マルセイユが逸材FWチョの獲得でアンジェとクラブ間合意か?

2022.05.11 22:39 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユがアンジェのU-21フランス代表FWモハメド=アリ・チョ(18)の獲得に向けてクラブ間で合意に至った模様だ。フランス『Le10Sport』が報じている。

リーグ・アン屈指の若手タレントの18歳にはベティス、ドルトムント、レスター・シティといったクラブがここまで関心を示している。

また、先日にはフランクフルトが600万ユーロ(約8億2000万円)の公式オファーを掲示も、アンジェ側が拒否。さらに、ドルトムント移籍が決定したドイツ代表FWカリム・アデイェミの後釜を探すレッドブル・ザルツブルクが1000万ユーロ(約13億7000万円)のオファーを準備しているとも報じられていた。

そういった中、『Le10Sport』が報じるところによれば、以前から同選手に対して強い関心を示していたマルセイユは、1200万ユーロ(約16億5000万円)+ボーナスという条件掲示でアンジェの合意を取り付けた模様だ。

なお、現時点では個人間での合意はなされていないようだが、アンジェはクラブの財政を安定させるため、現行契約が2023年までとなっているチョを今夏に売却する考えだという。

幼少期にパリ・サンジェルマンのアカデミーに在籍していたチョは、2015年に両親の仕事の関係でイギリスに移住し、エバートンのアカデミーに加入。しかし、2020年に16歳の誕生日を迎えると、母国フランスに戻り、アンジェとプロ契約を締結した。

そのアンジェでは2020年8月30日のボルドー戦でクラブ史上最年少(16歳7カ月と11日)でのトップチームデビューを飾ると、そのデビューシーズンではゴールこそなかったものの、リーグ戦21試合に出場。

そして、今シーズンはリーグ・アン第4節のスタッド・レンヌ戦で同じくクラブ史上最年少(17歳7カ月と10日)となるゴールを記録。以降、30試合に出場し4ゴールを挙げている。

右ウイングが主戦場も、屈強な守備者揃いのリーグ・アンでも当たり負けしない182cmの恵まれた体格を持つ左利きのアタッカーは、センターフォワードでもプレー可能。その爆発的な加速力とドリブルテクニック、コーディネーション能力の高さは、利き足は異なるものの、キャリア初期のフランス代表FWキリアン・ムバッペを想起させる。


関連ニュース
thumb

低迷ユーベ… 数少ない光明ミリクの買い取りを検討、約10億円が必要か

ユベントスがポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(28)の買い取りを検討しているようだ。 ミリクは今夏にマルセイユから買い取りオプション付きの1年レンタルで加入。当初はセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチの控えと目されていたが、継続的にプレー機会を得ており、ここまで公式戦6試合で3得点を記録している。 ユベントス自体は近年まれに見る不振に陥っているものの、そんななかでも数少ない光明として挙げられるミリク。首脳陣らは早くもマルセイユからの完全移籍への移行を議論し始めたという。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ミリクの買い取りに必要となるのは700万ユーロ(約9億8000万円)+アドオン200万ユーロとのこと。財政には決して余裕がないユベントスだが、首脳陣らはミリクに満足しているとされ、買い取りを決断する可能性は高い模様だ。 2022.09.29 14:42 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユ主将MFロニエ、2026年まで契約延長

マルセイユは20日、フランス人MFヴァランタン・ロニエ(27)と2026年6月まで契約を延長したことを発表した。 2019年夏にナントからマルセイユに加入したセントラルMFのロニエ。マルセイユではこれまで公式戦117試合に出場、昨季は公式戦46試合に出場し、マルセイユのチャンピオンズリーグ出場に大きく貢献していた。 そして今季より主将を務め、リーグ・アン7試合、CL2試合に出場している。 2022.09.21 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス、マルセイユFWバカンブを獲得

オリンピアコスは16日、マルセイユのDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間となっている。 ソショーでプロデビューを飾ったストライカーのバカンブは、トルコのブルサスポルを経て2015年夏にビジャレアルに加入。ビジャレアルでは公式戦105試合の出場で47ゴールを挙げる活躍を見せた。 その後、中国の北京国安を経て今年1月にマルセイユに加入。昨季は半年で公式戦21試合に出場するも、その多くが途中出場。今季もイゴール・トゥドール新監督から信頼を得られず、ここまでわずか56分の出場時間にとどまっていた。 2022.09.17 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス入り間近のバカンブがマルセイユに別れ「神の御加護がありますように」

オリンピアコス移籍が報じられているDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(31)がマルセイユとのへ別れの言葉を告げた。 ソショーでプロデビューしたバカンブは、トルコのブルサスポルやビジャレアル、中国の北京国安を転々とし、今年1月にマルセイユに加入。昨季は半年で公式戦21試合に出場するも、その多くが途中出場。今季もイゴール・トゥドール新監督から信頼を得られず、ここまでわずか56分の出場時間にとどまっていた。 契約は2024年夏までとなっているが、チャンピンズリーグの登録メンバーからも漏れたバカンプは、自身のツイッターでマルセイユと袂を分かつことを発表。感謝と別れの言葉を残した。 「これでマルセイユとは幕引きだ。この数カ月間のサポートやメッセージにはとても感謝しているよ」 「この美しいクラブのサポーターのみんなの幸せを願っている。何より君たちの人生の幸せをね。神の御加護がありますように」 そして、新天地は報道通りオリンピアコスが濃厚に。フランス『フットメルカート』によれば3年契約を結ぶようだ。なお、ギリシャは15日まで移籍市場が開いている。 2022.09.16 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「生きる伝説」「日本人の誇り」CLでサンチェスも抑えた38歳長谷部にファン感動「カタールW杯でも観たい」

フランクフルトのMF長谷部誠が衰え知らずのプレーでファンを驚かせた。 長谷部は、13日にヴェロドロームで行われたチャンピオンズリーグ(CL) グループD第2節のマルセイユ戦に3バックの中央で先発。今シーズンはここまで公式戦4試合に途中出場していたものの、初めて先発で起用された。 実に13年ぶりにCLの舞台で先発した長谷部だが、細かいポジショニングと的確なコーチングでラインを統率しつつ、身体を張ったシュートブロックなど奮闘。チームに安定感をもたらし、1-0とチームのCL初勝利に大きく貢献した。 限られた出場機会に結果で応えた38歳長谷部にはファンも感動。「素晴らしいの一言」、「生きる伝説」、「日本人として誇りに思う」、「代表に戻ってきてほしい」、「板倉の代わりになれるのはこの人だけ」、「相手にしてるのサンチェスじゃん」、「カタールでも観たいと思い思いの言葉を寄せている。 長谷部のパフォーマンスについては現地紙での高評価。長谷部自身も試合後に「自分の役割を果たしました」とコメントしており、久々の先発出場に手ごたえを感じていたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】アレクシス・サンチェスともマッチアップ!38歳長谷部のマルセイユ戦プレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="e1zfbBWy7Mg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.15 21:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly