エンポリ若手MFを巡ってミラン、インテルが争奪戦か?

2022.05.17 11:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAで躍動する若手ミッドフィルダーを巡って、ミラン、インテルのミラノ2強が争奪戦を繰り広げているようだ。イタリアの複数のメディアが報じている。

両クラブのターゲットとなっているのは、エンポリに所属するアルバニア代表MFクリシティアン・アスラニ(20)だ。

エンポリ下部組織出身のアスラニは、今シーズン晴れてファーストチームデビュー。序盤戦はわずかな出場時間しか与えられなかったが、第24節のボローニャ戦で初めてスタメンに名を連ねると、以降は中盤で定位置を確保し、ここまでリーグ戦で22試合1ゴール1アシストをマークしている。
そんなアスラニに対して、以前より関心が報じられてきたミランだが、『SempreMilan』によると、ミランのパオロ・マルディーニSD(スポーツ・ディレクター)はアスラニの家族とコンタクトをとっており、アスラニに対する一定の出場機会を約束するなど、すでに具体的なプランを提示しているという。

また、アスラニに対しては、インテルも本格的な調査に乗り出しているようだ。

『SempreInter』によると、シモーネ・インザーギ監督は、中盤アンカーの位置でプレーするクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(29)の負担の大きさを懸念しているとのこと。今シーズン、ブロゾビッチが欠場したリーグ戦は未勝利(2分け1敗)となっており、同ポジションを主戦場とするアスラニをスカッドに加え、選手層の拡充を図りたい考えだ。

関連ニュース
thumb

ディバラ2Aのローマが序盤セットプレー2発でエンポリ撃破! 公式戦連敗をストップ《セリエA》

セリエA第21節、ローマvsエンポリが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-0で勝利した。 6位のローマは前節、首位のナポリ相手に2023年初黒星を喫すると、直近のコッパ・イタリアでは格下クレモネーゼにホームで敗れて公式戦連敗。年明け以降の好調から一転して苦しい状況に追い込まれた。 その屈辱の連敗からのバウンスバックを図るモウリーニョのチームは、9位のエンポリをホームで迎え撃った。ウイングバックを除きナポリ戦とほぼ同じメンバーを起用し、前線はディバラ、ペッレグリーニ、エイブラハムのトリデンテとなった。 公式戦連敗ストップへ強い決意で試合に臨んだローマは、最高の入りを見せる。まずは2分、左CKの場面でキッカーのディバラが左足インスウィングの正確なボールを入れると、ニアで競り勝ったイバニェスが叩きつけるヘディングシュートをゴール左隅へ流し込む。 さらに、畳みかけるホームチームは直後の6分に再びディバラの正確な左CKを今度はエイブラハムがニアで競り勝ってゴール右隅へ流し込み、セットプレー2発での連続ゴールとした。 得意のセットプレーで一気に試合をラクな展開としたローマは、早い時間帯のゴールを目指して前がかるエンポリの攻撃を受け止めながらカウンターで、さらなるゴールを目指していく。24分には三度ディバラの左CKから決定機が訪れるが、エイブラハム渾身のヘディングシュートはGKヴィカーリオのビッグセーブに阻まれる。 前半半ば以降は思った以上にエンポリに押し込まれて幾度かピンチを招いたホームチームだったが、GKルイ・パトリシオの好守やDFマンチーニの身体を張ったブロックや相手のシュート精度にも救われて2点リードを維持した。 迎えた後半、再び制空権を握るセットプレーから開始直後にマンチーニがゴールへ迫ったローマだが、以降は相手の左サイドからの仕掛けに苦戦を強いられ、押し込まれる展開となった。 それでも、スモーリングを中心に要所を締める守備で徐々に相手の攻撃にアジャストしたホームチームは、のらりくらりとした試合運びで巧みに時計を進めていく。その後、ボーヴェやチェリク、試合終盤にはディエゴ・ジョレンテをデビューさせるなど、危なげなく2点のリードを守り切った。 そして、公式戦連敗をストップしたローマは暫定ながら3位に浮上している。 2023.02.05 04:03 Sun
twitterfacebook
thumb

S・インザーギ、エンポリ戦敗戦に「シュクリニアル退場の前からベストな状態ではなかった」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が振り返っている。 23日のセリエA第19節でエンポリをホームに迎え撃ったインテル。5戦無敗と息を吹き返すインテルだが、DFミラン・シュクリニアルが40分に2枚目のイエローカードで退場を余儀なくされると、後半の失点で敗戦した。 公式戦では8試合ぶりの黒星。クラブ公式サイトによると、ローマに抜かれ、4位転落のS・インザーギ監督は前半戦の悔いを語り、数的不利になる前からベストな状態でエンポリに向かっていけていなかったと苦言した。 「今夜の我々はベストな状態ではなかった。そう言わざるをえない。本当に良いプレーをしてくる相手に対して、前半に10人となり、その間に失点してしまった。最後まで諦めなかったのだがね。残念だが、躓いてしまった。37ポイントでの折り返しは少し悔いが残るし、後半戦にもっと頑張らないといけない」 「シュクリニアルの退場よりも前から、我々はベストな状態ではなかったよ。失点シーンでは我々もカウンターアタックにうまく反応したが、(トンマーゾ・)バルダンツィのゴールで相手にうまくやられてしまった。不幸ながら、10人と11人の状況であのように失点してはならない」 なお、FWフランチェスコ・カプートの頭に高く上げた足がヒットして2度目の警告を受けたシュクリニアルの退場シーンについては「見直してほしい。戸惑いがあるが、レフェリーの判定に口を出したくない」と述べている。 2023.01.24 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

シュクリニアルの前半退場響いたインテルが格下エンポリに痛恨敗戦…6戦ぶりの黒星に《セリエA》

セリエA第19節、インテルvsエンポリが23日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、アウェイのエンポリが0-1で勝利した。 セリエAで5戦無敗と好調を維持する3位のインテルは、先週行われたスーペル・コッパで宿敵ミランに3-0の完勝。今季初タイトルを手にした。最高の形でサウジアラビアからミラノに帰還したネッラズーリは、12位のエンポリを相手に勝ち点3を狙った。 インザーギ監督はスーペル・コッパから先発2人を変更。アチェルビとジェコのベテラン2人をベンチに置き、デ・フライとホアキン・コレアを起用した。 立ち上がりからボールの主導権を握るインテルだが、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。逆に、12分には相手のカウンターからボックス内に侵入したカンビアギに際どいシュートを打たれると、17分にもタイミング良くゴール前に入ってきたカプートに決定的なシュートを許す。だが、いずれのピンチも守備陣が好守で阻止した。 守備からリズムを取り戻したインテルは直後の20分に最初の決定機。ボックス手前右からチャルハノールが浮き球で入れたクロスを、ファーサイドで待ち構えたディマルコが抑えの利いた左足ボレーで合わす。しかし、ニア下へ向かったシュートはGKヴィカーリオのビッグセーブにはじき出される。 前半半ばを過ぎると、徐々に相手を押し込む場面が増えたインテルは、ボックス内でラウタロ・マルティネスがフィニッシュに絡むなどゴールを匂わせる。 だが、40分にはすでに1枚イエローカードをもらっていたシュクリニアルが競り合いの際に不可抗力ながらカプートの頭を蹴ってしまい、2枚目のカードでの退場となった。その後、[4-3-2]の布陣で残り時間を戦ったホームチームは0-0のスコアを維持して試合を折り返す形となった。 迎えた後半、インテルはコレアを下げてベッラノーバをハーフタイム明けに投入。ラウタロを最前線に残した[4-4-1]の布陣で残り45分の戦いに臨んだ。 過密日程に加えて、数的不利で苦しいホームチームは後半も立ち上がりから守勢を強いられる。すると、66分にはカンビアギに代わって投入されたばかりのバルダンツィにカウンターの流れからペナルティアーク付近で左足を振られると、コース自体は甘かったが、GKオナナの脇下を抜けたシュートがゴールネットに吸い込まれた。 痛恨の失点によって窮地に追い込まれたインテルは、70分過ぎにディマルコとダルミアン、バレッラに代えてゴセンス、アスラニ、ジェコを一気に投入。さらに、77分にはムヒタリアンに代えて切り札のルカクを投入し、大きなリスクを負ってゴールを目指す。 力業でゴールをこじ開けにいくホームチームは、ボックス内でのジェコのボレーシュートやCKからのデ・フライのヘディングシュートでゴールへ迫るが、クロスバーを叩くなどツキにも恵まれず。 その後は数的不利を感じさせない猛攻を仕掛けていくが、相手の集中した守備を前にゴセンスやジェコが幾度か訪れた決定機を仕留め切れない。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、シュクリニアルの退場響いたインテルは中断前のユベントス戦以来となる6戦ぶりの敗戦となった。 2023.01.24 06:47 Tue
twitterfacebook
thumb

後半AT被弾で逃げ切り失敗のラツィオ、エンポリに痛いドロー《セリエA》

ラツィオは8日、セリエA第17節でエンポリをホームに迎え、2-2で引き分けた。 再開後初戦のレッチェ戦を逆転負けした5位ラツィオ(勝ち点30)は、インモービレ、フェリペ・アンデルソン、ザッカーニの3トップで臨んだ。 ラツィオのレジェンドであるミハイロビッチ氏への黙祷が捧げられて迎えたキックオフ。 13位エンポリ(勝ち点18)に対し、立ち上がりから攻勢に出たラツィオは開始2分、左CKからニアサイドのフェリペ・アンデルソンがヘディングシュートを決めて先制した。 先制後も攻め込むラツィオは9分にインモービレが、19分にはザッカーニがそれぞれボックス内から際どいシュートを浴びせて追加点に迫っていった。 ハーフタイムにかけても主導権を握ったラツィオはエンポリにシュートを1本も打たせなかった中、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半もラツィオが押し込む展開となると、54分にリードを広げる。フェリペ・アンデルソンのシュートのルーズボールをゴール前で拾ったザッカーニがチップキックシュートで流し込んだ。 その後、59分のカプートのヘディングシュートはわずかに枠を外れて助かったラツィオだったが、終盤の83分にカプートに追撃のゴールを許すと、逃げ切れるかと思われた追加タイム4分に落とし穴。 ショートコーナーの流れからマリンにミドルシュートを決められ、追いつかれてしまった。このまま2-2で終了。2点のリードを守り切れず痛い引き分けに終わってしまった。 2023.01.09 01:01 Mon
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがラマース&ヌイティンクを獲得! フェッラーリはクレモネーゼへ

サンプドリアは2日、アタランタからエンポリへレンタル中だったオランダ人FWサム・ラマース(25)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国屈指の名門PSVでプロキャリアをスタートしたラマースは、ヘーレンフェーンへの武者修行を経て2020年9月にアタランタへ完全移籍。ただ、アスリート能力に優れる191cmの大型ストライカーは、セリエA屈指の強豪でポジションを得られず、昨季はフランクフルト、今季の前半戦はエンポリにレンタル移籍していた。 今季ここまでリーグ戦14試合1ゴール1アシストの数字を残していたが、サンプドリアからエンポリに帰還した元イタリア代表FWフランチェスコ・カプートと入れ替わりの形でジェノヴァにレンタル先を移した。 また、サンプドリアは同日、ウディネーゼからオランダ人DFブラム・ヌイティンク(32)を完全移籍で獲得した。 2017年夏にアンデルレヒトからウディネーゼに加入したセンターバックは、以降長らく準主力として活躍。今季は公式戦8試合に出場していた。 一方、ヌイティンクの加入の影響もあったか、今季公式戦14試合に出場していたイタリア人DFアレックス・フェッラーリ(28)がクレモネーゼへ今シーズン終了までのレンタル移籍することになった。 2023.01.03 23:49 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly