【J1開幕直前ガイド|浦和レッズ】6年ぶりのリーグ制覇、そして3度目のアジア制覇へ改革2年目で「飛躍」なるか

2022.02.19 10:19 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
18日、2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎えた。

今シーズンから18クラブに戻り、昇格・降格が従来の形に戻ることに。コロナ禍で変則的だったシーズンが、コロナ前の状態に戻ることとなる。

開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、戦力分析やシーズンの目標、注目ポイントに加え、Jリーグの開幕キャッチコピーとして発表された「#Jが世界を熱くする」にあやかり、注目選手として世界を熱くしそうな選手をピックアップした。

浦和レッズ
2021シーズン成績:6位(18勝9分け11敗)

◆戦力分析

リカルド・ロドリゲス監督が改革を始めて2シーズン目。その動きを示すかのように、期限付き移籍を含めて23名がチームを去った。そのうち半数以上の12名が完全移籍。コンスタントに試合に出場していた選手、長年チームを支えた選手など、浦和というクラブに貢献してきた選手たちが多い。

ただ、改革がスタートした昨季は明らかにこれまでの浦和とは変化した。リカルド監督のサッカーが定着するまで時間を要したが、最終的に天皇杯で優勝。そのチームを支えたのは、昨季加入した新戦力が中心だった。

今季も戦力としては各クラブの主軸を補強することに成功。DF犬飼智也(←鹿島アントラーズ)、DF知念哲矢(←FC琉球)、DF大畑歩夢(←サガン鳥栖)、DF馬渡和彰(←大宮アルディージャ)を迎えた。さらに、リカルドサッカーの申し子であるMF岩尾憲(←徳島ヴォルティス)まで獲得。その影響力はFUJIFILM SUPER CUP2022で川崎フロンターレを圧倒した。

監督のサッカーを体現できる選手たちが揃い始めた浦和。昨シーズンからの上積みを行えていることは間違いなさそうだ。

◆目標

2022シーズンのチーム目標は、リーグ制覇だ。昨季はチームの改革1年目。新たなスタイルを身につけるには時間を要したが、着実にサッカーは変化し、シーズンを追うごとに精度も上がった。その結果、最後に天皇杯というタイトルを手にした。

アジアでの戦いも復活するが、焦点はリーグ制覇だろう。昨季は6位。浮き沈みがありながらも上位グループには入った。ただ、トップの川崎Fとは差がある状況。目の前で優勝を決められた悔しさもある。その中で、上積みにプラスアルファでどこまで差を埋めていけるかだ。

もちろん出るからにはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の制覇も視野に入れる。日本勢では唯一複数優勝を経験。アジアに浦和ありと思わせるには、3度目の優勝を目指す他ない。リーグ優勝、そしてアジア制覇を果たすだけの力はつくはずだ。

◆Jから世界を熱くしてくれそうな選手
MF伊藤敦樹(23)

今シーズンの注目選手には、MF伊藤敦樹を挙げたい。

プロ1年目の昨季は先発出場をメインに36試合に出場し1得点を記録。チームの中盤を支える役割を担った。持ち前のサッカーセンスで戦術理解も高く、リカルド監督のサッカーにも順応するのが早かった。

今シーズンは中盤により厚みが出たこともあり、中央ではなくサイドでのプレー機会も増えそうだ。スーパーカップでは、左サイドハーフで先発。その後中でもプレーしたが、補完性が高いだけに状況を判断して中と外を使い分け、ボランチとしてもプレーする。

岩尾というお手本になる選手が今季は近くにいる。よりリカルドサッカーを吸収し、さらに飛躍する1年となるか注目だ。

◆注目ポイント

注目は「飛躍」の年にするという3年計画の2年目で実際に「飛躍」できるかだ。前述の通り、目標はリーグ制覇、そしてACL制覇。2つのタイトルを手にすることは、まさに「飛躍」と言えるだろう。

2017年にACL、2018年と2021年に天皇杯で優勝。2019年は3度目の優勝を目指したACLで準優勝に終わっていた。リーグ優勝は2016年が最後。その後の最高位は5位であり、リーグ戦では長らく寂しい結果に終わっている。

その中で、希望に満ちた1年を過ごして迎えた2年目、改革の途中ではあるが、一定の成果を残さなければいけない。アグレッシブに選手たちがハードワークする姿はシーズン初戦で見えた。あとはこれを継続できるか。その先には、タイトルが待っているだろう。

関連ニュース
thumb

「女性サポーターにも人気なイケメン選手」をJリーグが紹介!ピックアップされたのは…?

Jリーグの公式ツイッターが16日、「今日は女子大生の日 そこで女性サポーターにも人気なイケメンJリーグ選手をご紹介‼」と綴り、選手たちの写真を紹介した。 現在は8月21日が「女子大生の日」として登録されているが、2020年までは一般的に8月16日が「女子大生の日」と認識されていた。 Jリーグはそこで、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、土居聖真(鹿島アントラーズ)、汰木康也(ヴィッセル神戸)、キャスパー・ユンカー(浦和レッズ)をピックアップ。特徴の違う4人のイケメンショットを並べている。 さらに、「皆さんが思うイケメンJリーグ選手は誰ですか?」とし、4人以外の選手も募集。この投稿には各チームのファンから思い思いの選手の名が挙げられている。 「この人たちは本当にかっこいい」、「もちろんレイソルの上島くん」、「山岸祐也選手」、「圧倒的ユンカーだな!」、「志知くんがいない!?」、「大宮アルディージャにはイケメン沢山いますよ!」、「あれ、谷くんは?」など様々だ。 アスリートらしい引き締まった体と精悍な顔つきの持ち主が多いJリーガー。彼らがピッチの上でさらに輝く姿に期待だ。 <span class="paragraph-title">【写真】「女性サポーターにも人気なイケメン選手」たちのイケてるショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今日は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E7%94%9F%E3%81%AE%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#女子大生の日</a> <br>\<br><br>そこで女性サポーターにも人気なイケメンJリーグ選手をご紹介‼ <br><br>皆さんが思うイケメンJリーグ選手は誰ですか? <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグあいさつ</a> <a href="https://t.co/sfFgEtjb1R">pic.twitter.com/sfFgEtjb1R</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1559317548130152448?ref_src=twsrc%5Etfw">August 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「ボレーの虎」浦和MF伊藤敦樹が2試合連続ボレー弾! 逆足ゴラッソ連発に賛辞集まる「見たことあるやつ!」「デジャブ」

ボレー職人の称号授与か。浦和レッズのMF伊藤敦樹が2試合連続で完璧なボレーシュートを決めた。 伊藤は10日に行われたYBCルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝、埼玉スタジアム2002での第2戦で、名古屋グランパスを相手にデザインCKからの左足ボレーを含む2ゴールを挙げ、浦和の2年連続準決勝進出の立役者の1人となった。 13日に行われた明治安田生命J1リーグ第25節、アウェイでのジュビロ磐田戦にも引き続き先発出場を果たした伊藤は、3点リードの63分にこの日は流れの中から左足でネットを揺らす。 MF小泉佳穂のスルーパスに反応したMF明本考浩が左サイドの深い位置から折り返すと、遠いサイドで待ち構えていた伊藤は抑えの効いた完璧なボレー。公式戦2試合連続となるファインゴールを突き刺した。 既視感を覚える一撃をサポーターも絶賛。「見たことあるやつ!」、「名古屋戦に続きダイレクトゴラッソボレー」、「あつきが止まらない」、「デジャブ」、「ボレーの虎」、「実は左利きなんじゃないの」など、歓喜の声が多数上がっている。 直後にはクロスで小泉のゴールをアシストするなど、奮闘した伊藤は、さすがに疲労が来たか、終盤には足を攣ってピッチを後に(交代枠を使い切っていたため、記録上はフル出場)。試合後には自身のSNSで「シュートは左足の方が得意なのかもしれないです笑」と冗談めかした。 磐田戦を6-0の大勝で終え、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16へ弾みを付けた浦和は、19日に埼スタでマレーシアのジョホール・ダルル・タクジムと対戦する。2017年以来となるアジア制覇へ向けても、中盤のダイナモが果たす役割は大きいだろう。伊藤の3戦連続3カテゴリーでのゴールにも期待は高まる。 <span class="paragraph-title">【動画】2戦連発となった磐田戦での伊藤のボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>伊藤敦樹が見事な左足ボレー<br>\<br><br>2022明治安田J1リーグ第25節<br>ジュビロ磐田×浦 <script>var video_id ="_AqAH-_0ouQ";var video_start = 243;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】ゴール、勝利の喜びをサポーターと分かち合う伊藤</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChOrWAGu32l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChOrWAGu32l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChOrWAGu32l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">伊藤敦樹(@i_atsuki)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.14 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「マジで上手い」浦和GK西川の精密パントキックに実況、会場、ネットがどよめく「アナウンサー反応めっちゃいい」

さすがの一言だ。浦和レッズの日本代表GK西川周作が披露した正確なフィードが、注目を集めている。 13日に行われた明治安田生命J1リーグ第25節、エコパスタジアムでのジュビロ磐田戦でゴールマウスを守った西川。終盤のピンチを好セーブでしのぎ、無失点勝利に貢献した守護神は、攻撃でも得意のパントキックからチャンスを演出した。 54分、磐田MF大森晃太郎のクロスをキャッチした西川は、低弾道のフィードを選択。スプリントする大久保へパスを通し、ピンチをチャンスに一転させた。 先日は『Jリーグアオアシチャレンジ』にてキックのコツを披露していたが、実戦でも早速のそのスゴ技を見せ付けることに。「マジで上手い」、「実況アナウンサー反応めっちゃいい!」、「真似できないぐらい、上手すぎてカッケー」、「こりゃレベチやな」との多数の称賛を集めた。 また、西川だけでなく、受け手のMF大久保智明に着目するファンもいた。クロスへ対応後、瞬時に攻撃へと転じた姿勢には「西川くんもすごいが守備でペナルティエリアの中にいたはずの大久保選手がFWを追い越して一気に最前線に行ってしまうスピードもすごい!」との声が寄せられた。正確なキックを持っていても、受け手がいなければ宝の持ち腐れ。キャッチ後にはフィードがあるという、互いの信頼関係も見て取れる。 ここまでリーグ戦では全試合フル出場の西川。チームメイトのGK鈴木彩艶も日本代表に選出されるなど質の高い競争の中で、負けじと存在感を放ち続けている。 <span class="paragraph-title">【動画】周囲をどよめかせる、正確無比な西川のパントキック</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ChM3uaFFwFz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ChM3uaFFwFz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ChM3uaFFwFz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)(@jleaguejp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.14 18:22 Sun
twitterfacebook
thumb

攻撃陣好調の浦和が今季最多6ゴールの大勝!ホームで完敗の磐田は再び最下位に【明治安田J1第25節】

明治安田生命J1リーグ第25節、ジュビロ磐田vs浦和レッズが13日にエコパスタジアムで行われ、アウェイの浦和が6-0で勝利を収めた。 前節サガン鳥栖に敗れて再び降格圏に足を踏み入れた磐田は、森岡の負傷でスクランブル発進した松原がJ復帰後初先発を飾る。得点力向上を目指し、ファビアン・ゴンザレスも8試合ぶりにスタメンで起用された。 10日のYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦で快勝を収めた浦和は、その名古屋グランパス戦のスタメンフィールドプレーヤーが引き続き先発に。守護神はGK鈴木に代わってGK西川が務めた。 台風8号の影響も心配されながらも、幸い荒天にはならずに決行された一戦は、磐田のミスを突いた浦和が立ち上がりから複数得点を奪う。 まずは5分、自陣でブロックを組んだ中で鈴木の横パスを左サイドで小泉が引っ掛けると、自らボックス手前左まで運び、遠いサイドでフリーのモーベルグへ。磐田との前回対戦時にJ初ゴールを決めていたMFは、ワントラップから左足の巻いたシュートを対角へ流し込み、幸先良く先制点を挙げた。 さらに13分には、松尾が磐田陣内での鈴木の横パスを受けた伊藤槙人のコントロールミスを見逃さず、ボールをさらってボックス右へ侵入。悠々と中を確認して折り返すと、小泉が蹴り込んでリードを広げる。 ミス絡みで自らの首を絞めることになった磐田は飲水タイム明けにボックス手前から金子が左足のミドルを見せるも、前半終了間際に浦和が再び追加点を挙げる。 40分、長いボールで左の深い位置を取ると、枚数の少ない状況を踏まえてパスを回しながら時間を作ったのちに、中央の小泉が右を使う。開いていたモーベルグはまたぎフェイントを交えて縦に仕掛け、ボックス右からクロスを送ると、右足でのキックはファーのポストに当たってゴールへ吸い込まれた。元スウェーデン代表MFは直後にも敵陣ハイサイドからの直接FKが枠を捉えるなど、好調さを見せ付ける。 ハーフタイムには両ベンチが動き、磐田は吉永に代えて大津を、浦和は連戦も加味してモーベルグら3人に代えて江坂らを投入。キャスパー・ユンカーを含め、互いの途中出場選手が後半立ち上がりからゴール前のシーンに絡む。 50分には遠藤のFKをGK西川がワンハンドセーブしてカウンターへ転じると、ユンカーのキープから小泉がフィニッシュ。こちらもGK梶川が左足を残して好セーブを見せるなど、見応えのある攻防が繰り広げられる。 3バックから4バックへの変更が奏功し、チャンスの数も増え始めた磐田だったが、スコアを動かしたのは63分の浦和。先の名古屋戦ではCKからファインボレーをたたき込んだ伊藤が、この日は左深い位置から明本の上げたクロスにファーで合わせてネットを揺らすと、3分後には大久保のキープから右ポケットを取り、逆サイドへの折り返しで小泉のゴールをお膳立てした。 大量リードを奪ったアウェイチームは79分にもカウンターからユンカーが加点。センターサークル付近で江坂が前を向くと同時に裏へ抜け出すと、スルーパスのクリアボールがいい具合に足元へ転がり込み、GKとの一対一を冷静に制する。 守ってもジャーメインの決定機をGK西川が阻止するなどクリーンシートを達成した浦和は、今季最多6得点を奪って2試合ぶりに3ポイントを獲得。前回対戦時に1-4で敗れた磐田は今回も大量失点を喫し、得失点差でも痛手を被って再び最下位へ沈むこととなった。 ジュビロ磐田 0-6 浦和レッズ 【浦和】 ダヴィド・モーベルグ(前5) 小泉佳穂(前13) ダヴィド・モーベルグ(前40) 伊藤敦樹(後18) 小泉佳穂(後21) キャスパー・ユンカー(後34) 2022.08.13 20:39 Sat
twitterfacebook
thumb

「鳥肌が立った」浦和FWユンカーが初めて聞いた埼スタでの“生チャント”に感激!自身も「練習します」

浦和レッズのデンマーク人FWキャスパー・ユンカーがサポーターの声援に感激している。 浦和は10日に行われたYBCルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝の第2戦で、名古屋グランパスを埼玉スタジアム2002に迎え、3-0と快勝。合計スコアを4-1とし、浦和が2年連続の4強入りを決めた。 この試合は、埼玉スタジアム2002で初の声出し応援対象試合。一部の座席から選手たちに熱い声援が送られただけでなく、試合後には「We are Diamonds」が歌われた。 ユンカーは名古屋戦に途中出場していたが、試合後に自身のツイッターを更新すると、「We are Diamonds」の瞬間の動画をアップし、「鳥肌が立った」と綴っている。 さらに、「ユンカーは歌えるのかな?」というファンのコメントにも反応。「歌えない」と正直に明かしつつも「でも練習します」とした。 昨シーズン途中に浦和に加入したデンマーク人FWにとってこれが初めての埼スタでの声援だっただけに、その迫力と熱量に心を打たれたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ユンカーが驚いた浦和サポーターの大迫力チャント</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">鳥肌が立った<a href="https://t.co/8KRbcGIxui">pic.twitter.com/8KRbcGIxui</a></p>&mdash; Kasper Junker (@KasperJunker) <a href="https://twitter.com/KasperJunker/status/1557496448295456768?ref_src=twsrc%5Etfw">August 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.12 13:31 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly