ホッフェンハイムがグリリッチュの今夏退団を発表、アーセナルやドルトムントが関心か

2022.05.08 13:46 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムは7日、オーストリア代表MFフロリアン・グリリッチュ(26)が今シーズン限りで退団することを発表した。

オーストリア出身のグリリッチュは、2013年夏にブレーメンの下部組織に入団。2年後にトップチームデビューし、2年間で公式戦54試合に出場した。

ホッフェンハイムには2017年夏に加入。主力の守備的MFとして1年目から公式戦29試合に出場すると、2年目以降も安定したパフォーマンスで年間30試合以上に出場し、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ出場に貢献してきた。

2018-19シーズンにクラブ史上初めて出場したチャンピオンズリーグでは、グループステージ初戦のシャフタール・ドネツク戦で先制ゴールをマーク。グリリッチュはCL初得点者としてクラブの歴史に名を刻んだ。

ホッフェンハイムに大きな成功をもたらしたグリリッチュだが、契約満了を持って退団を決意。辛い別れであることを認めながらも、新しい挑戦に身を投じたいと今後のキャリア形成に意欲を示した。

「さよならを言うのは辛いことだ。でも、プロサッカー選手のキャリアのある時期には、新しいことにチャレンジする時期がやってくるものなんだ。それでも、この数年間、クラブやファン、チームと素晴らしい時間を過ごすことができたことは、一生忘れることはないだろう」

「若手の頃はホッフェンハイムで自分の成長のために素晴らしい環境を見つけることができたし、いつでも同じ決断をすることができる。もちろん、ホッフェンハイムの進歩には目を光らせて、機会あるごとに応援していくつもりだよ」

今夏でフリーとなるグリリッチュには、アーセナルやドルトムントのほか、セビージャとベティスも目を光らせているようだ。

関連ニュース
thumb

負傷の危惧された堂安が先発も決定機を逃したフライブルクはホッフェンハイムとドロー…《ブンデスリーガ》

堂安律の所属するフライブルクは18日、ブンデスリーガ第7節でホッフェンハイムと対戦し0-0の引き分けに終わった。堂安は78分までプレーしている。 公式戦6戦無敗のフライブルクが、ここまで4勝2敗のホッフェンハイムのホームに乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグのオリンピアコス戦で中足骨を負傷したと発表されていた堂安だが、この試合も右MFで先発出場した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、フライブルクは11分にピンチを迎える。中盤でパスを受けたクラマリッチがワンタッチで右サイドのスペースへ展開すると、駆け上がったプロメルがボックス内まで切り込みシュート。しかし、これはGKフレッケンのファインセーブで難を逃れた。 ピンチを凌いだフライブルクは16分、ボックス右深くでの攻防でバウマンからボールを奪った堂安が決定機を迎えたが、シュートはGKバウマンのセーブに阻まれた。 さらに30分には、バイタルエリア手前でパスを受けたギュンターがペナルティアーク手前まで切り込みミドルシュート。しかし、これはゴール左に逸れた。 ゴールレスで迎えた後半は、フライブルクが押し込む展開で推移するも、なかなか決定機に持ち込むには至らない。するとフライブルクは、78分に堂安やグリフォ、チェレを下げてシャーデ、チョン・ウヨン、ヴァイスハウプトを投入する3枚替えを敢行。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、フライブルクは試合終了間際の93分にピンチを迎えたが、ボックス左から放たれたラターのシュートはGKフレッケンが正面で弾き出す。 結局、最後までスコアは動かず。好調同士の一戦は痛み分けのドローに終わった。 2022.09.19 04:35 Mon
twitterfacebook
thumb

積極補強のオリンピアコス、ホッフェンハイムMFサマセクも確保へ

オリンピアコスが、ホッフェンハイムからマリ代表MFディアディエ・サマセク(26)を獲得することが決定的となったようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 今夏の移籍市場で元レアル・マドリーのDFマルセロを始め、DFシメ・ヴルサリコ、FWファン・ウィジョ、MFペップ・ビエルといった実力者を補強しているオリンピアコス。 さらに、移籍市場最終盤ではMFハメス・ロドリゲス、FWセドリック・バカンブという2選手の獲得を決定的なモノとしている。この2選手に続き、ギリシャ屈指の名門はローマに引き抜かれたMFマディ・カマラの後釜の確保に迫っているようだ。 サマセクは、2015年にレッドブル・ザルツブルクに加入。リザーブチームにあたるリーフェリングからステップアップを果たすと、ザルツブルクでは在籍3シーズンで公式戦で134試合に出場。その後、2019年にホッフェンハイムへ加入した。 ブンデスリーガのクラブではここまで守備的MFの準主力として公式戦86試合に出場。豊富な運動量とボール奪取能力を生かした守備力と、推進力に特長を持つ実力者だ。 2022.09.15 23:58 Thu
twitterfacebook
thumb

巧妙に紛れ込みすぎ!? ドルトムント戦で少年がピッチ乱入も「プレスバックしてるかと」

こんなにナチュラルに紛れ込むことなどできるものだろうか。ブンデスリーガで珍プレーが誕生した。 事件が起きたのは2日に行われたブンデスリーガ第5節のドルトムントvsホッフェンハイムの一戦だ。 ここまで3勝1敗と好スタートを切っているドルトムントとホッフェンハイムの対戦。試合は16分にドイツ代表MFマルコ・ロイスのゴールでドルトムントが先制する。 ドルトムントリードのまま試合は推移。試合も終盤に差し掛かっていた86分に事件が起きていた。 右サイドを仕掛けたホッフェンハイム。ボックス右でパスを受けたパベル・カデラベクが中央へと折り返す。これをダイレクトで繋ぎシュートまで持ち込もうと思ったが、ジョルジニオ・ラターはオフサイド。試合が一旦止まる。 しかし、このシーンで赤いジャンパーを着たスチュワードがピッチに侵入。何事かと思われたが、なんと1人の少年がピッチに紛れ込んでいたのだ。 ドルトムントのユニフォームを着ていたため、一瞬見分けがつかない状態に。ただ、ドルトムントの選手たちはパンツが黒だったが、少年は黄色。よく見ればすぐバレる格好をしていた。 ただ、攻め込まれている時に選手たちと一緒に戻っているように見えるため、守備に戻った選手に見えなくもない。プレーが止まったあと、イングランド代表MFジュード・ベリンガムにエスコートされて、ピッチを後にしていた。 ベリンガムの対応には、「素晴らしい対応だ」、「優しいな」、「尊敬に値するね」というコメントが。一方で少年に対しては「プレスバックしてるかと思った」、「良い位置にいたんじゃ」と、動きに触れつつも「こういったことは止めるべき」、「試合の邪魔をする奴は嫌いだ」、「彼らのような人には重い罰が必要」と、近年目立つピッチ乱入に苦言を呈する声が多く寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】初見で少年を見つけられるか!? 巧妙にピッチに侵入した少年、連れ出すベリンガム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Jude Bellingham had to escort this young fan off the pitch after he ran on during the match <a href="https://t.co/3nfK8aDrUw">pic.twitter.com/3nfK8aDrUw</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1565796463753383936?ref_src=twsrc%5Etfw">September 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.03 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ロイス弾で好調ホッフェンハイムを下したドルトムントが連勝!《ブンデスリーガ》

ドルトムントは2日、ブンデスリーガ第5節でホッフェンハイムと対戦し1-0で勝利した。 ここまで3勝1敗で5位のドルトムントが、3連勝中と好調の4位ホッフェンハイムをホームに迎えた一戦。 前節のヘルタ・ベルリン戦をモデスト弾で辛勝したドルトムントは、その試合からスタメンを2人変更。アデイェミとラファエル・ゲレイロに代えて18歳のバイノー=ギテンスとムニエを起用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ドルトムントは16分に先制する。左サイドのバイノー=ギテンスが中央へパスを送ると、ボックス手前で受けたブラントがワンタッチパスで繋いだボールをゴール前に走りこんだロイスが右足で流し込んだ。 さらにドルトムントは19分にも、ヴォルフの左クロスからゴール前に抜け出したモデストが決定機を迎えたが、ヘディングシュートはゴール右に外れた。 その後は先手を取ったドルトムントが主導権を握ったが、41分にアクシデント。プレー中にオザン・カバクと接触したバイノー=ギテンスが右肩を負傷。治療を受けるもそのままピッチを後にした。 一時的に数的不利となったドルトムントは43分、ムニエのループパスをボックス右で受けたベリンガムがヒールで落とし、最後はロイスが左足ダイレクトシュート。しかし、これはゴール左に外れ、直後の44分にトルガン・アザールが投入された。 迎えた後半、3選手を交代したホッフェンハイムに対し、ドルトムントは67分にチャンス。ブラントのパスでボックス右横まで駆け上がったムニエの折り返しをT・アザールがシュート。相手GKが弾いたボールをモデストが詰めたが、これもGKバウマンの顔面ブロックに防がれた。 追加点が遠いドルトムントは、83分にヴォルフとブラントを下げてレイナとジューレを投入。すると85分、自陣でのボール奪取からロングカウンターを仕掛けると、T・アザールのラストパスをペナルティアーク右横で受けたモデストが右足を振り抜いたが、シュートはゴール上に外れた。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。ロイスのゴールで逃げ切ったドルトムントが連勝を飾っている。 2022.09.03 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アヤックスがフリーのグリリッチュを獲得!

アヤックスは1日、オーストリア代表MFフロリアン・グリリッチュ(26)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までの1年となるが、2年の延長オプションが付随している。 今夏のフリーエージェントプレーヤーとして注目を集めるグリリッチュ。一時フィオレンティーナ行きに近づいたものの、最終的に破談。以降はガラタサライやローマ、ブライトンといったクラブとの関連が報じられていたが、新天地はオランダ屈指の名門となった。 母国のザンクト・ペルテン、ブレーメンのユースチームでのプレーを経て、2015年にブレーメンのトップチームへ昇格したグリリッチュ。その後、2017年夏にホッフェンハイムへ完全移籍すると、公式戦150試合に出場し、8ゴール11アシストを記録。 オーストリア代表で背番号10を背負う26歳は、ホッフェンハイムの絶対的な主力として活躍してきたが、新たな挑戦を求めて再三に渡る契約延長オファーを固辞。契約満了に伴い、今夏にクラブを退団していた。 キャリア初期はダイナミズムを生かした攻撃的MFとして台頭したが、ホッフェンハイム加入後はセントラルMF、守備的MFとより低いポジションに下がり、ここ最近では3バックの一角でプレーする機会も増えていた。 187cmの恵まれた体躯を生かした対人戦の強さに加え、視野の広さと戦術眼を武器に中盤のオーガナイザーとしての存在感も際立つ万能型のMFだ。 2022.09.02 00:33 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly