「美男美女すぎる」レアルFWアセンシオが結婚!2人きりのレストランで思い出ムービーとともに感動のプロポーズ

2022.05.18 20:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
1 2

関連ニュース
thumb

カシージャス、突如出現したバルサDFピケの元パートナーとの熱愛報道を完全否定

かつてレアル・マドリーでプレーしスペイン代表の守護神としても活躍したGKイケル・カシージャスが、自身の熱愛報道について否定した。イギリス『サン』が伝えた。 カシージャスが熱愛を噂されたのは、歌手のシャキーラ。バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケの元パートナーとしても知られている。 シャキーラは、2010年の南アフリカ・ワールドカップでピケと出会うと、その後に交際をスタート。9歳のミラン、7歳のサーシャと2人の子供がいる中、2022年6月に破局が発表されていた。 一方のカシージャスも、スポーツジャーナリストのサラ・カルボネーロさんと2009年から交際。2人の子供を儲けると、2016年に結婚。しかし、2021年3月に離婚が発表されていた。 ともにフリーの状態であり問題はないものの、マドリーとバルセロナでともにキャプテンを務め、ライバル関係を長年続けた上、スペイン代表では守備の要としてW杯を制するなどチームメイトだったこともあり、大きく報じられることとなった。 その発端は、カシージャスとシャキーラがともにインスタグラムでフォローを始めたこと。2ショットが目撃されたわけではない中での交際報道に対し、カシージャスがインスタグラムのストーリーズで否定した。 カシージャスは驚きながらも「OMG」と反応。全くのデタラメであると反応した。 <span class="paragraph-title">【写真】ピケの元パートナーであるシャキーラ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYKet5dsGx8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYKet5dsGx8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYKet5dsGx8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Shakira(@shakira)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.01 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第7節プレビュー】セビージャvsアトレティコ! “FIFAウイルス”懸念の代表戦明け初戦

インターナショナルマッチウィーク前に行われた第6節では、マドリード・ダービーを制した王者レアル・マドリーが開幕6連勝を達成。また、バルセロナやベティス、アスレティック・ビルバオといった上位陣も着実に勝ち点3を積み重ねている。 “FIFAウイルス”が懸念されるカタール・ワールドカップ前最後のインターナショナルマッチウィークを経て再開される第7節では、15位のセビージャと7位のアトレティコ・マドリーによるビッグマッチに注目が集まる。 セビージャは前々節にエスパニョールを破って今季初勝利を挙げたが、以降はチャンピオンズリーグ(CL)でコペンハーゲン、ラ・リーガでビジャレアルに2戦連続ドローと復調の兆しは見受けられず。ロペテギ監督の早期解任は見送られたものの、アトレティコ、アスレティック、CLでのドルトムントとの連戦と、ここからの4連戦が現体制の命運を握る。直近2試合では守備面に一定の改善が見受けられたが、攻撃面は選手個々の不振に加え、未だ最適解を見いだせておらず、アトレティコの堅守攻略に不安を残す。 対するアトレティコもレバークーゼン、ダービーでの敗戦によって今季初の公式戦戦連敗と調子はいまひとつ。CLでは2連勝で首位に立つクラブ・ブルージュとの連戦を控えており、このセビージャ戦でのパフォーマンスを浮上の足掛かりとしたい。やり繰りに苦戦するディフェンスラインではダービーで退場のDFエルモソを出場停止で欠くが、DFサビッチ、DFヒメネス、DFレギロンらに復帰の目途が立ち、MFヴィツェルを本来の中盤に戻し、より安定したゲームコントロールが期待される。一方、開幕以降トーンダウンが顕著なストライカー陣には奮起が求められるところだ。 ヨーロッパ5大リーグでも唯一となる開幕6連勝と絶好調の王者レアル・マドリーは、5位のオサスナを相手に7連勝を狙う。中断前のアトレティコ戦では主砲ベンゼマを欠くことで苦戦も予想されたが、FWヴィニシウス、FWロドリゴ、MFバルベルデの若手トリデンテが決定的な働きをみせ、敵地で2-1の勝利を収めた。週明けに行われるCLではシャフタールとの首位攻防連戦が控えるが、まずは難敵オサスナを相手に結果を残したい。 オサスナ戦ではクラブ、代表でフル稼働だったMFモドリッチの離脱にDFアラバもコンディションに不安を抱えるが、代わって負傷明けのベンゼマの復帰が決定的と見られ、自身不在の中で躍動した若手アタッカー陣との共演による攻撃陣のさらなる爆発が期待される。一方、対戦相手のオサスナはここまで2連勝後に敗戦というサイクルが続き、直近のヘタフェ戦では敗戦を喫しているが、自慢の堅守を武器に王者を撃破して前述のサイクルを継続することになるのか。 その王者を2ポイント差で追う2位のバルセロナは、10位のマジョルカとのアウェイゲームで6連勝を目指す。中断前の前節は前半序盤に数的優位を得た結果、FWレヴァンドフスキのドブレーテの活躍などで3-0の完勝を収めた。ただ、週明けからインテルとの重要なCL連戦を控える中、このインターナショナルマッチウィークでは“FIFAウイルス”に罹患。DFアラウホ、DFクンデ、MFフレンキー・デ・ヨング、FWデパイが代表活動中に負傷した上、チーム残留組のDFベジェリンと4選手が離脱を余儀なくされた。 そのため、今回のマジョルカ戦ではインテル戦に備えて大幅なターンオーバー敢行が見込まれており、緊急事態の右サイドバックに関してはDFセルジ・ロベルトが間に合わない場合、DFクリステンセンかDFエリック・ガルシアを右に回してDFピケをセンターバックで起用するか、3バックへの変更が想定される。FWムリキら馬力のある相手攻撃陣にへの対応に不安を残すだけに、[5-3-2]のソリッドな戦いを志向するホームチームに対して攻撃陣の力で押し切りたい。 MF久保建英を擁する8位のレアル・ソシエダは、11位のジローナを相手に連勝を目指す。久保は前節のエスパニョール戦で果敢なプレスからFWセルロートのゴールをお膳立てし、公式戦2試合連続アシストを記録。チームの2-1の勝利にきっちり貢献した。今回のインターナショナルマッチウィークではアメリカ代表戦で上々のパフォーマンスをみせ、エクアドル戦は完全休養となっており、今回のジローナ戦でもスタメン起用が濃厚だ。チームでは今季絶望のFWサディクに加え、FWカルロス・フェルナンデス、FWチョがコンディションの問題を抱えており、前述のセルロートやカンテラーノらと共にフル稼働が求められるところだ。 その他では連勝を狙う3位のベティスと13位のセルタが対峙するカード、開幕から唯一未勝利が続く最下位のエルチェの試合に注目したい。 《ラ・リーガ第7節》 ▽9/30(金) 《28:00》 アスレティック・ビルバオ vs アルメリア ▽10/1(土) 《21:00》 カディス vs ビジャレアル 《23:15》 ヘタフェ vs バジャドリー 《25:30》 セビージャ vs アトレティコ・マドリー 《28:00》 マジョルカ vs バルセロナ ▽10/2(日) 《21:00》 エスパニョール vs バレンシア 《23:15》 セルタ vs ベティス 《25:30》 ジローナ vs レアル・ソシエダ 《28:00》 レアル・マドリー vs オサスナ ▽10/3(月) 《28:00》 ラージョ vs エルチェ 2022.09.30 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ミリトン、まもなくマドリーと契約更新へ! 新契約は2028年まで

レアル・マドリーとブラジル代表DFエデル・ミリトン(24)の契約更新が迫っているようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 同選手は2019年夏にポルトから推定5000万ユーロの移籍金で加入。初めの2シーズンはリーグ戦では半分以下の出場数にとどまるなど準主力という立ち位置だったが、昨夏に重鎮センターバックが抜けたことで出番を得るとついに覚醒。公式戦50試合に出場し、ラ・リーガとチャンピオンズリーグ制覇に大きく貢献した。 そのミリトンについては以前から契約延長の噂が立っており、ロマーノ氏によれば7月には口頭合意していたとのこと。この度マドリーは必要な全ての書類を用意し、新契約締結に向けて最終段階に入っているようだ。 新契約は3年延長となる2028年までで、10億ユーロの契約解除金が設定されるようだ。 2022.09.30 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

レアルがシティから2選手の獲得を画策か、今後2年で主軸引き抜きの計画

選手の世代交代を着々と進め、有望な選手を獲得し続けているレアル・マドリー。その中ですでに次のターゲットは決まっているようだ。スペイン『アス』が報じた。 マドリーは、ブラジル代表DFエデル・ミリトン(24)、フランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(19)、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ(24)、フランス代表MFオーレリアン・チュアメニ(22)、ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール(22)、ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス(21)など、チームの主軸に25歳以下の選手を揃えている。 その中で、次のターゲットはマンチェスター・シティの2人。ポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)とノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(22)だという。 カンセロに関しては、シティ移籍前のバレンシア時代から興味を持っていたとのこと。カルロ・アンチェロッティ監督も、エバートン時代にその能力の高さに惚れており、現在は左サイドバックとして高い能力を発揮しているものの、従来の右サイドでのプレーに期待しているという。 移籍金は4000万〜5000万ユーロ(約56億8500万〜71億円)と見られているが、2027年までシティと契約しており、ジョゼップ・グアルディオラ監督にとってのキーマンになっていることから、簡単ではないと見られている。ただ、カンセロ自身は好意的に受け取っているようだ。 マドリーは左サイドバックをフランス代表DFフェルラン・メンディが務めているが、2025年に契約が終了し、契約延長に関してはマドリーが考える額以上のものを求めてきていることから、退団する可能性もあるという。 また、ハーランドに関しては、今夏の移籍市場でも獲得に動いたが、フランス代表FWカリム・ベンゼマとの競争を好まず、父の古巣であるシティに移籍。ただ、マドリーでプレーするという夢を持っている。 さらに、2024年夏には1億8000万ユーロ(約255億8500万円)の契約解除条項が設定されており、2年で移籍が可能に。ベンゼマの年齢を考えても、そのタイミングでマドリーが動く可能性は十分にあると見られている。 2022.09.30 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンゼマがディ・スティファノ賞を含む個人三冠を達成!「まだまだやりたいことはある」

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが、スペイン『マルカ』主催のラ・リーガ年間最優秀選手賞に選出された。 2021-22シーズンのベンゼマの成績はリーグ戦32試合27ゴール12アシスト。第4節のセルタ戦ではハットトリックを成し遂げ、第25節から第30節にかけては、ケガで欠場した第29節のバルセロナ戦を除いて5試合連続ゴールを記録した。 エースの大車輪の活躍でマドリーも2シーズンぶりの優勝を収め、ベンゼマは昨季の『マルカ』の最優秀選手賞にあたるアルフレッド・ディ・スティファノ賞を受賞。また、得点王でピチーチ賞、ファン投票で選ばれるMVP賞の個人三冠を達成した。 「自分の仕事に誇りを持っているよ。クラブやチームメイトのサポートに感謝している。だけどもっとやりたいことがある。リーグを制覇して、多くのゴールを決めて、ピッチ上で楽しみたい。準備はできているよ」と、受賞の喜びとさらなる飛躍を誓っている。 また、最優秀監督に贈られるミゲル・ムニョス賞は、マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督と、コパ・デル・レイを制したベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督が選ばれた。ペジェグリーニ監督は「次のチャレンジは次の試合に勝つこと。まだまだ勉強中だ」と謙虚な姿勢を示した。 そのほか、セビージャの守護神ボノが最小失点GKに与えられるサモラ賞を受賞。昨季30失点のチームの堅守を支えたボノは、今季不調のセビージャの挽回を願った。 フェアプレー賞のプエルタ=ハルケ賞は、ポンフェラディーナBに所属するウクライナ人GKニキータ・フェドロフに。同選手はロシア侵攻食い止める戦士としてウクライナに貢献。故ダニ・ハルケと故アントニオ・プエルタの母親からトロフィーを受け取っている。 2022.09.29 14:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly