3連覇&アジアを目指す川崎F、キャプテンは3年連続の谷口彰悟! 登里、ダミアン、脇坂が昨季に続き副キャプテン

2022.01.19 11:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
川崎フロンターレは19日、2022シーズンのキャプテン、副キャプテンを発表した。

2020シーズン、2021シーズンと明治安田生命J1リーグを連覇している川崎F。3連覇を目指す2022シーズンのキャプテンには、継続して谷口彰悟が就任した。

また、副キャプテンは3名が就任し、登里享平レアンドロ・ダミアン脇坂泰斗と昨季と同じが務めることとなった。

4選手はそれぞれクラブを通じてコメントしている。

【キャプテン】
◆谷口彰悟
「今シーズンもキャプテンをやらせていただくことになりました。3連覇とACLという大きな目標に向かってチャレンジしていくシーズンになります。選手各自がしっかりとした準備、そして相当な覚悟をもって取り組まないと達成できないと思います。選手、スタッフ、全員の力を合わせて1年間戦い抜いていきたいと思います。」

【副キャプテン】
◆登里享平
「今年もショウゴ(谷口彰悟)とチームを支えていきたいと思います。シーズンを通して、良い時も悪い時もあると思いますけど、みんなが同じ方向を向いて、楽しんで明るくやっていくことが大事だと考えています。目指す大きな目標に向かって頑張っていきましょう」

◆レアンドロ ダミアン
「昨シーズンは素晴らしいグループで良いシーズンを過ごすことが出来ました。それはキャプテン、副キャプテン関係なくチームにいる選手、スタッフ全員が協力しあい、一人ひとりが努力しあった結果であったと思います。今シーズンも昨シーズンと変わらず、新しく加わってくれる選手も含めてみんなで協力し合いながら、素晴らしいシーズンを送れるように頑張りましょう」

◆脇坂泰斗
「今年も引き続き、副キャプテンをやらせていただきます。昨年より厳しいシーズンになると思います。目標を達成するためには、一人ひとりがチームのためにレベルアップすることが大事だと考えています。その上でフロンターレの良さであるチームワークも高めて、しっかりチーム全員で1年間を戦い抜いていきたいと思います」


関連ニュース
thumb

「しれっと行くつもりだったんですが…」日本代表MF守田英正が神戸vs川崎Fの試合に!頭には「しれっとPRADA」

サンタ・クララの日本代表MF守田英正が古巣である川崎フロンターレの試合を観戦に訪れた。 守田は2021年1月に川崎フロンターレからポルトガルのサンタ・クララへ移籍。シーズン途中加入でありながら主力として活躍し、今シーズンもプリメイラ・リーガで28試合に出場し1ゴール1アシストを記録。公式戦38試合に出場して評価を高め、スポルティング・リスボンへの移籍が近づいているとされる。 シーズンを終え日本に帰国している守田は、18日にノエビアスタジアム神戸で行われた明治安田生命J1リーグ第11節の延期分のヴィッセル神戸vs川崎フロンターレを観戦に訪れた。 サポーターたち挨拶もしていた守田は、19日にインスタグラムを更新。「しれっと行くつもりだったんですが。色んな方にも会えて感謝です。ありがとうございました」と報告している。 守田は川崎FのMF脇坂泰斗と撮ったツーショットなども添えているが、頭には「プラダ」のバケットハットを被っており、脇坂も「#しれっとPRADA」と守田のコメントに合わせて反応している。 <span class="paragraph-title">【写真】「しれっとPRADA」守田と脇坂の2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cdug_UnvnAl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cdug_UnvnAl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cdug_UnvnAl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Hidemasa Morita 守田英正(@mrt_510)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.19 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

互いに譲らなかった試合、ラストプレーで谷口彰悟がヘッド! 川崎Fが勝利し首位浮上!【明治安田J1第11節】

18日、明治安田生命J1リーグ第11節の延期分のヴィッセル神戸vs川崎フロンターレがノエビアスタジアム神戸で行われ、0-1で川崎Fが勝利を収めた。 前節はサガン鳥栖を相手に今シーズンのリーグ戦で初勝利を挙げた神戸と、勝利すれば首位に浮上できる川崎Fの一戦。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦っていた両チームによる延期試合となった。 ホームの神戸は鳥栖戦から1名を変更。槙野智章がはずれ、菊池流帆が入った。今シーズンのリーグ戦2勝目を目指し、王者に挑む。 対する川崎Fは前節のアビスパ福岡戦と同じメンバーで臨むことに。GKチョン・ソンリョンはJ1で通算200試合出場を達成した。 最初にチャンスを作ったのは川崎F。8分、左からの佐々木のクロスに対してレアンドロ・ダミアンが右足アウトサイドで合わせるもシュートはクロスバーに嫌われる。 互いに攻め合う展開となると、21分には神戸がチャンス。佐々木の横パスを汰木がカット。最後は右サイドを上がってきた郷家がボックス際からシュートもGKチョン・ソンリョンがセーブ。このCKからのクロスを菊池が合わせると、DFに当たったボールがゴールに向かったが、これは外れた。 川崎Fは27分に決定機。左サイドからのマイナスのクロスを脇坂がシュート。しかしこれはブロックされることに。そこからのカウンターで武藤が粘りを見せると、最後はイニエスタからのスルーパスが汰木に通りそうになったが、わずかに通らない。 神戸は36分にもチャンス。イニエスタが運び出すと、相手にプレスをかけられながらもボックス手前でシュート。際どいシュートだったが、わずかに枠を超えていった。 徐々に川崎Fがボールを握る時間が長くなっていく中で、イニエスタが時間を作って神戸はゲームコントロール。互いに譲らない展開が続いていくが、ゴールは生まれないまま前半を終える。 後半だったが立ち上がりに神戸がチャンス。前にアバウトに送ったボールを橘田がヘッド。これが最終ライン裏への絶妙なパスになってしまうと、汰木が反応。独走するがコントロールを誤り、苦しい体勢でのシュートとなり、枠を捉えられない。 後半に入ってからは神戸が前からプレスをかけていき、川崎Fにビルドアップを上手くさせず。運ばれ出すと、引いてブロックを作る戦いを見せる。 57分にはシンプルな攻撃で神戸がチャンス。左サイドへの大きな展開から酒井が素早くクロス、これに反応した武藤が合わせにいくが、谷口がなんとかクリアしてことなきを得る。 リズムを変えたい川崎Fは63分にレアンドロ・ダミアンと遠野を下げて、知念慶とジョアン・シミッチを投入する。すると65分、川崎Fがカウンターを仕掛けると、最後はマルシーニョがボックス内で右足シュート。しかし、これはGK前川がキャッチする。 神戸の集中した守備の前に、川崎Fはボールを繋いで時間を掛けて攻め込んでいく。 神戸はイニエスタと郷家を下げて、井上潮音、小田裕太郎を投入。川崎Fはマルシーニョと脇坂を下げて、宮城天と小林悠を投入していく。 イニエスタが下がったことで時間を作れなくなった神戸。一方で川崎Fはボールを保持しながら、ジリジリと神戸ゴールに迫っていく。 それでもゴールが生まれない中、後半アディショナルタイムにドラマが。右CKを獲得した川崎Fは、小塚のクロスに谷口がニアに飛び込みヘッド。これが決まり、川崎Fが土壇場で先制。その直後に試合は終了し、0-1で川崎Fが勝利し、首位に浮上した。 ヴィッセル神戸 0-1 川崎フロンターレ 【川崎F】 谷口彰悟(後45+2) 2022.05.18 20:55 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第11節:神戸vs川崎F】掴みたい2勝目、勝てば首位の川崎Fは4連勝なるか

【明治安田生命J1リーグ第11節】 2022年5月18日(水) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(17位/7pt) vs 川崎フロンターレ(2位/26pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆ついに掴んだ1勝を繋げられるか【ヴィッセル神戸】 前節はサガン鳥栖をホームに迎えての一戦。リーグ戦で勝利がない神戸だったが、この日はついに攻撃陣が躍動。アンドレス・イニエスタのゴールを皮切りに、4-0で勝利を収めた。 最下位に沈んでいたチームだったが、この勝利によって最下位を脱出。ここから巻き返しを図っていきたいところだ。 イニエスタ、武藤嘉紀、大迫勇也と役者が揃い踏みした点もプラスに働くと考えて良い。ただ、この1勝で終わっては意味がないところだ。 今節の相手は首位浮上を目指す川崎F。鳥栖戦の勝利がまぐれではなかったことを示さなければいけない。連戦が行われる中で、どのようなパフォーマンスを見せられるか。チーム力も問われる一戦となりそうだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、槙野智章、小林友希、酒井高徳 MF:山口蛍、大﨑玲央 MF:郷家友太、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:武藤嘉紀 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆勝てば首位、しっかりと掴めるか【川崎フロンターレ】 前節はホームにアビスパ福岡を迎えた一戦で、2-0と勝利。ACLによる中断後に連勝を飾った。 失意の敗退は記憶には残るものの、チームの足枷となることはもうなさそうだ。そして目の前には首位という大きな目標が手の届くところにある。 内容も充実した2試合を終え、勝てば首位という状況。ここでしっかりと勝利を掴めるかどうかは、今シーズンの優勝戦線を占うといっても良いだろう。 2試合連続クリーンシート中ということもあり、守備陣に自信も。ただ、神戸の攻撃陣は強力であり、隙を見せれば一気に突かれてしまう可能性も高い。まずは先制を目指し、鹿k理と戦いたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、佐々木旭 MF:脇坂泰斗、橘田健人、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 2022.05.18 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「右腕1本で制する家長」自分よりも大きい福岡フアンマ相手にも “奪われない”家長昭博のボールキープに感嘆の声「ボール持ってる時の落ち着き方異常」

川崎フロンターレのMF家長昭博の余裕あるプレーがファンを沸かせている。 川崎Fは14日、明治安田生命J1リーグ第13節でアビスパ福岡と対戦。ホームで1カ月ぶりの試合に臨み、2-0で快勝した。この試合に先発した家長は、ゴールに絡むことはなかったものの随所で持ち前のボールキープ力を発揮した。 福岡戦の1日後、川崎Fの公式ツイッターは、「昨日の試合での『これぞ家長! 』というプレーをまとめてみました!それにしてもアキ、落ち着いていますね」としながら家長のプレー集を掲載。その落ち着きぶりにファンからも脚光が集まった。 動画では、相手のクロスを自陣ボックス内で左足アウトでトラップしたシーンや、福岡のFWフアンマ・デルガドに強くプレッシャーをかけられながらも右腕1本で制してしまうシーン、さらには自陣深くの危険な位置にもかかわらず、全く焦ることなく相手を交わして前線へと運んでいく家長のらしさ溢れるプレーが収められている。 「本当に上手い」、「天才」、「ボール持ってる時の落ち着き方異常」、「右腕1本でファンマを制する家長」、といったコメントのほか、解説を務めた福田正博氏が家長の凄さに思わず笑いをこぼした瞬間に着目し、「福田さん笑っちゃってるし」などの反応が寄せられている。 昨シーズンまで2年連続でJリーグのベストイレブンに選ばれている家長。今シーズンも3連覇を目指す王者川崎Fに欠かせぬ存在として輝きを放っている。 <span class="paragraph-title">【動画】家長が大柄なファンマを右腕1本で制する</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">昨日の試合での「これぞ家長!」というプレーをまとめてみました!<br><br>それにしてもアキ、落ち着いていますね。<br><br>【広報】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/VGtD6tzvhv">pic.twitter.com/VGtD6tzvhv</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1525784390080507904?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.16 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「こう言うのが観たくて等々力に行く」光る川崎Fの先制点、デザインされたプレーに「何度観ても良いですね」

川崎フロンターレが本拠地・等々力陸上競技場で見事な連携からゴールを奪った。 川崎Fは13日、明治安田生命J1リーグ第13節でアビスパ福岡とホームで対戦した。 失意のグループステージ敗退となったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を挟み、およそ1カ月ぶりとなる等々力陸上競技場でのゲーム。主導権を握った川崎Fは、セットプレーから試合動かした。 55分、右サイド敵陣深い位置でのスローインを得ると、家長昭博のスローをボックス右でレアンドロ・ダミアンが収めてツータッチでシンプルにはたく。ボックス手前で右から中へスライドする山根視来が受けると、素早くボックス中央に縦パスを入れ、最後は待ち構えていた遠野大弥がダイレクトで流し込んだ。 見事な連携や意表を突いたポジショニングから生まれたゴールをJリーグ公式もピックアップ。ファンからも「何度観ても良いですねぇ」、「スローインからダミアンへは明らかに狙っていた」、「家長スローインも上手いのなんなん」、「こう言うのが観たくて等々力に行くわけです」、「遠野さん、古巣なのに容赦ないね」といった、感嘆の声が上がっている。 古巣から奪った遠野の今季初ゴールで先制した川崎Fは、4分後に車屋紳太郎が追加点を奪い、2-0で快勝。ホーム・等々力で貫禄の試合運びを見せた。 <span class="paragraph-title">【動画】スローインを起点に見事な連携、川崎Fの福岡戦先制ゴール(2:15~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="h_gtsKhHf6U";var video_start = 135;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 16:22 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly