31歳バロテッリ、約3年半ぶりのイタリア代表招集へ

2022.01.22 22:09 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アダナ・デミルスポルに所属するFWマリオ・バロテッリ(31)が、イタリア代表に招集されるようだ。

今シーズンからトルコのアダナ・デミルスポルへと加入したバロテッリ。主力としてここまで公式戦20試合に出場し、8得点4アシストと好成績を残している。

そうした中、イタリア『スカイ』はトルコの地で復活の兆しを見せるバロテッリに、イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が接触したと報道。1月末のインターナショナルウィークに向けて2018年9月以来、約3年半ぶりの招集を受けることになるという。

若くしてインテルで華々しくキャリアをスタートしたバロテッリは、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールといった名立たるビッグクラブでプレー。イタリア代表としても36試合で14ゴールを記録し、21歳で臨んだユーロ2012では準決勝のドイツ代表戦で2ゴールを記録するなどの活躍でチームの準優勝に大きく貢献した。

しかし、以前から問題となっていた素行不良とともに、20代半ばに差し掛かったところで徐々にパフォーマンスが低下。近年は継続して結果を残せていない印象だが、インテルやシティでタッグを組んだマンチーニ監督のもと、アズーリで再び輝くことができるだろうか。

関連ニュース
thumb

“美人すぎる彼女”がついに結婚!元イタリア代表FWペッレとの挙式を吉田麻也も祝福

元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレ(36)が交際していたヴィクトリア・ヴァルガさん(30)との結婚式を挙げた。 ペッレはレッチェやパルマ、サンプドリアなどの母国クラブや、AZやフェイエノールトを経て、2014年から2016年まではサウサンプトンで活躍。2016年夏から“爆買い”の流れに乗じて中国の山東魯能に加わった。 2021年1月にはパルマに加入し母国に復帰したが、シーズン終了後に退団してからはフリーの状況が続いている。 一方、ハンガリー出身でモデルのヴァルガさんは、ユーロ2016にイタリア代表として出場していたペッレをスタンドで応援する姿が美しすぎると話題になり、最もホットなWAGs(Wives and Girlfriends=フットボーラーたちの妻や彼女たちのことを差すフレーズ)の1人として知られていた。 2人は2021年1月に婚約していたが、この度改めて晴れの日を迎えることに。2人は2日に、ペッレの出身地である南イタリアのプーリア州にある、オストゥーニのどかな場所で式を挙げ、アヤックスのセルビア代表MFドゥシャン・タディッチやオランダ人指揮官のロナルド・クーマン氏などに囲まれながら、愛を誓った。 2人のインスタグラムには結婚式の幸せな様子が多々アップされているが、サウサンプトンで一緒にプレーした日本代表DF吉田麻也も反応。ハートの絵文字で祝福している。 <span class="paragraph-title">【写真】ペッレと“美人すぎる彼女”ヴァルガさんのウエディングショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CflIslfNmR7/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CflIslfNmR7/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CflIslfNmR7/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Viktória Varga(@vikyvarga)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.05 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表FWベロッティはローマへ? ザニオーロ放出なら本格交渉スタートか

トリノとの契約が満了となったイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)に対し、ローマが関心を強めているようだ。 2015年夏からトリノに在籍していたベロッティは、2016-17シーズンにセリエAで26得点を挙げて一気にブレイク。以来、移籍市場が開くたびにビッグクラブ行きが噂されてきたが、幾度も残留を繰り返していた。 だが、とうとう先月30日付で契約満了で退団が決定。現役イタリア代表選手をフリーで獲得できるチャンスとあって、数多のクラブが関心を寄せているが、ここにきてローマ移籍の可能性が徐々に高まっているようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督は、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)のユベントス行きが決定した場合は、その後釜としてベロッティを迎え入れたい考え。イングランド代表FWタミー・エイブラハムとベロッティによる2トップを望んでいるとみられている。 あくまでザニオーロを放出した場合のみとのことだが、ザニオーロはすでにユベントスと個人間合意に至ったと報じられているため、交渉に本腰を入れる可能性は極めて高いと言える。 ローマの他には、ウェストハムやモナコ、ガラタサライ、フェネルバフチェからの関心が強いとされるベロッティだが、選手本人の優先順位はセリエA残留とのこと。イタリア国内でもその去就には大きな注目が集まっている。 2022.07.05 18:34 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表ペッシーナ、故郷モンツァへの移籍が決定的に!! 加入後即キャプテン就任へ

アタランタのイタリア代表MFマッテオ・ペッシーナ(25)は、生まれ故郷のクラブであるモンツァへの移籍が決定的となったようだ。 クラブ史上初のセリエA昇格を果たしたモンツァは、ペッシーナにとって生まれ育った地元のクラブ。自身も下部組織時代から在籍し、プロキャリアのスタートもセリエC時代の同クラブだった。 そのモンツァはセリエAで戦う準備を進めており、インテルからイタリア代表MFステファノ・センシ(26)を1年間のレンタル移籍で獲得するなど、上位クラブにも引けを取らない積極的な補強を展開。地元出身のペッシーナも、昇格決定以前から獲得シナリオを描いていたものと報じられていた。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、モンツァはアタランタから1500万ユーロ(約21億2000万円)の買い取り義務が付帯した1年レンタルでペッシーナを獲得するとのこと。今週水曜日にもメディカルチェックを受診し、問題がなければ、そのまま正式契約を結ぶ流れとみられる。なお、ペッシーナは新加入ながらチームキャプテンに就任するとのことだ。 2022.07.04 21:48 Mon
twitterfacebook
thumb

逆境のドンナルンマ、イタリアの伝説的GKが擁護「ユーロ優勝は彼のおかげ」

イタリア代表のレジェンドが、パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマを称賛した。『カルチョメルカート』が伝えている。 昨夏開催されたユーロ2020では守護神として母国を優勝に導く活躍を見せたドンナルンマ。しかし、2021-22シーズンはクラブでもナショナルチームでも苦しんだ1年となった。 ミランを契約満了で退団し、新加入となったPSGでは正守護神としての活躍が期待されたが、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスからスタメンの座を奪い切ることはできず。公式戦24試合の出場にとどまり、チャンピオンズリーグ(CL)では準決勝のレアル・マドリー戦で敗退に直結するミスも犯してしまった。 イタリア代表としてはカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ準決勝で、北マケドニア代表に0-1で屈し敗退。ロシアW杯から2大会連続で出場を逃したチームの中でも、守護神は強い批判を浴びた。 イタリア代表GKとしてW杯に3度出場し、1982年のスペインW杯では優勝も経験したディノ・ゾフ氏は、逆境にある“後輩たち“について言及。大舞台への切符を逃したことを嘆きつつも、ユーロ制覇を果たしたチームの功績を称えている。 「最近はW杯に出場出来ていないが、ユーロで優勝できたことはとても重要だった」 「2回連続での予選敗退は確かに痛い。しかし、今の選手たちは私の時代よりずっと良いものを吸収してる」 さらに、ドンナルンマ個人に向けても「今、最も重要な役割を担っている選手だ。ユーロで優勝することができたのは彼のおかげだ」と大きな賛辞を送った。 2022.07.04 18:49 Mon
twitterfacebook
thumb

40歳目前、生ける伝説クアリャレッラがサンプドリアと契約延長へ

元イタリア代表FWファビオ・クアリアレッラ(39)が、サンプドリアとの契約延長に近づいているようだ。 1999年のプロキャリア開始から23年、これまでイタリア国内数多のクラブを渡り歩いてきたクアリアレッラ。2015-16シーズンからプレーするサンプドリアではクラブ通算268試合105得点26アシストを記録しているほか、2018-19シーズンには36歳にしてセリエA得点王に輝くなど、まさに生ける伝説と言える。 昨シーズン最終節のインテル戦後には『DAZN』のインタビューで、「僕はもう39歳で、シーズン40試合を全て戦い抜くことはできない。だけど、ロッカールームを助けることはいつだってできるさ」と語っていたクアリアレッラだが、まもなく念願の契約延長が発表される見通しとなったようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、来年1月に40歳を迎える大ベテランは、サンプドリアとの契約を1年延長する見込みとのこと。早ければ4日にもクラブからアナウンスされるとみられ、年棒はボーナス諸々含めて50万ユーロ(約7000万円)となる模様だ。 2022.07.04 14:26 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly