国際女性デーの3月8日に行われた「女性らしさから、ありのままの自分へ」イベント、YS横浜・松本珠奈コーチが3年間の変化を語る

2022.03.10 20:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎Pride House Tokyo
国際女性デーである3月8日、「プライドハウス東京」が主催する、「女性らしさから、ありのままの自分へ」プロジェクトのオンラインローンチイベントが開催された。

性のあり方で取り残されることなく、平等に、健やかに生きられる社会づくりに貢献し、さまざまな分断を超えるための希望と経験を創出するプロジェクトの「プライドハウス」。2020年10月に日本初となる常設の大型総合LGBTQセンターの「プライドハウス東京レガシー」を東京・新宿区にオープンさせていた。

このイベントのパネリストには、以下の5名が登壇した。
【パネリスト】
大滝麻未さん(WEリーグ/ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
・中倉あかねさん(WEリーグ理念推進部/マーケティング部)
下山田志帆さん(現役サッカー選手/株式会社Reboltの共同代表)
松本珠奈さん(Y.S.C.C.横浜/アスレティックパフォーマンスコーチ)
・松岡けいさん(DAZN JAPAN Vice President Communications&PR)
【モデレーター】
野口亜弥さん(プライドハウス東京理事/S.C.P.JAPAN共同代表)

イベント内では、テーマに沿ってパネリストがそれぞれトークをしていく展開に。オンラインで参加した大滝さんは現役選手でありながら出産を経験し、すでにプレーに復帰している。「去年サッカーを辞めるか続けるかの選択が迫られ、子供が欲しいから辞めるということを思っていた」とコメント。しかし、「夫に話した時に、なんでサッカー辞めるの?と当たり前に聞かれて、ハッとした」と明かした。
大滝麻未さん/©Pride House Tokyo

また、松本さんはトランスジェンダー女性であることを公表。YS横浜と契約を結んだが、このタイミングで性自認をオープンにした理由について「自分が診断を受けて、ホルモン治療を始めたことで体の変化を隠すというのはバレる怖さがあった」とコメント。「ただ、バレても悪いことはしていないし、その考えが良くない」と考えたとのこと。「クラブとも話をして、良い環境でできていて、自分でも力を発揮できると考えていた」と、YS横浜のクラブも受け入れてくれたことが大きいと語った。

下山田さんはLGBTQの当事者である中、女子サッカー界にいることで発信しようと強く思っているとし、「自分が女性だ、LGBTQの当事者であるという感覚があまりない」とコメント。「女子サッカー界では肯定されてきた人生だったので、凄く良かった」と語った。だだ、「ありのままで自分でいることが難しいことも感じていて、女性らしさ、男性らしさによって阻まれている人もいる」と感じているとした。
下山田志帆さん/©Pride House Tokyo

イベント後の囲み取材では、松本さんがYS横浜での3年間の変化についてコメント。当初はバレることを気にしていたものの、今ではコーチとしての実力が認められ、オープンにしても問題はないと語った。

「最初契約する時は、メイクや服装もバレないように薄くしていました。しかし、2年目になると、徐々に本来の自分を表現する場面も増えていきました。例えば、メイクもだんだん濃くなっていきますた」

「服装も、いつも自分の服装で家を出て、途中でカモフラージュの服装(レディースパンツ)などに着替え、現場に入って現場の服装になるのだが、だんだんと、カモフラージュの服装の時間が短くなっていきました」

「一方で、メイクが濃いとメイクをしていることがバレてしまうので、選手や他のスタッフの目を見れない時もありました」

「3年目の今は、既に選手たちがコーチとしてのスキルを認めてくれているので、オープンにしても接し方が変わることはなかったです」

関連ニュース
thumb

鹿児島がYS横浜のFW河辺駿太郎を完全移籍で獲得、今季はJ3で26試合5得点

鹿児島ユナイテッドFCは4日、Y.S.C.C.横浜のFW河辺駿太郎(26)が完全移籍で加入することを発表した。 河辺は大分県出身で、明治大学からドイツの下部リーグへと渡ることに。2020年10月に大分県のジェイリースFCへ加入すると、2021年にYS横浜へと完全移籍で加入した。 2021シーズンは明治安田生命J3リーグで22試合に出場し1得点を記録。今シーズンは26試合で5得点を記録していた。 鹿児島に加入する河辺は両クラブを通じてコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「鹿児島ユナイテッドFCに関わる全ての皆様、はじめまして。この度、Y.S.C.C.より加入する事になりました、河辺駿太郎です。鹿児島ユナイテッドFCの一員になれる事を心から嬉しく思います」 「オファーをいただいた際に、クラブのビジョン、目標、フィロソフィー等丁寧に説明していただきました。それら全てに感銘を受け、鹿児島の力になりたいと強く思い、入団を決意しました。鹿児島ユナイテッドFCのJ3優勝、J2昇格に貢献できるよう、勇猛果敢にプレーします」 「これからの皆様との挑戦が楽しみです。地元が大分県という事もあり、再び九州の地でプレーできる事にとてもワクワクしています!1日でも早く皆様に認めてもらえるように、精一杯頑張ります。応援よろしくお願い致します!」 ◆Y.S.C.C.横浜 「Y.S.C.C.に関わる全ての皆様」 「この度、鹿児島ユナイテッドFCに移籍する事になりました。直接、お別れのご挨拶ができない事をお許し下さい」 「まずは、夢であったJリーグの舞台でプレーするチャンスをくれたこのクラブに最大の感謝を伝えたいです。ありがとうございます」 「そして、平素より多大なるサポート、ご支援いただいているパートナー企業様、どんな時も共に闘ってくれたファン、サポーターの皆様、誠にありがとうございました」 「この2年間、Y.S.C.C.の選手としてプレー出来た事を誇りに思います。ニッパツでのデビュー戦、宮崎でのJリーグ初ゴール、勝てない日々とそれを皆で乗り越えて勝利した瞬間など、全てが僕の財産です」 「この決断は簡単ではありませんでした。後悔なく、全てをやり切ったとかそういう清々しさはまるでありません。あのシュートを決めてれば、あのパスを通していればという試合が沢山あり、もっとこのクラブの勝利に貢献したかったのが正直な気持ちです」 「しかし、今までもそうであったように、常に自分の可能性に挑戦し続けたいという気持ちと、成し遂げたい目標の為にこの決断を致しました。Y.S.C.C.を離れても、僕の中で特別なクラブである事は変わりません」 「新たな挑戦、背中を押して応援していただければ幸いです。更に成長した姿を見せられるように、精一杯頑張ります。改めて、2年間ありがとうございました! 2022.12.04 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

YS横浜がMF神田夢実との契約満了を発表「新天地でも頑張ります!」

Y.S.C.C.横浜は25日、MF神田夢実(28)との契約満了を発表した。 神田は北海道コンサドーレ札幌の下部組織出身。U-12からU-15、U-18と昇格し、2013年にトップチームへと昇格した。 クラブ4人目の高卒ルーキーとして開幕スタメンを飾るなど大きな期待が寄せられた一方で、出場機会には恵まれなくなり2014年はSC相模原へ期限付き移籍。その後復帰するも出番はほとんどなく、2017年に愛媛FCへ完全移籍で加入した。 その後2020年に東京23FCへと完全移籍すると、2021年にYS横浜に完全移籍加入。昨季はJ3で24試合に出場し2得点、天皇杯で2試合に出場。今季はJ3で19試合に出場し2得点だった。 神田はクラブを通じてコメントしている。 「この2年間どんな時も応援し続けてくれたサポーターの皆さん、ありがとうございました」 「そして、Jリーガーとしてもう1度挑戦する機会を与えてくれたクラブ、厳しい環境下の中でも共に頑張ってきたチームメイト、それを支え続けてくれたスタッフの皆さん、2年間本当にありがとうございました。新天地でも頑張ります!」 2022.11.25 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

YS横浜がDF吉野裕太郎と契約満了…フットサルチームではポルトガル語の通訳も務める

Y.S.C.C.横浜は24日、DF吉野裕太郎(26)との契約満了を発表した。 吉野は神奈川県出身で、YS横浜のアカデミーにも在籍。その後ブラジルへと渡っていた。2020年からYS横浜でプレーし、1年目はJ3で7試合に出場も、その後の2シーズンは出番がなかった。 吉野はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン限りで退団することになりました。この3年間、悔しいこと苦しいことを沢山経験しましたが、それ以上に人生を賭けて過ごした日々は自分にとってかけがえのない財産になりました」 「毎日家族よりも長い時間を共に過ごし、切磋琢磨し高め合ってきたチームメイト。またアキレス腱を断裂したとき常にポジティブな声をかけてもらい、毎日治療してくれたチームトレーナー、亀田病院の皆さん、スタッフの皆さんには本当に感謝しています」 「Y.S.C.C.フットサルではポルトガル語通訳もさせて頂き、新たな出会いがあった 1年でした。その際、温かく迎えてくれたフットサルの皆さんにも本当に感謝しています。多くの人の支えがあったから、濃く充実した日々を過ごすことが出来ました」 「これからも地元であるY.S.C.C.サポーターとして応援していきます。また自分の新たな挑戦を応援して頂けると幸いです。3年間本当にありがとうございました」 2022.11.24 21:47 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和が育成出身の石井僚と契約満了…YS横浜からも退団

浦和レッズは22日、GK石井僚(22)の退団を発表した。 石井は2018年に浦和の下部組織からトップチームに2種登録され、2019年に昇格。2021年からレノファ山口FC、Y.S.C.C.横浜に貸し出された。 今季も2021年途中からプレーするYS横浜で成長を期して、明治安田生命J3リーグ14試合に出場。だが、保有元の浦和とは契約満了となった。 YS横浜からも契約終了が発表され、石井は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆浦和レッズ 「今シーズン限りで浦和レッズと契約満了になり、クラブを離れる事になりました。浦和に戻って、これまでサポートしていただいたクラブ関係者、そして浦和のファン・サポーターのみなさんの前でプレーする姿を見せることができず、とても悔しいです。最後になりますが、ユースからの7年間本当にお世話になりました」 ◆Y.S.C.C.横浜 「今年でチームを離れることになりました。今シーズンはチームとしても個人としてもなかなかいい結果が出せず、ファン、サポーターの皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。このチームでJリーグデビューをさせてもらい、本当に感謝しています。一年半本当にありがとうございました」 2022.11.22 17:33 Tue
twitterfacebook
thumb

YS横浜、西山雄介が豪州へ 「新たな地でチャレンジ」

Y.S.C.C.横浜は22日、DF西山雄介(28)がオーストラリアのバンユール・シティSCに完全移籍する旨を発表した。 かつてガイナーレ鳥取や東京武蔵野ユナイテッドFCでプレーした西山は今季、2017年のプロ入り時にも所属したYS横浜に復帰。今季は明治安田生命J3リーグ5試合出場で1得点だった。 「1年間お世話になりました。JFLからJの世界に再挑戦させていただいたクラブには本当に感謝しております。また引き続き選手との両立、デュアルキャリアを支えていただいた会社の皆様には感謝してもしきれません」 「自分を支えてくれた人達のおかげで1年間戦い抜くことができました。来季は人生初の海外挑戦となります。ここまで培ってきた経験を活かして、また新たな地でチャレンジしてきたいと思います!」 2022.11.22 15:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly