日本代表を牽引する伊東純也を目標に掲げた鹿島MF松村優太、パリ五輪への思い「本気で目指している」

2022.03.20 14:43 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-21日本代表のMF松村優太(鹿島アントラーズ)がメディアのオンライン取材に応じた。

ドバイカップU-23に出場するU-21日本代表は20日、活動をスタートさせた。

すぐにドバイへと渡り、23日にU-23クロアチア代表、26日にU-23カタール代表、29日に順位決定戦が行われることとなる。
コロナ禍となり、国際大会が中止になり続けてしまった世代でもあるパリ五輪世代。およそ3年ぶりの国際試合となる松村は今回の遠征への意気込みを語った。

「海外の選手とやるということもそうですし、海外の環境もそうですし、日本にいるときではなかなかできない経験が海外遠征ではできるので、得られるものは全て持ち帰りたいと思います」

その松村だが、この世代で招集されるのは久々。先日行われたU-21日本代表の合宿には招集されていなかった。

鹿島で指揮も執っていた大岩剛監督率いるチームに入ることになるが、大岩監督の印象については「鹿島に入団した時と大岩監督が退任されたことが重なって直接関わりはないんですが、鹿島で指揮を執ってきた監督であり、僕が鹿島でやっていることで、共通点はないですが、そこは一緒です」と同じ鹿島というチームを知っているところは同じだとし、通ずるものが少なからずあるようだ。

ただ、今回の招集には驚いたとのこと。「去年からケガの影響もあり、昨日初めて試合に出たぐらいなので、選ばれた時は驚いたこともありましたが、せっかく選ばれたので、同世代のレベルの高い選手たちの中で揉まれながらしっかりアピールしていく部分はアピールしていきたいと思います」とコメント。ケガで見せられていないものの、かつて大きな期待を寄せられていた部分を見せたいとした。

久々の海外遠征となるが、海外の選手と対戦した3年前を振り返った松村。「前回は高校生で、体の大きさは顕著に出ていました。フィジカルの部分で、日本では出てこないところに足が出てきた入りとかは差を感じました」と、相手との体格差を感じたとした。

ただ、「個人の技術的な部分は日本人の方が優れていたかなという感じです。体の差がある分、自分ならばドリブルなどでチャレンジしていければと思います」と、普段より抜きづらい環境でも、持ち味を出していきたいとした。

パリ五輪は2年後。今年は予選も控えており、近づいてきている感がある。五輪の位置付けについては「自分の世代がオリンピックの世代になっている思いは高校生ぐらいの時からありました。ただ当時は現実的なものではなかったですが、プロ入って3年目で、現実的に目指す大会だと思います」と、リアルに感じているとのこと。「選手の最終目標というわけではないですが、大事になる大会だと思いますし、今は本気で目指しています」と、ゴールはその先にありながらも、現時点で目指す目標だと認識しているようだ。

今回久々に招集され、チームメイトやかつて一緒に戦ったメンバーもいる中、楽しみな選手にはFC東京のMF松木玖生の名前を挙げた。

松木とは、松村が静岡学園高校の3年生、松木が青森山田高校の1年生の時に全国高校サッカー選手権大会の決勝で対戦。静岡学園が優勝を果たしていた。

それ以来の対面となる松木について「(松木)玖生は選手権の決勝でやって以来で、今日会って『お久しぶりです』と言われて、初めて喋ってピッチの中での印象とは全然違いました」とコメント。「同じ境遇でプロに入った僕は全然試合に絡めなかったですが、彼は開幕からずっとスタートで出ていて、プロの世界でずっしり構えて、特徴を出せているので、同じ境遇でプロに入ったことを考えるとすごいことだなと思います。メンタル面もすごいです」と、高卒ルーキーながらレギュラーとなっていることに驚いているという。

また、「僕が知っている松木くんはガツガツしていると思っていましたが、実際は優しい子なので、一緒にプレーしたいと思っていますし、楽しみです」と、同じピッチに立つことを楽しみにしているとした。

松村のポテンシャルは高校時代から高く評価され、そのスピードとドリブル突破は大きな武器だった。しかし、昨シーズンはケガなどもあり終盤に離脱。今季は19日の湘南ベルマーレ戦で初出場となっていた。

なかなか自分が思い描いていたキャリアにはまだなっていない松村。「当初の目標というのは、高校卒業してそのまま試合に出続けるというのがプロに入った時の目標でした。それはなかなか叶っていないところではありますし、享年はケガをしました」と、目標とは遠い状況になっているとした。

しかし、「自分自身あまりケガをしたことがなくて、初めて長い間プレーできず、すごくもどかしい気持ちだったり、スタッフにも早くやらせてくださいと言ってしまったりもありました。今まで経験しなかったサッカー人生では大きな挫折でもあり、何カ月も動いちゃダメという期間もありました。鹿島の試合や同世代のプレーを指を咥えて見ていたわけではなく、自分のできることをやっていました」と、ケガも1つのキャリアのポイントだったとし、できることをやることはしていたと語った。

その中で今シーズンはレネ・ヴァイラー監督を迎えるなど、鹿島はチームとして大きな改革を行っている。「鹿島は新監督を迎えて、やろうとするモデルに自分は合っていると思っているので、新たな体制でしっかりアピールしていきたいと思います」と、この先自分の特徴を出したいとした。

鹿島では今回のU-21日本代表にも選ばれているMF荒木遼太郎、そしてFW染野唯月と、高卒で入った同期が2人いる。その存在について松村は、「上手くいっている時も安心できないし、今回みたいにケガして落ちている時も負けちゃダメだと思わせてくれるので、良い時も悪い時も引き上げてくれたり、まだまだと思わせてくれるライバルがいるのは非常に大きなことだと思うので、そこは切磋琢磨してやっていきたいと思います」と、3人で高みを目指したいとした。

その中で目指すはA代表。高校の先輩では、大学からプロに入り、オリンピックで活躍して海外へ挑戦し、日本代表に上り詰めたセルティックのMF旗手怜央がいる。

そのイメージについては「ケガをしている期間に何回も折れそうになりましたけど、旗手選手がセルティックで活躍して日本代表にも選ばれています。個人的に目指している伊東純也選手も結果を出して活躍している。プレーを見て負けたくない、頑張りたいと思わせてくれたので、僕が目指すのはそういう選手です」と旗手に加え、タイプが似ている伊東純也もお手本だという。

旗手については「直接関わり合いがあるわけではないですが、静学の先輩が日本代表で活躍されるのは嬉しいことで、同じようにオリンピックを目指す立場で、同年代もA代表に入っている選手もいるので、次は僕の番かなと思います」と、同じような道を辿っていきたいと意気込みを語った。

伊東については「今まで憧れる選手や目標にする選手は決めていなかったですが、周りからも言われたということもありましたし、同じことがあるわけじゃないですが、スピードもあって、結果を残すというところでも目標にすべきだなと思いました」と、初めて手本にしようと思った選手だと明かした松村。「大学からJ2、J1に来て海外にいって、日本代表でも欠かせない選手だと思います。相当積み上げてきたものがある選手だと思いますし、そこは盗んでいけるところは盗んで、真似できるところは真似したいと思います」と、将来的に伊東のような活躍を見せたいと意気込んだ。

関連ニュース
thumb

藤尾の劇的弾でU-21日本が欧州選手権2021準優勝のポルトガルから金星を飾る!《欧州遠征》

U-21日本代表は22日、ポルトガルのポルティマン競技場で行われたU-21ポルトガル代表との国際親善試合に2-1で勝利した。 4日前に行われたU-21スペイン代表戦で完敗した日本は、その試合からスタメンを5人変更。スペイン戦と同じ[4-4-2]の布陣でGKに鈴木彩艶、4バックに半田陸、鈴木海音、木村誠二、バングーナガンデ佳史扶を起用。中盤はフラットに並べた松村優太、山本理仁、川﨑颯太、斉藤光毅。2トップに小田裕太郎と鈴木唯人が入った。 多くの選手が欧州のトップリーグで活躍するポルトガルに対し、スペイン戦同様にアグレッシブに前から守備に行く日本は15分にピンチ。ボックス右から侵入したフランシスコ・コンセイソンにシュートを許したがこれはGK鈴木彩が弾く。さらに味方のクリアが相手選手に当たると、ふわりと浮いたボールがゴールへ向かったが、これもGK鈴木彩が右手一本で掻き出した。 立て続けのピンチを凌いだ日本は、最初のチャンスで先制する。21分、斉藤のパスで左サイド深くまで駆け上がったバングーナガンデ佳史扶のクロスをゴール前の小田がヘディングでゴール右に流し込んだ。 先制した日本は31分にも、敵陣中盤でボールを拾った斉藤がドリブルでボックス中央を切り込みシュートを放ったが、これは飛び出したGKのブロックに阻まれた。 日本は直後の33分に、ドリブルで左サイドを持ち上がったヌーノ・タヴァレスの折り返しからピンチを迎えたが、ボックス中央右でボールを受けたコンセイソンのコントロールショットはGK鈴木彩が好セーブを披露。 ハーフタイムにかけては一進一退の展開が続く中、日本は42分に山本の左CKから木村がヘディングシュートでゴールに迫ったが、これはわずかにゴール右に逸れた。 迎えた後半、1点をリードする日本は川﨑に代えて藤田譲瑠チマを投入。ややボールを握られる立ち上がりとなった中、日本は59分に斉藤と小田を下げて西川潤と三戸舜介をピッチに送り出した。 しかし、直後の61分に日本はカウンターからピンチを迎える。アフォンソ・ソウザのスルーパスでDFの裏に抜け出したコンセイソンがボックス中央右まで切り込みシュートを放ったが、これは飛び出したGK鈴木彩がファインセーブ。 最大のピンチを凌いだ日本は、69分に松村とバングーナガンデ佳史扶を下げて藤尾翔太と加藤聖を投入。しかし、次にスコアを動かしたのはポルトガルだった。 77分、日本は自陣中盤でFKを与えると、ファビオ・ヴィエイラが供給したロングパスをボックス左で競り合った相手選手に頭で折り返されると、このボールが藤尾の右手に当たり、PKを献上。ファビオ・ヴィエイラのPKはゴール左隅へ決まった。 追いつかれた日本は、89分に鈴木唯と山本を下げて染野唯月と松岡大起を投入。すると後半アディショナルタイム2分、細かなパスワークで左サイドを崩すと加藤のクロスが流れたボールをファーサイドの藤尾が胸トラップから足裏でゴールに押し込み、勝ち越しに成功。 結局、これが決勝点となり2-1でタイムアップ。日本が昨年行われたU-21欧州選手権2021で準優勝のポルトガルから金星を飾った。 U-21日本代表 2-1 U-21ポルトガル代表 【日本】 小田裕太郎(前21) 藤尾翔太(後47) 【ポルトガル】 ファビオ・ヴィエイラ(後32[PK]) ◆U-21日本代表 GK:鈴木彩艶(浦和) DF:半田陸(山形)、鈴木海音(栃木)、木村誠二(FC東京)、バングーナガンデ佳史扶(FC東京)[→加藤聖(長崎)] MF:松村優太(鹿島)[→藤尾翔太(徳島)]、山本理仁(G大阪)[→松岡大起(清水)]、川﨑颯太(京都)[→藤田譲瑠チマ(横浜FM)]、斉藤光毅(スパルタ)[→三戸舜介(新潟)] FW:小田裕太郎(神戸)[→西川潤(鳥栖)]、鈴木唯人(清水)[→染野唯月(東京V)] 2022.11.23 06:20 Wed
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表、後半の2失点で強豪スペインに完敗…《欧州遠征》

U-21日本代表は18日、スペインのオリンピコ・セビージャで行われたU-21スペイン代表との国際親善試合に0-2で完敗した。 9月に行われた欧州遠征に続き、今回のインターナショナルマッチウィークでも欧州遠征に臨むパリ五輪出場を目指すU-21日本代表。今回の遠征ではU-21スペイン代表、U-21ポルトガル代表という欧州の強豪を相手に現チームの現在地を図る。 大岩剛監督は、今回の初戦に向けてGK佐々木雅士、4バックに半田陸、鈴木海音、木村誠二、加藤聖を起用。中盤は右から三戸舜介、山本理仁、藤田譲瑠チマ、斉藤光毅。2トップに藤尾翔太、鈴木唯人が入った。 試合は立ち上がりから互いに攻める姿勢は持つものの、共に要所を締める守備を見せ、シュートがないまま時間だけが過ぎていく。そんな中、日本は30分に最初のピンチを迎える。味方のパスで左サイドのスペースに抜け出したマヌ・サンチェスがダイレクトクロスを供給すると、ファーサイドのセルヒオ・ゴメスが左足で合わせたが、これはGK佐々木が正面でキャッチ。 ピンチを凌いだ日本は33分、斉藤のスルーパスに反応した鈴木唯がボックス内まで持ち上がりシュートを放ったが、これは飛び出したGKのブロックに阻まれた。結局、その後も膠着した前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、三戸と藤尾を下げて松村優太、小田裕太郎を投入した日本は、開始早々に失点する。47分、右サイド深くまで侵入したロドリのパスをボックス右で受けたセルヒオ・ゴメスにシュートを許すと、木村にディフレクトしたボールが山本に当たりゴール前にこぼれると、最後はトゥリエンテスに押し込まれた。 不運な形で先制を許した日本は、59分に再びピンチを迎える。ドリブルでボックス左手前まで切り込んだリケルメのミドルシュートが右ポストを直撃。さらにこぼれ球をアベル・ルイスが詰めたが、これはGK佐々木の好セーブに救われた。 1点を追う展開が続く日本は、63分に斉藤、加藤、山本を下げて佐藤恵允、バングーナガンデ佳史扶、川﨑颯太を投入する3枚替えを敢行。しかし、再びスコアを動かしたのはスペインだった。 70分、ニコの縦パスをゴール前のアベル・ルイスが落とすと、これを受けたリケルメがシュート。これは鈴木海のブロックで防ぐも、こぼれ球をゴールエリア左のマヌ・サンチェスにヘディングで流し込まれた。 リードを広げられた日本は、80分に鈴木唯、藤田、鈴木海、半田を下げて西川潤、松岡大起、馬場晴也、畑大雅をピッチに送り出したが、その後は試合巧者のスペインにうまく時間を使われて見せ場を作れず。0-2のままタイムアップを迎えた。 スペインに完敗した日本は、22日にポルトガルのポルティマン競技場でU-21ポルトガルと対戦する。 U-21日本代表 0-2 U-21スペイン代表 【スペイン】 トゥリエンテス(後2) マヌ・サンチェス(後25) ◆U-21日本代表 GK:佐々木雅士(柏) DF:半田陸(山形)[→畑大雅(湘南)]、鈴木海音(栃木)[→馬場晴也(東京V)]、木村誠二(FC東京)、加藤聖(長崎)[→バングーナガンデ佳史扶(FC東京)] MF:三戸舜介(新潟)[→松村優太(鹿島)]、山本理仁(G大阪)[→川﨑颯太(京都)]、藤田譲瑠チマ(横浜FM)[→松岡大起(清水)]、斉藤光毅(スパルタ)[→佐藤恵允(明治大)] FW:藤尾翔太(徳島)[→小田裕太郎(神戸)]、鈴木唯人(清水)[→西川潤(鳥栖)] 2022.11.19 06:10 Sat
twitterfacebook
thumb

欧州遠征のU-21日本代表、東京VのFW染野唯月を追加招集

日本サッカー協会(JFA)は14日、東京ヴェルディのFW染野唯月をU-21日本代表に追加招集した。 前回の9月に続いて欧州遠征に臨むU-21日本代表だが、柏レイソルFW細谷真大がコンディション不良で途中離脱。これを受け、染野を代替招集した。 今回の欧州遠征ではU-21スペイン代表(18日/ポルトガル)、U-21ポルトガル代表(22日/スペイン)と対戦する。 2022.11.14 22:16 Mon
twitterfacebook
thumb

再び欧州遠征のU-21日本代表、細谷真大が途中離脱…代替招集選手は追って発表へ

日本サッカー協会(JFA)は14日、U-21同国代表の選手変更を発表した。 前回の9月に続いて欧州遠征に臨むU-21日本代表だが、柏レイソルFW細谷真大がコンディション不良で途中離脱。代替招集選手は確定次第、追って知らせるという。 今回の欧州遠征ではU-21スペイン代表(18日/ポルトガル)、U-21ポルトガル代表(22日/スペイン)と対戦する。 2022.11.14 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表の欧州遠征に東京V馬場晴也が追加招集! C大阪DF西尾隆矢の不参加で

日本サッカー協会(JFA)は13日、U-21日本代表の選手変更を発表した。 前回の9月に続いて欧州遠征に臨むU-21日本代表。セレッソ大阪DF西尾隆矢のコンディション不良による不参加に伴い、東京ヴェルディDF馬場晴也を追加招集した。 今回の欧州遠征ではU-21スペイン代表(18日/ポルトガル)、U-21ポルトガル代表(22日/スペイン)と対戦する。 2022.11.13 15:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly