引く手数多のFWヴラホビッチに90億円超のオファー、フィオレンティーナは「ドアは全て開いている」も代理人に苦言「何を望んでいるのか」

2022.01.25 10:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今冬の移籍市場で注目を集めているフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)だが、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるダニエレ・プラデ氏が現状を明かした。

190cmの長身でありながら、万能型のストライカーであり、昨シーズンはセリエAで37試合に出場し21ゴールを記録し一気にブレイクしたヴラホビッチ。今シーズンも、ここまで21試合で17ゴールを記録し、去就が注目されている。

ヴラホビッチには、アーセナルとユベントスが熱心な関心を寄せている状況が続いており、今冬の移籍市場で仕留めたい両者は、多額の移籍金を払う準備ができている。

そんな中、プラデSDは『Sportitalia』に対して、ヴラホビッチの状況についてコメント。極めて重要なオファーが届いているとし、クラブとしてはオープンな状況であると主張した。

「市場は31日に終了するが、どうすれば終わったと言えるのだろうか。万が一の場合に備えている」

「我々には重要なスカウティング部門があり、ジョー・バローネによってとても良くマネジメントされている。我々は、自分たちの仕事のプログラムに満足している」


「我々は彼に向けた重要なオファーをいくつか受けた。とても充実したオファーだったが、彼の代理人からのフィードバックはなかった。我々では、常に大きな透明性があった」

「私はバローネが昨日言ったことを参照する。ドアは全て開いている」

一方で、代理人がこの状況を動かす気がないとプラデSDは指摘。2023年6月で契約満了を迎えることもあり、何を考えているのかが全く分からないため、今回オファーを明かしたとコメント。フリーでの移籍だけは避けたいと語った。

「彼が何を望んでいるのか、そして代理人が何を望んでいるのかを理解したいので、このことを発言する。また、契約更新のために席についてもらうこともできる」

「我々は彼をとても強気で売って欲しいというオファーを受けた。7500万ユーロ(約96億7200万円)を稼ぎ、貴重な資産を持つクラブが、彼をタダで失うわけにはいかないから発言している」

「我々は全てオープンだ。だから、代理人は我々に意図を言わなければならない」

「満足いくオファーであり全て有効だ。我々に合った支払い方法でも合った。選手の代理人との接触がなく、取引を進めることができなかった」

「重要な評価であり、7000万ユーロ(約90億2700万円)を超えている。何年にもわたって支払うことやトレードもない。会長は我々にそれを押し付けてきたんだ」

オファーはクラブとして十分と考えているフィオレンティーナ。代理人とヴラホビッチが何を望んでいるのか。今冬の移籍の実現もまだ可能性はありそうだ。


関連ニュース
thumb

ユーベが昨夏に続いてミレンコビッチ獲得を目指す?キエッリーニの後継者に指名か

ユベントスは今季限りで退団するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)の後継者として、フィオレンティーナのセンターバックに狙いを定めたようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 ユベントスが獲得を目指しているのは、セルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)。2017年7月からフィオレンティーナの一員となり、ここまで5シーズンにわたって守備陣の主力選手として活躍。今季もセリエAで34試合に出場し1ゴールを記録するなど、通算では172試合で14ゴール1アシストを記録している。 195cmの長身で、本職のセンターバック以外に右サイドバックもこなすユーティリティなミレンコビッチに関しては、ユベントスは昨夏にも獲得の噂が報じられていたものの、同じタイミングでミレンコビッチがフィオレンティーナと2023年までの契約延長を行なったため、移籍が実現していなかった。 それでもなお、引き続きミレンコビッチの動向を注視してきた模様で、『カルチョ・メルカート』によると、獲得のために必要となる移籍金は1500万ユーロ(約20億円)とのことだ。 2シーズン連続でフィオレンティーナから主力級の選手を獲得してきたユベントス。イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ、同胞でもあるセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチら2人に続いて、ミレンコビッチもトリノの街へやってくることになるのだろうか。 2022.05.25 18:37 Wed
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがトレイラを引き止められず? このままではアーセナルに今夏復帰

フィオレンティーナへレンタル移籍中のウルグアアイ代表MFルーカス・トレイラ(26)だが、今夏アーセナルに復帰することになるようだ。 ペスカーラ、サンプドリアとセリエAでプレーしていたトレイラは、2018年7月にアーセナルへと完全移籍する。 若手ながらもその才能を高く評価していたウナイ・エメリ監督は、トレイラを重宝。2シーズンで公式戦89試合に出場し、4ゴール6アシストを記録していた。 しかし、トレイラ側がイングランドでのプレーをあまり好まず、何度もイタリア復帰の噂が出た中、2020-21シーズンはアトレティコ・マドリーへとレンタル移籍。そして、今シーズンはフィオレンティーナへとレンタル移籍していた。 今シーズンはフィオレンティーナでも主軸として、リーグ戦31試合に出場し5ゴール2アシスト、コッパ・イタリアでも4試合に出場していた。 このまま完全移籍に切り替わることは間違いないと思われていた中、この数週間で事態が一気に変わったという。 移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、トレイラに関して、フィオレンティーナがサインせず、アーセナルに戻る予定と見解を述べた。 その理由は、フィオレンティーナ側が、トレイラに関して値引きを持ちかけたとのこと。しかし、アーセナルがディスカウントにあまり乗り気ではなかったようだ。 また、フィオレンティーナのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるジョー・バローネ氏は、トレイラに対してサラリーの減額を求めたという。アーセナルでは、1シーズンで400万ユーロ(約5億4000万円)を手にしていたトレイラだったが、ローン中は250万ユーロ(約3億3800万円)だったとのこと。フィオレンティーナは、さらに安く雇いたいと考えていたようだ。 トレイラはアーセナルとの契約が残り1年となっている。ただ、クラブに残る可能性は低く、今夏も移籍先を探すことになるとみられている。 2022.05.22 19:47 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがECL出場権獲得、敗れたユベントスは3戦未勝利でシーズンフィニッシュ《セリエA》

フィオレンティーナは21日、セリエA最終節でユベントスをホームに迎え、2-0で快勝した。 勝利すればヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権を得られる7位フィオレンティーナ(勝ち点59)は、ピョンテク、ニコラス・ゴンサレス、サポナーラの3トップで挑んだ。 ディバラとケアンの2トップとする[3-5-2]で構えてきた4位ユベントス(勝ち点70)に対し、フィオレンティーナが圧力をかける展開で推移すると、19分にFKの流れからボックス内のボナヴェントゥーラがシュートに持ち込んだが、デ・リフトの好ブロックに阻まれる。 その後も押し込むフィオレンティーナは35分、CKからイゴールのヘディングシュートでゴールに迫るも枠を捉えきれず。それでも追加タイム1分に押し切った。ボックス内でルーズボールに反応したダンカンがシュートを蹴り込んだ。 迎えた後半、キエッリーニに代えてルガーニを投入してきたユベントスに対し、フィオレンティーナが試合をコントロールしていく。 ユベントスにシュートを打たせず時間を進めるフィオレンティーナは、78分に追加点のチャンス。CKからピョンテクのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKピンソーリオのセーブに阻まれた。 ヴラホビッチを投入したものの攻め手がないユベントスに対し、フィオレンティーナは後半追加タイム1分にPKを獲得する。ボックス内に侵入したトレイラがボヌッチに倒された。 このPKをニコラス・ゴンサレスが決めたフィオレンティーナがユベントスのシュートを1本に抑えて2-0で勝利。2016-17シーズンにヨーロッパリーグに出場して以来、6季ぶりに欧州カップ戦出場を決めている。 一方、敗れたユベントスは3戦未勝利でシーズンを終えている。 2022.05.22 05:56 Sun
twitterfacebook
thumb

クアリアレッラ弾など4発のサンプドリアがフィオレンティーナに快勝、ホーム最終戦飾る《セリエA》

サンプドリアは16日、セリエA第37節でフィオレンティーナをホームに迎え、4-1で快勝した。サンプドリアのDF吉田麻也はベンチ入りも出場しなかった。 前節ラツィオに敗れたものの後続の躓きもあって残留が決まった15位サンプドリア(勝ち点33)は吉田が引き続きベンチスタートとなった。 一方、6位までに与えられるヨーロッパリーグ出場を目指す7位フィオレンティーナ(勝ち点59)は、6位ローマを暫定1ポイント差で追う中、カブラウ、ニコラス・ゴンサレス、イコネの3トップで臨んだ。 立ち上がりからホームチームのサンプドリアが攻勢をかける展開となった中、16分に勢いそのまま先制する。右サイドからのカンドレーバのFKをフェラーリが胸で押し込んだ。 その後も良いリズムで試合を進めるサンプドリアは27分、カンドレーバのゴール至近距離からのボレーシュートはGKテラッチアーノの好守に阻まれるも、30分にリードを広げた。 ボックス左でサビリのスルーパスを受けたクアリアレッラが意表を突くチップキックシュートでゴールへ流し込んだ。 35分にボナヴェントゥーラに決定的なフィニッシュを許したもののシュートミスに救われたサンプドリアが2点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、自陣に引いてフィオレンティーナの攻撃を受け止めるサンプドリアがうまく時間を進めると、71分に決定的な3点目。サビリのパスをボックス右で受けたカンドレーバのマイナスの折り返しをトールスビーが蹴り込んだ。 さらに83分、高い位置でボールを奪った流れからサビリがシュートを決めきったサンプドリアが4点目を挙げた中、フィオレンティーナの反撃をPKによる1点に留めてホーム最終戦を快勝で飾っている。 2022.05.17 03:29 Tue
twitterfacebook
thumb

「夢見ていた瞬間が来た」 大ケガから復帰のスピナッツォーラ、目標は「ECL決勝でのプレー」

ローマのイタリア代表DFレオナルド・スピナッツォーラが、大ケガからの復帰を喜んだ。 スピナッツォーラは昨夏に開催されたユーロ2020でイタリア代表として印象的なパフォーマンスを見せていたが、準々決勝のベルギー戦でアキレス腱を断裂。手術を受け、今季は開幕から欠場が続いていた。 リハビリ中には何度か問題が発生したこともあり当初の予定より復帰が長引いたものの、4月にようやくチーム練習に復帰すると、9日に行われたセリエA第36節のフィオレンティーナ戦では90分から出場。チームは0-2で敗れたものの、待望の復帰を果たすことができた。 試合後、『DAZN』のインタビューに応じたスピナッツォーラは、プレーできる喜びを露わに。ここからさらにコンディションを取り戻して、25日に行われるヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝の舞台に立つことを願った。 「1カ月ほど前から調子が良くて、練習場では安心していた。だから、ピッチに戻るのが待ちきれなかったよ。今の僕にとっては、芝生の上で過ごす1分1秒が重要だからね」 「ついに、この10カ月間夢見ていた瞬間が来たと思ったんだ。幸せな気分だったよ。ただ正直なところを言うと、チームの皆と一緒に過ごせる練習に参加できたときが、一番の幸せだったけどね」 「僕は選手としてもっと良くなれると思っている。ケガをする前よりも、もっと強くなれると思っているんだ」 「ローマのため、ファンのため、そして自分のため、決勝トーナメントに進むことを望んでいたよ。そして僕にとっては決勝でプレーすることを夢見て、自分らしさを取り戻し、チームに貢献できるようにすることだけが大切だ」 2022.05.10 12:11 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly