「ショックを受けている」…急逝のオシム氏をストイコビッチ氏も偲ぶ 「知的で直感に優れた戦略家だった」

2022.05.02 13:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー界にも多大なる功績を誇るイビチャ・オシム氏の訃報を受け、セルビア代表監督のドラガン・ストイコビッチ氏が同国サッカー協会を通じて追悼の声明文を出した。

オシム氏は旧ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエボ生まれで、2003年のジェフユナイテッド千葉監督就任で来日。千葉での選手育成やタイトル獲得の功績が認められ、2006年から日本代表の指揮が託されたが、翌年に脳梗塞で倒れて、志半ばで退任した。

故郷サラエボに戻り、指導者業からも身を引いてからも、日本では同国のサッカー界発展に大きく貢献した人物として語り継がれ、「日本代表を日本化する」などといった数々の語録も色褪せないオシム氏だが、1日に他界した。80歳だった。

偲ぶ声が相次ぐなか、1986〜1992年まで旧ユーゴスラビア代表監督を歴任したオシム氏の下、ベスト8入りした1990年のイタリア・ワールドカップ(W杯)でもプレーした元名古屋グランパス監督は追悼メッセージを発表している。

「ご遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げます。彼の訃報に接し、大きなショックを受けている。彼は私の選手生活に深い足跡を残してくれた。我々は素晴らしい協力関係にあった。イタリアでのW杯と、そこで経験したすべてが特別な思い出になるだろう」

「彼は知的で、直感に優れたフットボール戦略家だったと記憶している。イビチャ・オシムは旧ユーゴスラビアで最も重要なフットボール人のひとりであり、そのように記憶されることだろう。彼に永遠の栄光がありますように」

関連ニュース
thumb

なでしこジャパンがセルビアに5発圧勝、池田監督采配的中《国際親善試合》

なでしこジャパン(日本女子代表)は24日、国際親善試合でセルビア女子代表と対戦し、5-0で圧勝した。 FIFA女子ワールドカップ、オーストラリア&ニュージーランド2023の開幕が1年後に迫る中、来月には日本開催のEAFF 女子E-1サッカー選手権も控えるなでしこジャパン。今回の欧州予選ではセルビア、フィンランド相手に自分たちの現在地を窺う。 ワールドカップ予選でドイツに勝利したセルビアに対し、なでしこはフラットな[4-4-2]を採用。2トップは植木と田中が組んだ。 アグレッシブな入りを見せたなでしこが良い立ち上がりとすると、10分に田中がボックス内から際どいシュートを浴びせれば、続く15分には右サイドの林がカットインからシュートを放ってセルビアを牽制した。 そして28分、勢いそのままなでしこが先制した。右サイドからの清水のアーリークロスをボックス左の植木がヘディングシュートで流し込んだ。 先制したなでしこがハーフタイムにかけても主導権を握り、1点をりーどしたまま前半を終えた。 迎えた後半もなでしこが押し込む展開とすると、62分に加点する。直前に投入されていた宮澤の右クロスから猶本がヘッドで決めた。 さらに76分、長野のスルーパスに抜け出した宮澤がボックス右に侵入してシュートを決めきり、3-0としたなでしこは、81分に代表デビュー戦の千葉が4点目。 これで終わらないなでしこは88分、長谷川の右クロスのルーズボールを途中出場の成宮が押し込んで5-0と圧勝。 途中出場4選手にゴールが生まれ、最高の内容、結果でセルビアを下した中、3日後にフィンランド戦に臨むこととなった。 セルビア女子代表 0-5 なでしこジャパン 【日本】 植木理子(28分) 猶本光(62分) 宮澤ひなた(76分) 千葉玲海菜(81分) 成宮唯(88分) ◆なでしこジャパン GK:山下杏也加(INAC) DF:清水梨紗(東京NB)、熊谷紗希(バイエルン)、南萌華(浦和)、宮川麻都(東京NB)[→千葉玲海菜(千葉)] MF:長谷川唯(ウェストハム)、長野風花(仙台)[→高橋はな(浦和)] 、林穂之香(AIKフットボール ダーム)[→猶本光(浦和)] 、杉田妃和(ポートランド)[→成宮唯(INAC)] FW:田中美南[→宝田沙織(リンシェーピングFC)] 、植木理子[→宮澤ひなた(仙台)] 2022.06.25 04:43 Sat
twitterfacebook
thumb

EL優勝に貢献したコスティッチがユベントス移籍へ? 合意と現地報道

フランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)がユベントス移籍に近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 2018年8月にハンブルがSVからフランクフルトへとレンタル移籍で加入したコスティッチ。2019年7月には完全移籍に切り替わると、左サイドを主戦場にフランクフルトの攻撃を牽引している。 今シーズンはブンデスリーガで30試合に出場し4ゴール9アシストを記録。ヨーロッパリーグ(EL)では12試合に出場し3ゴール6アシストを記録して優勝に見事貢献。ヨーロッパリーグの年間最優秀選手に輝いていた。 今年30歳を迎えるコスティッチだが、キャリアの絶頂期にあると言って良い状況。その中で、ビッグクラブであるユベントスから興味を示されている。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によればすでに移籍で合意しているとのこと。一方で、ドイツの情報ではフランクフルトにはオファーがまだ来ていないとされている。 フランクフルトは移籍金に関して1500万ユーロ(約21億円)を設定しているとされており、ユベントスが獲得するかどうかは、獲得が噂されているアンヘル・ディ・マリアやポール・ポグバの行方にも影響を受けるという。 2022.06.17 11:10 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこがセルビアと初対決! 6月の欧州遠征でフィンランドと共に対戦

日本サッカー協会(JFA)は26日、6月にヨーロッパ遠征を行うなでしこジャパンが、セルビア女子代表と対戦することを発表した。 来年の女子ワールドカップに出場が決まっているなでしこジャパン。池田太監督の下、トレーニングキャンプなどを重ね、チーム作りをしている。 そのなでしこジャパンは、6月にフィンランド女子代表との対戦が決定したいが、セルビア女子代表との対戦も決定。6月24日に行われることとなった。 セルビア女子代表はFIFAランキングで38位。過去の対戦成績はなく、今回が初めて戦う相手となる。 池田太監督は、JFAを通じてコメントしている。 「未だ新型コロナウイルス感染症の影響であらゆる行動が制限される中、今回の欧州遠征実現にご尽力、ご協力いただいた皆様に感謝いたします」 「6月24日に対戦するセルビア女子代表は先日開催されたFIFA女子ワールドカップヨーロッパ予選でドイツに勝利し、また若い選手も多く、いま非常に勢いのあるチームだと感じています。また27日に対戦するフィンランド女子代表は、今年7月に開催される強豪国揃いのUEFA女子ヨーロッパ選手権を目前に控えており、緊張感の高い試合のできる対戦相手です」 「両国ともヨーロッパのトップリーグでプレーする選手を抱え、個の力という面でも試合を通し多くのものを経験させてくれる相手です。来年のFIFA女子ワールドカップに向けてさらなるチーム強化が必要となるなか、世界の中での自分たちの現在地を測るために試合を重ねることは欠かせません。この機会を最大限有意義なものとするために戦います」 2022.04.26 17:58 Tue
twitterfacebook
thumb

抽選の奇跡…3チームが4年前と同じグループGにブラジル代表指揮官「コスタリカが欠けただけ」

ブラジル代表のチッチ監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。『SportsMax』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 ブラジルは抽選の結果、グループGに入り、セルビア代表、スイス代表、カメルーン代表と同居した。 この組み合わせは、実は2018年のロシアW杯と3チームが一緒。ロシアW杯ではカメルーンがコスタリカだったが、3チームは同じ組み合わせであり、グループステージで4年ぶりに再び対戦することとなった。 チッチ監督は4年前とほとんど同じという奇妙な組み合わせ結果について言及。選手たちをしっかりと管理していきたいとした。 「死のグループでもなければ、生のグループでもない。全てがロシアW杯と同じだ。コスタリカが欠けただけだ」 「我々はスイスとセルビア、イタリアとポルトガルを止めたチーム、そしてアフリカで非常に強いカメルーンについて話している」 「我々は自分たちのゲームを高めていかなければいけない」 「それは本の1つの章だ。今、それは別の現実、別の瞬間だ」 「今、この仕事を固めなければいけない。年末まで8カ月、9カ月ある。チームに成長を確認し、クオリティを高め、選手1人1人がベストコンディションで臨めるようにしなければいけない」 「我々は彼らをチェックし続けるという目に見えない仕事をしなければいけない。ファンにとっては見えないかもしれないが、それは医学的になフォロー、フィジカル的なフォロー、アスリート自身へのテクニカル・コミッションによるフォローなどだ」 「これらは全てクラブを尊重するためだ。ワールドカップまでの準備試合は別として、彼らが最高のコンディションで臨めるように、あらゆるフォローアップと指導をしなければいけない。これが私にとって最も重要だ」 2022.04.02 20:52 Sat
twitterfacebook
thumb

セルビア率いるストイコビッチ監督、W杯で同居のブラジル戦に喜び「我々はブラジルを恐れていない」

セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。セルビア『Danas』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 日本と同じポット3に入ったセルビアは、グループGに入り、ブラジル代表、スイス代表、カメルーン代表と同居することが決定した。 FIFAランキング1位のブラジルとも同居したストイコビッチ監督は、「難しいグループ」と感想を述べたものの、ブラジルと対戦できることを喜んだ。 「とにかく難しいグループだ。しかし、見てもらいたい。ここに来たら、何かが空から降ってくることは期待していないし、誰かが引き裂いているわけでもない」 「3試合それぞれで、我々は最善を尽くし、W杯のレベルで戦わなければいけない。そうすれば、何の問題もない」 特にブラジルについて言及。これまでのデータなどに関係なく、良い試合を見せて勝ちたいと語った。 「同じ悪魔だ。楽しみだし、ブラジルと対戦できることは嬉しい。サッカーといえば、ブラジルを挙げないわけにはいかない。彼らがどのような存在か見てみよう」 「伝統や統計に従うことはない。他の考え方をする。我々は全ての試合で高いレベルにいる必要がある」 「我々はブラジルを恐れていないし、ブラジルも恐れていないだろう。そして、私は彼らと対戦するのが嬉しい。ブラジルをいつ恐るべきか?彼らは試合に勝つためにあらゆることをしてくる」 「しかし、我々もそうする。間違いなく良い試合になるだろう。スタジアムに来た人は、誰でも楽しむことができる」 2022.04.02 16:19 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly