ケルン、吉田のライバルDFシャボットを1年半のレンタルで獲得

2022.01.26 23:00 Wed
Getty Images
ケルンは26日、サンプドリアのドイツ人DFユリアン・シャボット(23)を2023年6月までのレンタルで獲得したことを発表した。
PR
U-21ドイツ代表歴を持つ、195cmの大型センターバックであるシャボットは、2019年夏にフローニンヘンからサンプドリアに加入。昨季はスペツィアにレンタル移籍し、セリエAで25試合(先発は19試合)に出場。しかし、サンプドリアに復帰した今季はセリエAで11試合(先発は4試合)の出場に留まっていた。
母国ケルンへの移籍についてシャボットは「僕のようにドイツで育った者ならば、いつかはブンデスでのプレーを夢見るものだ。だからこの機会をぜひ生かしたいと思った」とコメントしている。

PR
関連ニュース

伊藤が先制点演出もシュツットガルト、下位に沈むケルンにドロー【ブンデスリーガ】

シュツットガルトは24日、ブンデスリーガ第23節でケルンをホームに迎え、1-1で引き分けた。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF原口元気とDFチェイス・アンリはベンチ入りも出場しなかった。 前節は10人となった中、最下位ダルムシュタットに勝利した3位シュツットガルト(勝ち点46)は、ウンダブが負傷欠場となった中、ギラシーの1トップとする[4-2-3-1]で臨んだ。 16位ケルン(勝ち点16)に対し、伊藤が左サイドバックでスタートしたシュツットガルトは3分、ティルマンにディフェンスライン裏を取られてシュートに持ち込まれるピンチを迎えるもGKブレドロウがセーブ。 シュツットガルトが押し込む展開とする中17分、右クロスに合わせたギラシーのヘディングシュートがわずかに枠を外れた。さらに23分、伊藤のパスをボックス中央で受けたミロが枠内シュートを放ったシュツットガルトが前半半ば以降も押し込む展開としたが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半も押し込んだシュツットガルトは53分に先制する。伊藤のパスをボックス左で受けたヒューリッヒのクロスをミロが押し込んだ。 しかし62分、CKの流れからマルテルにゴールを許し試合を振り出しに戻されてしまう。 その後、ミッテルシュタットの投入で伊藤が左センターバックに移った中、シュツットガルトは68分に勝ち越しの決定機。ギラシーのフリックを受けたミロがボックス中央でGKと一対一に。だがシュートはシュヴェーベの好守に阻まれる。 終盤の85分には伊藤のボールロストからピンチを迎えたが、GKをかわしてアリドゥの放ったシュートは枠を外れ、1-1でタイムアップ。下位に沈むケルンに勝ちきれずシュツットガルトは引き分けに終わった。 2024.02.25 01:34 Sun

ドルトムントがケルンに4発快勝! マレンのドッペルパックに新加入サンチョ&マートセンが決定的な仕事【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第18節、ケルンvsドルトムントが20日にライン・エネルギー・シュタディオンで行われ、アウェイのドルトムントが0-4で勝利した。 前半戦最終戦であり新年初戦となった前節のダルムシュタット戦を3-0の快勝で飾り、リーグ5戦ぶりの白星を収めた5位のドルトムント。久々の連勝を目指したこの一戦では17位のケルンのホームに乗り込んだ。前節からは先発1人を変更し、バイノー=ギテンスに代わってサンチョが復帰後初スタメンとなった。 氷点下の厳しいコンディションのなかでスタートした試合。スリッピーなピッチへの適応を含めて互いに探り探りのプレーとなる。それでも、地力で勝るアウェイチームは開始4分にブラントのミドルシュートで最初のチャンスを作ると、その勢いのまま先制点を奪い切る。 12分、右CKの場面でキッカーのブラントがサインプレーの形からボックス中央へグラウンダーのパスを入れると、うまくマークを外したマレンが右足ダイレクトで蹴り込んだグラウンダーシュートがゴール前の密集を抜けて左隅に決まった。 このゴール直後に一部サポーターの抗議活動でコイン型のチョコがピッチに投げ込まれるハプニングに見舞われたが、試合は数分後に無事再開。ただ、先制の良い流れに水をさされる形となったドルトムントは、ここから畳みかける展開とはならず。セットプレーやカウンターを起点にフュルクルクらに際どいシーンがあったものの、なかなか決定機まで持ち込めず。 前半半ばから終盤にかけてはボールの主導権に加え、球際の勝負で上回るケルンが押し気味に進めていく。ティールマンへの長いボールを起点に再三サイドの深い位置を取ってクロスを送り込むが、最後のところでボックス内にかける人数、精度を欠く。さらに、セットプレーからシュートシーンを作り出したが、要所を締めるアウェイチームにことごとく撥ね返された。 迎えた後半、1点リードのドルトムントは何らかのアクシデントか、ジューレを下げて18歳DFブランクをトップチームデビューさせる。 すると、この交代直後にはそのブランクがティールマンに振り切られてゴール前に抜け出されるが、ここはGKコベルの好守で事なきを得た。さらに、51分にはマイナにボックス手前左から鋭い右足のシュートを枠の右隅へ飛ばされるが、今度は右ポストに救われた。 前半終盤の悪い流れを払しょくできずに守勢が続くドルトムントだが、復帰後初スタメンの10番が決定的な仕事を果たす。56分、ボックス左で仕掛けたサンチョがDFカルステンセンをかわすと、右手で引き倒される形となったPK獲得。これをキッカーのフュルクルクが冷静に右隅へ流し込み、58分の追加点とした。 畳みかけるドルトムントは直後にサンチョに続いてもう一人の新戦力が決定的な仕事を果たす。61分、自陣左サイドでカルステンセンからボールを奪ったマートソンがそのまま縦に運んで、DF2枚の間を通す絶妙な左足のクロス性のラストパスを供給。完全に背後へ抜け出したマレンがGKとの一対一を難なく制し、ドッペルパックを達成した。 この連続ゴールで勝利に大きく近づいたテルジッチ監督はサンチョ、ブラントを下げてバイノー=ギテンス、ロイスを同時投入。さらに、カードをもらっていたエズジャン、フュルクルクを下げてムココ、レイナの投入で試合を締めにかかる。 後半終盤にかけては一矢報いたいケルンが攻勢を強めるが、ここまでリーグ最少11得点と決定力不足のチームは最後の精度を欠く。一方、リスクを負わずにクリーンシートを意識するドルトムントはゲームコントロールしながら時計を進めていく。 その後、後半アディショナルタイムの92分にはマレン、レイナ、バイノー=ギテンスと繋いでボックス左からバイノー=ギテンスが折り返した高速クロスをムココが仕留め、ドルトムントが鮮やかなカウンターからトドメの4点目まで奪取。 そして、攻守に課題を残しながらも格下相手に大勝のドルトムントが後半戦初戦を白星で飾る連勝となった。 2024.01.21 01:33 Sun

元ドイツ代表GKホルンがザルツブルク加入…「ケルンで21年間過ごした後、自分に合った、共感できるクラブを見つける必要があった」

レッドブル・ザルツブルクは6日、ケルンを退団した元ドイツ代表GKティモ・ホルン(30)の加入を発表した。背番号は「13」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 昨夏、アカデミー時代から21年を過ごしたケルンを退団したホルンは、自身初の移籍先として隣国屈指の強豪を選択した。 「自分の決断はとても良いものであり、すぐに合意に達した。ケルンで21年間過ごした後、僕は自分に合った、共感できるクラブを見つける必要があった。アレクサンダー・シュラーガーはシーズン前半で非常に良いプレーをし、説得力を持っていた。僕は残りのシーズンでできる限り彼をサポートし、コーチに議論を提供するために最善を尽くすつもりだ」 9歳でケルンのアカデミーに加入し、2011年にファーストチームに昇格したホルンは、2012-13シーズンに2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)でプロデビュー。ドイツの年代別代表の常連で、過去にA代表招集歴もあった実力者だが、降格と昇格を繰り返すエレベータークラブにおいて合計12シーズンを過ごし、公式戦329試合に出場。 しかし、2021-22シーズンの途中のケガをきっかけにセカンドGKに序列が下がると、昨シーズンはブンデスリーガでプレーすることなく、契約満了での退団となっていた。 2024.01.06 23:00 Sat

元ドイツ代表GKホルンがザルツブルク加入へ…昨夏21年過ごしたケルンを退団

元ドイツ代表GKティモ・ホルン(30)が、レッドブル・ザルツブルク移籍に迫っているようだ。オーストリア『Salzburger Nachrichten』が報じている。 昨夏、アカデミー時代から21年を過ごしたケルンを退団したホルン。以降はフリーの状態が続いていたが、ここに来て隣国オーストリア屈指の強豪への移籍が迫っているという。 ザルツブルクではセカンドGKを務めるU-21ドイツ代表GKニコ・マントルがデンマークのヴィボーに移籍することが濃厚となり、クラブはその穴埋めとして経験豊富なホルンの獲得に動いたようだ。 ホルンは7日からザルツブルクのトレーニングに参加し、その後に契約書へサインする予定。そして、まずはオーストリア代表GKアレクサンダー・シュラーガーのバックアップからポジション奪取を目指すことになる。 9歳でケルンのアカデミーに加入し、2011年にファーストチームに昇格したホルンは、2012-13シーズンに2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)でプロデビュー。ドイツの年代別代表の常連で、過去にA代表招集歴もあった実力者だが、降格と昇格を繰り返すエレベータークラブにおいて合計12シーズンを過ごし、公式戦329試合に出場。 しかし、2021-22シーズンの途中のケガをきっかけにセカンドGKに序列が下がると、昨シーズンはブンデスリーガでプレーすることなく、契約満了での退団となっていた。 2024.01.06 08:30 Sat

バウムガルト監督解任のケルン、シュルツ氏を新指揮官に招へい

ケルンは4日、新指揮官にドイツ人監督のティモ・シュルツ氏(46)を招へいしたことを発表した。 ケルンでは17試合が終了したブンデスリーガで2勝4分け10敗の17位に低迷していたことを受け、12月21日にステッフェン・バウムガルト前監督を解任していた。 シュルツ氏はこれまでザンクト・パウリとバーゼルを指揮。ザンクト・パウリ時代には横浜F・マリノスのFW宮市亮を指導していた。 直近で指揮していたバーゼルではスイス・スーパーリーグ7試合で1勝と結果を出せず、昨年9月28日に解任されていた。 2024.01.04 22:40 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly