セインツの逸材SBリヴラメントに悲劇…左ヒザに深刻なケガか…

2022.04.25 07:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンのU-21イングランド代表DFティノ・リヴラメントが重傷を負った模様だ。イギリス『inews』が伝えている。

リヴラメントは24日に行われたプレミアリーグ第34節のブライトン戦(2-2のドロー)に先発出場。しかし、前半の31分に相手MFエノック・エムウェプへの守備対応で両足に体重をかけて踏ん張った際に、バランスを崩して転倒。すぐさま左ヒザの違和感に気付いた同選手は周囲に緊急事態を知らせると、両チームの選手と主審がすぐさま駆け寄った後、試合を一時中断してメディカルスタッフをピッチ内へ呼び寄せた。

リヴラメントは強烈な痛みとケガのショックの影響もあり、ストレッチャーで患部を固定されてピッチを去る際には酸素吸入器も使用。アメックス・スタジアムを訪れた多くの観客は重傷を予期してか、励ましの拍手を同選手へ送った。
おそらく、左ヒザ前十字じん帯断裂などの重傷の可能性が見込まれるリヴラメントの状態に関して、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は試合後に言及。「あまり良くはない」と重傷の可能性を認めている。

「それが深刻なものだと言うことは残念だ。まだ分からないが、どんなに長く休むことになっても、彼はさらに強くなって戻ってくるはずだ」

「彼はとてもとても落ち込んでいる。それは理解できることだ。ただ、彼がさらに強くなって戻ってくることを確信している」

チェルシーのアカデミーで才能を開花させた攻撃的サイドバックのリヴラメントは、昨夏に500万ポンド(約8億3000万円)の移籍金でサウサンプトンに完全移籍。ここまでのプレミアリーグで28試合1ゴール2アシストの数字を残している。

持ち味のスピードや運動量を生かしてチームの攻撃に推進力を与えると、守備面でも相手に食らいついていく強度の高い守備で一線級のアタッカーに対しても堂々たるプレーぶりを披露。その活躍がビッグクラブの関心を集めていた。

関連ニュース
thumb

セインツが今冬3人目の補強! ジョーンズ監督の教え子である右SBを獲得

サウサンプトンは26日、ルートン・タウンからイングランド人DFジェームズ・ブリー(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「14」に決定。契約期間は2026年6月30日までの3年半となる。 バーンズリーでプロキャリアをスタートしたブリーは、2016年にアストン・ビラへ完全移籍。その後、2019年夏にルートンへ1年間のレンタルを経験すると、その翌シーズンに完全移籍へ移行した。 以降はチャンピオンシップ(イングランド2部)に在籍するクラブの右サイドバックの主力に君臨。今回がプレミアリーグ初挑戦となるが、チャンピオンシップでは通算187試合2ゴール20アシストと十分な実績を持つ。 178cmとサイズは平均的だが、3バックでは右のウイングバックとセンターバックの右でもプレー可能なユーティリティー性を持っており、攻守両面での貢献が期待できる。さらに、ルートンで2年間ネイサン・ジョーンズ監督の指導を受けており、戦術面の適応は非常にスムーズにいくはずだ。 現在、プレミアリーグ最下位に沈むセインツにとっては、FWミスラフ・オルシッチ、MFカルロス・アルカラスに続く、今冬3人目の新戦力となった。 2023.01.27 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「まだハーフタイム」 ニューカッスル指揮官の視線は2ndレグに

ニューカッスル・ユナイテッドのエディ・ハウ監督が振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ニューカッスルは24日に敵地でカラバオカップ準決勝1stレグのサウサンプトン戦に臨み、1-0で勝利。73分にFWジョエリントンが決めたゴールで先勝した。 31日に行われるホームでのリターンレグに弾みをつけたハウ監督は満足感を示しつつ、気を引き締めている。 「タフな試合だった。両チームに見せ場があったなかで、勝てて嬉しいが、まだハーフタイムだ。ジョーのゴールが決まるまで冷静さがなかったが、決してチームを批判するなどできない。良い1日だ」 また、相手のゴールがVARで無効化された75分の場面とともに、GKニック・ポープの働きが大きかったと話した。 「ニックの2つのセーブが大きかった。試合の大きな場面で、ニックは立ちはだかってくれたね。彼は傑出した存在。彼の前にも素晴らしい守備陣がいるが、彼は必要なときにいつも力を発揮してくれる」 2023.01.25 09:15 Wed
twitterfacebook
thumb

好調ニューカッスルがセインツに敵地で先勝!《EFLカップ》

EFL(カラバオ)カップ準決勝1stレグのサウサンプトンvsニューカッスルが24日に行われ、0-1でニューカッスルが勝利した。 準々決勝でマンチェスター・シティを下したサウサンプトンと、レスター・シティを下したニューカッスルによる準決勝1stレグ。 試合は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ニューカッスルは34分に最初の決定機を作る。アルミロンのパスで右サイド深くまでオーバーラップしたトリッピアがクロスを供給すると、ファーサイドでフリーのウィロックが右足ボレーで合わせたが、これは枠の上に大きく外れた。 さらにニューカッスルは39分にも、左サイドを突破したウィロックがボックス左から切り込みシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をウィルソンが詰めるとサリスのブロックしたボールを、最後はジョエリントンが押し込んだ。 このゴールでニューカッスルの先制かと思われたが、押し込む前にジョエリントンの左手にボールが当たっており、ハンドが認められてゴールは取り消された。 ゴールレスで迎えた後半、1点が遠いニューカッスルは、67分にウィロックとウィルソンを下げてサン=マクシマンとイサクを投入。すると73分、ドリブルでボックス右から侵入したイサクの折り返しをジョエリントンが流し込んだ。 先制を許したサウサンプトンだったが、直後の75分にネットを揺らす。ウォード=プラウズの右クロスをアダムスが頭で合わせると、ボックス左に逸れたボールを拾ったエドジーのクロスをA・アームストロングが押し込んだが、VARの末にA・アームストロングのハンドが認められ、ゴールは取り消された。 その後、サウサンプトンは86分にチャレタ=ツァルが2枚目のイエローカードを受けて退場。数的優位となったニューカッスルだったが、追加点は奪えず0-1で試合は終了した。 なお、先勝したニューカッスルのホームで行われる2ndレグは31日に開催される。 2023.01.25 07:09 Wed
twitterfacebook
thumb

セインツがアストン・ビラへ貸し出していたベドナレクをリコール

サウサンプトンは23日、アストン・ビラへレンタルに出していたポーランド代表DFヤン・ベドナレク(26)のリコールを発表した。 ベドナレクは昨夏、センターバックの負傷者に悩まされていたアストン・ビラに1年間のレンタル移籍で加入。 先のカタール・ワールドカップに出場するなど、ポーランド代表として46キャップを誇る実力者だが、今季ここまでは公式戦7試合の出場にとどまっていた。とりわけ、ウナイ・エメリ新監督就任以降はほぼ構想外に。 一方、リーグ最下位に低迷するセインツは今季加入で主力のDFアルメル・ベラ=コチャプらの離脱によって、ディフェンスラインの選手層に問題を抱えており、センターバックに加えてサイドバックでもプレー可能なベドナレクの呼び戻しによる穴埋めを図った格好だ。 2017年7月にレフ・ポズナンから完全移籍でサウサンプトンへと加入したベドナレクは、ここまで公式戦153試合で7ゴール4アシストを記録。日本代表DF吉田麻也(シャルケ)とも最終ラインを形成するなどしていた。 2023.01.23 22:59 Mon
twitterfacebook
thumb

セインツがビジャレアルの逸材FWジャクソン獲得に迫る

サウサンプトンが、ビジャレアルのセネガル代表FWニコラス・ジャクソン(21)の獲得に近づいているようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 現在、プレミアリーグで最下位に沈むサウサンプトン。ここまでの19試合でチームが奪った得点はわずかに17得点と、チーム最多得点がプレースキックの名手であるMFジェームズ・ウォード=プラウズの5得点となっており、巻き返しに向けては前線の補強が急務だ。 そういった中、アストン・ビラFWダニー・イングスやセルティックFW前田大然らへの関心も伝えられるセインツは、ビジャレアルの逸材の獲得に迫っているようだ。 報道によると、先日に買い取りオプション付きの半年レンタルをすでに打診していたセインツは、2000万ユーロ(約27億8000万円)を売却条件に設定するビジャレアル側と完全移籍に向けた交渉を進めており、合意に近づいているようだ。 さらに、ジャクソン本人との個人間交渉においても進展が見られるとのことだ。 2019年にビジャレアルのカンテラ入りしたジャクソンは、ビジャレアルB、ミランデスでの武者修行を経て2021年10月のベティス戦でトップチームデビュー。 その後、昨夏にMFアレックス・バエナと共にトップチーム昇格を果たすと、今季ここまでは公式戦24試合に出場し、3ゴール3アシストを記録。その後、カタール・ワールドカップではセネガル代表の一員として自身初の大舞台も経験した。 ただ、自身を重用したウナイ・エメリ前監督からキケ・セティエン監督に指揮官交代が図られると、徐々に出場機会が減っていた。 フィニッシュの精度や判断面に課題を残すものの、188cmの恵まれた体躯に加え、体幹の強さと爆発的なスピードを生かした豪快なドリブル、リーチを生かしたボールキープ、シュートレンジの広さと大きな伸びしろを持つ逸材は、プレミアリーグ向きのプレースタイルの持ち主だ。 2023.01.18 23:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly