鎌田&長谷部が小野伸二以来の大会制覇! フランクフルトがレンジャーズとのPK戦制し42年ぶり2度目の優勝《EL》

2022.05.19 07:07 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)決勝、フランクフルトvsレンジャーズが18日にセビージャのエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンで行われ、1-1のまま120分間の戦いが終了。その後、PK戦を5-4で制したフランクフルトが1979-80シーズン以来、2度目の優勝を果たした。

なお、フランクフルトのMF鎌田大地は先発フル出場、MF長谷部誠は59分から途中出場した。

前身UEFAカップ時代の1979–80シーズン以来、2度目の大会制覇を目指すフランクフルトは、決勝トーナメントでベティス、優勝候補大本命のバルセロナ、ウェストハムを破ってファイナル進出を決めた。



ただ、先週末に終幕を迎えたブンデスリーガではシーズン最終盤の8戦未勝利が大きく響き、UEFAコンペティション圏外の11位でフィニッシュ。来シーズンに再び欧州の舞台で戦うにはこの決勝での勝利が必須となった。その運命のファイナルに向け、グラスナー監督は2-2のドローに終わった直近のマインツ戦から先発1人を変更。ハウゲに代わって負傷明けのリンドストロームを鎌田大地、ボレと共に[3-4-2-1]の前線で起用した。

一方、大会初制覇を目指すレンジャーズは決勝トーナメントのプレーオフで優勝候補ドルトムントを破って勢いに乗ると、以降はツルヴェナ・ズヴェズダ、ブラガというアウトサイダー、準決勝ではRBライプツィヒをいずれも接戦の末に退け、準優勝した2007–08シーズン以来のファイナル進出を果たした。

国内リーグでは宿敵セルティックに屈して連覇を逃したものの、リーグ2位でチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦出場権を確保。対戦相手に比べ、精神的な余裕を持って大一番を迎えた。ファン・ブロンクホルスト監督は3-1で勝利したライプツィヒとの2ndレグと同じスタメンを採用したが、並びを[5-4-1]から本来の[4-3-3]に変更した。

両者共に久々のタイトルが懸かる一戦ということもあり、ドイツ、スコットランドから多くのサポーターが集結し、非常に良い雰囲気でスタートした運命のファイナル。互いに集中して試合に入ったが、5分過ぎにはローデが額に裂傷を負ったことで治療のため数分間の中断を余儀なくされた。

10分過ぎに仕切り直しでの再開となると、2001-02シーズンにフェイエノールトでプレーしたMF小野伸二以来の決勝スタメン出場となった日本人MFにいきなり見せ場が訪れる。高い位置で相手を潰したトゥーレからの浮き球のパスを受けた鎌田がそのままボックス内に持ち込むが、ここはシュートを逡巡した末に相手に囲まれて強いシュートは打てず。ただ、こぼれ球を繋いだ味方がソウのシュートでGKマクレガーを脅かした。

最初の決定機を逸したフランクフルトだが、強度の高い連動した守備で相手に自由を与えず。鎌田やリンドストロームを経由したカウンターの形からゴールを目指す。20分には右サイドからカットインしたクナウフがボックス付近で右足を振っていくが、枠の右隅を捉えたシュートはGKマクレガーの好守に阻まれる。

一方、守備では粘り強く対応するものの、相手のプレスや対人の勝負で苦戦するレンジャーズ。なかなか自分たちのリズムでボールを動かせないが、27分にはライトがうまく潰れて繋いだボールをペナルティアーク付近で受けたアリボが反転から得意の左足を振り抜き枠のわずか左に外れる際どいシュートで最初の決定機を創出した。

前半半ばから終盤にかけてはレンジャーズがより落ち着いてボールを持てるようになり、試合は完全にイーブンな展開に。その中でフランクフルトはコスティッチの推進力と左足を生かした攻めからチャンスを窺うが、序盤に比べて決定機まで持ち込めない。

対するレンジャーズも相手の鋭いカウンターを警戒してか、攻撃にリスクを冒し切れず、セットプレーの流れからランドストラムのヘディングシュートや徐々に存在感を示したアリボを起点にフィニッシュのシーンを作り出したが、こちらも決め手を欠く形で前半を終えた。

ゴールレスで折り返した試合は互いに交代なしでスタート。前半同様にフランクフルトが良い入りを見せると、立ち上がりの49分にはボックス手前左でDFを引き付けながら鎌田が中央へ出した横パスをリンドストロームが右足でシュート。これが相手DFにディフレクトしてゴール左隅へ向かうが、わずかに枠の左に外れる。

一方、序盤の守勢を凌いだレンジャーズはカウンターからクナウフのミス絡みでケントが惜しいシュートシーンを作ると、57分に相手のミスを突いてゴールをこじ開ける。GKトラップのロングフィードをゴールドソンが頭で大きく撥ね返すと、ディフェンスラインの手前でソウが頭でクリアを試みたボールが背後へ流れる。これに対してDFトゥタが良い立ち位置にいたものの痛恨のスリップ。そのままボールをかっさらったアリボがボックス内でのGKとの一対一を制した。

失点に絡んだトゥタが負傷か、プレー続行が難しくなったことで、直後の59分に長谷部を3バックの中央に投入したフランクフルト。すぐさま反撃に打って出た中、67分には鎌田に絶好機。前線からのプレスで高い位置を取ったローデの潰しからの縦パスに抜け出した鎌田がボックス内で飛び出したGKの頭上を狙ったループシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを越える。

絶好の同点機を逃して苦しくなったかに思われたグラスナー率いるチームだったが、この直後に頼れるアタッカー陣の見事なコンビネーションからゴールをこじ開ける。69分、相手陣内左サイドでのスローインの流れからコスティッチが絶妙な左足の低いクロスをゴール前に供給すると、センターバック2枚の間に飛び込んできたボレが右足ワンタッチで押し込んだ。

1-1のイーブンに戻った試合はここからよりオープンな展開に。追いついた勢いを持ち込みたいフランクフルトは、負傷明けのリンドストロームを下げてハウゲを投入。対するレンジャーズは疲労が見え始めたジャックとライトを下げて百戦錬磨のスティーブン・デイビス、より個で勝負できるストライカーのサカラを投入し、アリボを右に配置替えした。

その後も一進一退の緊迫感のある攻防を繰り広げた両者だったが、互いに集中した相手の守備をこじ開けるまでには至らない。そして、90分間で決着は付かず、延長戦へ突入することになった。

延長戦では立ち上がりの5分にフランクフルトにビッグチャンス。自陣左サイドでバックパスを受けたDFバッシーのコントロールミスからボールをかっさらったボレがそのままボックス内まで運んでシュートに持ち込むが、ここは決死の戻りを見せたバッシーにブロックされてしまう。

互いに交代カードを切りつつ、レンジャーズは並びを[5-4-1]に変更して微調整を図りながら最後の勝負に打って出るが、試合は完全に消耗戦の様相に。睨み合いの状況が続く中、延長後半の終盤にはレンジャーズが底力を見せ、118分にはルーフェのボックス右での折り返しに飛び込んだケントにビッグチャンスも、ここはGKトラップがビッグセーブ。さらに、ラストプレーで得たボックス手前好位置でのFKを名手タベルニエが直接狙うが、これもトラップに防がれて120分の戦いは1-1のまま終了した。昨シーズンのビジャレアルvsマンチェスター・ユナイテッドに続き大会史上初2年連続のPK戦によって決着を付けることに。

その運命のPK戦ではフランクフルトの3人目を務めた鎌田を含め、互いに3人ずつが成功。そして、4人目では先攻レンジャーズのラムジーが中央を狙って蹴ったシュートをGKトラップがうまく足を残してビッグセーブ。対して後攻フランクフルトはコスティッチがきっちり決め切る。5人目ではルーフェが決めて可能性を残したが、フランクフルトの5人目のボレがきっちり左隅に突き刺して勝負あり。

土壇場でのビッグセーブを含めGKトラップが値千金の活躍を見せたフランクフルトが42年ぶり2度目の優勝を果たし、鎌田と長谷部は小野伸二以来となる日本人での同タイトル優勝を果たし、来シーズンのCL出場権獲得にも成功した。



1 2

関連ニュース
thumb

フランクフルトがPSGの若手MFディナ・エビンベ獲得へ!

フランクフルトが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス人MFエリック・ジュニオル・ディナ・エビンベ(21)の獲得に近づいているようだ。 PSGのアカデミー育ちのディナ・エビンベは2018年にプロ契約を締結。その後、ル・アーヴル、ディジョンへ武者修行に出されると、いずれのクラブでも主力として活躍。 昨シーズンにレンタルバックで復帰を果たすと、レギュラーシーズン開幕前のトロフェ・デ・シャンピオンのリール戦で待望のトップチームデビューを飾った。マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下では公式戦14試合に出場していた。 183cmのボックス・トゥ・ボックス型MFは、本職はセントラルMFも中盤と前線の複数ポジションをこなすユーティリティー性と、攻守両面で質と量をもたらすバランスの良さが高い評価を集めている。 ただ、PSGは今夏にMFヴィティーニャ、MFレナト・サンチェスをすでに確保し、ナポリのMFファビアン・ルイスの獲得にも迫っており、中盤が供給過多の状態。そのため、余剰人員となっている生え抜きMFは売却候補のリストに名を連ねている。 そういった中、『フット・メルカート』など複数のフランスメディアによると、ディナ・エビンベはフランクフルトへの移籍が迫っているという。 両クラブは1000万ユーロ(約13億6700万円)でのクラブ間合意に迫っており、選手自身は2027年までの5年契約を締結する見込みだ。 2022.08.11 16:01 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルト守護神、UEFAスーパーカップ敗戦も「ファンがどれほど誇らしげだったか見てもらえたはず」

フランクフルトのドイツ代表GKケビン・トラップがUEFAスーパーカップ敗北にも胸を張った。『UEFA.com』が伝えている。 トラップは10日にフィンランドで行われたUEFAスーパーカップのレアル・マドリー戦で守護神として先発した。試合はチャンピオンズリーグ(CL)王者を相手にいくつかのチャンスを作ったものの、37分にCKの流れから痛恨の失点。後半も劣勢が続くと、65分にさらなる失点を喫して万事休す。チームは最後まで得点を奪えず、クラブ史上初となるUEFAスーパーカップ優勝を逃した。 守護神としてフル出場を果たしたトラップは試合後に敗北を嘆きつつも、この舞台に立つまでのチームの歩みは素晴らしかったと強調。試合自体は勝てるチャンスがあったと語り、結果を悔やんでいる。 「エモーショナルな旅だったと思う。試合後のファンの反応を見れば、それがわかってもらえるだろう。試合には負けたけど、彼らがどれほど誇らしげだったか理解してもらえたはずだ」 「もちろん、この試合に勝ちたかったし、特に前半は1、2回得点するチャンスもあった。CL優勝チーム相手に負けてしまったが、試合全体を見てみれば今夜は堅実なパフォーマンスだったと思う」 「前半にチャンスを作れていれば、違うゲームになっていたかもしれない。(ブンデスリーガ開幕戦のあった先週)金曜日に比べて、多くのことが良くなっていた。コンビネーションも良かったね。良い試合ができただけに、結果は悪いものになってしまったと感じている」 2022.08.11 13:09 Thu
twitterfacebook
thumb

今季まず一冠目のマドリー、カルバハル「こうしたスタートを切れたのは喜ばしい」

レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルがUEFAスーパーカップ優勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 カルバハルは10日にフィンランドで行われたUEFAスーパーカップのフランクフルト戦で先発した。試合は立ち上がりこそ五分五分の状況となったが、いくつかのピンチを乗り切ると37分にCKからDFダビド・アラバが押し込み先制。その後もチャンスを作り続けたチームは65分にエースのFWカリム・ベンゼマが追加点を決めてリードを広げると、カルバハルら守備陣が最後まで失点を許さず、2-0で勝利した。 マドリーがUEFAスーパーカップ5回目の優勝で飾ったなか、試合後のカルバハルも喜びを隠さず。今週末にラ・リーガ開幕を控えるなかで、良いスタートが切れたと語った。 「スーパーカップはすでに4回優勝していたけど、今回も特別だね。僕たちは力強いパフォーマンスを見せることができたと思う。こうしたスタートを切れたのは喜ばしいことであり、これから起こるすべてに自信を持てるよ」 「チームはとても良い状態だ。練習に戻ってきてからも昨シーズンと同じく真剣に、一丸となって取り組んできた。今日のピッチでも、それを見ることができたね」 また、カルバハルは昨季に三冠を達成したチームがさらにタイトルを狙い続けると強調。こうしたチームでプレーできる幸せを噛みしめている。 「成功したシーズンを送った後、もう一度成功するのは難しいことだ。それでも、すべてを賭けて戦うよ。バルセロナ、アトレティコ、セビージャのいるリーガは困難なものであり、チャンピオンズリーグでは一戦一戦アプローチしていかなければならない。それでも、僕たちはまず1つ目のタイトルを獲得し、次の5つのタイトルを目指している」 「このシャツで、他のトロフィーを獲得することを願っているよ。このクラブに所属しているのは最高であり、キャプテンの一人であることを誇りに思っている」 2022.08.11 11:53 Thu
twitterfacebook
thumb

リーガ開幕前に弾みのアンチェロッティ「もっと良くなっていける」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督がUEFAスーパーカップ優勝に満足感を示した。スペイン『マルカ』が報じている。 今週末にラ・リーガの開幕が迫るレアル・マドリー。10日にヘルシンキで昨季のチャンピオンズリーグ王者としてヨーロッパリーグ覇者であるフランクフルトとのUEFAスーパーカップに臨んだ。 MF長谷部誠をベンチに置き、MF鎌田大地を先発起用したフランクフルトにチャンスも許したが、DFダビド・アラバとFWカリム・ベンゼマのゴールで2-0と勝利。通算5度目の優勝で飾っている。 今季のまず1冠目を手にし、国内リーグ戦の開幕に向けても弾みをつけたアンチェロッティ監督はチームの出来に手応えを語った。 「チームがハングリーで、モチベーションも高いというのはこの試合を見るまでもない。思ったよりも難しい試合だったが、アラバのゴールが決まってからは我々がうまくコントロールできた。守備陣の強固さも強調したいね。過去3回の決勝で失点しておらず、それは非常に重要なことだ」 イタリア人指揮官はまた、「ドレッシングルームの雰囲気は今までのなかでも一番良い」と続け、チームのさらなる成長を期待した。 「こういう状況は1年前に予見し難かった。大きなステップを踏んでいるが、もっと良くなっていけると思う」 そして、今季も主砲として期待がかかるベンゼマに対して「彼は世界で最も重要で、決定的な選手。彼のゴールやそのほかのプレーは我々にとって重要なものだ」と話している。 2022.08.11 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

初のUEFAスーパーカップ優勝逃したフランクフルト、グラスナー監督「マドリーが勝利に値した」

フランクフルトのオリバー・グラスナー監督がUEFAスーパーカップでの完敗を認めた。『UEFA.com』が伝えている。 昨季にヨーロッパリーグ(EL)を制したフランクフルトは、10日に行われたUEFAスーパーカップでチャンピオンズリーグ(CL)王者のレアル・マドリーと対戦した。立ち上がりは拮抗した展開となり、日本代表MF鎌田大地に決定機も訪れたが、決め切ることができず。37分にCKから失点を許したチームは後半に何度かチャンスを作ったものの、65分にさらなる失点。その後は試合をコントロールされ、0-2で敗れたチームはクラブ史上初となるUEFAスーパーカップ優勝を逃している。 試合後、グラスナー監督は大敗を喫した先週末のバイエルン戦より改善されていたとしつつ、それでもマドリーが勝利に値したとコメント。相手のレベルの高さを認めつつ、チームはまだ改善の余地があると語った。 「この前の試合と比較すれば、チームは改善されていたと思う。とはいえ、マドリーは世界中のどの相手に対しても、2、3回の素晴らしいチャンスを作ってくる。そして我々は、CKから先制点を許してしまった」 「チームは自分たちのチャンスをものにできなかったね。今日の試合ではマドリーがより良いチームであり、勝利に値するものだった」 「何度かいい形でポゼッションできていたとは思う。だが、最後の部分、ゴールにまでは届かなかった。それが、このレベルでまだ取り組まなければならないことだろう。とても歯がゆいね。我々は[4-4-2]に布陣を変更したが、連携がうまくいかなかった」 2022.08.11 10:33 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly