エンポリに敗れたアタランタ、8位フィニッシュで欧州カップ戦出場ならず《セリエA》

2022.05.22 06:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタは21日、セリエA最終節でエンポリをホームに迎え、0-1で敗れた。

7位に与えられるヨーロッパ・カンファレンスリーグ出場権獲得を狙う8位アタランタ(勝ち点59)は、D・サパタとボガの2トップで臨んだ。

14位エンポリ(勝ち点38)に対し、アタランタが押し込む展開で立ち上がると、9分に先制のチャンス。ボガのクロスからD・サパタのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの好守に阻まれた。

続く20分、D・サパタがボックス右まで侵入してマイナスにクロスを送り、ボガが合わせるもシュートはDFにブロックされる。

攻勢を続けるアタランタは32分、CKからディムスティのヘディングシュートが枠を捉えるもゴールライン前のDFにカットされ、前半をゴールレスで終えた。

迎えた後半、攻めあぐねる状況が続いたアタランタは、79分に被弾。CKの流れからシュトラツにコントロールシュートを決められた。

このまま反撃できずに敗戦となったアタランタは8位でフィニッシュ。ここ3シーズン、チャンピオンズリーグに出場していたアタランタだったが、来季は欧州カップ戦出場を逃す形となった。

関連ニュース
thumb

インテル、エンポリの逸材アスラニを買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得

インテルは6月30日、エンポリのアルバニア代表MFクリシティアン・アスラニ(20)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アスラニはエンポリ下部組織出身のセントラルハーフで、今シーズンからファーストチームに昇格すると、序盤戦はわずかな出場時間しか与えられなかったが、第24節のボローニャ戦で初めてスタメンに名を連ねると、以降は中盤で定位置を確保。自身初となるトップリーグの舞台で23試合1得点1アシストを挙げ、チームのセリエA残留に貢献していた。 インテルは、中盤アンカーの位置で絶対的な存在であるクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(29)の負担軽減が喫緊の課題となっていることから、シモーネ・インザーギ監督はバックアッパーとしてアスラニを据え、将来的にはポジションを取って代わる存在となることを期待しているようだ。 2022.06.30 23:45 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルがアスラニのメディカルチェックを実施! ルカクと同時に正式契約へ

インテルがエンポリに所属する20歳の新星と正式契約を結ぶ見通しになったようだ。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、エンポリに所属するアルバニア代表MFクリシティアン・アスラニ(20)が現地時間29日午前にインテルのクラブハウスを来訪。メディカルチェックを受診し、その後には正式契約を結ぶ運びとなっているようだ。 インテルのシモーネ・インザーギ監督は、中盤アンカーの位置で負担が大きいクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(29)のバックアッパーを求めており、以前からアスラニの獲得を希望していると報じられていた。 なお、アスラニはエンポリから買い取り義務付きの1年レンタルでインテル入りするとみられており、インテル側は6月30日付で失効する税制上の優遇措置の関係で、29日にミラノ入りが確認されたベルギー代表FWロメル・ルカク(29)と同時に契約を締結する流れとなったようだ。 2022.06.29 18:21 Wed
twitterfacebook
thumb

エンポリが元イタリア代表FWデストロ加入を発表! セリエA通算90得点のベテランストライカー

セリエAのエンポリが28日、ジェノアを退団する元イタリア代表FWマッティア・デストロ(31)の獲得を発表した。契約は2023年6月までとなる。 デストロはインテルの下部組織出身で、ジェノアやローマ、ミラン、ボローニャなどを経て2020年9月に古巣ジェノアへと復帰していた。 これまでプロキャリアの全てをセリエAでプレーしており、リーグ戦通算287試合90得点19アシストを記録。また、イタリア代表としても通算8試合1得点を挙げている。 今シーズンのジェノアでは27試合9得点1アシストを記録するも、チームはセリエB降格が決定し、自身も今月末で契約満了となっていた。 2022.06.28 20:31 Tue
twitterfacebook
thumb

セリエA通算90得点の元イタリア代表FWデストロ、まもなくエンポリ加入へ!

ジェノアの元イタリア代表FWマッティア・デストロ(31)は、まもなくエンポリへの移籍が完了となるようだ。 インテルの下部組織で育ち、かつてはローマやミランといった強豪クラブでもプレー経験があるデストロ。直近2シーズンはジェノアでセリエA11得点、9得点を挙げており、キャリアのセリエA通算では287試合90得点19アシストを記録している。 今シーズンは第9節までに6ゴールを記録するなどエースとしてジェノアを牽引したデストロだったが、シーズンを通してハイペースでネットを揺らすことはできず。クラブも低空飛行を続け、2006-07シーズン以来となるセリエB降格が決定していた。 デストロ本人は6月末で契約満了となることからその去就に注目が集まっていたが、新天地はセリエA残留を果たしたエンポリとなるようだ。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、両者は1年延長オプション付きの1年契約を結ぶとのこと。スペツィアや昇格組モンツァなども獲得に本腰を入れていた様子だが、最終的にはエンポリのピエトロ・アッカルディSD(スポーツ・ディレクター)がデストロとの交渉をまとめ上げたようだ。 なお、来週月曜日にもメディカルチェックを受診するとみられ、31歳のストライカーにとってキャリア6つ目のクラブとなる。 2022.06.24 12:14 Fri
twitterfacebook
thumb

エンポリ、今季の守護神ヴィカーリオの買い取りオプション行使

エンポリは18日、カリアリのイタリア人GKグリエルモ・ヴィカーリオ(25)の買い取りオプションを行使したことを発表した。なお、移籍金は800万ユーロ(約11億3000万円)とのことだ。 昨夏にカリアリからエンポリにレンタル移籍で加入したヴィカーリオは、正守護神としてセリエA全試合にフル出場し7度のクリーンシートを達成する活躍を見せており、エンポリは売却に向けて買い取りオプションを行使したと見られている。 なお、ヴィカーリオにはフィオレンティーナを筆頭に、ナポリやアタランタ、ラツィオらが獲得に興味を示している。 2022.06.19 01:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly