ゴセンスがインテルと個人間合意か、26日にも移籍決定へ

2022.01.26 07:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタのドイツ代表MFロビン・ゴセンス(27)がインテルと個人間合意に達したようだ。イタリア『Sportitalia』や『スカイ』が報じている。

『Sportitalia』によれば買い取り義務付きのレンタルとなり、移籍金は2500万ユーロ(約32億1000万円)+ボーナス、年俸は250万ユーロ(約3億2000万円)+ボーナスとのことだ。

なお、ニューカッスルはインテルよりも好条件のオファーを提示していたようだが、ゴセンス本人がインテル行きを希望したため、交渉がまとまったようだ。イタリア『スカイ』によれば26日にも移籍が決まるとのことだ。

現在、太ももを痛めて9月から戦列を離れているゴセンスだが、インテルではクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(32)が今季で切れる契約を延長しない意向であると報じられ、その後釜としてゴセンスを迎え入れられる模様だ。


関連ニュース
thumb

南野拓実にインテル移籍の噂が、出場1008分で10ゴールの働きに興味か?

リバプールの日本代表MF南野拓実(27)にインテルが興味を示しているようだ。スペイン『Fichajes』が報じた。 2020年1月にザルツブルクからリバプールへと加入した南野。プレミアリーグでも1、2を争う強豪に加入した影響もあり、豊富なアタッカー陣の中ではレギュラーに定着できていない。 それでも、今シーズンはプレミアリーグで11試合に出場し3ゴールと少ないチャンスを生かした他、EFLカップ(カラバオカップ)では5試合で4ゴール1アシスト、FAカップでは4試合で3ゴールを記録し、チームの優勝に大きく貢献していた。 ただ、いずれのカップ戦も決勝の舞台ではピッチに立たせてもらえず、それまでの貢献は讃えられている一方で、やはり信頼を得ているとは言えない状況だ。 そんな中、リバプールは28日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えており、南野が出場すれば、日本人として初の偉業となる。 しかし、今シーズンのCLではグループステージの4試合の出場に終わっており、決勝トーナメントでは出番が与えられていない。ユルゲン・クロップ監督からの評価は高いが、序列を覆せていない状況がある。 リバプールとの契約は2024年6月30日まで、残り2シーズンある中で、獲得に興味を持っているとされるのがインテルだという。 『Fichajes』によれば、インテルは今季のCL・ラウンド16でリバプールと対戦。その中で、プレーイングタイムが1008分と短い中で10ゴール1アシストと仕事をしている南野に興味を持っているとのことだ。 また、ラツィオやシュツットガルトも注視しているという。 6月には日本代表にも招集されている南野。「チャンピオンズリーグの決勝が終わったら、自分の将来について考える」とメディアに語ったが、果たしてどのような決断を下すだろうか。 2022.05.26 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

財政難に苦しむインテル…昨夏に続き今夏も最低1人は主力売却か

インテルは今夏も主力選手を放出する必要があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 昨シーズン、11年ぶりにスクデットを獲得したインテルだったが、オーナーである蘇寧グループが財政難に陥ったことから昨夏にはFWロメル・ルカクやDFアクラフ・ハキミら主力選手を放出。これにより、方向性の違いからアントニオ・コンテ前監督も退任することとなった。 今シーズンはシモーネ・インザーギ監督の下で最後までスクデット争いを繰り広げたものの、セリエA首位に立つミランに2ポイント及ばず2位でシーズン終了。王座奪還に向けて今夏には戦力強化は欠かせないが、実際には苦しい現実が待っているようだ。 『カルチョメルカート』によると、依然として財政難に苦しむチームは今夏も最低1人は主力選手を売却する必要があり、すでにジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)からS・インザーギ監督にその意向が伝えられたようだ。 アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(24)、スロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)、イタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(23)らには各国の強豪クラブが関心を示しており、特にバストーニに対してはマンチェスター・シティが獲得に動くと伝えられていることから、インテルの満足できるオファーが届けば移籍が実現する可能性は高い。 マロッタCEOは現在ユベントスを契約満了で退団するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)の獲得に動いているが、こちらはローマとの争奪戦が予想されており、財政難のクラブは厳しい夏を迎えるかもしれない。 2022.05.25 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルは稼働率高めの中盤にフラッテージを加えたい?高いハードルを承知で獲得にチャレンジか

今夏のセリエAにおける人気銘柄といえば、サッスオーロに所属するイタリア代表MFダビデ・フラッテージ(22)の名前が挙げられる。近い将来のステップアップは間違いなさそうなフラッテージに対し、早速インテルが今夏の獲得を目指しているとのことだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 フラッテージはローマの下部組織で育ち、17歳の時にサッスオーロへと加入。幾度となくレンタル移籍を繰り返しながらも、常にファーストチームでの出場機会を伺ってきた。 今シーズンは就任したばかりのアレッシオ・ディオニージ監督の目に留まったフラッテージ、開幕戦からいきなりスタメン出場を果たすなど、わずか1シーズンでサッスオーロの中盤に欠かせぬ戦力へと成長。セリエAでのデビューシーズンだったにも関わらず、リーグ戦36試合4得点4アシストを記録するなど、出色のパフォーマンスを披露した。 これまでにもミランやインテル、ユベントス、古巣であるローマからの関心が報じられてきたが、『カルチョ・メルカート』によると、現時点で最も可能性があるとするならば、それはインテルであるとのことだ。 インテルは、中盤のレギュラー格であるクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチや、イタリア代表MFニコロ・バレッラなどの稼働率が非常に高く、彼らの負担を軽減するためにも今夏の移籍市場でバックアッパーを獲得したい考えがあるとされている。 フラッテージのプレースタイルを考えると、おそらくバレッラのバックアップに該当するのではないかと推察できるが、インテルはフラッテージが今年3月にサッスオーロとの契約を2026年まで延長したばかりであることを承知の上で、それでもなお今夏の獲得を目指し、交渉テーブルにつきたいと考えているとのことだ。 過去にはサッスオーロのジョヴァンニ・カルネヴァーリCEO(最高経営責任者)が、フラッテージら主力選手を売却するなら国外のチームであると発言するなど、獲得に向けたハードルは高そうな印象だが、果たして、セリエA屈指の若手実力派MFをインテルは手中におさめることができるのだろうか。 2022.05.24 16:57 Tue
twitterfacebook
thumb

連覇逃したインテル、マロッタCEOが移籍市場について言及「チャンスを逃すつもりはない」

インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)が、スクデット奪還を目指す来季へ向けて展望を語った。イタリア『Sempre Inter』が報じている。 勝ち点差「2」で首位ミランを追いかけていた2位のインテルは、最終節でサンプドリアと対戦。「自分たちが勝利した上でミランが敗戦」が、スクデット獲得の唯一の条件だったが、ゴールレスで折り返した後半立ち上がりに一気に畳み掛ける。 49分にMFイバン・ペリシッチが先制点を挙げると、その直後にもFWホアキン・コレアが2分間で2得点を記録。57分までに3点のリードを奪ったインテルが前年王者の貫禄を見せつけ3-0で勝利した。 しかし、同時刻キックオフで試合に臨んだ首位ミランもアウェイでサッスオーロ相手に3-0と勝利したために、インテルのスクデット獲得はならず。試合後にはFWラウタロ・マルティネスや、DFフェデリコ・ディマルコが涙を見せるなど、快心の勝利を挙げたにも関わらず悔しい結果に終わった。 試合後、インテルのマロッタCEOが『DAZN』のインタビューに応じ、スクデット獲得を逃した悔しさを滲まながらも、来季へ向けた補強の具体的なプランも明言した。 「ミラン、そして世界中のミラニスタに対しておめでとうと言わなくてはならない」 「今季のミランは本当に素晴らしかった。だが、我々は過去3シーズンでどのチームよりも多くのポイントを獲得し、トロフィーを掲げてきた。このことを誇りに思っているし、我々自身もとても強いチームであると確信している。これからもインテリスタを幸せにしていきたいね。今日のように我々をサポートしてくれたら、来季はより良い結果を生み出せると確信している」 「シーズンは終わった。すぐにミーティングを行う予定だ。来季へ向けて大きく変える必要はないが、フリートランスファーで獲得できる選手たちが大勢いる。このチャンスを逃すつもりはない」 「我々は会社の持続的な成長のみならず、チームの競争力も維持していかなくてはならない。責任を持って常に良い仕事をしなくてはならない」 財務上の懸念により、可能な限り低コストで新戦力を確保したい考えを明言したマロッタCEO。インテルはすでに、ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)や、ローマの元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)など、いずれもフリー移籍で獲得可能な選手たちをリストアップしていると見られている。 その一方で、守備陣の主軸に成長したイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(23)や、今季加入したばかりのオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)を売却する可能性があると報じられるなど、昨夏に引き続き、インテリスタにとっては落ち着かない夏となることが予想される。 2022.05.23 15:17 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル指揮官インザーギ、リーグ連覇ならずも…「素晴らしいシーズン」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が今季のパフォーマンスに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 今季のセリエAでも昨季王者らしく、首位ミランとのスクデット争いを繰り広げるインテル。2ポイント差を覆しての逆転優勝を狙う最終節ではサンプドリアをホームに迎えた。 スクデット獲得のため、勝利が必須となる一戦は前半をゴールレスで終えるも、49分にMFイバン・ペリシッチが先制点を奪取。55分と57分にはFWホアキン・コレアが2ゴールを決める活躍を見せ、3-0で完勝した。 力の差を見せつけて、3ポイントを獲得したインテルだったが、他会場でミランがサッスオーロに勝利したため、逆転スクデットとはならず。2位でシーズンを終え、今季はスーペルコッパ・イタリアーナと、コッパ・イタリアの2つのタイトル獲得にとどまった。 S・インザーギ監督は試合後、自身の就任初年度となったシーズンをポジティブに振り返りつつ、スクデットを最後まで争ったライバルチームには賛辞を送った。 「今、一番感じている気持ちは、大きな誇りだ。今日は特別な日だった。スタジアムに到着した瞬間から、観客が我々に素晴らしい出迎えをしてくれた。このチームを祝福したい。素晴らしいシーズンとなったと思う。最後にスタジアムから送られた拍手は、本当に格別だった」 「84ポイントでのフィニッシュは、とても大きなことであり、チームを祝福したい。何試合かの敗戦があったが、振り返ってみると、リバプールに連敗した時期が、我々のシーズンに影響を及ぼしていたのだと思う」 「確かに、重要なトロフィーを獲得し、チャンピオンズリーグではラウンド16に進出するなど、素晴らしい成績を残すことができた。誰もが2位という順位を好まないが、昨年の7月には、こんなことは想像もできなかっただろう。リーグ戦の最後の10試合で9勝してシーズンを終えたから、口の中に苦いものはたしかにあるがね」 「ミランとはシーズン中に4回対戦し、カップ戦では勝っているのだから、良い勝負ができたと思う。彼らに敬意を表する」 2022.05.23 11:54 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly