FIFAがロシアに制裁措置…他国からは対応緩いと不支持の声も

2022.02.28 10:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)がロシアに対する制裁措置を講じた。

24日、隣国ウクライナに軍事侵攻を開始したロシア。世界中で緊張感が高まるなか、チャンピオンズリーグ決勝の舞台がロシアからフランスに変更されるなど、フットボール界でも様々な形で影響が出始めている。

さらに、来月3月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州プレーオフでロシアと対峙するポーランド代表が対戦を拒否。勝ち進めば、ロシアと対戦する可能性があるスウェーデン代表とチェコ代表もボイコットを表明した。
そうしたなか、FIFAが27日、ロシアに対する対応を声明で発表。国際オリンピック委員会(IOC)などと下記内容の措置を講じることで全会一致したという。

・「ロシア領土で国際大会を開催しない。ホーム戦は中立地で無観客にて行う」

・「いかなる大会でも『ロシア』ではなく、『ロシアフットボール連合(RFU)』の名称で参加する」

・「RFUが参加する試合ではロシアの国旗や国歌を使用しない」

ただ、上記内容は一次措置であり、今後もIOCらとの協議を継続。状況が改善されなければ、競技会からの除外など、さらなる制裁措置に動く可能性もあるようだ。

また、FIFAはポーランド、スウェーデン、チェコのカタールW杯欧州プレーオフ参加拒否に理解を示した上で、各協会と対話。今後も協議を続け、解決策を探るという。

しかしながら、3カ国はFIFAの対応に納得がいっていない様子。イギリス『BBC』によると、ポーランドサッカー協会のツェザリ・クレシャ会長はバッサリと斬り捨てた。

「まったく受け入れられない。我々は試合に参加する興味がない。スタンスは変わらない。ポーランド代表はチーム名が何であれ、ロシアと対戦しない」

関連ニュース
thumb

UEFA、ロシアのユーロ2024予選出場を認めず

欧州サッカー連盟(UEFA)は20日、ロシア代表のユーロ2024予選出場を認めないことを表明した。 ロシアでは2月よりウクライナへの軍事侵攻を続けており、これを受けてUEFAはプレーオフまで進出していたカタール・ワールドカップ予選からもロシアを締め出していた。 ドイツで開催されるユーロ2024は10月9日にフランクフルトで抽選会が行われる。 2022.09.21 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ロシアの訴えをスポーツ仲裁裁判所が却下、ウクライナへの軍事侵攻による大会からの締め出し処分に6件の訴え

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は15日、ロシアサッカー連盟(FUR)と一部クラブからの上訴を却下したことを発表した。 事の発端は、今年2月に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻。今もなお続いている状況ではあるが、この軍事侵攻によりサッカー界も大きな影響を受けた。 多くのウクライナ国民が避難するなか、ウクライナの国内サッカーは停止。カタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指していたウクライナ代表もプレーオフが残っていたものの延期となっていた。 この件を受け、国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)は、ロシア代表、そしてロシアのサッカークラブをあらゆる大会から締め出すことを決定していた。 ロシアもカタールW杯の欧州予選プレーオフに残っていたが失格。UEFAの大会にもロシアのクラブが参加できないことが決定し、それは新シーズンも継続されることとなった。 この件に関し、FURがFIFAとUEFAにそれぞれ1件ずつ、さらにゼニト、ソチ、CSKAモスクワ、ディナモ・モスクワの4クラブがUEFAに対して上訴しており、合計6件の訴えがあったが、全てが却下されることとなった。 CASは7月5日、11日に関係者たちとビデオでヒアリングを実施。CASは声明で「全てのケースにおいて、パネルはロシアとウクライナの間の紛争の激化、及び世界中の国民と政府の反応が、FIFAとUEFAが対応しなければならない不測かつ、前例のない状況を作り出したと判断した」とし、「そのような状況が続く間、ロシア代表とクラブは、彼らの支援の下で大会に参加すべきではないと判断した上で、パネルは当事者がそれぞれの規約と規則の下で与えられた裁量の範囲内で行動したと判断した」と説明している。 また、責任はFURやクラブにはないとしながらも、世界中で行われるサッカーイベントの安全性を守るためには仕方ないものだとまとめた。 「このように判断した上で、パネルはロシアとウクライナの間の紛争の性質を特徴付ける必要はなく、影響を受ける競技に対するこのような紛争の影響にのみ焦点を当てることにしました」 「パネルは、ロシアのサッカーチーム、クラブ、選手には何の責任もないウクライナでの現在の軍事行動が、FIFAとUEFAの決定により、彼らやロシアサッカー全体にこのような悪影響を及ぼしたことは残念であります。しかし、パネルの見解では、こうした影響は、世界の他の国々のために、安全かつ秩序あるサッカー競技を行う必要性によって、相殺されるものでありました」 2022.07.15 22:52 Fri
twitterfacebook
thumb

元ロシア代表主将デニソフ氏が母国のウクライナ侵攻を批判「殺されるかもしれないが…」

元ロシア代表MFイゴール・デニソフ氏(38)が母国のウクライナ侵攻を批判した。スポーツジャーナリストであるノベル・アルスタミアン氏が運営する『YouTube』でのインタビューで答えている。 ゼニトで活躍し、ロシア代表としても54試合に出場してキャプテンも務めていたデニソフ氏。現在、ロシアに住んでいるデニソフ氏だが、そんな中で戦争反対を訴えた。 政府への直接的な批判は自身の身の安全に関わることだが、その恐怖に屈せず戦争反対を主張した。 「戦争反対を訴えることで彼らは私を刑務所に入れたり、殺したりするかもしれない。それでも私は自分が正しいと思うことを言いたい。ロシアに留まっているのはこの国が好きだからだ」 また、ウクライナへの軍事進攻が始まった2月24日にはウラジミール・プーチン大統領に対して手紙を送っていたという。 ロシア在住のロシア人が政府を批判することが稀な現状の中、デニソフ氏の勇気ある発言が戦争終結へ向かうキッカケになることを願うばかりだ。 2022.06.17 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「真剣に考える時期」ロシアがアジア移籍で日本のライバルに? 元会長は「死を意味する」と反対意見

欧州サッカー連盟(UEFA)から締め出しを食らっているロシアが、アジアサッカー連盟(AFC)に移籍することを検討するようだ。 2月24日に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻。今なお攻撃は続いており、予断を許さない状況となっている。 各国からは制裁が下されている中、ロシア代表はUEFAや国際サッカー連盟(FIFA)からの制裁を受けている状況に。カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフからも締め出されるなど、処分を受けている。 そのロシアだが、UEFA執行委員会は男女のサッカー代表チームおよびフットサル代表チーム、ユースチーム、同国所属クラブに対する大会締め出しの処分を継続することを決定した。 具体的には、男子のUEFAネーションズリーグ2022-23、女子のユーロ2022、FIFA女子ワールドカップ(W杯)2023への欧州予選への参加が不可能となる。 さらに、クラブチームでは2022-23シーズンに行われるチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の出場資格が与えられないこととなる。 この制裁は今後いつまで続くかは不透明だが、当面は認められないことが多くなることは容易に想像できる。 そんな中、ロシアのスポーツ委員会の副委員長であるドミトリー・ピログ氏が、ロシアの国営テレビ『Match TV』にてコメントしたと様々なメディアが報道。AFCへの移籍を検討するときが来たと語った。 「アジアサッカー連盟(AFC)への移籍の可能性を真剣に考える時期に来ていると思う」 近年はヨーロッパでも実績のある指揮官がアジアの各国で指揮することも増え、レベルが上がってきていると考えており、制裁が続くようならば移籍を考えるとしている。 一方で、ロシアサッカー連盟の元会長であるヴャチェスラフ・コロスコフ氏は、アジアへの移籍は死を意味すると語った。 「我々がアジアに行くのであれば、ヨーロッパに戻ることは決してないだろう」 「それは、ロシアのサッカーの死を意味する」 ロシアのスポーツ界を考えるピログ氏、サッカー界を知るコロスコフ氏と立場が違えば意見も変わるが、ロシアはどのような決断を下すのか。そしてAFCが受け入れるのかどうかは注目が集まる。 過去には、1990年代前半にイスラエルは安全保障の理由からAFCからUEFAへと移籍。2006年にオーストラリアはオセアニアサッカー連盟(OFC)からAFCへと移籍していた。 2022.05.05 12:52 Thu
twitterfacebook
thumb

UEFA、来季以降もロシアの大会締め出しを継続! 2028年と2032年のユーロ招致レース参加も除外

欧州サッカー連盟(UEFA)は2日、ロシアの隣国ウクライナへの軍事侵攻による、同国への処分に関する今後の大会への対応を発表した。 ロシアは2月24日、隣国ウクライナに軍事侵攻を開始。幾度か停戦交渉を行ってきたものの、未だに合意に至らず。現在ではウクライナ全土に戦禍が広がっている。 これを受け、国際サッカー連盟(FIFA)とUEFAは2月28日、ロシア代表チームおよび同国クラブの一時的な国際大会参加禁止を発表。この処分によってカタール・ワールドカップ(W杯)のプレーオフに進んでいたロシアは大会締め出しとなり、今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)で決勝トーナメントに進出していたスパルタク・モスクワも同じく大会から締め出されていた。 サッカー界のカレンダーでは2021-22シーズンがもうまもなく終了を迎える中、今回UEFAは来シーズン以降の大会に向けたロシアに対する協議を実施。 この結果、UEFA執行委員会は男女のサッカー代表チームおよびフットサル代表チーム、ユースチーム、同国所属クラブに対する大会締め出しの処分を継続することを決定した。 具体的には、男子のUEFAネーションズリーグ2022/23、女子のユーロ2022、FIFA女子ワールドカップ(W杯)2023への欧州予選への参加が不可能となる。 さらに、クラブチームでは2022-23シーズンに行われるチャンピオンズリーグ(CL)、EL、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の出場資格が与えられない。 また、ロシアは2028年と2032年に開催予定のユーロの開催地に立候補していたが、これに関しても資格なしとの判断から除外することを決定している。 2022.05.03 07:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly