決を制した。 今節の相手も苦しんでいるG大阪。浦和としては3連勝と勢いに乗りたいところ。ポゼッションサッカー、ビルドアップという点では遥かに完成度では上回っており、コンディション面でも優位に立つ状況。3連勝しなければいけない状況だ。 まずはハイプレスで相手のミスを誘い、あとはしっかりと仕留められるか。連勝を3に伸ばせれば、流れは変わるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、アレクサンダー・ショルツ、岩波拓也、大畑歩夢 MF:岩尾憲、柴戸海 MF:ダヴィド・モーベルグ、江坂任、関根貴大 FW:明本考浩 監督:リカルド・ロドリゲス 2022.07.02 15:17 Sat
twitterfacebook
thumb

低迷のG大阪、日本代表FW鈴木武蔵を獲得!背番号は「45」

ガンバ大阪は30日、ベールスホットの日本代表FW鈴木武蔵(28)を完全移籍で獲得することを発表した。背番号は「45」となる。 鈴木はアルビレックス新潟や水戸ホーリーホック、松本山雅FC、V・ファーレン長崎、北海道コンサドーレ札幌でプレー。長崎移籍後に才能が花開くと、2020年8月にベールスホットへと完全移籍していた。 海外挑戦1年目はジュピラー・プロ・リーグで26試合に出場し6ゴール1アシストを記録。一定の結果を残して日本代表にも招集されていた。 しかし2年目の2021-22シーズンはチームとともに苦戦。試合こそ25試合に出場したものの、1ゴール1アシスト。シーズン終盤までゴールが生まれず、チームも最下位で2部に降格した。 背番号10を背負いながらもチームの力になれなかった鈴木。チームが2部に降格したこともあり、退団となり、シント=トロイデンなど国内外のクラブからのオファーを受けた中、G大阪への移籍を決断した。 鈴木はクラブを通じてコメントしている。 「この度ガンバ大阪に加入になりました、鈴木武蔵です。自分の全てを出してこのチームに貢献出来るように頑張ります。共に高みを目指していきましょう!」 G大阪は昨シーズンに続いて今シーズンも苦しい戦いが続いており、リーグ戦4連敗を喫するなど18試合を終えて勝ち点20の12位に位置。降格圏との勝ち点差はわずか「3」という状況となっている。 2022.06.30 19:03 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪が連敗ストップ! 黒川&坂本弾で好調広島を撃破!【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節の延期分、ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島が29日にパナソニックスタジアム吹田で行われ、2-0でG大阪が勝利した。 この一戦は元々5月25日に予定されていたが、広島側で複数の新型コロナウイルス感染が確認されたため延期となっていた。この間の両者の明暗ははっきりと分かれており、G大阪はリーグ戦では現在4連敗中。かたや広島は4連勝と好調だ。 負ければ24年ぶりの5連敗となるG大阪は、1-0で敗れた前節の北海道コンサドーレ札幌戦からスタメンを6人変更。黒川や坂本、福岡らは久々のリーグ戦出場となった。 一方、広島のスタメン変更は、1-3で勝利したアビスパ福岡戦から2人のみ。累積警告で出場停止の野津田やベン・カリファに代わって、野上とジュニオール・サントスが起用された。 試合はボールを保持する広島と、前線からプレスをかけるG大阪という構図に。G大阪は何度かボールを奪ってカウンターのチャンスを掴みかけるが、広島の守備への切り替えの早さに対応しきれない。 ファーストシュートは広島。4分、速攻でゴール前まで運び、最後は塩谷がミドルシュート。アウト回転をかけたシュートだったが、枠に収まらなかった。 互いに走力を生かした攻守を見せる中、攻勢を続ける広島は、20分にカウンターから森島が右サイドを持ち上がり、ゴール前に走る満田へスルーパス。合えばゴールかというシーンだったが、寸前のところでGK東口にせき止められた。 だが、少しずつホームチームがゴールに迫る回数を増やしていくと迎えた36分、齊藤が右サイドからクロスを入れると、GK大迫に弾かれたボールはボックス左の黒川の下に。すぐに藤井に詰められるが、何とか入れ替わり、すぐさま左足を一閃。低く抑えたシュートが突き刺さり、先制点を奪った。 さらにその3分後にもゴールに迫ったG大阪。ボックス左の齊藤のシュートは左ポストに嫌われてしまうものの、セカンドボールをボックス右で拾った小野瀬からボールを繋ぎ、石毛がボックス手前からシュート。今度は相手DFにブロックされたが、こぼれ球を坂本が冷静に流し込み追加点。坂本はこれがJ1初ゴールとなった。 2点ビハインドで後半へ折り返した広島は、野上とジュニオール・サントスを下げてベン・カリファとドウグラス・ヴィエイラを投入。しかし、勢いに乗ったG大阪からなかなか流れを引き寄せることはできない。佐々木から満田に決定的なクロスが入るも、わずかに合わず1点が遠い。 一方、前半から堅守速攻を一貫するG大阪は、51分に山見が何らかのアクシデントで倉田と交代。57分にその倉田のFKから石毛がヘディングシュートを放つが、ここはGKの正面に飛んだ。 早く1点が欲しいアウェイチームは、ベン・カリファのポストプレーから満田にビッグチャンス。右サイドに抜け出しシュートまで運んだが、DFスライディングブロックが勝った。その直後の66分に満田と東を下げて柴崎と柏を投入し、4枚の交代カードを切る。 72分にはその柏にチャンス到来。左サイドからドリブルで切り込み、ドウグラス・ヴィエイラとのワンツーからシュートへ。ボックス左まで侵入したが、惜しくも枠の左に外れた。直後にも塩谷がミドルシュートを狙うが、これも左へ逸れる。 後半は明らかに攻勢の広島だが、肝心の1点が奪えず。そんな中G大阪は80分、小野瀬が決定的なシュートを放つが、ここはGK大迫がビッグセーブを見せる。 なんとか致命傷を避けられた広島だったが、守備時のセットプレーでドウグラス・ヴィエイラがヒザを負傷。相手の体重がかかる形で捻ってしまい、担架で運び出された。 好調だっただけに広島にとっては敗戦よりもダメージの残る事態に。結局、最後までG大阪の守備を攻略できず敗戦。ホームで勝利を収めたG大阪は連敗脱出となった。 ガンバ大阪 2-0 サンフレッチェ広島 【G大阪】 黒川圭介(前36) 坂本一彩(前39) 2022.06.29 20:57 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:G大阪vs広島】4連敗と4連勝、対照的な両者が激突

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年6月29日(水) 19:00キックオフ ガンバ大阪(16位/17pt) vs サンフレッチェ広島(4位/30pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆4連敗を止められるか【ガンバ大阪】 前節はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦。ともに3連敗という苦しい状況で迎えた試合だったが、結果は1-0で敗れ4連敗となった。 G大阪にとってはこれが後半戦スタートの試合。昨年に続いて残留争いに巻き込まれ続けるシーズンとなるのか、ここからリスタートを切れるのか、重要な一戦となる。 ただ、札幌戦では良いところなし。攻撃陣はゴールを奪えない一方で、守備陣もポジショニングの悪さから札幌に圧倒され、スコア以上に大きな問題を抱えている感が否めない。 特に中盤での守備が効いておらず、ダワンが1人で全てを負っている状況に。攻守のバランスを含め、試合を落ち着かせるゲームメーカー不在が一番の問題とも言える。 相手は好調の広島だけに、叩ければ地震になるが、強度が出なければ一方的にやられてしまう可能性もあるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、クォン・ギョンウォン、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、倉田秋、ダワン、山見大登 FW:石毛秀樹、レアンドロ・ペレイラ 監督:片野坂知宏 ◆4連勝の勢いで上位食い込みへ【サンフレッチェ広島】 試合が1カ月後ろ倒しになってしまった要因はクラブ内での新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が複数出たこと。試合当日の突如の中止となったが、広島の調子は落ちなかった。 現在は4連勝中。昨季は苦しんだチームだったが、ミヒャエル・スキッベ監督の下でチームの完成度は上がり、現在は4位に位置している。 その広島だが、好調なチームを支えていた野津田岳人が今節は出場停止。ただ、1人欠けたところで崩れるチーム作りはしていない。 チーム力が上がっている上に結果もしっかりと出ている広島。対照的な相手との試合となるが、気を緩めずに5連勝なるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、青山敏弘、柏好文 MF:森島司、満田誠 FW:ナッシム・ベン・カリファ、ジュニオール・サントス 監督:ミヒャエル・スキッベ 出場停止:野津田岳人 2022.06.29 15:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly