マドリーがミリトンの劇的弾でドローに持ち込む! エルチェはベルナベウ初勝利ならず…《ラ・リーガ》

2022.01.24 02:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは23日、ラ・リーガ第22節でエルチェとホームで対戦し2-2の引き分けに終わった。

同一カードとなった直近のコパ・デル・レイ4回戦を延長戦の末に勝利したマドリーは、その試合から先発を大幅7人変更。ヨビッチやロドリゴ、カマヴィンガ、GKルニンらに替えてベンゼマ、アザール、モドリッチ、GKクルトワら主力が先発に名を連ねた。

新型コロナウイルスの影響でフランシスコ監督を欠くエルチェに対し、アザール、ベンゼマ、ヴィニシウスの3トップで試合に臨んだマドリーは11分に最初の決定機を創出する。ボックス左深くでボールキープしたベンゼマの落としを受けたヴィニシウスがゴールエリア左まで切り込みシュートを放ったが、これは相手GKの好守に阻まれた。

主導権を握るマドリーは27分にも、ロングフィードを絶妙なトラップで収めたベンゼマがボックス内からシュートを放ったが、これも相手GKのセーブに防がれた。

さらにマドリーは、32分に敵陣でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ボックス左から侵入したヴィニシウスがパラシオスに倒されPKを獲得。しかし、ベンゼマのPKは枠の右上に外れた。

ハーフタイムにかけても攻勢を続けるマドリーだったが、一瞬の隙を突かれて失点する。42分、モヒカのスルーパスで左サイドを抜け出したフィデルがダイレクトクロスを供給すると、ゴール前に走りこんだボジェがヘディングシュートをゴールに突き刺した。

先制を許したマドリーだが、すぐに反撃。44分、アラバが最前線のベンゼマへグラウンダーの縦パスを入れると、ベンゼマのヒールパスに反応したメンディがボックス左から左足を振り抜いたが、シュートはゴール右に外れた。

1点のビハインドで後半を迎えたマドリーは、開始早々の51分にボックス左から仕掛けたアザールがパラシオスに倒される。主審はPKを宣告したが、オンフィールドレビューの結果、ノーファウル判定となりPKは取り消された。

反撃したいマドリーだったが、57分にアクシデントに見舞われる。左モモ裏に違和感を訴えたベンゼマを下げてヨビッチが緊急投入。さらに64分には、クロースを下げてロドリゴをピッチに送り出した。

その後もマドリーが押し込む展開が続いたが、再びスコアを動かしたのはエルチェだった。76分、バイタルエリアでボールを受けたボジェが巧みなタッチで相手DF2人をかわしラストパスを供給。このパスでボックス右から侵入したペレ・ミジャがゴール左隅へシュートを流し込んだ。

ホームで2失点を喫したマドリーは、79分にアザールとルーカス・バスケスを下げてイスコとバルベルデを投入。すると81分、左CKからアラバがニアでフリックしたボールがペレ・ミジャに右手に当たるとオンフィールドレビューの結果、PKを獲得。このPKをモドリッチが冷静にゴール右隅へ沈めた。

最終盤に差し掛かり、ミリトンを前線に上げたパワープレーを敢行するマドリーは92分、イスコのパスをライン際ギリギリで残したヴィニシウスが左クロスを上げると、ミリトンがヘディングシュートをゴール右に叩き込んだ。

結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。劇的弾で2度のビハインドを追いついたマドリーがホームで勝ち点1をもぎ取った。

関連ニュース
thumb

イスコ、ローマからのオファーを拒否

ローマからの関心が報じられた元スペイン代表MFイスコ(30)だが、オファーを断ったようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今夏で退団した元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの後釜としてローマが関心を示したイスコ。先月イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた時点では、ムヒタリアンが実際に退団した場合にのみ獲得に動くとされていたが、先日にインテル移籍が発表され、公式にオファーを提示した模様だ。 しかし、レアル・マドリーで5度のチャンピオンズリーグ制覇の実績を持つイスコは、イタリア首都クラブからのオファーを拒否したようだ。『アス』によれば、プレミアリーグからの関心も届いているという。 2022.07.05 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、ミリトンらブラジル代表トリオと契約延長に迫る!

レアル・マドリーが、MFエデル・ミリトン(24)、FWヴィニシウス・ジュニオール(21)、FWロドリゴ(21)のブラジル代表トリオとの契約更新に近づいているようだ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ミリトンとロドリゴは2028年まで、ヴィニシウスは2026年まで延長する見通しとなっており、それぞれ2年から3年の延長となる格好だ。また、契約解除金は全員10億ユーロ(約1400億円)に設定される。 ミリトンは2019年夏にポルトから5000万ユーロの移籍金で加入。加入2年はバックアッパーの域を越えられなかったが、昨夏に重鎮センターバックが抜けたことで出番を得るとついに覚醒。公式戦50試合に出場し、ラ・リーガとチャンピオンズリーグ制覇に大きく貢献した。 ヴィニシウスは2018年夏にフラメンゴから4500万ユーロで加入。当初はミリトンと同様になかなか出場時間が安定しなかったが、2020-21シーズンを境に才能が開花し、今季は公式戦52試合の出場で22ゴール20アシストと圧巻の数字を叩き出していた。 ヴィニシウスと同じ4500万ユーロの移籍金で2019年夏にサントスから加入したロドリゴも2021–22シーズンが飛躍の1年に。リーグの大事な終盤戦では、8試合で4ゴール3アシストを記録し、チャンピオンズリーグでも準決勝2ndレグのマンチェスター・シティ戦の2ゴールなど、通算5ゴール2アシストで優勝に貢献した。 2022.07.05 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

期待外れに終わったヨビッチ、レアルが50%の権利保有でフィオレンティーナにフリーで移籍

レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(24)の移籍問題が解決したようだ。スペイン『アス』が報じた。 ツルヴェナ・ズヴェズダでキャリアをスタートしたヨビッチは、ベンフィカ、フランクフルトを経て、2019年7月にマドリーへと加入した。 移籍金は6300万ユーロ(約89億6000万円)、6年契約を結び、年齢も相まって大きな期待が寄せられていた。 しかし、全く期待に応えることができず、2021年1月からは半年間古巣のフランクフルトへレンタル移籍。マドリーでは51試合で3ゴール5アシストと屈辱的な成績に終わっていた。 クラブもヨビッチに見切りをつけ、放出要員とすると、フィオレンティーナが興味を持つことに。交渉が進む中、最終的には複雑な条件の下で合意に至ったようだ。 フィオレンティーナは当初レンタル移籍で交渉をスタート。しかし、今夏の移籍市場から国際サッカー連盟(FIFA)がレンタル移籍させる選手の人数に制限をかけることを決め上限が8人に。ビッグクラブになればなるほど、チャンスがない若手を大量にレンタル移籍させて価値を上げ、チームに引き戻すか売却するという状況が起こっていたことを抑制するためだとされている。 そのため、マドリーはレンタル移籍の枠を使いたくなく、ヨビッチを早く手放したい意向があり、交渉が進展。最終的にはマドリーが選手の保有権の50%を持ちながら、フィオレンティーナにフリーで移籍させるということで合意したという。なお、ヨビッチの将来の移籍金の50%をマドリーが受け取ることとなる。 『アス』によれば、ヨビッチは2年契約+2年間の延長オプションが付く契約を結ぶとのこと。年俸は250万ユーロ(約3億6000万円)をもらい、契約が延長となった場合は500万ユーロ(約7億2000 万円)に倍増する契約だという。 2022.07.05 11:28 Tue
twitterfacebook
thumb

レオンの契約延長がミランの最優先? 2027年までの更新が目標か

思惑通りに今夏の補強が進まないミランだが、最優先事項は必ずしも選手の獲得ではないのかもしれない。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ミランはスクデット獲得の勢いを今夏の移籍市場に持ち込めていない。長らく獲得濃厚とされてきたオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)のニューカッスル移籍決定に続いて、ポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)もパリ・サンジェルマン(PSG)行きが揺るがない情勢となっている。 ここから移籍市場での巻き返しに期待したいミランだが、首脳陣らにとっては補強と同じく、もしくはそれ以上に重要と捉えていることがある模様。それは、攻撃の核であるポルトガル代表FWラファエル・レオン(23)の契約延長だ。 レオンは昨季のセリエAで34試合11得点10アシストを記録。加入当初からプレーの粗さなどが指摘されてきたが、この1年は大きく成長した姿を見せ、スクデットを獲得した最終節のサッスオーロ戦ではチームの全3得点をアシストするなど、シーズンを通してチームを牽引してきた。 レオンとミランの両者は2024年6月まで契約を残しているものの、シーズン終了直後には、PSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(23)をあと一歩で取り逃がしたレアル・マドリーが、代替案としてレオンに触手を伸ばすのではと報じられた。そのため、ミランにとってスクデット獲得に最も決定的な役割を果たしたエースの契約延長は優先的に取り組むべき案件となっているようだ。 以前より2027年までの契約延長を目指して話し合いを続けているという両者だが、新たな給与などを巡っては開きがある模様。ただ、選手本人としては今後もミランとともに歩みを進める意思があるようで、話し合いには常に前向きに取り組んでいるとみられている。 2022.07.03 22:09 Sun
twitterfacebook
thumb

白い巨人の偉大な野望…2024年夏にハーランド獲得へ

レアル・マドリーが、マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)の獲得を早くも画策しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今夏にドルトムントからシティに移籍したハーランド。シティが7500万ユーロ(約103億3000万円)の契約解除金を支払う形でビッグディールが実現した。 プレミアリーグ王者での新シーズンの活躍が期待されているが、早くもその先を見据えているのがマドリーだ。『アス』によると、ハーランドには2024年夏に有効となる1億5000万ユーロ(約210億円)の契約解除金が設定されているとのことで、そのタイミングで36歳となっているFWカリム・ベンゼマの後釜として強奪を狙っているようだ。 今夏にはフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得失敗という悔しい思いを味わうことになったマドリー。同じ轍は踏むまいと、ハーランド獲得には相当の覚悟を持って挑むに違いない。 2022.07.03 18:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly