監督がファンにローキック!? 大逆転での残留決定でエバートンファンがピッチに乱入し罵倒か

2022.05.20 09:49 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督の行動が問題視されている。19日、プレミアリーグ第33節の延期分でエバートンと対戦したクリスタル・パレス。残留争い中の相手に対し、1桁フィニッシュを目指すクリスタル・パレスは、前半で2点のリードを奪う。

しかし、後半にエバートンが盛り返すと、3ゴールを奪われて逆転負け。さらに、この勝利でエバートンは残留争いを抜け出し、プレミアリーグ残留を決めていた。

逆転ゴールが決まった際にもピッチにサポーターが乱入していたが、試合終了後はよりひどい事態に。エバートンのサポーターがピッチを埋め尽くすという事態となった。

劇的な展開でのプレミアリーグ残留を掴んだことで、サポーターがヒートアップしてピッチに乱入してしまうことは理解できなくもないが、この行為は非常に危険ですぐに辞めさせるべきだという声も多い。

そんな中、ヴィエラ監督はピッチをさろうとしていたところ、エバートンファンが近寄ってきて何か言葉を浴びせかけている様子がテレビカメラに映し出されていた。

しつこいエバートンサポーターが何かを言ったのか、ヴィエラ監督は激昂。ファンを捕まえると、見事なローキックを見舞っているようにも見える。

蹴られたと思われるサポーターは懲りずに挑発を続けると、ヴィエラ監督も応戦。しかし、大きな騒動になる前に他のエバートンサポーターが間に入り、ピッチを後にしていた。

ヴィエラ監督は試合後に「何も言うことはない」とこの件についてコメントしている。

最近ではイングランド国内でピッチへのサポーターの乱入が相次いでおり、先日もチャンピオンシップ(イングランド2部)の昇格プレーオフでは、ノッティンガム・フォレストのファンがシェフィールド・ユナイテッドのビリー・シャープがファンに頭突きされる事件が発生。このファンは24週間の禁錮刑が言い渡されていた。

イギリス『スカイ・スポーツ』で解説を務める元イングランド代表FWディオン・ダブリン氏は、「エバートンのファンがどれほど喜んでいるかはわかるが、やってはいけないことだ。監督を押したり、選手を押したり、触ったり、顔に向かって叫んだりしてはいけない」とコメントした。

さらに、「台無しにしたのはたった1人か2人だということはわかっている。ただ、ファンをピッチに入れることは、進むべき道ではない。止める必要があるし、あまりにも危険だ」とコメント。何か事件が起こる可能性があるとし、ピッチ乱入を容認することはやめた方が良いとした。

1 2

関連ニュース
thumb

頭突き以外にパンチ未遂も…リバプールFWヌニェスのいらだちと相手DFの駆け引きが明らかに「彼は実力でやり返すべきだった」

クリスタル・パレス戦で頭突きを見舞って一発退場となったリバプールのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスだが、前半から相当イラつかされていたようだ。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている ヌニェスは15日に行われたプレミアリーグ第2節クリスタル・パレス戦(1-1)で先発。57分にDFヨアキム・アンデルセンと小競り合いを起こし、頭突きを見舞って一発退場となった。 試合中に起きた頭突きということでこのシーンに大きな注目が集まっているが、マッチアップしたアンデルセンとのやり合いをまとめた動画が公開され、そちらも話題を呼んでいる。 アンデルセンはファウルになるかならないかのギリギリのところで常に駆け引き。ヌニェスは中々思うようにプレーができず、徐々にイライラが募っていく様子が見て取れた。 特に、アンデルセンがヌニェスを後ろから上手く掴んで動きを制限した場面では完全に理性を失い、空を切ったものの振り払ったアンデルセンを右手で思い切り叩こうとする場面もあった。 そして57分の一発退場。アンデルセンにしてやられたヌニェスには「ここから学んでくれ」、「イライラするのは分かるけどこれはダメ」、「実力でやり返すべきだったね」、「相手が上手かった」とファンも反応を寄せている。 ヌニェスは今回の退場で3試合の出場停止に。すでに自身のSNSでも謝罪しており、復帰後のさらなる活躍に期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【動画】当たっていたらここで退場だった?ヌニェスのパンチ未遂(0:40~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A masterclass performance by Joachim Andersen on how to frustrate Darwin Núñez <br><br>Show this video to all the Black Stars defenders.<a href="https://twitter.com/hashtag/CitiSports?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CitiSports</a> <a href="https://t.co/grVQiJl5xq">pic.twitter.com/grVQiJl5xq</a></p>&mdash; Citi Sports (@CitiSportsGHA) <a href="https://twitter.com/CitiSportsGHA/status/1559478384312438786?ref_src=twsrc%5Etfw">August 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.17 12:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク、愚行退場のヌニェスへ「学んでくれることを願っている」

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクがチームメートのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスに対し、反省を促した。 ヌニェスは15日に行われたプレミアリーグ第2節クリスタル・パレス戦(1-1)で先発。57分にDFヨアキム・アンデルセンと小競り合いを起こし、頭突きを見舞って一発退場となった。 3試合の出場停止となったヌニェスに対し、ファン・ダイクは次のように語った。 [当然、僕らは彼をサポートしている。このようなことがまた起こってはならない。彼が学んでくれることを願っている。あのような場面でも絶対に感情をコントロールしなければならないんだ。特にプレミアリーグではね」 2022.08.17 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ヌニェスに頭突きを食らったアンデルセンにSNSで脅迫「300~400ものメッセージを…」

クリスタル・パレスのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセンに対し、SNSで脅迫が届いているようだ。 アンデルセンは15日に行われたプレミアリーグ第2節リバプール戦で先発。57分にリバプールFWダルウィン・ヌニェスと小競り合いとなり、頭突きを受けてヌニェスは一発退場となっていた。 リバプール期待の新戦力ヌニェスを退場に追いやったとしてアンデルセンのインスタグラムにはリバプールサポーターから「Fuck you」、「Bitch boy」といった脅迫が届いているとのことだ。 「昨日の夜、300~400ものメッセージを受け取った。もちろん、彼らがリバプールをサポートしているのは理解しているけど、ある程度の敬意は払って欲しい。SNSでの嫌がらせは止めて欲しい」 2022.08.16 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

数的不利も追いついたリバプール、クロップ監督はパフォーマンスを評価も「どのような記事、見出し、解説がされるかは想像つく」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、クリスタル・パレス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 プレミアリーグ開幕戦のフルアム戦で2-2の引き分けに終わっていたリバプール。15日にリーグ戦初勝利を懸けてホームにクリスタル・パレスを迎えた。 開幕戦でアーセナルに敗れていたクリスタル・パレスだが、リバプールを相手に攻め込むと、32分にウィルフリード・ザハがゴールを決めて先制する。 開幕戦に続いて先制を許したリバプールだったが、この日はさらに苦境に。57分に相手の挑発に乗ってしまったダルウィン・ヌニェスがヨアキム・アンデルセンに頭突き。一発退場となり数的不利となる。 その後、ルイス・ディアスが同点ゴールを記録するも、勝ち越せずに試合終了。1-1の引き分けとなり、2戦連続ドローとなった。 試合後、クロップ監督はチームのパフォーマンスについて言及。悪くなかったと語ると共に、クリスタル・パレスに先制されたことが難しくなったとした。 「とても良かった。私は試合後に選手たちに誇りに思っていると話した。私はそう感じている」 「この1週間で多くのことが起こったが、試合はいつものようにスタートした。私はそれが大好きだったし、我々がやりたいプレーだった」 「もちろん、我々はこの状況を終わらせたかったが、とても上手くやったと思う。多くの足と体がボックス内でブロックされ、前半で既に7、8本をブロックしたと思う。これは特殊な数字であり、我々は明らかに正しい道を歩んでいる。これを続けていけば、あとは時間の問題だろう」 「ただ、残念なことに彼らは1-0とした。最初のカウンターだったと思う。(エベレチ・)エゼの周りには、ファブ(ファビーニョ)とトレント(・アレクサンダー=アーノルド)がいたし、最終ラインも2対1の状況だった」 「残念ながら、エゼがあそこでフリーになり、スペースも広くあり、ザハのスピード、フィニッシュもあった。彼らはどれほど優れているのか、どれほど対戦するのが難しいのかを示した」 1点ビハインドで折り返した中、もう一度試合の立ち上がりに戻ろうと選手たちをハーフタイムで鼓舞したというクロップ監督。しかし、ヌニェスの退場で再び難しくなったが、なんとか追いついて勝ち点を獲得できたと語った。 「ハーフタイムで、私は選手たちに試合をスタートさせた時のやり方に戻るべきだと言った。それが理想であり、示す必要があり、スピードや方向性が必要だった。そういう瞬間がパレスを苦しめ、彼らに問題を起こさせた」 「セカンドボールを拾い、さらに前進する必要がある。立ち上がりはポジティブなものだったが、その後にレッドカードが出てしまった」 「ただ、ルチョ(ルイス・ディアス)のリアクションは最高だった。その瞬間から、特別なゲームになった。我々のホームで信じられないほどの雰囲気だった。ただ、残念なことにゴールを決められなかった」 「それでも、我々のプレーのやり方は、みなさんも10vs11のフットボールを何度も見てきたと思うが、我々ほどチームにプレッシャーを与えることはない。でも、我々はやり遂げ、それが功を奏した」 「だから、今日は試合前よりも多くの勝ち点を得ている。どのような記事、見出し、解説がされるかは想像つくが、それが人生だ。でも、ここから進んでいく」 2022.08.16 11:22 Tue
twitterfacebook
thumb

「間違いなく間違っていた」挑発に乗り頭突きを見舞う愚行…ダルウィン・ヌニェスのプレーにクロップ監督も苦言

リバプールのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスの愚行が話題となっている。 プレミアリーグ開幕戦のフルアム戦で2-2の引き分けに終わっていたリバプール。今季リーグ戦初勝利を目指し、ホームにクリスタル・パレスを迎えた。 しかし、この試合も相手に先行される展開に。32分にウィルフリード・ザハにゴールを許し、追いかける展開となる。 1点ビハインドで迎えた57分にはアクシデント。相手ボックス内で、ヨアキム・アンデルセンに声を掛けられたダルウィン・ヌニェスが頭突きを見舞うと、一発レッドで退場。愚行により1人少ない状況となったが、ルイス・ディアスのゴールでなんとか追いつき、1-1の引き分けに終わった。 競り合いの中で揉め、ヌニェスが主審に何かを訴えると、アンデルセンは後ろから背中を押す事態に。ここまではよくあるが、すぐに振り向いて頭突きを見舞ったのはよくなかった。 ユルゲン・クロップ監督は、試合後にこの退場について「ちょっとした挑発行為、そして間違いなく間違っていたリアクションだった。明確なレッドカードであり、否定できない」とコメント。「彼はここから学ぶだろう。残念ながら、彼にはこれから数試合、その時間が必要だ。我々のような特殊な状況下では、なおさら冷静ではいられないが、そういうものだ」と、間違った行為であると非難し、2度とやらないように反省しなければいけないと語った。 今夏の移籍市場で大きな期待を寄せられてベンフィカから加入したヌニェス。プレシーズンマッチでは、決定機を逸して「ハズレ」とも言われてしまったことがあったが、愚行により自らを厳しい立場にしてしまったのは残念だ。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】ダルウィン・ヌニェス、相手の胸に頭突きの愚行までの流れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="m6E4T6wfl68";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChSx-a0jAGU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChSx-a0jAGU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChSx-a0jAGU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.16 10:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly