「声出し応援」を探るJリーグ、野々村チェアマンは改めてサポーターのルール遵守を訴える「積み上げたものがゼロになる可能性」

2022.04.04 17:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
4日、JリーグとNPB(日本野球機構)は第52回「新型コロナウイルス対策連絡会議」を開催した。

新年度最初の連絡会議。プロ野球が開幕してからは最初の会議となった。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者は減少傾向にあった中、現在はリバウンドの傾向が見えている状況。「厚生省の専門家から指摘されており、全国的に再び増加傾向が見られている」という報告がなされたとのことだ。
その中で、今後の課題となるのが「応援スタイル」について。Jリーグの野々村芳和チェアマンは「今は難しい状況であると理解した上で、この先前に進んでいく上で何が必要かをリーグでも考えている」とコメント。「政府、スポーツ庁、産総研と勉強会を始めていることはお伝えしておきます」と語り、今後の方針等々を話し合っている状況だとした。

しかし、現在は声出しが禁止に。入場数の制限が撤廃された一方で、引き続き声は出せないものの、様々なスタジアムではサポーターのルール違反が目立つことに。週末の試合でも、スタジアム内で警告が出されるなどしている。

これまで2年にわたってルールを守り、我慢が続いている中で苦しい思いをしているが、この先の「声出し」解禁に向けての競技が始まっていく中でのクラスター発生などがあっては、元も子もない。

野々村チェアマンは、改めてこれまでの協力に感謝の気持ちを述べながら、今まで積み上げてきたものをこの先に繋げるためにも、ルールがあるうちはしっかりと守ってもらいたいと語った。

「ここまで来たのは、色々な方々の協力があって、エビデンスを積み上げてのことがある」

「ファン・サポーターの方にも協力をしてもらっているので、フットボールを守っていただいているのはサポーターのおかげだと思っています」

「これから前に進める段階に行くときに、今まで積み重ねてきたものを上手く対応していかないとゼロになってしまう可能性もある中で、今のルールを守ることをしてもらいたいです」

「気の緩みというよりは、どういう手順でどうやったら少しでも声を出すことにたどり着くのかということを考えているサポーターが多いのかなと思います」

「Jリーグは今まであるデータと、富岳(スーパーコンピューター)のグループと一緒になり、今までのデータからエビデンスを出すこと、これからのデータを積み上げていくこと、これぐらいのことをこれぐらいの期間でということを伝えれば、サポーターの方にもルールを守っていただけるかなと思います」

「その為にも、今あるルールを絶対に守ってもらいたいということはあります」

「上手くいく為には協力が必要で、元ある世界に戻すことはみんなで作っていきたいということを改めてお伝えしたいと思います」

再び感染者が増えていく中で、緩和の動きを図っている状況。その時の感情でルールを破り、積み上げたものを水の泡にしないことを今一度考えてもらいたいものだ。

関連ニュース
thumb

最後の「Jリーグマスコット総選挙」の中間発表!1位は横浜FMのマリン、2位は川崎Fのワルンタ

Jリーグは30日、「Jリーグマスコット総選挙2023」の中間結果を発表した。 1月23日から投票期間がスタートした今回の「マスコット総選挙」。今回が最後のマスコット総選挙となる。 中間点で首位に立っているのは、横浜F・マリノスのマリン。初エントリーとなったが、昨シーズンはマリノス君が優勝しており、チームとしての連覇がかかっている。 また、2位には川崎フロンターレのワルンタ。こちらも初エントリーとなっている。3位は2021年王者のヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)が続いている。 投票期間は2月3日(金)の18時まで。Jリーグ公式アプリの「ClubJ.LEAGUE」からか、Jリーグ公式Twitterの当該ツイートをリツイートするかの2つとなる。 【中間発表順位】 1位:マリン(横浜F・マリノス) 2位:ワルンタ(川崎フロンターレ) 3位:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎) 4位:グランパスくん(名古屋グランパス) 5位:サンチェ(サンフレッチェ広島) 6位:ニータン(大分トリニータ) 7位:パルちゃん(清水エスパルス) 8位:ベガッ太(ベガルタ仙台) 9位:ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌) 10位:アントン(鹿島アントラーズ) 11位:ジュビロくん(ジュビロ磐田) 12位:アルビくん(アルビレックス新潟) 13位:ガンズくん(松本山雅FC) 14位:ガンバボーイ(ガンバ大阪) 15位:ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府) 16位:ハーマー&ドリー(いわきFC) 17位:ウィントス(サガン鳥栖) 18位:キングベルⅠ世(湘南ベルマーレ) 19位:ロビー(セレッソ大阪) 20位:アビーくん(アビスパ福岡) 21位:レノ丸(レノファ山口FC) 22位:パーサくん(京都サンガF.C.) 23位:フリ丸(横浜FC) 24位:リヴェルン(東京ヴェルディ) 25位:アルディ(大宮アルディージャ) 26位:ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田) 26位:ディーオ(モンテディオ山形) 28位:モーヴィ(ヴィッセル神戸) 29位:レイくん(柏レイソル) 30位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック) 31位:ヴォルタくん(徳島ヴォルティス) 32位:ゼルビー(FC町田ゼルビア) 33位:ギッフィー(FC岐阜) 34位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC) 35位:ファジ丸(ファジアーノ岡山) 36位:ユニティ(ジェフユナイテッド千葉) 37位:福嶋火之助(福島ユナイテッドFC) 38位:トッキー(栃木SC) 39位:レディア(浦和レッズ) 40位:ライオー(AC長野パルセイロ) 41位:キヅール(いわてグルージャ盛岡) 42位:ロアッソくん(ロアッソ熊本) 43位:湯友(ゆうと)(ザスパクサツ群馬) 44位:ギラン(ギラヴァンツ北九州) 45位:ガミティ(SC相模原) 45位:ジンベーニョ(FC琉球) 47位:ゲンゾー(ツエーゲン金沢) 48位:たま媛ちゃん(愛媛FC) 49位:ライカくん(カターレ富山) 50位:ヴァン太(ヴァンラーレ八戸) 51位:Jリーグキング(Jリーグ) 52位:蹴っとばし小僧(藤枝MYFC) 53位:さぬぴー(カマタマーレ讃岐) 54位:えふしくん(FC大阪) 55位:ガイナマン(ガイナーレ鳥取) 56位:ハマピィ(Y.S.C.C.横浜) <span class="paragraph-title">【写真】歴代のマスコット集合写真をチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn_jfQhvpYP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn_jfQhvpYP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn_jfQhvpYP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)(@jleaguejp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.30 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和MF松尾佑介がベルギー1部ウェステルローに1年レンタル 「年齢的にも僕にとってのラストチャンス」

浦和レッズは30日、MF松尾佑介(25)がジュピラー・プロ・リーグのウェステルローに期限付き移籍すると発表した。移籍期間は今年末までの1年間となる。 浦和のアカデミー出身だが、仙台大学に進み、2020年に横浜FCでプロ入りした松尾。スピードとドリブルが売りのアタッカーは特別指定選手だった2019年から試合に絡み、2022年に浦和移籍を決断した。 浦和では1トップとしての新境地も開拓し、公式戦40試合に出場して11得点をマーク。今季も戦力として計算されるが、20日のトレーニングキャンプから海外移籍を前提とした手続き準備でチームを離脱していた。 ベルギーで初の欧州挑戦を果たす松尾は浦和の公式サイトを通じて、移籍の報告とともに意気込みを語っている。 「このたび、KVCウェステルローに期限付き移籍することになりました。ジュニアユース、ユースと浦和レッズの育成組織で育った僕でしたが、悔しいことばかりで浦和レッズへの移籍が決まったときは、絶対にこのクラブで僕の存在を認めさせてやるという反骨精神でやってきました」 「そんな僕でしたが1シーズン浦和レッズのエンブレムを胸に戦い、最高に浦和レッズというチームが好きになりました。年齢的にも僕にとってのラストチャンスかもしれない海外挑戦。チャレンジしない自分が想像できませんでした。浦和レッズに来たから僕は、このチャンスを貰えたと思っています。行ってきます」 2023.01.30 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

川崎Fに打撃…家長昭博が最大4週間の負傷離脱、開幕微妙に

川崎フロンターレは30日、MF家長昭博の戦線離脱を報告した。 大宮アルディージャから加入して今季で7年目の家長。昨季も明治安田生命J1リーグでキャリアハイの12ゴールと奮闘した36歳だが、トレーニング中に左足関節外側じん帯損傷のケガを負ってしまったという。 全治は受傷日の25日から数えて、3~4週間程度を要する見込み。川崎FではFWレアンドロ・ダミアン、FW小林悠が出遅れるが、家長も2月17日に行われる横浜F・マリノスとのJ1開幕節が微妙な情勢となった。 2023.01.30 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「浦和は死んでない」浦和のメディカルチェック合格もアトランタは最大6.9億円のオファーで諦めず…浦和ファン「いい加減諦めろ」「一筋縄ではいかないな」

去就が二転三転しているセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、行き先はアメリカになりそうだ。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引した。 今シーズンは控えに回る機会も多い中、公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録。その中で、今冬の移籍が浮上。多くのクラブが関心を寄せる中、ここ最近ではアトランタ・ユナイテッドと浦和レッズ、ベルギーのアンデルレヒトの3クラブが有力な新天地候補に挙がっている。 スコットランド『スカイ・スポーツ』のジャーナリストであるアンソニー・ジョセフさんは、ギアクマキスの情報をアップデート。浦和のメディカルチェックを受けるギアクマキスの空港での写真を投稿していた。 ジョセフさんによれば、浦和のメディカルチェックをオランダで受け合格していたとされたが、レンタル移籍でのオファーを断られたアトランタがセルティックに再オファー。最大430万ポンド(約6億9000万円)と見られるオファーを出しており、交渉は続いているという。 一方で、浦和はメディカルチェックまで済ませている状況。横槍が入っても何度も獲得を諦めておらず、アトランタの再オファーに対しても再びオファーを出す可能性もある。 二転三転する状況には浦和ファンも「アトランタいい加減諦めろ」というコメントの他、「どうなっても、ここまで粘るフロントは変わった気がする」、「浦和は死んでない」、「一筋縄ではいかないな」と、長期化することを受け入れているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】浦和のメディカルチェックを受けたギアクマキス、空港での写真</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">UPDATE: Giorgos Giakoumakis (pictured at the airport yesterday) has passed a medical in The Netherlands, ahead of a proposed move to Urawa Red Diamonds.<br><br>Atlanta United are still trying to gazump URD. But, their loan with option-to-buy bids have been rejected by Celtic, so far. <a href="https://t.co/9HsF44e77d">https://t.co/9HsF44e77d</a> <a href="https://t.co/02HrD9zYB5">pic.twitter.com/02HrD9zYB5</a></p>&mdash; Anthony Joseph (@AnthonyRJoseph) <a href="https://twitter.com/AnthonyRJoseph/status/1619260993816911874?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 23:10 Sun
twitterfacebook
thumb

あれ、もうシーズン開幕が目の前に来たと思うのはワタクシだけ?! の巻/倉井史也のJリーグ

え、ちょっと待って。もう1月終わるじゃん。この前ワールドカップ終わったばっかりだよ。まだ「日本代表すごかった」とか話題が残ってるし「三笘ってさらにすごくなってない?」ってあんまりサッカーの話をしない美容師さんにも話しかけられてるってのに、2月来ちゃうじゃん。で、すぐJリーグ始まるじゃん。 まぁそれはうれしいこと、ちゅうか、あの熱のままJリーグ始まってくれれば、でもって入場制限なしの応援ありってことになれば、否が応でも盛り上がるって。というか、このコラムを読んでくれてる人なら、盛り上げるのに一役買いましょうよ!! ってことで、今回はちょっと真面目なお話しをするでござる。それはJリーグがこのコロナ騒動でどれだけ被害を受けてきたかってこと。J1リーグの観客動員数を見ると、これが一発なんですよ。1シーズンの総観客動員数ってJ1が18チームになって以来、こう推移してるんです。 2005年 5,742,233人(平均18,765人) 2006年 5,597,408人(平均18,292人) 2007年 5,834,081人(平均19,066人) 2008年 5,875,865人(平均19,202人) 2009年 5,809,516人(平均18,985人) 2010年 5,638,894人(平均18,428人) 2011年 4,833,782人(平均15,797人) 2012年 5,375,300人(平均17,566人) 2013年 5,271,047人(平均17,226人) 2014年 5,275,387人(平均17,240人) 2015年 5,447,602人(平均17,803人) 2016年 5,498,222人(平均17,968人) 2017年 5,778,178人(平均18,883人) 2018年 5,833,538人(平均19,064人) 2019年 6,349,681人(平均20,751人) ----------------------------------------- 2020年 1,773,481人(平均 5,796人) 2021年 2,531,007人(平均 6,661人)※20チーム 2022年 4,384,401人(平均14,328人) 2011年、東日本大震災の影響で観客数が大幅に減ったとき、震災前の段階まで戻すには6年かかったんです。はたして今回はどれくらいで昔の雰囲気を取り戻せるか。立て、万国のサッカーファン!! てなことで、シーズン前に弛んだ気持ちとお腹を引き締めたのでした!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2023.01.28 21:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly