ラージョ、イラオラ監督と2023年まで契約延長

2022.05.20 07:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラージョ・バジェカーノは19日、アンドニ・イラオラ監督(39)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。

2020年の夏に当時セグンダ(スペイン2部)に在籍していたラージョの指揮官に就任。就任1年目ながら、レギュラーシーズンを6位で終えると、プレーオフではMF柴崎岳所属のレガネスとジローナを下し、3シーズンぶり8度目の1部昇格に導いた。

そして、昇格1年目の今季は開幕2連敗を喫したが、以降の5試合で4勝を挙げるなどスタートダッシュに成功。前半戦を4位で折り返すと、後半戦では13試合未勝利と大失速したが、一度も降格圏に沈むことなく1部残留を果たした。

関連ニュース
thumb

久保建英途中出場のマジョルカ、奇跡の降格圏脱出にアギーレ監督「選手交代が功を奏した」

マジョルカのハビエル・アギーレ監督が、ラージョ・バジェカーノ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 15日、ラ・リーガ第37節が行われ、マジョルカはホーム最終戦でラージョを迎えた。 降格圏に転落したマジョルカは残り2試合での逆転勝利が必要な状況。日本代表MF久保建英はベンチスタートとなった。 重要な一戦の中、13分にヴェダト・ムリキのゴールで先制。幸先良いスタートを切るも、60分に同点に追いつかれてしまう。 勝ち点1では足りないマジョルカは64分に久保、84分にイ・ガンインを入れ、攻撃にシフト。それでもゴールが遠かったが、アディショナルタイム2分にアブドン・ブラッツが値千金のゴール。土壇場で勝ち越し、2-1で勝利を収めた。 見事に降格圏を脱したマジョルカ。アギーレ監督は、しっかりと耐えたこと、そして選手交代で流れを掴んだと語った。 「感動的な瞬間を経験している。後半、ラージョは我々を自陣に追い込み、とても攻めてきて、先行きは暗く見えた」 「しかし、選手交代が功を奏し、得点することができた。ファンも喜んでいる」 「タフでエモーショナルな試合になることはわかっていた」 残り1節となり、降格圏のカディスとは勝ち点で並んでいる状況。16位のグラナダとは勝ち点差「1」、エルチェ、ヘタフェも勝ち点差「3」という混戦状況だ。 しかし、アギーレ監督は高い嬢の結果を気にすることなく、自分たちでやり切るだけだと語った。 「私は14シーズンもやってきているが、他の結果に目を向けるということは芸がないことだ。自分たちのことは自分たちでやり、最後は結果を見たいと思う」 また、決勝ゴールを決めたアブドンについても言及。下部組織出身選手の決定的な仕事を喜んだ。 「ホームで育った選手で、色を感じて生きており、プロフェッショナルで、献身的でもある」 「それは、彼が仲間であることを示しており、彼はそれに値する」 マジョルカは最終節で9位のオサスナと対戦。降格圏のカディスは最下位のアラベス、グラナダは13位のエスパニョール、エルチェとヘタフェは直接対決となる。 <span class="paragraph-title">【動画】マジョルカが奇跡の勝ち越しゴールで降格圏脱出!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_96TwIR0EK4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.16 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

久保途中出場のマジョルカが劇的AT弾でラージョを下し残留圏内の17位に浮上!《ラ・リーガ》

久保建英の所属するマジョルカは15日、ラ・リーガ第37節でラージョ・バジェカーノと対戦し2-1で勝利した。久保は64分からプレーしている。 リーグ戦3試合勝利のない18位マジョルカ(勝ち点33)が、12位ラージョ(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。残留に向けて勝利が必須のホームゲームで久保は、2試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりからアグレッシブな入りを見せたマジョルカは13分、左サイドを持ち上がったハウメ・コスタのクロスをファーサイドのムリキがドンピシャヘッドでゴール左へ突き刺した。 その後は一進一退の展開が続いたが、マジョルカは37分にアンヘルのスルーパスでDFの裏に抜け出したライージョの折り返しからムリキに決定機が訪れたが、シュートはマラシュのブロックに阻まれた。 迎えた後半、マジョルカは立ち上がりにセットプレーからピンチを迎える。50分、アルバロ・ガルシアの左CKを中央のファルカオがヘディングシュートで合わせたが、叩きつけたシュートはGKマノロ・レイナがファインセーブ。 しかし60分、再びセットプレーを獲得したラージョが試合を振り出しに戻す。アルバロ・ガルシアの右CKゴール前に走りこんだパテ・シスが頭でゴールネットを揺らした。 追いつかれたマジョルカは、64分にハウメ・コスタとアントニオ・サンチェスを下げて久保とダニ・ロドリゲスを投入し流れを変えにいくと、85分にペナルティーアーク左手前でパスを受けた久保がカットインから右足を振り抜いたが、シュートは枠の上に外れた。 このまま試合終了かと思われたが、92分にドラマが生まれる。ダニ・ロドリゲスのサイドチェンジをボックス右横で受けたマフェオがカットインからクロスを供給すると、ファーサイドのアブドンがワントラップから左足でゴールネットを揺らし、マジョルカが勝ち越しに成功。 結局、これが決勝点となりマジョルカが劇的勝利。4試合ぶりの白星を飾ったマジョルカは、当該成績でカディスを上回り残留圏内の17位に浮上している。 2022.05.16 04:45 Mon
twitterfacebook
thumb

36歳ファルカオがラージョと1年契約延長へ

コロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(36)がラージョと数日中にも1年契約を更新するようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 昨年9月に1年契約でラージョに加入したファルカオは今季、ラ・リーガ17試合(うち先発は7試合)に出場。バルセロナとレアル・マドリー相手にゴールするなど計5得点を記録している。 『ムンド・デポルティボ』によればファルカオとラージョの関係は良好とのことで契約延長に向けて支障はないとのことだ。 2022.04.27 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ラージョ戦負傷交代のデストが再離脱、4~6週間アウト

バルセロナのアメリカ代表DFセルジーニョ・デストが再離脱することになった。スペイン『スポルト』によれば4~6週間の離脱となるようだ。 デストは24日に行われたラ・リーガ第21節延期分のラージョ・バジェカーノ戦の先発出場したが、前半で太ももを痛めると、ハーフタイムにクレマン・ラングレと交代していた。 今季ここまで公式戦31試合に出場しているデストは、3月17日のガラタサライ戦で左ハムストリングの負傷。約1カ月の離脱を経て、14日のフランクフルト戦で復帰を果たしたが、わずか4試合で再離脱となってしまった。 6pt差でひしめき合う熾烈なチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いの渦中にいるバルセロナにとって、デストの再離脱は大きな痛手となるだろう。 2022.04.26 07:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ここ5試合で3敗目のチャビ「これが我々の現実。相手は命がけでくるのだから…」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が敗戦の弁を述べている。スペイン『マルカ』が報じた。 バルセロナは24日にホームで行われたラ・リーガ第21節延期分でラージョをホームに迎え撃ち、開始7分の失点が決勝点となり、0-1で敗戦。直近の公式戦5試合で3敗目を喫した。 この試合でも1得点にとどまり、これで3試合連続で複数得点なしが続き、ラージョに史上初のシーズンダブルを許したチャビ監督は試合後、嘆いた。 「我々はもっと値したのに、必要な個性がなかった。トライこそしたが、(ゴールが)決まらなかった。カディス戦と非常に似た感覚だ。これが我々の現実。相手は命がけで戦ってくるのだから、それに合わせなければならない」 「(なぜゴールが決まらないのか? )困難なゲームもあるもの。先制点を与えてしまったり、本来のあるべき勢いをもって入っていけなかったり。先手を打てば、どうにかなるゲームなのだがね」 ヨーロッパリーグ(EL)敗退が決まったフランクフルトとの準々決勝2ndレグから芳しくない結果が続くが、その影響を問われると、こう返している。 「わからないよ。あの良い走りや、良い試合を披露したことで、誰もが期待感を高めた。我々もタイトルがよぎった」 「それが事実だが、来季のチャンピオンズリーグ(CL)で飛躍できるようモチベーションを高めていかないといけない」 「来季のCLでアンセムを聞きたいなら、意欲を持つ必要がある」 2022.04.25 09:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly