VARがまさかの誤審、堂安だけじゃなく中山雄太のズヴォレも被害、残り2節で最下位転落

2022.05.10 12:49 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
優勝を争うPSVが誤審によって勝ち点を奪われるという悲劇があったが、同じ日に違う試合でも悲劇が起きていた。

日本代表MF堂安律が所属するPSVは勝ち点差「4」で首位のアヤックスを追いかけている状況。そのアヤックスが引き分けたことで、勝利すれば勝ち点差が「2」に縮まるところだった。

3位のフェイエノールトと対戦したPSVは前半で2点のリード。しかし、1-2で迎えた後半アディショナルタイムにハンドを取られPKを与えると、2-2で試合を終えて勝ち点差を詰めることができなかった。

しかし、オランダサッカー連盟(KNVB)は主審のPKの判定が誤信だったと認め、VARが覆すべきだったと語った。

誤審で勝敗が左右されることとなったが、勝ち点が戻ってくるわけではないが、同様の被害が同じエールディビジで発生。またしても日本人選手が被害を受けた。

それは日本代表DF中山雄太が所属するズヴォレ。下位に低迷しており、熾烈な残留争いを繰り広げている。

勝ち点26で位置していた残留プレーオフに臨む16位に位置していたズヴォレは、降格圏17位ヴィレムⅡ、最下位のスパルタ・ロッテルダムと勝ち点で並んでいる状況だった。

そのズヴォレはユトレヒトと対戦。0-1とリードを許した中、迎えた41分にヘルファネ・カスタネールがクロスに合わせて同点ゴールを決める。しかし、このプレーがオフサイドと判定。VARのチェックも入り、ゴールは取り消された。なお、その後に追いついて1-1の引き分けに終わっている。

しかし、KNVBのスポークスパーソンは「VARによって、オフサイドラインが誤って描かれ、ヘルファネ・カスタネールのゴールが誤って認められなかった。ズヴォレにとっては、非常に迷惑な話だと思う」とコメントした。

このゴールが決まっていれば試合展開が変わっていたと考えられ、ズヴォレが勝っていたかはわからないが、影響がゼロとは言えない。

さらに悲劇的なのは、残留を争っていたヴィレムⅡとスパルタ・ロッテルダムが揃って勝利を収めたこと。これによりズヴォレは最下位に転落し、残り2節での逆転残留を目指す必要が出てきた。

シーズン最終盤の大事な時期に、PSVの試合と続けて誤審が発生。さらにVARが導入されていながらもミスだが、「1試合ではレフェリーとVARを判断しない。一連の戦いで判断している」と、審判に処分は下らないとのこと。割を食ったのは両チームだけとなった。

なお、ズヴォレは残留を争うスパルタ・ロッテルダムと次節対戦。最終節は、PSVとの対決となる。

1 2

関連ニュース
thumb

「イケイケの社長さんみたい」久保建英ら東京五輪世代の貴重な“私服ショット”に大注目「メンツ濃すぎ」

日本を代表する選手たちのオフショットにファンも注目を寄せている。 6月に4試合を戦った森保ジャパン。海外組の選手たちは束の間のオフを楽しんでいる。その最中、東京オリンピックを戦ったメンバーでもある堂安律(PSV)、中山雄太(ズヴォレ)、板倉滉(シャルケ)、久保建英(マジョルカ)の4人も一緒に過ごしたようだ。 堂安と久保がそれぞれインスタグラムを更新。少し加工の違いはあれど、4人で肩を組む同じ写真を投稿した。暖簾の前に集合した4人は笑顔でカメラに目線を送っている。 注目を集めたのは、4人の私服。中山は帽子から靴までオールブラックのコーディネートに茶色のカバン。堂安は薄めのレンズが特徴的なサングラスをかけ、モノトーンの組み合わせだ。 そして最年少の久保は、サングラスにグレーのジャケットとパンツを合わせてサムズアップ。板倉はグリーンのTシャツに紺のパンツと他の3人よりは色味で遊んだコーディネートだった。 普段なかなか見ることのないオフショットにファンも興味をそそられたようで、「オシャレ」、「みんなかっこいい」、「楽しそう」、「私服眼福」、「イケイケの社長さんみたい」、「メンツ濃すぎ」、「東京五輪組仲良しだなあ!」と多くの反応が寄せられている。 東京五輪では中心選手として活躍した4人。11月に行われるカタール・ワールドカップでもこのカルテットが躍動する姿を見たいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】久保、堂安、板倉、中山!日本代表4人の貴重私服ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfGb74oP37Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfGb74oP37Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfGb74oP37Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】堂安が投稿したものとはやや加工が違う久保が投稿した4人の私服ショット</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfGdM9MvBPZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfGdM9MvBPZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfGdM9MvBPZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">久保建英/Takefusa Kubo(@takefusa.kubo)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.23 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「日本の基準をブラジル戦に合わせるべき」中山雄太が主張「陣地挽回やビルドアップはよくできていた」

日本代表のDF中山雄太(ズヴォレ)が、ブラジル代表戦を振り返った。 日本代表は6日、国際親善試合でブラジルと対戦した。サムライブルーの新国立競技場での初陣に不足の無い相手に対し、日本は序盤からアグレッシブにプレー。しかし、個人で打開できるメンバーを揃えた本気のセレソンに、やはり局面での劣勢を強いられる試合となった。 それでも何とか無失点を保っていた中、77分にMF遠藤航がFWリシャルリソンを倒してブラジルにPK。これをFWネイマールに決められ、0-1の敗戦に終わった。 この試合で中山は左サイドバックでフル出場。悔しい結果だったものの、自身の課題が明確になった貴重な90分だったと振り返った。 「結果が問われる試合で結果が出せなかったのはすごく悔しいです」 「自分では何ができて何ができなかったのかははっきりしてますし、それが強豪国という世界レベルで判断できたというのは大きかったかなと思ってます」 「試合前から立ち上がりの失点は絶対無くそうというのは話してたので、数字で見れば無失点で前半を終えられたことは良かったですけど、突き詰めていくと、開始1分で危ない場面を作られているので、紙一重だったなと。やはりそういうのも無くせるようにしないと、ワールドカップで戦う場合は、もっと歓声が上がってブラジルに雰囲気を持っていかれる可能性があるので、その点は課題かなと思います」 90分を通じて日本は守勢を強いられる展開となったが、攻守の切り替えの面ではアジア勢との試合と同じような手応えを感じたと中山は語る。一方で、オーバーラップのタイミングには気を遣っていたようだ。 「陣地挽回や瞬間のビルドアップに関しては、今までのどの相手とも同じようにできた感覚があって。そこから先のクオリティやアイデアの差はすごくあったと思います。そこでゴールに迫る回数やゴールに近づく人数であったりがブラジルとのシュートの差になったのかなと」 「僕が上がることで対峙してたハフィーニャなんかは上がる時も下がる時もあって状況次第だったと思うんですけど、比較的僕が上がる位置が低くからスタートするので、彼が戻らないシーンも多かったです。ただ、もちろん僕の中でももう少し上がりたいなという気持ちはあって、だけどそれがどれぐらいのリスクになるのか明確にわかっているので、そこは周りとのコミュニケーションで解決していくかないかなと。攻撃に厚みを持たせたいというのは正直思っていたところです」 そして、10日に控えるキリンカップ準決勝のガーナ代表戦に向けては、ブラジル戦のような戦い方や考え方をスタンダードにすることが大切だと中山。ガーナ戦は目標であるワールドカップでのベスト8入りへの通過点という見方を示した。 「相手が違うので(ブラジル戦の)課題が生きるかはわからないですけど、ブラジルのような相手に対しての課題や考え方をスタンダードにしていかなければいけないなと思ってます。ガーナにはブラジルとは違った良さがあるのでアプローチの仕方が変わってくると思いますけど、どこに基準を合わせるかというとブラジルのレベルにすることが大事なのかなと」 2022.06.07 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

左SBのライバル出現に中山雄太「学ぶ部分が多かった」、伊東純也とのトレーニングは「引き出しも増えていく」

日本代表のDF中山雄太(ズヴォレ)が、ポジション争いについて言及した。 日本は2日、キリンチャレンジカップ2022のパラグアイ代表戦を行い、4-1で快勝を収めた。 カタールW杯に向けた第一歩となった試合。多くのことをトライした中での快勝は、1つ手応えがあったはずだ。 中山は後半開始から左サイドバックとして途中出場。そのパラグアイ戦については「僕自身、数字を残せるようなシーンがあったので、自分にとってあまり出来は良くなかったと思います」と結果を残せなかったことを悔やみ、「全体的にもっとできたなと。いつもありますが、あの試合は結構あったと思います」と、自身のパフォーマンスには満足していないようだ。 6日にはブラジル代表戦が待っており、その後にも2試合が予定されている。「第1戦で課題はあったので、そこはクリアにしつつ、試合をするに当たっていつもチャレンジしていく、エラーを伴うことはありますが、心掛けていることで、どんな相手でも忘れずにやりたいです」とコメント。「レベルの高い強豪国なので、しっかりとその精神を持っていきたいです」と、チャレンジしていく気持ちを忘れずに戦いたいと意気込んだ。 パラグアイ代表戦では日本代表初招集のDF伊藤洋輝(シュツットガルト)がデビュー。前半は左サイドバックとして、後半はセンターバックとしてプレーした。 ライバルがまた1人増えたことになるが中山は「学ぶ部分もありましたし、どんな選手の良いところも盗もうと思っています。学ぶ部分が多かったので、しっかりと自分のものにしたいと思います」とコメント。後輩からもしっかりと良いところを盗んでいきたいとした。 改めてブラジル代表戦について気をつけたいことは「強豪国とやる試合というのは、リスペクトしすぎないことが大事」と語る中山。「現状の力試しという感覚は悔しい部分と現実的である部分です」と語り、「しっかりW杯を見据えて強豪国とやる中で、何ができて、何ができないのかをしっかり整理して。チャレンジするという部分は、親善試合だから増やしても良いと思います」と、強豪国との差を測り、しっかりとチャレンジして立ち向かいたいとした。 また「得られるもの、整理できることがあるので、今あるものプラス、新たに挑戦することがしっかり必要になり、次にも繋がると思います」と語った。 中山は東京五輪世代のキャプテンを務め、本大会にも出場。そしてW杯への出場を目指す立場にある。 東京五輪では目指したメダルは獲得できなかったが「五輪で言えば、悔しい気持ちがあって、悔しさは次へのエネルギーに変わりました」と語り、「最終予選でも満足できなかったので、本戦に向けてプラスアルファのエネルギーになりました」と、さらに前進するエネルギーを今も貯めているという。 また、「W杯を狙える状況にいる自分を褒めてあげたいですが、成長という基準に考えると、出ることが最終目標ではないですし、出てしっかりと活躍して、結果を残すということが現時点での目標ではあるので、狙える立場どうこうより、単純に成長してその先に掲げている目標達成があるので、現実的に地に足つけて何が必要で、何ができて、どこを伸ばさなければいけないかと日々整理してクリアにして、生活しています」とコメント。自身の力が足りないことを認識しながらも、着実にできることをやっていきたいと語った。 その中山だが、トレーニングの後には居残りで伊東純也(ヘンク)と一対一のトレーニングを行っている姿があった。 トレーニングについては「純也くんの気分次第ですが、純也くんとやることで間違いなく得るものがあります。彼自身のドリブルのレベルは本当に高い部分があるので、やることで得るものがあります」とコメント。以前から行っていることで、成長につながるという。 具体的には「右利きの右サイドというのが貴重な存在だと思うので、僕自身が右利きの右サイドと対峙したらということもありますし、スピードも海外の選手の中でも速いと思うので、その選手に日常で触れられていることはポジティブなことです」と語り、「どう対処していくかというのの引き出しも増えていくかなと思います」と、相手をイメージした良い練習台であると語った。 その中で、伊東の変化については「スタイル自体は変わっていないと思いますが、1つはタッチミスがなくなってきて、繊細さが増している」とコメント。「縦の脅威と中に切り込める、あとは左足のフィニッシュの精度も上がってきていて、一緒に長くやっていた僕からしたら変わっているなと感じることと、対峙することで成長につながるので、そこは変わっていったと思います」と、柏レイソル時代から知っているからこそ、ベルギーでより凄みが増したと感じたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也と中山雄太がトレーニング後に一対一の勝負を繰り返す!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本代表</a> がトレーニングキャンプ初日で1時間半を超すトレーニングを実施した<br><br>トレーニング後には <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E7%B4%94%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#伊東純也</a> と <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E9%9B%84%E5%A4%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#中山雄太</a> が一対一の対決を繰り返し行っていました<a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SAMURAIBLUE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SAMURAIBLUE</a> <a href="https://t.co/RKslM2tr8l">https://t.co/RKslM2tr8l</a> <a href="https://t.co/9u3OHGD9Rc">pic.twitter.com/9u3OHGD9Rc</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1531429915991879680?ref_src=twsrc%5Etfw">May 31, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.04 22:26 Sat
twitterfacebook
thumb

チームは最下位で2部降格、契約満了のズヴォレDF中山雄太の新天地は?

エールディビジの最終節が15日に行われ、全日程が終了。最終節ではズヴォレvsPSVの一戦が行われた。 すでに降格が決定していた最下位のズヴォレは、日本代表DF中山雄太が先発フル出場。一方のPSVは移籍が噂される日本代表MF堂安律がベンチ外となり、日本人対決は実現しなかった。 試合は1-2でPSVが順位通りの勝利を収め、2位でフィニッシュ。敗れたズヴォレは2連敗で降格となった。 そんな中、オランダ『ELF Voetbal』が、選手の去就について報道。中山はチームに残ることはないと断言した。 柏レイソルの下部組織で育った中山は、2019年1月にズヴォレへと完全移籍する。ここまで公式戦84試合に出場し6ゴール4アシストを記録。今シーズンはセンターバックをメインに、エールディビジで29試合に出場し1ゴール2アシストを記録していたが、チムは降格の憂き目にあった。 その中山とズヴォレの契約は今シーズン終了までとなっており、契約を延長しないことが濃厚。チームが降格したことで、よりその動きが確実なものとなった。 『ELF Voetbal』は「日本代表の中山雄太は、まずズヴォレを去ることになるだろう」とし、「2019年からズヴォレで守ってきたディフェンダーは契約を延長しない」と、退団するものだと報じた。 さらに「中山は、明らかにズヴォレで最も経験豊富で安定していた1人だ」と高く評価。「どこかで再び最高レベルでプレーすると考えているだろう」とし、行き先は未定ながらも、欧州のトップリーグでプレーすることになるだろうとした。 日本代表としてもカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選では途中出場をメインに起用され続けており、11月開幕の本大会にも当然出場したいところ。左サイドバック、ボランチ、センターバックができることから、しっかりと出場機会を得られるトップレベルのチームへの移籍が期待される。 2022.05.16 16:07 Mon
twitterfacebook
thumb

アヤックス育ちのDRコンゴ代表FWルコキが29歳で他界…2月にトゥベンテ退団、先週までリハビリに励む

DRコンゴ代表FWのジョディ・ルコキが、29歳の若さで急逝した。かつて所属したトゥベンテが発表した。 アヤックスの下部組織で育ったルコキは、2012年7月にファーストチームに昇格。カンブールへのレンタル移籍を経て、2014年8月にはズヴォレへと完全移籍した。 その後、ブルガリアのルドゴレツやトルコのマラティアスポルでプレー。2021年7月にトゥベンテに加入すると、2022年2月に退団していた。 エールディビジでは87試合で9ゴール12アシストを記録。また、ヨーロッパリーグでは20試合で6ゴール1アシストを記録するなどしていた。 世代別のオランダ代表を経験していたルコキは、A代表はDRコンゴを選択。3試合でプレーしていた。 「今朝、トゥベンテはジョディ・ルコキが亡くなったという恐ろしいニュースを受けた」 「クラブは、この悲劇的な出来事にショックを受け、深く悲しんでいます」 「FCトゥベンテは、彼の愛する人たちに同情し、この大きな喪失に対して、大きな力を送りたいと思います」 報道によれば、現時点で死因はわかっていないとのこと。トゥベンテ時代にヒザに重傷を負っていたルコキは、先週までジムでリハビリに励んでいる様子を投稿していた。 <span class="paragraph-title">【写真】先週はリハビリのためにトレーニングする様子をインスタに投稿していたルコキ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cc2M3EUA2XN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cc2M3EUA2XN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cc2M3EUA2XN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jody Lukoki(@jlukoki)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.09 21:22 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly