引く手数多のFWヴラホビッチに90億円超のオファー、フィオレンティーナは「ドアは全て開いている」も代理人に苦言「何を望んでいるのか」

2022.01.25 10:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今冬の移籍市場で注目を集めているフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)だが、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるダニエレ・プラデ氏が現状を明かした。

190cmの長身でありながら、万能型のストライカーであり、昨シーズンはセリエAで37試合に出場し21ゴールを記録し一気にブレイクしたヴラホビッチ。今シーズンも、ここまで21試合で17ゴールを記録し、去就が注目されている。

ヴラホビッチには、アーセナルとユベントスが熱心な関心を寄せている状況が続いており、今冬の移籍市場で仕留めたい両者は、多額の移籍金を払う準備ができている。

そんな中、プラデSDは『Sportitalia』に対して、ヴラホビッチの状況についてコメント。極めて重要なオファーが届いているとし、クラブとしてはオープンな状況であると主張した。

「市場は31日に終了するが、どうすれば終わったと言えるのだろうか。万が一の場合に備えている」

「我々には重要なスカウティング部門があり、ジョー・バローネによってとても良くマネジメントされている。我々は、自分たちの仕事のプログラムに満足している」


「我々は彼に向けた重要なオファーをいくつか受けた。とても充実したオファーだったが、彼の代理人からのフィードバックはなかった。我々では、常に大きな透明性があった」

「私はバローネが昨日言ったことを参照する。ドアは全て開いている」

一方で、代理人がこの状況を動かす気がないとプラデSDは指摘。2023年6月で契約満了を迎えることもあり、何を考えているのかが全く分からないため、今回オファーを明かしたとコメント。フリーでの移籍だけは避けたいと語った。

「彼が何を望んでいるのか、そして代理人が何を望んでいるのかを理解したいので、このことを発言する。また、契約更新のために席についてもらうこともできる」

「我々は彼をとても強気で売って欲しいというオファーを受けた。7500万ユーロ(約96億7200万円)を稼ぎ、貴重な資産を持つクラブが、彼をタダで失うわけにはいかないから発言している」

「我々は全てオープンだ。だから、代理人は我々に意図を言わなければならない」

「満足いくオファーであり全て有効だ。我々に合った支払い方法でも合った。選手の代理人との接触がなく、取引を進めることができなかった」

「重要な評価であり、7000万ユーロ(約90億2700万円)を超えている。何年にもわたって支払うことやトレードもない。会長は我々にそれを押し付けてきたんだ」

オファーはクラブとして十分と考えているフィオレンティーナ。代理人とヴラホビッチが何を望んでいるのか。今冬の移籍の実現もまだ可能性はありそうだ。


関連ニュース
thumb

クアリアレッラ弾など4発のサンプドリアがフィオレンティーナに快勝、ホーム最終戦飾る《セリエA》

サンプドリアは16日、セリエA第37節でフィオレンティーナをホームに迎え、4-1で快勝した。サンプドリアのDF吉田麻也はベンチ入りも出場しなかった。 前節ラツィオに敗れたものの後続の躓きもあって残留が決まった15位サンプドリア(勝ち点33)は吉田が引き続きベンチスタートとなった。 一方、6位までに与えられるヨーロッパリーグ出場を目指す7位フィオレンティーナ(勝ち点59)は、6位ローマを暫定1ポイント差で追う中、カブラウ、ニコラス・ゴンサレス、イコネの3トップで臨んだ。 立ち上がりからホームチームのサンプドリアが攻勢をかける展開となった中、16分に勢いそのまま先制する。右サイドからのカンドレーバのFKをフェラーリが胸で押し込んだ。 その後も良いリズムで試合を進めるサンプドリアは27分、カンドレーバのゴール至近距離からのボレーシュートはGKテラッチアーノの好守に阻まれるも、30分にリードを広げた。 ボックス左でサビリのスルーパスを受けたクアリアレッラが意表を突くチップキックシュートでゴールへ流し込んだ。 35分にボナヴェントゥーラに決定的なフィニッシュを許したもののシュートミスに救われたサンプドリアが2点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、自陣に引いてフィオレンティーナの攻撃を受け止めるサンプドリアがうまく時間を進めると、71分に決定的な3点目。サビリのパスをボックス右で受けたカンドレーバのマイナスの折り返しをトールスビーが蹴り込んだ。 さらに83分、高い位置でボールを奪った流れからサビリがシュートを決めきったサンプドリアが4点目を挙げた中、フィオレンティーナの反撃をPKによる1点に留めてホーム最終戦を快勝で飾っている。 2022.05.17 03:29 Tue
twitterfacebook
thumb

「夢見ていた瞬間が来た」 大ケガから復帰のスピナッツォーラ、目標は「ECL決勝でのプレー」

ローマのイタリア代表DFレオナルド・スピナッツォーラが、大ケガからの復帰を喜んだ。 スピナッツォーラは昨夏に開催されたユーロ2020でイタリア代表として印象的なパフォーマンスを見せていたが、準々決勝のベルギー戦でアキレス腱を断裂。手術を受け、今季は開幕から欠場が続いていた。 リハビリ中には何度か問題が発生したこともあり当初の予定より復帰が長引いたものの、4月にようやくチーム練習に復帰すると、9日に行われたセリエA第36節のフィオレンティーナ戦では90分から出場。チームは0-2で敗れたものの、待望の復帰を果たすことができた。 試合後、『DAZN』のインタビューに応じたスピナッツォーラは、プレーできる喜びを露わに。ここからさらにコンディションを取り戻して、25日に行われるヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝の舞台に立つことを願った。 「1カ月ほど前から調子が良くて、練習場では安心していた。だから、ピッチに戻るのが待ちきれなかったよ。今の僕にとっては、芝生の上で過ごす1分1秒が重要だからね」 「ついに、この10カ月間夢見ていた瞬間が来たと思ったんだ。幸せな気分だったよ。ただ正直なところを言うと、チームの皆と一緒に過ごせる練習に参加できたときが、一番の幸せだったけどね」 「僕は選手としてもっと良くなれると思っている。ケガをする前よりも、もっと強くなれると思っているんだ」 「ローマのため、ファンのため、そして自分のため、決勝トーナメントに進むことを望んでいたよ。そして僕にとっては決勝でプレーすることを夢見て、自分らしさを取り戻し、チームに貢献できるようにすることだけが大切だ」 2022.05.10 12:11 Tue
twitterfacebook
thumb

「彼は我々から多くの勝ち点を奪った」 VAR判定に泣き敗れたローマ…モウリーニョ監督は不満爆発

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、審判に対して激怒している。クラブ公式サイトが伝えた。 セリエAで5位に位置するローマは、9日に行われた第36節で7位のフィオレンティーナと対戦した。ヨーロッパリーグ(EL)出場権を得るためにも負けられない一戦となったが、開始3分に微妙なVAR判定からPKを献上してしまい失点。浮足立ったチームはその後さらに失点を許すと、審判の判定にフラストレーションを溜めるシーンも多く、最後まで得点を奪えないまま0-2で敗れた。 この結果、セリエAで4試合未勝利となったローマは6位に転落しており、5位フィニッシュに向けて暗雲が立ち込めている。 試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督は、審判への不満が爆発。VARを担当したルカ・バンティ氏を猛批判しつつ、今季はチームに対してあまりに不利なジャッジが多いと訴えた。 「説明が欲しいね。我々はもう何試合も審判からの説明を待っているんだが、まだそれがないんだ。そして今日の試合の結果には2つほど、説明が必要な場面があった。まず、我々は木曜日にヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の試合があり、精神的にも肉体的にもエネルギーがなかったと思う。この試合のため1週間準備してきたチームと比べれば、多少差が出るのは分かっていた」 「そして、バンティ氏からも説明が欲しいところだね。PKの場面ではタッチこそあったがファウルではない。すぐそこにいた主審はPKを与えなかったのだ。VARが出てくるところでもなかったが、バンティ氏はとにかく介入してきた」 「今日の勝ち点3 について語るなら、そこで止めても良い。バンティ氏によるPK以外でも、今夜のフィオレンティーナは我々より強く、エネルギーとスピードで差があるプレーをしていた。より集中していて、彼らは勝利に値したと思う」 「しかし問題は、今日の勝ち点3だけでないところだ。私はベネチアやボローニャ、その他多くの、説明がされていないエピソードについて話している。バンティ氏は今どこにいるのだろうね。コベルチアーノか? ミランか? VARがどこにあるか知らないが、なぜ10メートル程度の距離から見てPKではないと判断した主審に、再考を促した。なぜなんだ? これが我々の欲しい答えであり、得られない答えでもある」 「ローマのような街で、クラブで、こうしたことをすぐに忘れ去るのは難しい。それでも、我々にはリーグ戦を戦うシーズンがあるが、このチームに対して起きていることは本当に酷過ぎる」 「我々のチームがローマのファンから尊敬されていることは分かっている。だが、それをバンティからも求めたいね。彼はオフィスに座り込んで、このチームの若者たちから、本来得られるはずだった多くの勝ち点を奪ってしまったのだから」 2022.05.10 10:54 Tue
twitterfacebook
thumb

「台無しにするわけには」ローマ撃破で熾烈なEL争いに踏みとどまったフィオレンティーナ指揮官「我々は頑張る」

フィオレンティーナのヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督が、ローマ戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 9日、セリエA第36節のフィオレンティーナvsローマが行われた。 来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の出場権を懸けた争いが佳境を迎える中、勝ち点3差の両チームが対戦した。 試合は5分にPKをニコラス・ゴンサレスが決めたホームのフィオレンティーナが優勢に進めると、11分にジャコモ・ボナヴェントゥーラがゴールを決めて早々にリードを2点に。ローマにはゴールを許さず2-0で勝利を収めた。 この結果、ELストレートインの5位にラツィオ(勝ち点62)、EL予選の6位にローマ(勝ち点59)、ECLプレーオフの7位にフィオレンティーナ(勝ち点59)、圏外の8位にアタランタ(勝ち点59)と、勝ち点差3のなかに4チームが入り、残り2試合で決着する。 3連敗をストップさせて踏みとどまったフィオレンティーナ。イタリアーノ監督はしっかりと勝ち点3を取れてよかったと安堵した。 「予想に反して少し調子を落としており、自分たちらしさがなかったので、この3ポイントが必要だった」 「ミラノでは勝ち点を取らずに去っていたが、継続性はあった。素晴らしいシーズンを過ごしているし、それを台無しにするわけにはいかない。選手たちは熱心に、勝ち点3を欲しがっていた」 また、この順位を守り続けてきた中で、最後に脱落するわけにはいかないとコメント。最後まで戦うとした。 「我々は最終局面にいて、精神的にも肉体的にも疲れがある。何カ月も時速1000マイルで走り続け、1年にわたってこのポジションにいた」 「我々が望む場所に至るまで、最も多くのポイントを獲得するのは誰か。ここは重要な順位だし、8000人が励ましに来てくれた。その願いを叶えるためにも、我々は頑張る」 2022.05.10 10:43 Tue
twitterfacebook
thumb

ECL決勝進出のローマがヴィオラに完敗で6位転落…スピナッツォーラの実戦復帰が最大の見せ場に…《セリエA》

セリエA第36節、フィオレンティーナvsローマが9日にスタディオ・アルテミオ・フランキで行われ、ホームのフィオレンティーナが2-0で勝利した。 7位のフィオレンティーナ(勝ち点56)と、5位のローマ(勝ち点59)によるヨーロッパリーグ(EL)出場権争い直接対決。 ローマは前節、ボローニャとゴールレスドローに終わり、セリエA3試合未勝利に。それでも、5日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準決勝ではレスター・シティを破り、ファイナル進出を決めた。 ECL初代王者に輝いた場合、来季ELストレートインの権利が与えられるが、フェイエノールトとの決勝は今季セリエA終了後の25日に開催されるため、残り3試合をすべて勝ち自力で出場権獲得を決めて余分なプレッシャーを取り除きたいところ。 モウリーニョ監督は今季開幕戦で3-1で勝利した相手とのアウェイゲームにレスター戦から先発1人を変更。ザニオーロに代えて前回対戦でドッピエッタを決めている古巣対戦のヴェレトゥを起用した。 共に4戦ぶりの白星を懸けて臨んだマンデーナイト開催の一戦はいきなり動く。 コンディション面で有利なホームチームがキックオフ直後からアグレッシブに入ると、開始3分にボックス手前で仕掛けたニコラス・ゴンサレスとDFカルスドルプが交錯。オンフィールドレビューの結果、接触の位置を含め微妙な判定ながらもカルスドルプがボックス内で足をかけたとの判定でPKが与えられる。これをニコラス・ゴンサレス自ら冷静に左隅へ突き刺し、開始5分の先制点とした。 さらに、畳みかけるホームチームは11分、相手陣内右サイドで仕掛けたボナヴェントゥーラが大外の味方のオーバーラップをオトリにボックス手前からカットインし、絶妙な左足のグラウンダーシュートをゴール左下隅に流し込んだ。 レスターとの激闘から中3日ということもあり、全体的に重さを感じさせるアウェイチームだが、前半の内に何とか1点を返そうと、徐々に押し返していく。20分にはボックス手前右の好位置で得たFKをキッカーのペッレグリーニが直接狙うが、壁をギリギリで越えてゴール右隅を捉えたシュートはGKテラッチアーノの好守に遭う。 ひとまず決定機を作って落ち着きを取り戻したローマは、背後への長いボールやサイドへの早いタイミングでの大きな展開を使いながら攻撃の糸口を探す。ただ、全体の動き出しの少なさや相手のカウンターを警戒してか、全体を押し上げ切れない。これにより、効果的にセカンドボールを回収できずに攻撃に厚みが出せない。 前半終盤にかけては互いにファウルでプレーが止まる場面が目立ち、ひとつひとつのジャッジに必要以上に反応するなど、フラストレーションを募らせて自らリズムを失うアウェイチームは厳しい状況でハーフタイムを迎えることになった。 モウリーニョ監督はハーフタイム明けにセルジオ・オリベイラを下げて古巣対戦のザニオーロを投入。立ち上がりの54分には左サイド深くで仕掛けたザレフスキのクロスからゴール前のエイブラハムにビッグチャンスも、このヘディングシュートを枠の右に外してしまう。 すると、以降はフィオレンティーナに押し返されて、アムラバトの決定的なシュートをGKルイ・パトリシオのビッグセーブで何とか凌ぐなど、我慢の戦いを強いられる。 流れを変えたいアウェイチームは66分、疲労困憊のザレフスキを諦めてエル・シャーラウィを投入。そのファラオーネは投入直後に高い位置でのパスカットからいきなりチャンスを演出も、ボックス左に抜け出したエイブラハムの折り返しは相手のブロックに遭う。 その後はフレッシュな選手を投入したホームチームの攻勢を凌ぎつつ、最後までゴールを目指したローマだが、前半同様に最後の局面でパワーを出せず。 後半終盤の見せ場は、昨年7月のユーロ2020準々決勝以来、約10カ月ぶりの実戦復帰となったスピナッツォーラの投入のみとなり、このまま試合はタイムアップ。 この結果、今節勝利したラツィオに抜かれた上、フィオレンティーナとアタランタに勝ち点で並ばれたローマは6位に転落。当該成績での優位性に加え、ライバルがユベントス、ミランという上位陣との対戦を控えており、逆転での5位フィニッシュは未だに不可能ではないが、ECL決勝により重圧がかかる痛恨のリーグ4戦未勝利となった。 2022.05.10 06:12 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly