ローマで居場所失うファシオ、サレルニターナで再起! 2024年までの契約で加入

2022.01.29 21:00 Sat
Getty Images
サレルニターナは29日、ローマから元アルゼンチン代表DFフェデリコ・ファシオ(34)の加入合意を発表した。契約期間は2024年まで。背番号は「17」をつける。
PR
ファシオは母国でのプロ入りからセビージャ、トッテナムを経て、2016年8月から活躍先をローマに。その初年度から2018–19シーズンまでセリエAで30試合以上に出場し続けるなど、最終ラインの軸に君臨したが、ここ数年は序列を大きく落としている。
昨季は公式戦11試合の出番を得たが、今季はシーズンを折り返した現在に至るまで出場なし。最後の出場は昨年4月のセリエAまで遡らなければならず、ジョゼ・モウリーニョ監督が指揮する今季は契約最終年というなかで、完全に構想から外れている状況だった。

イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ファシオは昨日、ローマと双方合意の上で契約を解消。昇格即降格を回避しようと最下位からの巻き返しを期すサレルニターナにフリートランスファーで加入した模様だ。

なお、サレルニターナは今冬、GKルイジ・セペ(30)やDFパスクアーレ・マッゾッキ(26)、FWシモーネ・ヴェルディ(29)をそれぞれローンで獲得。ファシオはそれらに続く新戦力となる。

PR
関連ニュース

「選手が素晴らしかった」 首位がっちりキープのインテル、完勝劇を指揮官も評価

セリエA首位のインテルが6連勝を成し遂げた。 直近にユベントス、ローマをも破り、5連勝中のインテルは16日の第25節で最下位サレルニターナをホームに迎え撃ち、4-0と快勝。主将ラウタロ・マルティネスも得点王トップをひた走る20ゴール目をマークした。 クラブによると、首位の座をがっちりとキープのシモーネ・インザーギ監督は選手たちの働きを評価した。 「この試合では正しいアプローチが重要だった。サレルニターナはいくつかのビッグチームに脅威を与えているし、簡単な試合じゃないのはわかりきったことだったし、選手は素晴らしかったよ」 3年ぶりのスクデットにまい進する状況にも「ここまで本当によくやっているし、素晴らしいリズムを保っている」と話し、こう続けた。 「まだ長い道のりだし、多くの試合に備えなければ。今季1つ目のタイトル(スーペル・コッパ)を掴んだが、この先も進み続けないといけない。その道中にハードルがあり、集中力を維持して違いを生み出す必要がある」 近いところでは来週に控えるチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦に弾みをつける勝利だったが、指揮官は警戒した。 「彼らは過去2試合で負けているが、多くのチャンスを作っている。トップの選手がいて、監督も一流。本当にタフな組み合わせだ」 2024.02.17 09:00 Sat

4発完勝のインテルがリーグ戦6連勝!CLアトレティコ戦へ弾み【セリエA】

インテルは16日、セリエA第25節でサレルニターナと対戦し4-0で完勝した。 リーグ戦5連勝中の首位インテル(勝ち点60)が、最下位に沈むサレルニターナ(勝ち点13)をホームに迎えた一戦。 週明けにアトレティコ・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の初戦を迎えるインテルは、前節のローマ戦からスタメンを3人変更。ダルミアン、ディマルコ、アチェルビに代えてダンフリース、カルロス・アウグスト、デ・フライをスタメンで起用した。 立ち上がりから攻勢を強めるインテルは、開始早々に決定機。3分、チャルハノールの右CKをニアのバレッラがヘディングシュート。さらにGKオチョアの弾いたボールをテュラムが詰めたが、これは左ポストに弾かれた。 主導権を握ったインテルは、7分にもチャルハノールのロングフィードからDFの裏に抜け出したバレッラがGKとの一対一を迎えたが、シュートはクロスバーを直撃。 その後もサレルニターナを圧倒するインテルは17分、左サイドを突破したカルロス・アウグストの折り返しからテュラムがゴールネットを揺らすと、19分には中盤からのロングスローに反応したラウタロ・マルティネスがコントロールショットをゴール右に突き刺した。 前半半ば以降も攻勢を続けるインテルは、40分にもラウタロのパスでボックス中央左から侵入したバレッラが折り返しを供給すると、相手DFにディフレクトしたボールをGKオチョアがファンブル。このこぼれ球をダンフリースがゴールに流し込み、3点のリードで前半を終えた。 迎えた後半も主導権を握るインテルは、60分にラウタロ、テュラム、ムヒタリアンを下げてアルナウトビッチ、サンチェス、クラーセンを投入。さらに77分には、バストーニを下げて移籍後初出場となるブキャナンをピッチに送り出した。 すると、インテルは79分にアスラニのロングパスからDFの裏に抜け出したアルナウトビッチがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。 このまま試合終了かと思われたが、インテルは終了間際の90分にとどめを刺す。自陣でのボール奪取からロングカウンターを仕掛けると、サンチェスのパスで右サイドを抜け出したダンフリースの折り返すと、相手DFにディフレクトしたボールをゴール前のアルナウトビッチが流し込んだ。 直後に試合終了のホイッスル。完璧な試合運びでリーグ戦6連勝を飾ったインテルが、アトレティコ戦に向けて好調を維持している。 2024.02.17 07:05 Sat

セリエA最下位サレルニターナがインザーギ監督解任…後任はリベラーニ氏に決定

サレルニターナは11日、フィリッポ・インザーギ監督(50)の解任およびファビオ・リベラーニ氏(47)の新監督就任を発表した。 現在、サレルニターナは2勝7分け15敗の勝ち点「13」で最下位。残留圏内と勝ち点6差があるなか、昨年12月30日の第18節エラス・ヴェローナ戦を最後に6試合白星から遠ざかっていた。 インザーギ監督は昨年10月中旬にパウロ・ソウザ氏の後任としてチームを指揮し、ここまで2勝4分け10敗と苦戦。次節には弟シモーネ・インザーギ率いる首位のインテル戦を控えていたが、その兄弟対決を前に解任が決定した。 なお、後任として招へいされたリベラーニ氏は、2013年にジェノアで指導者キャリアをスタート。その後、イングランドのレイトン・オリエントやテルナーナ、レッチェ、パルマなどで監督を歴任。直近では2022年6月から12月までカリアリを指揮していた。 2024.02.12 07:30 Mon

迷走サレルニターナのインザーギ監督が退任へ…弟率いるインテルとの次節前に解任か

サレルニターナがフィリッポ・インザーギ監督(50)解任で話を進めているようだ。 現在サレルニターナは2勝7分け15敗の勝ち点「13」で最下位。残留圏内と勝ち点6差があるなか、昨年12月30日の第18節エラス・ヴェローナ戦を最後に6試合白星から遠ざかっている。 昨年10月に解任されたパウロ・ソウザ前監督の後任を務めるはインザーギ監督。イタリア『TuutoMercatoWeb』によると、指揮官は直近2ヵ月で2度にわたって辞任を申し出ているとのことだが、どちらもクラブに拒まれたという。 しかし、9日のエンポリ戦で敗れ、6試合未勝利となったことでクラブの考えが変化したとのこと。インザーギ監督が辞任するのか、あるいは解任という形になるのかはっきりしないが、いずれにしても退任が近づいているとみられている。 今冬はセリエA逆転残留に向けた積極補強を敢行したサレルニターナ。元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(35)、元ギリシャ代表DFコスタス・マノラス(32)というベテラン守備職人を獲得しているが、その矢先の指揮官退任ということになりそうだ。 なお、インザーギ監督はエンポリ戦後、弟シモーネ・インザーギ率いるインテルとの次節に向けて決意を語る一方、自らの進退には言及していない。したがって、やはりクラブ側から解任の形が濃厚か。 後任候補には、元イタリア代表DFマッシモ・オッド氏(47)、前スペツィア指揮官のルカ・ゴッティ氏(56)らが挙がっている。 2024.02.11 14:30 Sun

サレルニターナが元ギリシャ代表DFマノラスの獲得を発表

サレルニターナは9日、元ギリシャ代表DFコスタス・マノラス(32)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は今季終了までで、背番号は「44」となる。 ローマとナポリでセリエA通算216試合に出場した実績を持つマノラスは、2021年12月に2012年から2014年まで在籍していた古巣オリンピアコスに7年半ぶりの帰還を果たした。 その後、2022年の夏にUAEのシャールジャFCへ活躍の場を移すと、ここまで公式戦41試合に出場していたが、先月中旬にシャールジャとの契約を解消していた。 セリエA最下位に沈むサレルニターナは先日、元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングを獲得。リーグ最多タイの44失点と守備の立て直しが急務となっており、マノラスはその一手として期待されての加入となる。 2024.02.09 23:01 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly