ビジャレアルDFパウ・トーレス、マンチェスター勢にチェルシーも関心

2022.04.28 16:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレス(25)がプレミアリーグの有力クラブから人気を博しているようだ。

ビルドアップ能力にも秀でた左利きのセンターバックであるパウ・トーレス。昨夏のユーロ2020や東京オリンピックを経ての今季も、ビジャレアルがチャンピオンズリーグで16年ぶりの準決勝進出を果たすなかで、ここまで公式戦41試合出場で5得点を記録している。

昨夏にもフランス代表DFラファエル・ヴァランの獲得に至るまでマンチェスター・ユナイテッドの関心が取り沙汰されたが、移籍市場の精通者として幅を利かせるファブリツィオ・ロマーノ氏によると、今夏もイングランドの有力クラブから視線が注がれているという。

同選手は今夏のマーケット閉幕まで5500万ユーロ~6000万ユーロ(約75億3000〜82億2000万円)のリリース条項が有効のため、改めてトップクラブの人気銘柄と化している模様だ。

そんなスペイン人守備者に対しては現在、昨夏に続いてユナイテッドが光らせるほか、マンチェスター・シティも関心。さらに、チェルシーもスカウトを派遣してフォローしているようだ。


関連ニュース
thumb

ビジャレアルの19歳FWピノ、リバプールとアーセナルが関心か

ビジャレアルのスペイン代表FWジェレミ・ピノ(19)に、リバプールとアーセナルが関心を寄せているようだ。 ピノは16歳でビジャレアルの下部組織に入団し、2020-21シーズンからファーストチームの一員に。昨季は右サイドを主戦場に公式戦40試合に出場し、7得点4アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出にも大きく貢献した。 昨年10月には18歳でA代表デビュー。今年3月のアルバニア代表戦で初ゴールもゲットし、通算4試合1得点。今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)出場も期待される成長株だ。 スペイン『アス』によると、ビジャレアルはピノのリリース条項を8000万ユーロ(約110億円)に設定している。しかし、リバプールやアーセナルからのオファー次第では、この金額以下でも売却を容認する可能性があるという。 ビジャレアルは昨季の後半戦にトッテナムからの半年レンタルで在籍したアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソの再獲得に本腰。収支バランスを整えるために、選手の売却が必要となる可能性がある模様だ。だが、ピノはビジャレアルが育て上げた宝石の1人。首脳陣らにとって難しい決断となるようだ。 2022.08.08 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、ロ・チェルソ獲得に向けトッテナムと交渉中…昨季もレンタルで加入

ビジャレアルがトッテナムのアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソ(26)獲得に向けて交渉中のようだ。 2019年夏にトッテナムに加入したロ・チェルソは、当初こそ主力としてプレーしたが、昨シーズンは負傷もあって出場機会が減少。だが、1月に活躍の場を求めてビジャレアルへレンタル移籍すると、すぐさまチームにフィットしてチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出にも大きく貢献した。 買い取りオプションが付随していなかったこともあり、今夏トッテナムに復帰したロ・チェルソだが、チームの中盤には新たにMFイヴ・ビスマが加わったこともあり、アントニオ・コンテ監督の構想には含まれず。先月の韓国ツアーにも帯同しなかったアルゼンチン代表MFは、新たな移籍先を探している。 ロ・チェルソにはナポリやユベントスも関心を寄せていたが、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、現在はビジャレアルが獲得を目指して交渉を進めているとのことだ。 ウナイ・エメリ監督は昨シーズンのロ・チェルソの働きを高く評価しており、今回は完全移籍での獲得を狙っている様子。ただし、スペイン『マルカ』によれば、トッテナムがロ・チェルソの移籍金として3000万ユーロ(約41億3000万円)を求めている一方、ビジャレアルは1500万ユーロ(約20億6000万円)程度での獲得を望み、減額を要求しているようだ。 それでもロマーノ氏は、ビジャレアルが今後数日で決定的な動きを見せる可能性があると主張している。 2022.08.08 18:21 Mon
twitterfacebook
thumb

カバーニのボカ入りは消滅…スペイン行き有力か

ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(35)がボカ・ジュニアーズに加入する可能性はなくなったようだ。 パレルモや、ナポリ、パリ・サンジェルマン(PSG)といったクラブを渡り歩き、世界屈指のストライカーとしての評価を確立したカバーニ。2020年夏に加入したマンチェスター・ユナイテッドでも公式戦59試合の出場で19ゴール7アシストの数字を残していたが、昨季は公式戦20試合の出場で2得点1アシストに終わり、今年6月末に契約満了によって退団した。 人気も実力も兼ね備えるカバーニの去就を巡っては引く手あまたの様相。バレンシアをはじめ、ラージョやニース、ドルトムント、サレルニターナといったヨーロッパ各国のクラブからの関心が噂されるが、新天地としてはスペインでのプレー希望が伝えられる。 そうしたなか、最近はアルゼンチンの強豪であるボカ・ジュニアーズへの加入が取り沙汰され、契約間近とも伝えられていたが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、その可能性は消滅した模様。家族が南米でのプレーを望まなかったことが理由のようだ。 また、当初から伝えられていた通り、スペインでのプレーを第一の選択肢として考えているようで、スペイン『アス』はそのなかでもビジャレアルとバレンシアが有力な候補と報道。様々なクラブでゴールを決め続けてきた“エル・マタドール”は35歳にしてラ・リーガへの初挑戦を決めることになるだろうか。 2022.08.08 16:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがインテルを4発撃破、ラ・リーガ開幕に弾み《PSM》

プレシーズンマッチのインテルvsビジャレアルがが6日に行われ、2-4でビジャレアルが勝利した。 来週にセリエA開幕を控えるインテルと、同じくラ・リーガ開幕を1週間後に控えるビジャレアルのプレシーズン最終戦。 インテルはルカクとラウタロ・マルティネスの2トップで挑み、ビジャレアルはパレホやパウ・トーレス、アルビオルらがスタメンとなった。 立ち上がりから押し込んだのはインテルだったが、先制したのはビジャレアル。29分、浮き球のルーズボールをボックス左のペドラサがボレーで叩き込んだ。 それでも36分、インテルが同点とする。左サイドからのゴセンスのクロスをルカクが頭で合わせた。 しかし43分、敵陣でボールを奪った流れからコクランが勝ち越しゴールを挙げ、ビジャレアルが2-1として前半を終えた。 そして迎えた後半、ビジャレアルが突き放す。開始3分、ペドラサがボックス左をドリブルで突進し、そのままシュートを突き刺した。 2点を追う展開となったインテルが前がかる中、66分に1点差に詰め寄る。左サイドからのディマルコのクロスをダンブロージオがヘッドで合わせた。 しかし81分、ジャクソンがダメ押しのゴールを挙げたビジャレアルが4-1で勝利。ラ・リーガ開幕へ弾みを付けている。 インテル 2-4 ビジャレアル 【インテル】 ルカク ダンブロージオ 【ビジャレアル】 ペドラサ(29分) コクラン(43分) ペドラサ(48分) ジャクソン(81分) 2022.08.07 05:35 Sun
twitterfacebook
thumb

セルタ、DFセルヒオ・カレイラがビジャレアルへレンタル

セルタは5日、U-21スペイン代表DFセルヒオ・カレイラ(21)がビジャレアルへ1年間のレンタルで移籍することを発表した。 2020年10月にファーストチームデビューを飾った右サイドバックのS・カレイラは、これまでセルタで公式戦6試合に出場。 昨季はミランデスにレンタル移籍し、ラ・リーガ2部で38試合に出場し1ゴール3アシストを記録。主力としてプレーしていた。なお、ビジャレアルでは当面、Bチームでのプレーになるとのことだ。 2022.08.06 00:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly