「どこにいてもNA・KA・MA」川崎Fのチャナティップが敵になった“元同僚助っ人”たちと再会

2022.03.01 19:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
川崎フロンターレのタイ代表MFチャナティップが同じチームでプレーした仲間たちとの変わらぬ絆を見せた。今季北海道コンサドーレ札幌から完全移籍で加入したチャナティップは、ここまで全試合に先発出場。直近の公式戦2試合では、横浜F・マリノスと鹿島アントラーズと対戦した。

その2チームには、札幌時代にともにクラブを支えた助っ人たちが在籍。横浜FMにはブラジル人FWアンデルソン・ロペス、鹿島には韓国人DFキム・ミンテが所属している。

チャナティップは2月28日に自身のインスタグラムを更新。「どこにいてもNA・KA・MA」のコメントを添え、キム・ミンテとユニフォーム交換をして話し込む姿や、アンデルソン・ロペスとピッチで抱き合う写真を投稿した。

一方のキム・ミンテも自身のインスタグラムのストーリーズを更新すると、チャナティップとの2ショットを添えながら「このバカに会えて嬉しかったぞ またねチビ 野菜食べてね」と仲の良さをうかがわせる内容で再会を喜んでいた。

1 2

関連ニュース
thumb

3連覇目指す川崎Fに衝撃? マルシーニョにエジプトの名門アル・アハリが獲得に接近と現地報道…移籍金は2億円超か

川崎フロンターレのブラジル人MFマルシーニョ(27)が、エジプトに移籍する可能性が高いようだ。エジプト『King Fut』が報じた。 2021年8月にフリーだったマルシーニョは川崎Fへと加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで11試合に出場し1ゴール4アシスト、天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 しかし、今年は持ち前のスピードと突破力を生かし、左ウイングに定着。J1では25試合で9ゴール3アシスト、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では5試合で1ゴール1アシストを記録するなど、リーグ3連覇を目指すチームの主軸としてプレーを続けている。 そのマルシーニョだが、突如として浮上したのがエジプトへの移籍。強豪のアル・アハリが獲得に興味を示し、合意に近づいているという。 これまでブラジル国内のインテルナシオナルやフォルタレザでプレーし、中国スーパーリーグの重慶力帆でもプレー。その後、川崎Fへと移籍してきた。 アル・アハリはシーズンがこれから開幕を迎えることとなり、日本でパフォーマンスを発揮しているマルシーニョに目をつけたという。 『King Fut』によれば、アル・アハリは150万ドル(約2億1700万円)の移籍金を提示したとのこと。新シーズンに向けて4人目の補強になるとされている。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻すぎるマルシーニョのハットトリック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AJpNlRv9u7c";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.30 18:50 Fri
twitterfacebook
thumb

チャナティップが代表先で全治3週間のケガ…川崎Fが発表

川崎フロンターレは28日、タイ代表MFチャナティップ・ソングラシンの負傷を報告した。 今月のインターナショナルマッチウィークでタイ代表の招集を受けたチャナティップ。22日のマレーシア代表戦にキャプテンマークを巻いて先発したが、わずか14分でピッチを後にし、25日のトリニダード・トバゴ代表戦を欠場した。 クラブによると、帰国後の検査で右長内転筋肉離れと診断され、受傷日から全治3週間程度を要する見込み。北海道コンサドーレ札幌から加入初年度の今季は5月にもケガをして、ここまで公式戦20試合出場で2得点だった。 川崎Fはいよいよ佳境に差しかかった今季の明治安田生命J1リーグでも優勝争いを展開中。首位の横浜F・マリノスとは残り5試合で5ポイント差の2位につけている。 2022.09.28 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

山口のDF菊地光将が今季限りで現役引退…川崎F、大宮でも主軸として活躍

レノファ山口FCは28日、DF菊地光将(36)の現役引退を発表した。 菊地は今シーズン限りでの引退となり、10月23日の最終節に引退セレモニーを実施するとのことだ。 菊地は埼玉県出身で、浦和東高校から駒澤大学へと進学。2008年に川崎フロンターレに入団した。 ルーキーイヤーからJ1で17試合に出場するなど出場機会を得ると、センターバックのレギュラーに定着。2012年に大宮アルディージャへと完全移籍すると、高校・大学の同期で、骨肉腫を患った塚本泰史の意志を引き継ぎ、背番号「2」を背負うこととなった。 加入1年目からゲームキャプテンを務めると、2年目にはキャプテンに就任。持ち前の空中戦の強さと対人守備の強さを発揮し、大宮の最終ラインを支え続け、毎年のようにセットプレーからのゴールも決めていた。 2019年に大宮を契約満了となり、2020年から山口に入団。ベテランとして要所で出場機会を得ていたが、今シーズンは明治安田生命J2リーグで10試合に出場し1得点、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 J1通算230試合11得点、J2通算119試合6得点、天皇杯通算21試合1得点、リーグカップ通算31試合1得点を記録していた。 2022.09.28 14:42 Wed
twitterfacebook
thumb

「これは間違いなし」J1第30節のTOPゴールは『半端ない劇的逆転弾!!』「まだまだ鳥肌立つ」

Jリーグは21日、明治安田生命J1第30節のTOP5ゴールを発表した。 10試合のうち3試合がゴールレスドローで終わった中、全18ゴールが生まれた第30節。5位には川崎フロンターレのFW小林悠の12試合ぶりの一発が選ばれると、4位からジュビロ磐田MF金子翔太の技ありシュート、3位にはアビスパ福岡のMFジョルディ・クルークスのヒールパスから生まれたFW山岸祐也の2点目がランクインしている。 そして2位にはFC東京のFWレアンドロが京都サンガF.C.戦の28分に左45度の位置から突き刺した芸術的なミドルシュートが選出されている。 栄えある1位にはヴィッセル神戸のFW大迫勇也の2点目が選ばれている。Jリーグの公式ツイッターで「半端ない劇的逆転弾!!」と称された一発は、残留を争うガンバ大阪戦で生まれたものだ。 神戸は先制を許したものの、後半から途中出場した故障明けの大迫が83分にPKで同点ゴール。そして後半アディショナルタイムの93分に、カウンターからFW武藤嘉紀が送ったラストパスを大迫が受けると、浮いたボールをそのまま右足のシュートでゴールネットを揺らした。 およそ1カ月ぶりにピッチに立ち、すぐさま結果を残した大迫のゴールには、ファンも「半端ないって!」、「これは間違いなしですね」、「何十回って観てるけど全然飽きへんどころかまだまだ鳥肌立つよね」と喜んでいる。 神戸はG大阪戦の勝利で1試合未消化分を残して17位から13位にジャンプアップ。降格圏を脱出しており、まさにチームを救う一撃だった。 <span class="paragraph-title">【動画】大迫勇也の半端ない劇的逆転弾!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1IdjWTNveTY";var video_start = 368;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.21 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「早く戻ってこい」10週間離脱中のレアンドロ・ダミアンが早くもバイクを漕ぐ、多くのブラジル人Jリーガーがエール「がんばれ」

逆転でのJ1制覇を目指す川崎フロンターレ。離脱中のエースが早くもトレーニングを再開している。 現在2位につけており、首位の横浜F・マリノスを勝ち点差「5」で追いかけている川崎F。3連覇を目指して残り5試合を戦うこととなる。 そんな中、エースであるFWレアンドロ・ダミアンが8月20日に負傷。右足関節外側じん帯損傷および右腓骨筋肉離れと診断され、全治は10週間と見られていた。 今季はここまで明治安田生命J1リーグで23試合に出場し5得点を記録していたが、逆転優勝には欠かせない存在に。受傷日から4週間しか経っていない中、すでにバイクを漕ぎ始めている。 レアンドロ・ダミアンは自身のインスタグラムを更新。「神様は君が強いと言っている」と綴り、、エアロバイクを漕ぐ姿を投稿した。 まだまだ復帰に向けた段階ではあり、早期の復帰とはいかないものの、順調にトレーニングを再開していることが見て取れる。 これには同僚のジェジエウが「がんばれ」とエールを送ると、清水エスパルスのFWチアゴ・サンタナは「ブラザー、早く戻ってこい」、横浜FMのFWアンデルソン・ロペスは「頑張れ兄弟」、松本山雅FCのパウリーニョやビスパ福岡のFWルキアンもエールを送った。 また、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティでプレーし、かつて横浜FMに所属したDFチアゴ・マルチンスも「がんばれ、友達」とエール。多くのブラジル人選手から復帰を願うコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】川崎Fに援軍くる!? 10週間離脱のレアンドロ・ダミアンがバイクを漕ぐ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Citp3e8ABEj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Citp3e8ABEj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Citp3e8ABEj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Leandro Damião レアンドロ ダミアン(@leandrodamiaoo)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.20 18:52 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly