CL決勝までの道のりを振り返るバルベルデ「これまでとても優れた相手と戦ってきた」

2022.05.05 13:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出までの道のりを振り返った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

アウェイで行われたCL準決勝1stレグでマンチェスター・シティに3-4の先勝を許したマドリー。4日の2ndレグでは4シーズンぶりの決勝進出を懸け、ホームでシティとの大一番を迎えた。

ゴールレスで折り返した試合は73分にシティが先制。2戦合計で2点のビハインドを背負ったものの、途中出場のFWロドリゴ・ゴエスが90分と後半アディショナルタイム1分にゴールを奪って同点とし、延長戦に突入した。すると、延長前半5分にFWカリム・ベンゼマがPKを沈めて逆転に成功。2戦合計6-5でマドリーが勝利し、ファイナルの舞台に進出した。

120分にわたる激闘でフル出場を果たしたバルベルデは試合後のインタビューで、決勝に至るまでを振り返り、偉業を成し遂げる機会が訪れたことを喜んだ。

「またしてもクレイジーな夜だ。重要なのは最後まで諦めないメンタリティと勝利への意欲だよ。シティにゴールを奪われた時は気持ちが落ちてしまい、すべてを失ったような気分だった。でも、ゴールが決まると勝てるような気がしてきたんだ」

「僕らはこれまでとても優れた相手と戦ってきた。一番タフな試合だったのはチェルシー戦で、彼らはとてもフィジカルに優れたチームだったよ。今日の相手も手強かったけれど、僕らは良いメンタリティを保っていた」

「僕らはまた気持ちを一度落ち着かせて、特別な瞬間を迎えるために原点に戻らなくてはならない。チームのため、そして家族のために活躍することができて、僕はとても幸せだよ」

関連ニュース
thumb

ベンゼマがディ・スティファノ賞を含む個人三冠を達成!「まだまだやりたいことはある」

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが、スペイン『マルカ』主催のラ・リーガ年間最優秀選手賞に選出された。 2021-22シーズンのベンゼマの成績はリーグ戦32試合27ゴール12アシスト。第4節のセルタ戦ではハットトリックを成し遂げ、第25節から第30節にかけては、ケガで欠場した第29節のバルセロナ戦を除いて5試合連続ゴールを記録した。 エースの大車輪の活躍でマドリーも2シーズンぶりの優勝を収め、ベンゼマは昨季の『マルカ』の最優秀選手賞にあたるアルフレッド・ディ・スティファノ賞を受賞。また、得点王でピチーチ賞、ファン投票で選ばれるMVP賞の個人三冠を達成した。 「自分の仕事に誇りを持っているよ。クラブやチームメイトのサポートに感謝している。だけどもっとやりたいことがある。リーグを制覇して、多くのゴールを決めて、ピッチ上で楽しみたい。準備はできているよ」と、受賞の喜びとさらなる飛躍を誓っている。 また、最優秀監督に贈られるミゲル・ムニョス賞は、マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督と、コパ・デル・レイを制したベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督が選ばれた。ペジェグリーニ監督は「次のチャレンジは次の試合に勝つこと。まだまだ勉強中だ」と謙虚な姿勢を示した。 そのほか、セビージャの守護神ボノが最小失点GKに与えられるサモラ賞を受賞。昨季30失点のチームの堅守を支えたボノは、今季不調のセビージャの挽回を願った。 フェアプレー賞のプエルタ=ハルケ賞は、ポンフェラディーナBに所属するウクライナ人GKニキータ・フェドロフに。同選手はロシア侵攻食い止める戦士としてウクライナに貢献。故ダニ・ハルケと故アントニオ・プエルタの母親からトロフィーを受け取っている。 2022.09.29 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルMF中井卓大が復帰のベンゼマとパス交換、再びファーストチームのトレーニング参加

レアル・マドリー・カスティージャでデビューを果たしたMF中井卓大だが、再びファーストチームでのトレーニングに参加したようだ。 先日は、カスティージャで公式戦デビューを果たした中井。身体が出来上がりつつあり、その姿にファンも驚きを隠せなかった。 そのマドリーだが、フランス代表FWカリム・ベンゼマが復帰し、注目が集まっていた中、そのトレーニングには中井の姿もあった。 エースの復活はもちろん朗報だが、日本人からすれば中井のファーストチームのトレーニング参加も嬉しい話。22日にもトレーニングに参加していたが、再びそのチャンスを得られたようだ。 マドリーが公開したトレーニング動画でも中井の姿が確認され、ベンゼマと同じグループでロンドを行う姿が見て取れる。また、紅白戦では同じオレンジのビブスを着たチームでプレーしていた。 いきなりファーストチームでデビューすることは考えにくいが、マドリーは10月にラ・リーガやチャンピオンズリーグ(CL)など9試合が予定され、カタール・ワールドカップ前の11月にも3試合と過密日程が続く。 トレーニング要員と考えるのが普通だが、徐々に存在感を示しているのであれば、今シーズン中にも出番が訪れる可能性もゼロではなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ベンゼマともパス交換するレアルMF中井卓大、ミニゲームでは同じチーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="H9SqdCbVqoI";var video_start = 52;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.29 12:07 Thu
twitterfacebook
thumb

モドリッチが腰部の過負荷で離脱、エル・クラシコでの万全期す

今週末からクラブレベルの戦いがリスタートするが、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチは出遅れるようだ。 今月のインターナショナルマッチウィークでもクロアチア代表の活動に呼ばれたモドリッチ。主将としての役割を担いつつ、UEFAネーションズリーグの2試合にいずれもフル出場して連勝に貢献した。 25日のオーストリア代表戦ではゴールを決め、4強進出に導いた37歳だが、スペイン『マルカ』によると、クラブでの検査で腰部の過負荷が確認され、8〜10日間の離脱を余儀なくされたという。 これにより、オサスナ戦とヘタフェ戦のラ・リーガや、チャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦を欠場。16日に予定するラ・リーガのバルセロナ戦に万全の状態で臨むべく、敵地で再戦となる11日のシャフタール戦で復帰を見込んでいる模様だ。 2022.09.29 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

これが未来?フィーゴらが無重力の中でサッカー、ギネス記録にも

バルセロナやレアル・マドリーなどで活躍した元ポルトガル代表ルイス・フィーゴ氏が浮遊感のあるフットボールを楽しんだ。 27日のアメリカ『ESPN』によると、フィーゴ氏らは8月20日に専用機に乗り、高度2万0230フィート(6166.1m)で4人制のサッカーに参加したとのこと。ゲームは機内の75m四方のピッチで、無重力状態の中で行われた。 映像では無重力状態へ移行する瞬間の様子も確認することができ、ダイビングヘッドも自由自在。味方を投げて移動されるという荒業も見られるなか、フィーゴ氏はアクロバティックなボレーも決めた。 なお、これはパラボリック・フライトによる過去最高高度で行われたサッカーとしてギネス世界記録にも登録されることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】無重力状態の機内でアクロバティックなサッカーに興じるフィーゴ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wBgHhV82NnM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.28 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「ベンゼマが帰ってきた」 レアル・マドリーが負傷離脱続いた主砲の戦列復帰を明かす

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが戦線復帰を果たした。 右太もものケガで9月上旬から離脱中のベンゼマ。この間にラ・リーガのアトレティコ・マドリー戦や、チャンピオンズリーグ(CL)のライプツィヒ戦を欠場した。 その影響でカタール・ワールドカップ前最後のフランス代表活動も棒に振ってしまったが、一部メディアでは代表ウィークを挟み、戦列復帰が報じられていた。 そして、レアル・マドリーは28日にクラブ公式ツイッターを介して「ベンゼマが帰ってきた」とのつぶやきに練習する姿の写真を添えて、復帰を明らかにした。 今季のここまで公式戦全勝中と最高のスタートを切ったレアル・マドリーだが、10月はバルセロナ戦を含む9試合を予定。主砲の復帰は大きな後押しとなる。 2022.09.28 19:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly