【EL決勝プレビュー】鎌田&長谷部が小野伸二以来の欧州の頂に挑戦! アウトサイダー同士による実力拮抗のファイナル

2022.05.18 12:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)決勝、フランクフルトvsレンジャーズが、日本時間18日28:00にセビージャのエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンでキックオフされる。前身UEFAカップ時代の1979–80シーズン以来、2度目の大会制覇を目指すフランクフルトと、大会初制覇を目指すレンジャーズによる、アウトサイダー同士のファイナルだ。

昨シーズンのブンデスリーガを5位でフィニッシュし、ELストレートインとなったフランクフルトは、オリンピアコス、フェネルバフチェ、アントワープと同居したグループDを3勝3分けの無敗で首位通過。決勝トーナメントではラウンド16で対戦したベティスを延長戦の末、PK戦突入直前のラストプレーで退け、劇的な形で突破した。

さらに、準々決勝では優勝候補筆頭のバルセロナと対戦すると、ホームでの初戦で1-1のドローに持ち込み、難所カンプ・ノウでの第2戦では3-2の会心の勝利。見事ジャイアントキリングを達成した。

これで完全に勢いに乗ったグラスナー率いるチームは、プレミアリーグの強豪ウェストハムとの対戦となった準決勝でも、敵地での初戦をMF鎌田大地の決勝点で先勝。ホームでの2ndレグでは前半序盤の相手DFの一発退場による数的優位を生かし、FWボレのゴールを最後まで守り切って1-0の完勝。2連勝でのファイナル進出を決めた。

先日に終了したブンデスリーガでは開幕6戦未勝利、シーズン最終盤の8戦未勝利が大きく響きUEFAコンペティション出場圏外の11位でフィニッシュ。来シーズンに再び欧州の舞台で戦うにはこの決勝での勝利が必須となる。だが、仮に勝利できれば前身チャンピオンズカップ時代の1959-60シーズン以来のチャンピオンズリーグ(CL)出場を決められる。

一方、スティーブン・ジェラード前監督の下、昨シーズンのスコティッシュ・プレミアシップで無敗優勝を果たしたレンジャーズは、CL予選3回戦敗退に伴い、EL予選プレーオフでアラシュケルトを破ってグループステージに進出。グループステージではリヨン、スパルタ・プラハ、ブレンビーと同居したグループAを2勝2分け2敗の2位で通過した。

決勝トーナメントのプレーオフではバルセロナと同様に優勝候補に挙げられたドルトムントを2戦合計6-4で破るジャイアントキリングを達成すると、ラウンド16ではツルヴェナ・ズヴェズダ、準々決勝ではブラガというアウトサイダーをいずれも僅差で退けてベスト4進出。

そして、準決勝ではドルトムントと並ぶ優勝候補のRBライプツィヒと対戦。下馬評では圧倒的不利と見られていたが、2戦共にリーグ戦とは異なる5バックという奇策で臨んだ結果、敵地での初戦を0-1で落としたものの、熱狂のアイブロックスで戦った2ndレグではDFタベルニエ、MFグレン・カマラ、MFランドストラムの3ゴールによって3-1で勝ち切り、ゼニトに屈して準優勝に終わった2007–08シーズン以来のファイナル進出を果たした。

国内リーグでは宿敵セルティックに屈して連覇を逃したものの、リーグ2位でCL予選3回戦出場権を確保。さらに、今週末にはスコティッシュ・カップ決勝のハーツ戦を控えており、今タイトルを含めシーズン2冠の可能性を残している状況だ。

なお、両チームは1959-60シーズンのチャンピオンズカップ準決勝で2度対戦。その対戦ではフランクフルトが1stレグを6-1、2ndレグを6-3という圧倒的なスコアで連勝している。半世紀以上ぶりの再戦では果たしてどちらが栄冠を手にするのか…。

◆フランクフルト◆
【3-4-2-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:トラップ
DF:トゥーレ、トゥタ、エンディカ
MF:クナウフ、ソウ、ローデ、コスティッチ
MF:ハウゲ、鎌田大地
FW:ボレ

負傷者:DFヒンテレッガー、エンディカ、ダ・コスタ、MFリンドストローム
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては遠征に帯同しているものの、ヒンテレッガーが欠場となる。一方で、数週間離脱が続いたリンドストローム、直近のマインツ戦で負傷交代したエンディカに関してはプレー可能なようだ。

スタメンに関しては前述のメンバーの起用が濃厚だ。変更点があるとすれば、エンディカ、ローデ、ハウゲの位置に長谷部誠、ヤキッチ、リンドストローム(アヘ)辺りを起用するのみか。

◆レンジャーズ◆
【4-3-3】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:マクレガー
DF:タベルニエ、ゴールドソン、バッシー、バリシッチ
MF:グレン・カマラ、ランドストラム、ジャック
FW:ケント、アリボ、ライト

負傷者:DFヘランデル、FWモレロス、ルーフェ
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはヘランデル、モレロスの2選手に加え、軽傷を抱えるルーフェの出場が危ぶまれている。

システムに関しては国内リーグで[4-2-3-1]、[4-3-3]をメインシステムとして使ってきたが、前ラウンドのライプツィヒ戦ではいずれも守備的な[5-3-2]、[3-4-2-1]の布陣を採用。フランクフルトを格上と見て5バック(3バック)を継続するのか、より戦い慣れた4バックで臨むのか、ファン・ブロンクホルスト監督の選択に注目が集まる。

スタメンに関しては4バックでメンバーを予想したが、3バックの場合はDFバログンの起用も考えられる。それ以外ではアルフィールドやサカラ、ラムジー辺りの起用も想定される。

★注目選手
◆フランクフルト:MF鎌田大地
Getty Images

長谷部と共に小野伸二以来の欧州の頂に挑戦。フランクフルトの中心選手と言えば、守護神トラップ、MFコスティッチ、エンディカ、ボレらの名前が真っ先に挙がるが、殊ELの戦いにおいて筆頭に挙がるのは通算22試合11ゴール3アシストの圧巻の数字を残す25歳の日本代表MFだ。

今シーズンのリーグ戦では4ゴール3アシストと、5ゴール14アシストを記録した昨シーズンから数字を落としたが、今季のELでは12試合で5ゴール1アシストを記録。“EL男”として健在ぶりを発揮している。
とりわけ、ベティス、バルセロナ、ウェストハムといずれも格上の相手と対戦した決勝トーナメントではベティス戦、ウェストハム戦のゴールという決定的な仕事以上に、バルセロナ戦での2試合を筆頭に攻撃の組み立て、チャンスメークの局面での存在感が際立つ。

卓越したポジショニング、プレー判断、正確なパスで推進力のある両ウイングバック、動き出しの鋭さ、ディフェンスラインとの駆け引きに優れるボレを巧く操り、緩急のある仕掛けで自ら局面打開と、その引き出しの多さでやや縦志向が顕著なフランクフルトの攻撃に彩りを与えている。

今回のファイナルでレンジャーズが普段通りの戦い方、あるいはライプツィヒ戦の守備的な戦い方を継続するかは不明だが、前者であればカウンターの起点、後者であればアタッキングサードでの崩しの起点として存在感を発揮したい。

フェイエノールトの司令塔として2001-02シーズンのUEFAカップ制覇に貢献した小野以来となる同タイトル獲得なるか…。

◆レンジャーズ:DFジェームズ・タベルニエ
Getty Images

変幻自在の右足がタイトルをもたらすか。各ポジションに好タレントを擁するスコットランド屈指の名門だが、やはり重要な大一番で最も頼りになるのは30歳の主将DFだ。

ニューカッスルでプロキャリアをスタートした右サイドバックは、イングランド下部カテゴリーへの複数レンタル移籍、ウィガンを経て2015年にレンジャーズへ完全移籍で加入。以降は右サイドバックながら卓越した右足のキック精度を武器に、プレーキッカーとして存在感を放ち、公式戦345試合83ゴール107アシストと驚異的なスタッツを叩き出している。

今シーズンのELでも13試合7ゴール2アシストと決定的な仕事が際立つ。この決勝ではサイドバックかウイングバックで役割は変わってくるが、その推進力のある仕掛け、高精度のクロス、接戦でものを言うプレースキックでチームにELのタイトルをもたらしたい。

関連ニュース
thumb

フランクフルトMFハウゲ、ヘントへレンタル移籍

ヘントは16日、フランクフルトのノルウェー代表MFイェンス・ペッター・ハウゲ(22)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。背番号は10を付ける。 ハウゲは2020年夏に母国のボデ/グリムトからミランに加入。公式戦26試合で8ゴール3アシストを記録したものの、2020-21シーズン後半戦は出場機会がなく、昨季はレンタルでフランクフルトに活躍の場を移すことになった。 そのフランクフルトでは、初出場となったブンデスリーガ開幕のドルムント戦で途中出場からゴールを決め、印象的なデビューを果たした。レギュラー獲得には至らなかったものの、準主力としてリーグ戦26試合で2ゴール2アシストの成績。ヨーロッパリーグ決勝でも先発出場し、優勝に貢献していた。 そして昨季終了後、買い取り義務により移籍金1100万ユーロ(約15億円)、ボーナス200万ユーロをフランクフルトが支払い、完全移籍に移行していた。 ただ、フランクフルトでは今夏、PSVから元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを獲得しており、出場機会の減少が予想されていた。 2022.08.17 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「簡単そうに見えて結構難しい」今季リーグ戦初出場の鎌田大地のゴールが技ありと話題「こういうのふかしがち」

日本代表MF鎌田大地が好調を維持している。 今シーズンはチームの戦力が変わったこともあり、ボランチでの起用が見込まれる鎌田。シーズン初戦となったDFBポカール1回戦のマグテブルク戦では2ゴールの活躍を見せていた。 しかし、5日に行われたブンデスリーガ開幕節のバイエルン戦はベンチスタートとなると出番なし。チームも1-6で惨敗するという事態に。それでも、10日に行われたレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップにはフル出場していた。 そんな中迎えた13日の第2節ヘルタ・ベルリン戦ではボランチで先発出場。リーグ戦でも出番を得た鎌田だったが、開始3分でミス。ハーフウェイライン付近でダイレクトでバックパスを試みたところ、これがミスキックとなり相手にボールを奪われ、そのまま先制ゴールにつなげられてしまった。 痛恨のミスで失点に関与した鎌田だったが、迎えた48分に帳消しにするゴールを見せる。 前線からのプレスで相手からボールを奪ったランダル・コロ・ムアニがドリブルで持ち込むことに。ボックスに差し掛かったところでスペースに横パスを出すと、猛然と走り込んだ鎌田が落ち着いてダイレクトシュート。ゴール右に決めてみせた。 これにはファンも「よく決めた」、「簡単そうに見えて結構難しい」、「カッコ良い」、「こういうのふかしがち」と称賛のコメント。ここから出番を重ねて、結果を残していけるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】ボランチでリーグ戦初出場、鎌田大地がランニングから技ありゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="DAsxIDpBFJk";var video_start = 146;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.15 22:52 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田&遠藤が今季初ゴール! 日本代表DF対決は劇的ドロー決着【ブンデスリーガ日本人選手】

ブンデスリーガ第2節が13、14日にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 開幕節から多くの選手が出場機会を得る中、フライブルク新加入の堂安が今季リーグ戦初ゴールを記録。そして今回の第2節では、フランクフルトの鎌田とシュツットガルトの遠藤に初ゴールが生まれた。 3日前のUEFAスーパーカップから連続でスタメンとなった鎌田は、開始3分に自身のボールロストからヘルタ・ベルリンにショートカウンターを受け、失点を招く。 それでも迎えた後半開始3分、敵陣高い位置でのボール奪取からショートカウンターに転じると、コロ・ムアニのラストパスを鎌田が難なくゴールに蹴り込んだ。その後はオープンな展開となったが、互いに追加点は生まれず。試合は1-1の引き分けに終わった。 一方、遠藤と伊藤が先発したシュツットガルトは、アウェイでブレーメンと対戦。開始4分に失点したシュツットガルトだったが、37分にカライジッチのパスを受けた遠藤が豪快に右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 シュツットガルトは77分にムヴァンパにゴールで逆転に成功したが、試合終了間際の追加タイム5分にパワープレーを受けた流れからバークに決められ、2-2でタイムアップを迎えた。 また、吉田vs板倉の日本代表対決となったシャルケvsボルシアMGは、試合終了間際にPKを獲得したシャルケがバルターのゴールで追いつき2-2のドロー決着となっている。 その他、ホッフェンハイムとアウェイで対戦した浅野所属のボーフムは、13分までに2点をリードしたが、前半の内に追いつかれると試合終了間際の88分にダブールに逆転弾を許し、そのまま2-3で敗戦。2戦連続のスタメンとなった浅野は見せ場を作ることができず77分に交代した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽8/13 シャルケ 2-2 ボルシアMG ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424556">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽8/13 ヘルタ・ベルリン 2-2 フランクフルト ◆86分までプレー、48分に今季初ゴールを記録 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽8/13 ヘルタ・ベルリン 2-2 フランクフルト ◆74分からプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424550">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽8/12 フライブルク 1-3 ドルトムント ◆85分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424504">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽8/13 シャルケ 2-2 ボルシアMG ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424556">結果ニュース</a> ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽8/14 マインツ 0-0 ウニオン・ベルリン ◆70分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424603">結果ニュース</a> ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽8/13 ブレーメン 2-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽8/13 ブレーメン 2-2 シュツットガルト ◆フル出場、38分に今季初ゴールを記録 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424549">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽8/13 ホッフェンハイム 3-2 ボーフム ◆77分までプレー 2022.08.15 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田がミスを帳消しにする同点弾もフランクフルト、試合終了間際のPK取り消しでヘルタにドロー《ブンデスリーガ》

フランクフルトは13日、ブンデスリーガ第2節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地は86分までプレー、DF長谷部誠は73分からプレーしている。 開幕戦で王者バイエルンに大敗したフランクフルトは、3日前に行われたレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップでは0-2と敗戦。公式戦2連敗となった中、レアル・マドリー戦では2シャドーの一角として先発した鎌田が[3-5-2]の右インサイドMFでスタメンとなった。 開幕節でウニオン・ベルリンとのダービーに敗れたヘルタ・ベルリンに対し、フランクフルトは開始3分に先制される。鎌田のボールロストからショートカウンターを受け、セルダーにヘディングシュートを決められた。 早々に失点したフランクフルトがボールを持つ流れとなった中、7分に同点のチャンス。スルーパスを引き出したボックス内の鎌田がラストパスを送ったが、アラリオはシュートを枠に飛ばせず。 前半半ば以降もフランクフルトが敵陣でボールを保持する流れが続いたが、好機を生み出すには至らず1点ビハインドのまま前半を終えた。 それでも迎えた後半開始3分、鎌田のゴールで追いつく。敵陣高い位置でアラリオがボールを奪った流れからショートカウンターに転じると、コロ・ムアニのラストパスを鎌田が難なくゴールに蹴り込んだ。 1-1となって以降はオープンな展開となり、53分にはピンチ。ルケバキオにドリブルシュートでGKを強襲された。 対するフランクフルトは56分、コロ・ムアニがボックス右から際どいシュートを浴びせて逆転に迫った中66分には、ボレとリンドストロームを投入。 勝負に出ると終盤の89分にPKを獲得。コロ・ムアニのスルーパスでボックス内に侵入したボレがGKに倒されたが、VARの末にノーファウル判定に覆った。 このまま1-1で引き分け。フランクフルトは勝利を掴むには至らなかった。 2022.08.14 00:56 Sun
twitterfacebook
thumb

コスティッチ獲得のユベントス、フランクフルトへペッレグリーニをレンタル

ユベントスは12日、イタリア代表DFルカ・ペッレグリーニ(23)がフランクフルトへ1年間のレンタルで移籍することを発表した。 ユベントスでは同日、フランクフルトからセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)を完全移籍で獲得。同じく左サイドを主戦場とするペッレグリーニがフランクフルトへ移籍する形となった。 ルカ・ペッレグリーニはローマの下部組織出身で、2019年夏にユベントスに加入。カリアリやジェノアにレンタルで移籍して武者修行を積み、昨季はユベントスでセリエA18試合(うち先発は15試合)に出場していた。 2022.08.13 07:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly