ポグバのユーベ復帰、今や本人の決断次第か

2022.05.18 19:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス代表MFポール・ポグバ(29)のユベントス復帰は本人が他クラブよりも条件で劣るオファーを受け入れるかどうかという状況のようだ。

2016年夏に当時の史上最高額となる移籍金8930万ポンド(現レートで約142億8000万円)でユベントスから堂々復帰を果たしたポグバ。それから6年が経つが、ケガの多さによる稼働率の低さや、気分に左右されやすいプレーぶりで思い描いた通りにいっていない。

そうしているうちに契約最終年の今季を迎えたが、いまだ更新の音沙汰なし。このまま移籍濃厚とされ、急浮上したマンチェスター・シティ行きの線こそ薄まっているが、古巣ユベントスやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリーが候補と目されている。

そのなかで、ユベントスは先日に急逝したミノ・ライオラ氏の後を継ぐラファエラ・ピメンタ代理人と交渉。そして、移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、オファーを出したユベントスは現在、ポグバとの対話待ちだという。

そのオファー内容は他クラブからのものよりも条件的に低いものだが、ポグバを中心としたプロジェクトも提示されているとのことで、選手が受け入れるか否かという状況と推測されている。

なお、ポグバ自身は現時点で移籍を決めており、今後をどうしたいかに焦点を当てているともされるが、決断はいかに。

関連ニュース
thumb

ユベントスがディバラ、モラタ、ベルナルデスキの退団を一挙に発表

ユベントスは30日、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(29)、イタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキ(28)の退団を発表した。 それぞれ契約満了による退団が決定的となっていた3選手。ディバラは2015年夏にパレルモから加入し、チームの柱の一人に。在籍7年で公式戦293試合115ゴール45アシストを記録し、5度のセリエA優勝など、12個のトロフィーを手にした。 2014年から2016年にも在籍したモラタは、2020年夏にアトレティコ・マドリーからのレンタルで復帰。この2シーズンで公式戦92試合に出場し、32ゴール21アシストを記録した。クラブは今夏に買い取りに動いたが、移籍金で折り合いがつかず、レンタルバックすることになった。 ベルナルデスキは2017年夏にフィオレンティーナから加入。ユーティリティ性を持ち味に安定した出番を得たが、ディバラのような絶対的な主力にはなりきれなかった。 ユベントスは3人に向けて、それぞれ別れのコメントを送っている。 ◆パウロ・ディバラ 「彼は若く才能豊かな有望株としてトリノにやってきた。たくさんの経験を得ながらチームの王様となり、そして今、別れを告げる」 「この7年間は、ゴールと勝利だけでなく、彼の輝き、忘れられない夜、そして絶対的なクオリティーのパフォーマンスで構成されたものだった」 「そして、これらすべてに対して、我々は常に感謝することになる。幸運を祈っている。suerte, Joya!(頑張れ、ホヤ!)」 ◆アルバロ・モラタ 「アルバロとユベントスの絆は何年も前に生まれ、2016年6月21日が最初の別れだったが、その堅固な絆は壊れなかった」 「そして4年後、我々の2度目の冒険が始まった。トリノに帰ってきた彼は、多くの経験を積み、忘れられなかった過去をもう一度思い出し、忘れられない瞬間を生きようとしていた」 「5月16日、アリアンツ・スタジアムでのラツィオ戦、白と黒のジャージでの最後の出場で決めた美しい一発は、今でも忘れられない。アルバロの将来を応援している。ありがとう」 ◆フェデリコ・ベルナルデスキ 「昨夏、イタリア代表として欧州チャンピオンとなったフェデリコは、献身性と真剣さを欠くことなく、トリノを後にする」 「この5年間で、ユベントスで183試合に出場し12ゴール20アシストを記録した。スクデット3回、コッパ・イタリア2回、スーパーカップを2回一緒に勝ち取った」 「今日、一緒に綴ってきた長かった物語は終わりを迎える。いつもみたいに我々はあなたに感謝している。そして将来の成功を願っているよ」 2022.06.30 20:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスがディバラに別れの声明…「彼は今、別れを告げる」

ユンベントスは30日、今シーズンをもって退団するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラに向けて別れのメッセージを届けた。 「彼は若く才能豊かな有望株としてトリノにやってきた。たくさんの経験を得ながらチームの王様となり、そして今、別れを告げる」 「パウロは白と黒の7年間で、293試合に出場し115ゴール45アシスト、そして12個のトロフィーを掲げた。これからはトリノを離れてそのキャリアを続けていく」 「それらの数字を詳しく見れば、いろいろな物語を教えてくれる。例えば、ユベントスにおいてパウロは、全コンペティションにおける歴代得点ランキングで9位、セリエAでは10位、ヨーロッパではチャンピオンズリーグで18得点を記録し、クラブ歴代3位となっている」 「この7年間は、ゴールと勝利だけでなく、彼の輝き、忘れられない夜、そして絶対的なクオリティーのパフォーマンスで構成されたものだった」 「そして、これらすべてに対して、我々はは常に彼に感謝することになる」 「幸運を祈っている。suerte, Joya!(頑張れ、ホヤ!)」 長くユベンティーノ達から愛された“ラ・ホヤ(スペイン語で宝石の意)”だが、新天地としてはインテルが有力な候補先となっている。先月15日にはインスタグラムを通じて感動的な別れのメッセージを送っていたが、果たして来シーズンはライバルとなってしまうのだろうか。 2022.06.30 18:20 Thu
twitterfacebook
thumb

タッキナルディ氏が古巣ユベントスなどに言及「イタリア人の確保は重要」

元イタリア代表のアレッシオ・タッキナルディ氏が、ミランやユベントスの移籍市場について言及した。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えている。 現役時代にユベントスで多くのタイトルを獲得したタッキナルディ氏。『TMW Radio』に出演し、セリエA王者のミランが、テクニカル・ディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏や、スポーツ・ディレクター(SD)のフレデリック・マッサーラ氏らの契約延長に関する公式アナウンスが未だないことに驚きを隠さなかった。 「本当に不思議だ。彼ら2人はリスクを冒して若い選手たちに賭け、最も重要なトロフィーを掲げた。素晴らしい仕事ぶりだ。2人がまだサインしていないとすれば奇妙と言える」 首脳陣2人の一件がミランの補強戦略に打撃を与えているかとの問いかけに対しては、「その通りだ。もしディールを進められない状況だとしたら選手はミランから離れて行く。スヴェン・ボトマンがニューカッスルへ行き、レナト・サンチェスはパリを選択したという記事を見たよ」と回答し、今夏のトップターゲットだったリールの2選手を例に挙げ、影響は間違いなくあるとの見方を示した。 一方、古巣ユベントスが獲得を目指すとされるローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(22)に対しては、「前線にドゥシャン・ヴラホビッチがいて、12月にはフェデリコ・キエーザが戻ってくる。もしアンヘル・ディ・マリアがスカッドに加わるとすれば、ザニオーロに今すぐスターターの役割を与えることは難しいだろう。だが、現在のユベントスが質の高いイタリア人を確保することはとても重要だ」と持論を述べ、現在のレギュラー格に自国の選手が少ない現状を憂いた。 ユベントスからチェルシーへの売却が報じられるオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)に関する質問には、自身が在籍した時代の出来事を振り返り、ポジティブにとらえるべきとの姿勢を垣間見せた。 「ジダンがクラブを去る日が近いとわかったとき、首脳陣らはすぐに動いた。ブッフォンやネドベド、リリアン・テュラムを獲得したね。チームを整理し、手に入れた資金を興味深いアイディアに活用すれば、競争力のあるチームを作ることは可能だ」 当時レアル・マドリー行きが決まったジネディーヌ・ジダン氏と入れ替わるようにユベントスの一員となった現パルマ所属の元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンや、クラブの副会長を務めるパベル・ネドベド氏らの名を挙げ、デ・リフト売却も選択肢としては間違っていないと述べた格好だ。 2022.06.30 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、クラブOBのモンテーロ氏がプリマヴェーラ指揮官に就任

ユベントスは28日、プリマヴェーラ(U-19チーム)の指揮官にパオロ・モンテーロ氏(50)を招へいしたことを発表した。 元ウルグアイ代表DFのモンテーロ氏は、現役時代にアタランタやユベントスといったイタリアのクラブで活躍。セリエAを4度制するなど、1990年代後半から2000年代前半にかけてユベントスの主力センターバックとして一時代を築いた。 現役引退後は古巣ペニャロールで指導者としてのキャリアをスタートし、コロンやロサリオ・セントラル、サンベネデッテーゼの指揮官を歴任。直近は2021年10月までサン・ロレンソを指揮していた。 2022.06.29 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

カシージャスがユーベ移籍迫るディ・マリアを称賛「用心深く知的な男」

ユベントス移籍が時間の問題となっているアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア。レアル・マドリーでチームメイトだった元スペイン代表のイケル・カシージャス氏が太鼓判を押した。 2015年夏に加入したパリ・サンジェルマン(PSG)との契約満了を迎え、今夏に新天地を求めたディ・マリア。母国復帰の意思もあり、先日にロサリオ・セントラルの監督に就任したカルロス・テベスから誘いもあったという中で、キャリア6つ目のクラブとなるのはユベントスが決定的となっている。 現地時間29日にも契約が締結される可能性が伝えられる中、カシージャス氏がイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューでディ・マリアに言及。34歳となっても体のシャープさを維持する真のプロフェッショナルだと称賛した。 「キエーザにヴラホビッチ、ポグバ、そしてアンヘル…、なんてチームだ! 」 「彼はワールドカップへの準備をしたいと言っていた。常に体のケアを怠らない用心深い男なんだ。だから大ケガをしたことは一度もない。かなりシャープな体だと思うよ」 「ここヨーロッパで彼は常にハイレベルを維持してきた。しかもビッグクラブでね。ディ・マリアはユーベに違いをもたらせるだろう」 「11月にはワールドカップが控え、レギュラーでプレーし、大会に向けて最高の準備ができるチームを探していたことは明らかだ」 「34歳となっても、彼は偉大なプレイヤーだ。今となっては年齢は比較的ただのカウントに過ぎない。選手の寿命は延びてきている」 「ユベントスは様々なポジションでプレーできる選手に資金を投じてきた。我々がデシマを達成した当時、アンチェロッティはシーズン途中に彼のポジションを変えていたが、とてもよくやっていたよ」 「彼は前線でも中央でもプレーできるし、フットボールをよく理解している知的な男だ。さらに印象的なシュート力も持っていて、一人で試合決めることができる」 2022.06.29 14:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly