「美男美女すぎる」レアルFWアセンシオが結婚!2人きりのレストランで思い出ムービーとともに感動のプロポーズ

2022.05.18 20:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオ(26)が交際していたサンドラ・ガラルさん(28)との結婚を発表した。

2015年夏にマジョルカからマドリーに加入したアセンシオ。ここまで公式戦235試合49ゴール24アシストを記録している。今シーズンも途中出場は多いが、公式戦42試合で12ゴール2アシストをマークしている。

スペイン代表としても通算26キャップを数え、2021年に開催された東京オリンピックでは、オーバーエイジ(OA)枠の1人としてU-24スペイン代表に参加すると、U-24日本代表との準決勝で決勝点をマークし、銀メダル獲得に貢献した。

そのアセンシオには交際3年目になるサンドラさんというガールフレンドがいたが、17日に自身のインスタグラムを更新し、結婚を発表した。

インスタグラムではプロポーズ当日の様子が公開されており、2人きりのレストランでこれまでの思い出を振り返るムービーが流れると、跪いたアセンシオが指輪を取り出しプロポーズ。サンドラさんは満面の笑顔でアセンシオの想いに応えていた。

アセンシオの報告には、チームメイトのスペイン代表DFナチョ・ヘルナンデスやスペイン代表MFルーカス・バスケス、ベルギー代表GKティボー・クルトワといった選手も「おめでとう」と祝福。ファンからも「美男美女すぎる」、「男前」、「末長くお幸せに」とお祝いのメッセージが贈られている。

1 2

関連ニュース
thumb

アンチェロッティが将来を巡って再び発言 「今季も来季もレアル・マドリー。そして次も…」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督(63)が将来を展望した。 昨季からレアル・マドリーで2度目の指揮を執るアンチェロッティ監督。第2政権下の初年度からラ・リーガとチャンピオンズリーグ(CL)を制し、3年契約の2年目となる今季も先のラ・リーガで引き分けるまで開幕から公式戦全勝と完璧なスタートを切った。 だが、イタリア人指揮官は以前からレアル・マドリーでの指揮を最後に監督業から身を引く意向を示唆。そして、スペイン『アス』によれば、このたびに受けたイタリア『Rai Sport』のインタビューにて、自身の将来を巡って発言がなされたようだ。 「私の将来で見えているもの? 今季も来季もレアル・マドリー。そして次もマドリーで、その後もマドリーだね。それから先は様子を見てみよう」 そんなアンチェロッティ監督は1995年に母国イタリアで監督キャリアを始め、昨季に指揮官として史上初の欧州5大リーグ制覇に歴代最多4度のCL優勝を達成。フットボール界の歴史にも名を刻む名監督の1人に数えられる存在だが、果たして。 2022.10.04 12:25 Tue
twitterfacebook
thumb

日本発の世界でも人気キャラクターのケーキも登場!モドリッチが次女の誕生日を祝福「僕のプリンセス」

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが娘の誕生日を祝っている。 モドリッチはトッテナムに在籍していた2010年にバーニャさんと結婚。長男イバンくん、長女エマちゃん、そして次女ソフィアちゃんと3人の子供を授かっている。 9月には37歳の誕生日を迎え、家族に祝ってもらっていたモドリッチだが、今回はお祝いする側に回り、ソフィアちゃんの5歳の誕生日を祝った。 モドリッチは自身のインスタグラムを更新し、家族総出で祝う様子をアップ。バースデーケーキは、『セガ』のビデオゲームに登場するソニック・ザ・ヘッジホッグなど『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズのキャラクターたちの姿が。さらに、余程のお気に入りなのかモドリッチ夫妻とソフィアちゃんがソニックと記念撮影している姿もあった。 モドリッチは「ハッピーバースデー!僕のプリンセス!僕たちの天使! 大好き!」と大喜び。変わらぬ活躍には家族の存在も大きいのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】娘がモドリッチとそっくり、ソニックのケーキも登場したバースデーパーティー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjN5Af9Mjev/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjN5Af9Mjev/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjN5Af9Mjev/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Luka Modric(@lukamodric10)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.03 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ監督、今季公式戦を通じても初の足踏みも「次の流れを作りたい」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督がラ・リーガでの連勝ストップにも前向きな姿勢を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ラ・リーガ開幕から6連勝のマドリーはホームで2日に行われた第7節でオサスナと対戦した。立ち上がりからボールを握るなか、ゴールまで迫れない時間帯が続いたが、42分にFWヴィニシウス・ジュニオールの放ったクロスがそのままゴールに吸い込まれる形で先制。しかし、後半開始早々に同点とされると、その後はFWカリム・ベンゼマのPK失敗もあり、1-1のドローに終わった。 今季公式戦を通じても初のポイントロスゲームとなり、ラ・リーガ首位の座をバルセロナに明け渡してしまったアンチェロッティ監督だが、試合後の会見で再び良い流れに持っていけると強調。一方で、ラ・リーガ開幕から全試合で失点中の守備については改善の必要性を認めた。 「今日は良い試合じゃなかったね。前半はボールを持つときも持たないときも、インテンシティが欠けていたと思う。プレスも十分ではなかったよ。後半、同点に追いつかれてからはインテンシティも改善されたが、それからは選手をリフレッシュさせるために交代させた」 「失点はピッチ中央からのパスが起点だった。我々はあまり激しいペースでプレーできなかったが、試合はコントロールしていたし、勝利に値したと思う。PKが決まっていれば、勝てたかもしれないね。この結果でとてもポジティブな流れは終わりを告げたが、我々はこれから次の流れを作りたいと思う」 「このチームは勝てないと動揺する。ハッピーではなく、それがこのチームが去年たくさん勝った理由だ。このドローには満足していないし、すぐに対応したい。リーグ全試合失点については我々の改善部分だ。この点については改善すべきだが、(2試合無失点の)チャンピオンズリーグ(CL)ではある程度うまくいっている」 また、アンチェロッティ監督は負傷から復帰もPK失敗のベンゼマに言及。これからも引き続きPKキッカーを務めるだろうと、信頼を示した。 「彼にとってベストゲームではなかったが、ここ数試合欠場していたのだから当然だ。彼はとてもハードなトレーニングを積んできたから、今日は十分な鋭さを出せなかったのだろう。これからの試合で頑張る必要があるね。カリムは昨シーズン、重要な2つのPKを取り、得点した。彼はチーム随一のPKキッカーであり、これからもPKを決め続けるだろう」 2022.10.03 11:57 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーの守護神クルトワが左坐骨神経痛で離脱…クラシコには間に合う見込み

レアル・マドリーは2日、ベルギー代表GKティボー・クルトワの負傷を明かした。 今回のインターナショナルマッチウィークで、ベルギー代表としてUEFAネーションズリーグの2試合にフル出場したクルトワは、クラブへの帰還後に負傷が発覚。マドリーの発表によると、メディカル部門の複数検査を受けた結果、左坐骨神経痛と診断されたという。 現時点で離脱期間は不明となっているが、2日のオサスナ戦は招集外となっており、週明けの5日に開催予定のチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦の出場も難しい模様だ。 ただ、スペイン『COPE』は少なくとも今月16日に控えるバルセロナとのエル・クラシコには復帰できる見込みであると報じている。 2022.10.03 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーの開幕連勝がストップ…復帰ベンゼマのPK失敗響き10人のオサスナとホームでドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第7節、レアル・マドリーvsオサスナが2日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、1-1のドローに終わった。 好調ロドリゴとバルベルデのゴールでアトレティコ・マドリーとの敵地でのダービーを2-1で制し、インターナショナルマッチウィークの中断に入ったマドリー。ヨーロッパ5大リーグで唯一となる開幕6連勝と絶好調のチームは、週明けにチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦を控える中、5位のオサスナを相手に7連勝を狙った。 アンチェロッティ監督はアトレティコ戦から先発4人を変更。負傷の守護神クルトワ、モドリッチの代役にGKルニン、セバージョスを起用したほか、ミリトンとバルベルデに代えてリュディガーと負傷明けのエースFWベンゼマを起用した。 インターナショナルマッチウィーク明け初戦ということもあり、ややエンジンのかかりが遅いホームチーム。ボールは握るものの、オサスナの堅固な守備ブロックを揺さぶり切れず、効果的にフィニッシュまで持ち込めない。 一方、堅守速攻を徹底するオサスナは攻撃の回数こそ多くないものの、バルセロナからのレンタルプレーヤーであるアブデの積極果敢な仕掛けを使いながらロングカウンターで際どい場面を創出。前半半ば過ぎにはモンカジョーラの枠を捉えたミドルシュートや、相手CKを撥ね返してのカウンターからボックス右のアブデに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばせない。 焦りはないものの、前半の内に攻撃の糸口を見つけたいマドリーは37分、相手のゴールキックを撥ね返してのカウンターから左サイドでDFと入れ替わったヴィニシウスが快足を飛ばして深い位置まで運び、アウトサイドを使った巧みなクロスを供給。これをファーにフリーで走り込んだベンゼマが右足インサイドで合わせるが、このシュートは惜しくも左ポストの外側に外れた。 それでも、マドリーは前半終了間際に意外な形から先制に成功した。42分、右CKの流れから左サイドのヴィニシウスが右足インスウィングのクロスをゴール前のスペースに落とすと、飛び込んだリュディガー、ベンゼマはボールに届かなかったものの、クロスがそのままゴール右隅に決まった。 ヴィニシウスの幸運なゴールによって1点リードで試合を折り返したマドリーだが、開幕からクリーンシートが一度もないチームはこの試合でも守り切れない。 オサスナは50分、相手陣内中央でボールを持ったウナイ・ガルシアが正確なフィードをボックス中央に送り込むと、リュディガーと競ったキケ・ガルシアがバックヘッドで合わせたボールがゴール左上隅の完璧なコースに決まる。さらに、畳みかけるアウェイチームは53分にもボックス右へ侵入したモイ・ゴメスのプルバックから再びキケ・ガルシアに決定機も、右足のダイレクトシュートは枠の左に外れた。 一方、追いつかれたホームチームは53分にチュアメニ、セバージョスを下げて切り札のバルベルデとカマヴィンガを同時投入し、クロースがピボーテの位置に一列下がる。この交代策で攻撃のギアを上げると、アラバの直接FKやロドリゴのボックス内での仕掛けで早速チャンスを作り出していく。 さらに、74分にはメンディとクロースを下げてミリトン、アセンシオを投入したアンチェロッティのチームは、[4-2-4]に近い攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。 すると、78分にはカマヴィンガのフィードに反応したベンゼマがゴール前でDFダビド・ガルシアに後方から押し倒され、オンフィールド・レビューの結果PKを獲得。さらに、決定機阻止のダビド・ガルシアが一発退場に。だが、このPKの場面でベンゼマはGKの動きが気になったか、シュートをクロスバーに当ててしまい、痛恨のPK失敗に。 それでも、残り時間を考えれば、10人のオサスナを相手に勝ち越しゴールを奪える可能性は十二分にあると思われたが、ベンゼマのゴールネットを揺らした場面が際どいオフサイドで取り消されるなど、なかなかゴールをこじ開けられない。 その後、カルバハルを下げてマリアーノを投入し、最後は力業での打開を試みたマドリーだが、途中出場のアリダネを中心に身体を張る相手守備陣にことごとく撥ね返された。 そして、試合はこのまま1-1でタイムアップを迎え、開幕からの連勝がストップしたマドリーは、勝ち点で並んだバルセロナに得失点差で抜かれて首位の座を明け渡すことになった。 2022.10.03 06:01 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly