「私はミリンコビッチ=サビッチに192億円のオファーがあっても売らなかった」 ラツィオ会長の強気変わらず

2022.05.10 18:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏も移籍が取り沙汰されるセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(27)だが、今もそう簡単に取引が成立しそうにない。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。

2015年8月にヘンクから加入して以降、ラツィオの中盤に君臨するミリンコビッチ=サビッチ。身長190cm以上の体格にしてはボールスキルにも優れ、ここ数年のマーケットで他クラブからの関心が盛んに報じられる。

そして、今夏もユベントスのほか、マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン(PSG)といった国外から関心が囁かれ、依然として人気を博す。

だが、以前から関心が噂されるクラブを徹底的に牽制し続けるクラウディオ・ロティート会長はイタリア『Rai Sport』で改めて強気な姿勢を打ち出した。

「いつも金の話をされるが、私は選手の技術や個々のクオリティについて話している。ミリンコビッチは売り物じゃない。私は彼をかなり評価している。売り出したこともない。彼を買うのに、売り手も必要だ」

「ミリンコビッチはゲームチェンジャーであり、我々とも良い関係にある。トップチームが来たら、私は選手本人に望みを聞いてみるだろう。私のクラブでは金銭的なことよりも人間的なところを大事にしている」

「1億4000万ユーロ(約192億2000万円)のオファーが届いたときだって、私は彼を売らなかった。彼がまったく別のクラブ、それも世界の頂点に立つクラブでのチャンスがあると判断したら、私は自問自答する」

なお、ミリンコビッチ=サビッチの契約は2024年まで。残る契約年数的にも、この先で延長が見込めないようなら、売ることも選択肢に入れていかないといけないが、ロティート会長の考えはいかに。

関連ニュース
thumb

ラツィオのミズノ製今季ユニがお披露目!1stは伝統の水色と白、2ndは黒ベースに

ラツィオとサプライヤーの「ミズノ」は4日、2022-23シーズンのユニフォームデザインを発表した。 イタリアの首都に本拠地を構えるクラブと日本のスポーツメーカーは、ローマのポポロ広場にて新ユニフォームのお披露目となる公式プレゼンテーションを行った。 5年契約の初年度はビアンコセレスティ(白と空色)の愛称が示す通り、ホームユニフォームはクラシックなスカイブルーを基調とした。クラブの象徴でもある鷲をスタイル化したパターンを規則的に配置。襟と袖周りを白で縁取った。 胸スポンサー「BINABCE」のロゴとミズノのロゴにはネイビーブルーが採用され、パンツは白、ソックスはシャツと同色のスカイブルーとなっている。 アウェイキットは黒がベースに。胸元には水色から黄色を経て白へと変化するグラデーションのボーダー模様があしらわれている。胸スポンサーロゴがゴールド、ミズノのロゴは白となり、襟や袖の空色とともにアクセントとなっている。 アウェイキットはパンツ、ソックスともに黒で統一されている。また、GK用ユニフォームは黄緑色のボーダー柄となっている。 昨季は男子チームがヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位、女子チームが降格圏の11位に終わったラツィオ。新たなパートナーを迎えた今季の戦いぶりに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】新サプライヤー、ミズノ製のラツィオ22-23季ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/SSLazio?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SSLazio</a> <a href="https://twitter.com/MIZUNO_FTB_jp?ref_src=twsrc%5Etfw">@MIZUNO_FTB_jp</a> <a href="https://t.co/pXZRNwc89O">pic.twitter.com/pXZRNwc89O</a></p>&mdash; S.S.Lazio (@OfficialSSLazio) <a href="https://twitter.com/OfficialSSLazio/status/1544068645227216899?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.05 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ構想外のリキ・プッチ、フィオレンティーナ移籍が濃厚か

バルセロナのスペイン人MFリキ・プッチ(22)にフィオレンティーナが関心を寄せているようだ。 バルセロナの下部組織で育ち、2018年12月に19歳でファーストチームデビューを飾ったリキ・プッチだが、その後は十分なプレータイムを確保できない時期を過ごしている。 昨年秋に就任したチャビ・エルナンデス監督の下でも状況は好転せず、2022-23シーズンの開幕に先立って構想外となったことが明らかにされている。 スペイン『Sport』によると、フィオレンティーナは現在リキ・プッチ、バルセロナとの交渉に臨んでおり、数日中に獲得まで漕ぎ着ける可能性があるとのことだ。 一方、バルセロナとしても、リキ・プッチとの契約が2023年6月までとなっていることから、今夏中に売却したい思惑があるようだ。 なお、同選手にはフィオレンティーナのほか、ラツィオやバレンシア、ベンフィカからの関心も噂されている。 2022.07.05 16:21 Tue
twitterfacebook
thumb

ベティス、ラツィオを退団したイタリア代表DFルイス・フェリペを獲得

ベティスは4日、ラツィオを退団したイタリア代表DFルイス・フェリペ(25)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2027年6月30日までとなる。 2016年夏にブラジルのイトゥアーノからラツィオに加入したルイス・フェリペは、サルレニターナでの武者修行を経て、2017-18シーズンからセリエA挑戦となった。 しかし、しばらくはリーグ戦出場が20試合に到達しないシーズンが続き、2020-21シーズンは足首の手術で公式戦出場は18試合にとどまった。 それでも昨季はリーグ戦31試合に出場するなど、ラツィオ加入以降ベストパフォーマンスを披露すると、今年1月に行われたイタリア代表のトレーニングメンバーに選出。6月のUEFAネーションズリーグでイタリア代表デビューを飾った。 2022.07.04 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ロマニョーリがフルアムからのオファーを保留、本人の希望はあくまでラツィオ行きか

フルアムからオファーを受ける元イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(27)だが、本人の希望はあくまでラツィオ加入のようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 6月に7年間在籍したミランを退団し、現在はフリーとなっているロマニョーリ。ミランでは公式戦247試合に出場してキャプテンも務めるなど経験豊富なセンターバックに対しては、守備陣刷新を目論むラツィオが獲得に関心を示しており、ロマニョーリもまた子供時代からのファンを公言してきたクラブへの加入に前向きな姿勢を示していた。 しかし、ラツィオ側が提示した年俸280万ユーロ(約3億9400万円)の条件にロマニョーリ側は納得せず、交渉は頓挫。その様子を見て、今季プレミアリーグ昇格を決めたフルアムがより好条件となる年俸400万ユーロ(約5億6400万円)の4年契約を提示した。 ロマニョーリはラツィオに対して年俸330万ユーロ(約4億6000万円)を求めていたことから、フルアムのオファーは金額的に十分なものとなっているが、移籍専門家であるアルフレッド・ペドゥーラ氏によると選手は決断を保留としているようだ。 ロマニョーリの第1希望はあくまでラツィオ行きであり、クラブから条件を改善したオファーが届くのを待っているという。 ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督はロマニョーリ獲得を強く望んでおり、クラブは最終的に加入が実現することを確信しているようだが、果たして。 2022.07.04 11:52 Mon
twitterfacebook
thumb

セリエA屈指のMFミリンコビッチ=サビッチへのオファーをラツィオは拒否…チェルシー、ニューカッスルが興味

ラツィオがオファーが舞い込むセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(27)へのオファーを拒否している。イタリア『イル・メッサジェロ』が報じた。 2015年8月にヘンクからラツィオへと移籍したミリンコビッチ=サビッチ。加入後からすぐに高い能力を発揮し、これまで公式戦294試合で58ゴール51アシストを記録している。 移籍市場が開くたびにビッグクラブの関心を集めるミリンコビッチ=サビッチだが、今夏はチェルシーとニューカッスルが獲得に興味を示しているという。 2021-22シーズンも公式戦47試合で11ゴール12アシストを記録するなど、高いパフォーマンスを見せていたミリンコビッチ=サビッチに対しては、5500万ユーロ(約77億4500万円)のオファーが届いているとのこと。しかし、これではラツィオは満足しないようだ。 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが起こる前の段階では、1億ユーロ(約141億円)以上の価値を見出していたラツィオだが、今夏であれば7000〜8000万ユーロ(約98億6000万〜112億7000万円)で売却する可能性があるという。 ミリンコビッチ=サビッチとラツィオの契約は2024年6月まで。今夏はそこまでのオファーが来ることは考えにくく、ラツィオに残留する可能性が高いと見られている。 2022.07.04 11:38 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly