ベルギー代表指揮官、後半4グループの競争の激しさに言及「決勝戦が一番競争力が落ちるかも」

2022.04.02 17:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。フランス『レキップ』が伝えた。1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。

FIFAランキング2位のベルギーはポット1位に入り、グループFでカナダ代表、モロッコ代表、クロアチア代表と同居した。
マルティネス監督は、難しいグループに入ったとし、グループFも含まれるEからHに強豪国が揃っていると分析した。

「とても厳しさを求められるグループであり、様々なスタイル、様々な素材がある。このW杯の準備には必要なものとなるだろう」

「最初の4つのグループ(A〜D)は、互いに対戦するトップ10のチームが少なく、次の4つは決勝に次ぐ決勝となり、決勝戦が一番競争力が落ちるかもしれない」

「しかし、それが抽選の仕組みであり、グループを勝ち上がることに集中しなければいけないことを示している」

「試合は3つしかないが、3つのとても異なるチームに挑戦することとなり、答えを早急に見つけなければいけない」

関連ニュース
thumb

インテルMFバレッラが同僚を語る 「ブロゾビッチは世界最高」「シュクリニアルは兄弟」

イタリア代表MFニコロ・バレッラがインテルのチームメイトについて語った。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 インテルの主軸として活躍するバレッラ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューでチームメイトとの関係を深掘りされ、クロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチやベルギー代表FWロメル・ルカクといった選手たちの名を上げ、称賛の言葉を並べた。 「マルセロ(・ブロゾビッチ)は世界最高のアンカーだよ。カゼミロという素晴らしい選手もいるけど、マルセロとは異なるスタイルだよね。マルセロのような存在は世界に2人といない」 「他にも優れたMFがいるよ。ミキ(ヘンリク・ムヒタリアン)は僕がこれまで一緒にプレーしてきた中で最もスマートな選手だ。中盤のどこでも上手にプレーする。ハカン・チャルハノールのプレービジョンは完璧さ」 「ルカク? (アントニオ・)コンテが率いるインテルはまさに彼中心の構成だったね。退団は大きな痛手になった。今季は彼が現在のインテルに適応する番さ。僕たちは彼の強さ、ハングリーさを知っている。批判されたときほど、それらを発揮してくれるよ」 一方、今季限りでの退団、来季のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が噂され続けるミラン・シュクリニアルにも言及。"兄弟”にインテル残留を呼びかけた。 「僕は自分自身に最も厳しく、誰かにアドバイスすることは決してない。誰しもがいくつもの選択を重ね、キャリアの終わりにそれが正しかったかを振り返ることができる。僕にとって彼は兄弟。ただただ彼がインテルに残ってくれると信じている」 2022.12.09 18:08 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコは1月のカラスコ売却望む…値下げも選択肢に

アトレティコ・マドリーはベルギー代表MFヤニク・フェレイラ・カラスコ(29)の売却を進めているようだ。 カラスコはベルギー代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に臨むも、前回のロシアW杯で3位に輝いた同代表はグループステージ敗退という結末に。自身も2試合に出場したが、印象的なプレーや結果は残せなかった。 今季は所属先のアトレティコでも苦戦気味。公式戦19試合で2得点2アシストを記録する一方、スタメンの座は保証されず、W杯前にはトッテナムやニューカッスル行きが噂に。年明けにもスペインの首都を離れる可能性があるようだ。 スペイン『Fichajes』によると、財政難のアトレティコは来年1月の移籍市場でカラスコの売却を模索。カラスコがW杯でベルギー共々評価を下げたため、買い取り先が現れるかどうかは定かでないものの、移籍金の値下げも選択肢だという。 カラスコとの契約は2024年6月まで。移籍金を得られるタイミングは限られていることから、なるべく早いうちに売却まで漕ぎ着けたいようだ。 2022.12.09 15:56 Fri
twitterfacebook
thumb

エデン・アザールがベルギー代表を引退…2008年から126試合33ゴール36アシスト

レアル・マドリーのFWエデン・アザール(31)が、ベルギー代表からの引退を発表した。7日にインスタグラムを通じて伝えている。 「今日はページをめくる日だ。みんなの愛情に感謝しているよ」 「比類ないサポートをありがとう。2008年から積み上げてきた全ての楽しい思い出をありがとう」 「今日、僕は代表としてのキャリアに終止符を打つことに決めた。次の世代が控えているからね。とても寂しくなるよ」 2008年11月19日のルクセンブルク戦で、17歳の若さでベルギー代表デビューを果たしたアザール。ワールドカップは2014年から3大会連続、ユーロは2016年と前回大会に出場した。 通算成績は126試合33ゴール36アシスト。そのうち56試合でキャプテンマークを巻いた。 今回のカタールW杯もグループステージ3試合に出場し、主将としてカナダ戦とモロッコ戦で先発したが、チームは1勝1分け1敗という成績で突破ならず。アザール自身も本調子が出せないまま、大会を後にすることになった。 2022.12.07 20:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「誰もが行えることではない」元日本代表監督のハリルホジッチ氏が日本を称賛、クロアチア戦は「本命は存在しない」と予測不能とコメント

元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏が、今大会の日本代表について言及した。 カタール・ワールドカップ(W杯)で世界に驚きを与えた日本。ドイツ代表、スペイン代表と過去の優勝国であり、今大会でも優勝候補に挙げられた強豪国をどちらも下し、グループ首位でラウンド16に進んだ。 その日本だが、悲願のベスト8に向けて対戦するのがクロアチア。2018年のロシアW杯では準優勝の成績を残していた。 グループステージでは1勝2分けという結果に終わり2位で通過したが、実力があることは間違いない。日本にとっても、難しい相手になるだろう。 ハリルホジッチ氏はモロッコ代表をW杯に導いていたが、大会前に解任の憂き目に。本来であれば、クロアチアとも対戦する予定だった。そんな中、クロアチア『sportske novosti』のインタビューに応じたハリルホジッチ氏が、今大会の日本について言及した。 「日本はとても組織的で良いチームだ。試合で彼らのパターンを見ると素晴らしいことがわかる。これは幾何学的なものであり、規律ある方法で動きのラインを守り、人とスペースをカバーすることにとても厳格さを見せる」 「多くのチームにはそのような守備の規律はない。そして彼らは反撃の瞬間を待ち、反撃に出れば縦に走り、全速力で相手にダメージを与える」 「ドイツ、スペインはそれを肌で感じ、日本人は一瞬で深いところに入り、3、4人の選手で素早い『カウンター』を終わらせた。誰もが行えることではない」 かつて自身が指揮したチームを知る選手も複数名いる状況。4年間での日本の進化を感じているようだ。 また、今大会については多くのサプライズがあり、日本を含め驚かせた国があると語り、敗退したドイツ代表やベルギー代表には問題があり、近年は大きな差はなくなりつつあると見解を示した。 「予想通り、驚きがたくさんあった。W杯をプレーするのに奇妙な時期であること、さらに一部の強豪国は『簡単にできる』と考え、半分程度の力でいくつかの試合を行った。もちろん、それで打撃を受けた」 「弱いチームは存在しない。チームが肉体的にも精神的にも完全に準備されていない場合、奇妙で驚くべき結果が起こることが、改めて確認された」 「ドイツとベルギーの敗退は、確かに最大のサプライズだが、どちらもこれ以上に値するものではなかった」 「彼らのプレーのやり方、彼らの姿勢によって、これほどまでに早く家に帰ることとなった」 「一方でいくつかのチームは本当に良い試合を見せた。日本、モロッコ、そしてフランスを破ったチュニジアだ。クオリティの差はますます小さくなっている」 「今日のサッカーは、例えば10年前よりもはるかに不確実性が高まっている。細かい部分で決まり、結果を出すには運が重要な役割を果たすことになる」 日本とクロアチアによるラウンド16。クロアチアが本命かという質問にハリルホジッチ氏は、「今は何も予測できない」と語り、「私はノックアウトステージには、本命は存在しないと考えている」と見解を示した。 「客観的に見て、弱いチームは、有利に見られるチームが突破するのがとても難しい守備のブロックを戦術的に配置する。そのようなチームは引き分けでも問題がなく、その後延長戦に進む」 「改めて言うが、ノックアウトステージには本命はない。だから、クロアチアが日本戦に勝利する本命というわけでもない」 2022.12.05 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギーGKクルトワ、早期敗退に落胆 「僕たちは黄金世代ではない」

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが早期敗退に肩を落とした。 ユース世代の育成改革が実を結び、近年はヨーロッパトップレベルの強豪国として地位を確立していたベルギー。カタール・ワールドカップ(W杯)に向けてはメンバーの高齢化や、エースのFWエデン・アザールのコンディション不良など不安材料も多かったが、前回大会の3位を越える成績が期待されていた。 初戦のカナダ代表戦では1-0で白星スタートを飾ったが、続くモロッコ代表戦は0-2の敗戦。第3節のクロアチア代表戦ではゴールレスドローに終わり、まさかのグループステージ敗退という結果となった。 早すぎる敗退を受け、守護神クルトワはスペイン『アス』のインタビューで落胆した様子を見せた。 「今回のW杯でも、ユーロでも、自分たちらしくない少し恥ずかしいパフォーマンスとなってしまった。誰がチームに残って、誰が去るのかはわからないよ。3月にはすでにユーロの予選がある。フットボールにおける時の流れは早いね」 「何も勝ち取っていない現状では、黄金世代を名乗るのは難しい。僕たちは黄金世代ではない。ヨーロッパ中から才能ある、素晴らしい選手が集まっている世代ではあると思うけどね」 一方で、2026年に開催される次回大会に向けては「それが僕の目標だよ。僕らの世代はまだ大丈夫だと思うし、これから出てくる選手もいる。僕が代表を引退するのは、今回ではなく、もっと良いタイミングであってほしいと願っているよ」ともコメント。出場へ意欲を示した。 2022.12.05 13:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly