レバークーゼンが長谷部&鎌田出場のフランクフルトに快勝! ライプツィヒは痛恨連敗で5位転落…《ブンデスリーガ》

2022.05.03 05:44 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第32節、レバークーゼンvsフランクフルトが2日にバイ・アレーナで行われ、ホームのレバークーゼンが2-0で勝利した。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、MF鎌田大地は82分から途中出場した。

3位のレバークーゼン(勝ち点55)と、9位のフランクフルト(勝ち点40)によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いの行方に影響を与える重要な一戦。

前節は最下位のグロイター・フュルトに4-1のスコアで大勝し、3試合ぶりの白星を手にしたレバークーゼンは、連勝を目指すこのホームゲームでエースのシックやアズムン、パウリーニョとフュルト戦でゴールを決めたアタッカー陣を継続起用した。

一方、リーグ戦5試合未勝利と苦境が続くフランクフルトだが、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝では敵地で行われたウェストハムとの1stレグを鎌田の決勝点によって2-1のスコアで先勝。週明けにホームでのリターンレグを控える中、この試合では鎌田やクナウフ、ボレ、ヒンテレッガーといった一部主力を温存し、長谷部やパシエンシア、ハウジといった控えメンバーで臨んだ。

立ち上がりからアグレッシブな入りを見せたレバークーゼンが、自慢の快足アタッカー陣のスピードを生かした攻めでフランクフルトに圧力をかけていく。

すると、18分には中央へのロングボールに対して、アズムン、シックと続けてDFとの競り合いを制して右サイドのディアビに展開。そのままスピードに乗ったディアビがボックス付近で左足アウトにあっけて絶妙な折り返しを入れると、ファーに走り込んできたパウリーニョのシュートがGKトラップの股間を抜けてゴールネットを揺らした。

幸先よく先制に成功したレバークーゼンは、縦関係を取るアズムンとシックの中央を起点に3バックとウイングバックの間を狙うパウリーニョとディアビの両翼が積極的に背後のスペースをアタック。オフサイドでシックのゴールが取り消され、アンドリヒが決定機を逃したものの、狙い通りの戦い方で試合を優位に進める。

一方、主力不在のフランクフルトは攻守両面でクオリティを欠く難しい状況が続く。リベロに入った長谷部は要所で狙いを持ったインターセプトや配球を見せるが、対人対応や軽率なパスミスなど試合勘のなさを窺わせる場面も。前半終盤にかけてはパシエンシア、ハウゲとフィニッシュに持ち込んだが、1点ビハインドでの折り返しとなった。

迎えた後半、フランクフルトはトゥーレ、クナウフ、ラマースの3選手を投入して巻き返しを図る。だが、立ち上がりの51分にはそのラマースの持ち上がりを高い位置で潰されたショートカウンターからボックス右でディアビが出したスルーパスに反応したシックにGKトラップの股を抜く右足のシュートを流し込まれ、出ばなをくじかれた。

その後、アヘや途中出場のクナウフを軸に反撃を試みるフランクフルトだが、より攻守のバランスを意識したレバークーゼンを前に決定機まで持ち込めない。

それでも、アズムンやシックらの決定機を何とか凌いで試合への興味を繋げるフランクフルトは、82分にパシエンシアを下げて鎌田を投入。ここから一矢報いるゴールを狙ったものの、鎌田はなかなか見せ場を作り出せない。

結局、試合はこのままタイムアップを迎え、2連勝のレバークーゼンがCL出場権獲得に大きく近づく勝ち点3を手にした。一方、6戦未勝利のフランクフルトは週明けのウェストハム戦に全精力を注ぐ構えだ。

また、同日行われたボルシアMGvsRBライプツィヒは、ホームのボルシアMGが3-1で勝利した。

前節のウニオン・ベルリン戦で公式戦16試合ぶりの敗戦を喫した4位のライプツィヒ(勝ち点54)だが、ミッドウィークに行われたEL準決勝ではホームでレンジャーズを1-0で破って先勝。きっちりバウンスバックに成功したチームは、11位のボルシアMG(勝ち点38)を相手にトップ4フィニッシュに向けて重要な勝ち点3奪取を狙った。

主力を起用して臨んだライプツィヒだが、全体的にプレー強度が足りず、ホームゲームで気合が入るボルシアMGに苦戦。17分にはあっさりと中央を崩されてシュティンドルのスルーパスに抜け出したエンボロに先制点を奪われる。

その後は一進一退の攻防が続いた中、36分にはハルステンベルクからの縦パスをオフサイドぎりぎりの位置で受けたアンドレ・シウバからのラストパスに抜け出したエンクンクがボックス右に持ち込んで右足のチップキックで流し込み、同点に追いつく。

だが、前半終了間際の47分には相手のロングカウンターから前線のエンボロを潰し切れずにホフマンへのラストパスを許すと、GKとの一対一を難なく制された。

1点ビハインドで後半に臨んだライプツィヒだが、後半序盤の64分には裏へ抜け出したエンクンクがDFエベルディの決定機阻止による退場を誘発し、数的優位を手にする。だが、攻め切れない状況が続くと、77分には一瞬の隙を突かれてバイアーの右クロスに反応したホフマンにイーブンボールをゴールに蹴り込まれて痛恨の3失点目となった。

これで厳しくなったアウェイチームはアタッカーをピッチへ送り出して反撃を試みるが、専守防衛の構えを見せる相手を最後まで崩し切ることができなかった。

この結果、2連敗のライプツィヒはフライブルクに抜かれてトップ4圏外の5位に転落。週明けのレンジャーズによりプレッシャーがかかる状況となった。

関連ニュース
thumb

レバークーゼンがシャビ・アロンソ氏招へいを検討? セオアネ2年目は降格圏の17位に低迷…

レバークーゼンがシャビ・アロンソ氏(40)の新監督招へいを検討しているようだ。『ESPN』が報じている。 2021-22シーズンのレバークーゼンはブンデスリーガで3位フィニッシュ。今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場している。しかし、今シーズンはブンデスリーガで低迷、8試合を終えて、1勝2分け5敗。降格圏の17位に位置している。 チームが低迷する中、マネージング・ディレクター(MD)を務めるフェルナンド・カルロ氏は昨シーズンから指揮を執るジェラルド・セオアネ監督への信頼を強調。その一方で、ドイツ『Sport1』はクラブがチェルシーの指揮官を解任されフリーとなっているトーマス・トゥヘル氏(49)の招へいに向けてオファーを掲示したものの、断られたことを報じていた。 そういった中、『ESPN』は関係者筋からの情報としてレバークーゼンがシャビ・アロンソ氏の招へいを真剣に検討していると報道。さらに、仮に適切なオファーが届いた場合、元バイエルンMFは就任に前向きだとも主張している。 シャビ・アロンソ氏は2017年7月の現役引退後、翌年にレアル・マドリーのU-14の監督に就任。2018-19シーズンにリーグ無敗優勝を成し遂げ、早速指導者として才能の片鱗を見せた。2019年夏には同クラブのフベニールA(U-18)への昇格も検討されていたが、選手としてプロキャリアをスタートさせたソシエダのBチームを新たな挑戦の場に選んだ。 すると、その2年目に3部リーグから昇格を果たし、昨シーズンからソシエダBとしては60年ぶりのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を舞台に。昨夏にはボルシアMGからのオファーもあった中、契約を2022年6月30日まで延長。ただ、昨シーズンは下位に低迷し、現在19位のチームは最終節を残して3部降格が決定。そして、同シーズン限りでチームを離れていた。 2022.10.05 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

トゥヘル、ドイツからのオファーを拒否…CL出場も降格圏低迷のレバークーゼンが称賛

チェルシーの指揮官を解任されフリーとなっているトーマス・トゥヘル氏(49)だが、ドイツからのオファーを断ったようだ。ドイツ『Sport1』が伝えた。 2021-22シーズンのレバークーゼンはブンデスリーガで3位でフィニッシュ。今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場している。 しかし、今シーズンはブンデスリーガで低迷、8試合を終えて、1勝2分け5敗。降格圏の17位に位置している。 チームが低迷する中、マネージング・ディレクター(MD)を務めるフェルナンド・カルロ氏は昨シーズンから指揮を執るジェラルド・セオアネ監督(43)を信頼していると語った。 「我々は1週間半か2週間前、彼を信頼しており、彼と一緒に好転させていきたいと言った。しかし、我々はナイーブではない」 「そして、我々が準備不足ではないことを安心してください。それが私が言える全てだ」 「短期的に結果が必要だ。レバークーゼンには、達成したい目標もある。そして、今シーズンもそれはあった。カップ戦では1回戦で敗退してしまい、とても悔しい思いをした。チャンピオンズリーグの出場権はまだ先だ」 「私は昨夜監督に電話し、我々は常に連絡を取り合っている。彼はサッカーの初心者ではない。監督は、結果を出さなければならないことも知っている」 カルロMDはセオアネ監督への信頼を口にする一方で、トーマス・トゥヘル氏について質問を受け、良い監督であると認めた。 「トーマス・トゥヘル監督は素晴らしいコーチだ。それについて私が言えることはそれだけだ」 「ルディ・フェラー(スポーツ・ディレクター)は、何年も前にトーマス・トゥヘルと連絡を取り合っていたと言った」 トゥヘル氏とレバークーゼンには繋がりがあるとのこと。ただ、トゥヘル氏はレバークーゼンのオファーを断ったとされている。しばらくフリーの状態は続くようだ。 2022.10.04 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン指揮官ナーゲルスマン、5試合ぶり白星を噛み締める 「結果にも勝ち方にも満足」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が満足感を示している。クラブ公式サイトが伝えている。 直近のブンデスリーガ4試合で勝利なしのバイエルン。開幕3連勝から3連続引き分けに初黒星と勝てず、ナーゲルスマン監督に対する風当たりが強まったまま代表ウィークによる中断に入ったが、9月30日にホームで行われた第8節のレバークーゼン戦を4-0の快勝で飾った。 レバークーゼンも直近のリーグ戦3試合で勝利から遠ざかり、開幕からわずか1勝にとどまる状況だったが、そんな相手からドイツ代表MFジャマル・ミュージアラの1得点2アシストで5試合ぶりの白星を掴み取ったナーゲルスマン監督も満足げに試合を振り振り返っている。 「勝利はいつだって重要で、それは今日も同じだった。結果にも、勝ち方にも満足だ。早い時間でのゴールが我々の力になってくれたね。前の試合と比べれば、はるかに効果的なプレーがやれたよ。試合をコントロールできた。後半は少しオープンになったけどね。最近の結果に対して良いリアクションができた。嬉しいし、チャンピオンズリーグもこれを続けたい」 2022.10.01 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ミュージアラ躍動バイエルンが不調レバークーゼンを一蹴、5試合ぶり勝利《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第8節、バイエルンvsレバークーゼンが9月30日に行われ、4-0でバイエルンが圧勝した。 代表ウィーク前の前節、アウグスブルクに0-1とシャットアウト負けして4試合勝ちなしとなった5位バイエルン(勝ち点12)は、ミュラーとミュージアラの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 対するレバークーゼン(勝ち点5)はさらに大きく躓き、ここまで1勝で15位に沈んでいる中、シックを最前線に、2列目に右からフリンポン、ハドソン=オドイ、ディアビと並べた。 開始3分、バイエルンがあっさり先制する。右サイドをミュージアラが突破し、クロスを受けたボックス右のサネが右足でシュートをねじ込んだ。 先制後も攻勢をかけ続けたバイエルンは17分にリードを広げる。ミュラーとのパス交換でボックス右に侵入したミュージアラが右足を一閃。強烈なシュートでGKフラデツキーを破った。 2点をリード後もハーフコートゲームを展開したバイエルンは、ディアビやアンドリッヒのミドルシュートで単発的にゴールに迫られる場面があったものの、40分に3点目。ミュージアラのパスを受けたペナルティアーク中央のマネが左足でねじ込んだ。 後半から2選手を交代してきたレバークーゼンに対し、55分にデ・リフトのミドルシュートで牽制したバイエルンは1分後に4点目を決めかける。ミュージアラが中央をドリブルで突破し、ルーズボールを拾ったマネがシュートを蹴り込んだ。 VARによってデ・リフトのファウルを取られてノーゴールになったバイエルンだったが、その後も主導権を握り続ける。 65分にはマネとザビッツァーをお役御免とした中、終盤の84分に4点目。GKフラデツキーのスリップでルーズとなったボールをミュラーが無人のゴールに蹴り込んだ。 ミュージアラの1ゴール2アシストの活躍もあってバイエルンがレバークーゼンを一蹴。5試合ぶりの勝利とした。 2022.10.01 05:21 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第8節プレビュー】5試合ぶり勝利目指すバイエルン、不調のレバークーゼンと金曜に対戦

代表ウィーク前の前節、シュツットガルトvsフランクフルトの日本人対決が行われ、MF鎌田が全3ゴールに絡む活躍を見せてフランクフルトが快勝とした。そしてドルトムントがシャルケとの2年ぶりのレヴィア・ダービーを1-0と競り勝った一方、バイエルンはアウグスブルクを圧倒しながらも相手GKの好守の前にゴールを割れず痛恨の敗戦。4試合勝利なしとなった。迎える第8節、バイエルンは同じく不調の強豪レバークーゼンと金曜に対戦する。 5位バイエルン(勝ち点12)は前節、前述のようにアウグスブルクに0-1でシャットアウト負け。ここに来てFWレヴァンドフスキの抜けた穴の大きさを感じ始めている様子だ。アウグスブルク戦では幾つも決定機を生み出しながら相手GKギキェヴィツのファインセーブに阻まれた。ブンデスリーガで5試合ぶりの白星を手にして2連勝スタートのCLに向かいたい。 対するレバークーゼン(勝ち点5)はさらに大きく躓いた序盤となっている。ここまで1勝で15位に沈み、厳しいスタートとなった。CLではアトレティコ・マドリー相手に白星を掴んだ自信をブンデスリーガに持ち込めるか。 シャルケとのダービーをFWムココ弾で制した2位ドルトムント(勝ち点15)は、9位ケルン(勝ち点10)とのアウェイ戦に臨む。シャルケ戦では相手の集中した守備の前に苦戦を強いられたが、しっかりと勝ち切った。MFロイスの負傷離脱は痛いが、勝利を取り戻して代表ウィークに入った中、連勝としてCLセビージャ戦に向かえるか。 今節はフランクフルトvsウニオン・ベルリンの日本人対決が行われる。7位フランクフルト(勝ち点11)は前節、前述のようにシュツットガルトに快勝。鎌田の直接FK弾始め、全3ゴールに絡む活躍で快勝とした。代表戦でもゴールと好調を維持している鎌田だが、シュツットガルト戦ではDF長谷部も3バックの一角で公式戦連勝に大きく貢献。38歳のベテランがレギュラー奪取の足がかりを掴んだ中、両日本人の活躍に引き続き注目だ。 一方、MF原口がスタメン落ちしているものの、チームは絶好調のウニオン(勝ち点17)。首位に立っているチームは堅守速攻に更に磨きがかかっている。原口も何とか好調のチームのスタメンに割って入る活躍を見せたいところだ。 MF堂安が牽引する3位フライブルク(勝ち点14)は8位マインツ(勝ち点11)とのホーム戦に臨む。フライブルクは前節、ホッフェンハイムにゴールレスドロー。攻め込むシーンも多かったが決めきれなかった。リーグ戦では2試合連続ノーゴールと決め手を欠いている中、堂安にゴールは生まれるか。 フランクフルトとの日本人対決に敗れた16位シュツットガルト(勝ち点5)は17位ヴォルフスブルク(勝ち点5)との下位対決に臨む。未勝利が続くシュツットガルトだが、代表戦帰りのMF遠藤とDF伊藤はチームに初勝利をもたらせるか。昨季に続いて残留争いに巻き込まれそうな気配だが、同勝ち点で並ぶヴォルフスブルクを下して浮上のキッカケを掴みたい。 ドルトムントに敗れたものの、守備面で計算の立ってきた14位シャルケ(勝ち点6)は11位アウグスブルク(勝ち点9)とのホーム戦に臨む。代表戦ではアメリカ代表戦の無失点勝利に貢献したDF吉田は、バイエルンから金星を挙げたアウグスブルク攻撃陣を抑え込み、勝利をもたらせるか。 ◆ブンデスリーガ第8節 ▽9/30(金) 《27:30》 バイエルンvsレバークーゼン ▽10/1(土) 《22:30》 フランクフルトvsウニオン・ベルリン ケルンvsドルトムント フライブルクvsマインツ ライプツィヒvsボーフム ヴォルフスブルクvsシュツットガルト 《25:30》 ブレーメンvsボルシアMG ▽10/2(日) 《22:30》 ヘルタ・ベルリンvsホッフェンハイム 《24:30》 シャルケvsアウグスブルク 2022.09.30 18:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly