JFLの奈良クラブが岩手退団の元G大阪MF嫁阪翔太を完全移籍で獲得「J3に昇格できるように頑張ります!」

2022.01.18 17:13 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
いわてグルージャ盛岡は18日、MF嫁阪翔太(25)がJFLの奈良クラブへ完全移籍することを発表した。

嫁阪はガンバ大阪の下部組織出身で、2015年にトップチーム昇格。2018年に岩手へと完全移籍した。

G大阪のトップチームでは出番がなかったが、岩手では4シーズンでJ3通算132試合に出場し9得点を記録。2021シーズンは10試合の出場に終わっていた。

嫁阪はクラブを通じてコメントしている。

「このたび、いわてグルージャ盛岡から移籍してきました。嫁阪翔太です。J3に昇格できるように頑張ります!よろしくお願いします!」


関連ニュース
thumb

三浦知良はベンチ外も鈴鹿が快勝、ニッパツで横浜FMとの2回戦へ《天皇杯》

22日、第102回天皇杯1回戦の15試合が各地で行われた。 元日本代表FW三浦知良を擁する三重県代表・鈴鹿ポイントゲッターズは、兵庫県代表・Cento Cuore HARIMAと対戦。三浦はベンチ外となったが、鈴鹿はゴールレスで迎えた56分に先制点を挙げる。 右サイドから菊島卓が柔らかいクロスを上げると、栗田マークアジェイがヘディングシュート。GKが弾いたボールを三宅海斗が蹴り込んだ。その3分後には菊島のクロスが末政翔大のオウンゴールを誘発し、一気にリードを広げると、70分には途中出場の北野純也がダメ押しのゴールを奪って勝負あり。3-0の快勝した鈴鹿は2回戦で横浜F・マリノスと対戦する。 アマチュアの雄、Honda FCは奈良県代表・奈良クラブと相まみえた。28分にはショートカウンターからあわやの場面を招いたが、GK楠本祐規の好セーブで難を逃れると、3分後には高い位置でのボール奪取から川浪龍平らが決定機を迎えた。 岡﨑優希も個人技からチャンスを作るが、90分間得点が生まれず、試合は延長戦に突入。好機はありながらネットを揺らせずにいたが、PK戦も見え始めた122分にようやくゴールをこじ開ける。 波状攻撃からの岩切拳心の一撃はクロスバーに嫌われるも、こぼれ球を拾って右サイドから折り返すと、鈴木理久が頭で落として最後は岡﨑がプッシュ。これが決勝点となり、Honda FCが劇的な勝利を手にしている。 ヴァンラーレ八戸はプライフーズスタジアムで新潟県代表の新潟医療福祉大学と顔を合わせた。17分に先制を許すと、選手交代を含めて攻勢を強めたものの、ゴールを奪えず。最後まで1点が遠く、初戦で姿を消すこととなった。 また、J3勢同士の一戦となったカターレ富山と藤枝MYFCの一戦は、17分に吉平翼が挙げたゴールが決勝点となり、富山が辛勝。鹿児島ユナイテッドFCvsギラヴァンツ北九州は、中原秀人のゴールなどで鹿児島が3-1と北九州を退けている。 茨城県代表・筑波大学vs千葉県代表・ブリオベッカ浦安は1回戦唯一のPK戦での決着となった。1-1で90分を終えると、延長戦でも互いに1点ずつを奪い合い、PK戦へ突入。先行の筑波大が4人連続で成功したのに対し、浦安は4人目の西袋裕太が失敗。筑波大の5人目、庄司夢ノ介が成功させて勝負を決め、次のステージへ駒を進めた。 その他の結果は以下の通り。 ◆1回戦 ▽5月22日(日) [5]上武大学(群馬県代表) 0-1 富士大学(岩手県代表) [6]鹿児島ユナイテッドFC 3-1 ギラヴァンツ北九州 [7]ヴァンラーレ八戸 0-1 新潟医療福祉大学(新潟県代表) [9]MD長崎(長崎県代表) 1-2 FC神楽しまね(島根県代表) [10]福井ユナイテッドFC(福井県代表) 0-1 同志社大学(京都府代表) [12]奈良クラブ(奈良県代表) 0-1 Honda FC(アマチュアシード) [13]鈴鹿ポイントゲッターズ(三重県代表) 3-0 Cento Cuore HARIMA(兵庫県代表) [14]高松大学(香川県代表) 0-3 周南公立大学(山口県代表) [15]Brew KASHIMA(佐賀県代表) 0-2 高知ユナイテッドSC(高知県代表) [16]ガイナーレ鳥取 0-4 ヴェルスパ大分(大分県代表) [17]桐蔭横浜大学(神奈川県代表) 1-0 立正大学(東京都代表) [18]MIOびわこ滋賀(滋賀県代表) 1-2 環太平洋大学(岡山県代表) [19]カターレ富山 1-0 藤枝MYFC [20]筑波大学(茨城県代表) 2-2(PK:5-3) ブリオベッカ浦安(千葉県代表) [21]福山シティFC(広島県代表) 3-2 FC徳島(徳島県代表) ▽5月21日(土) [1]札幌大学(北海道代表) 1-0 山梨学院大学PEGASUS(山梨県代表) [2]ヴェルフェ矢板(栃木県代表) 7-0 長井クラブ(山形県代表) [3]松本山雅FC 3-2 北陸大学(石川県代表) [4]FC今治 1-4 沖縄SV(沖縄県代表) [8]FC岐阜 3-2 中京大学(愛知県代表) [11]アルテリーヴォ和歌山(和歌山県代表) 2-4 関西大学(大阪府代表) [22]福島ユナイテッドFC 7-1 ノースアジア大学(秋田県代表) [23]ホンダロックSC(宮崎県代表) 3-0 マリーゴールド熊本(熊本県代表) [24]ソニー仙台FC(宮城県代表) 3-1 東京国際大学FC(埼玉県代表) 2022.05.22 17:08 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢に7年半在籍したMF金子昌広がJFLの奈良クラブへ完全移籍「皆んなでJ3に行きましょう!」

JFLの奈良クラブは6日、ツエーゲン金沢を退団していたMF金子昌広(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 金子は正智深谷高校から国士舘大学を経て、2013年にヴァンフォーレ甲府へと入団。1年目ながらJ1で9試合、リーグカップ5試合、天皇杯1試合に出場。しかし、2年目の2014年途中に金沢へと期限付き移籍し、2015年に完全移籍していた。 金沢では期限付き移籍期間を含め、7年半在籍。J2通算143試合に出場し16得点、J3通算11試合出場2得点、天皇杯で6試合に出場していた。 金子は両クラブを通じてコメントしている。 ◆奈良クラブ 「奈良クラブのファン・サポーターの皆様、ツエーゲン金沢から加入することになりました。金子昌広です。オファーを頂きとても嬉しく思っています」 「奈良のサッカー、ビジョンをとても魅力的に感じチームの目標を達成できるように、力になりたいと思っています。大事な家族とも離れ、強い気持ちで移籍を決めました!新たなスタートを奈良クラブと共に歩んでいけたらと思っています。皆んなでJ3に行きましょう!応援宜しくお願いします」 ◆ツエーゲン金沢 「明けましておめでとうございます。契約満了となり、ツエーゲン金沢を離れる事になりました。このクラブに7年半在籍させて頂きましたが、あっという間の時間でした。スポンサー様、ファンサポーターの皆様 どんな時も後押しして頂きありがとうございました」 「特にスタジアムで僕のユニホーム、フラッグ、横断幕など いつもパワーをくれていた皆さん本当にありがとうございました。直接挨拶できなかった事とても申し訳なく思っています」 「金沢、石川県が本当に大好きで、正直愛着あるクラブで引退まで。と思っていましたが、自分の力不足でそれは叶いませんでした。これまで長い間クラブに関わらせて頂いた事、心から感謝致します」 「そして、個人的にも金沢で出会い良くして頂いた方々、父・母の様に親身になって頂いた方々、家族一同大変お世話になりました。何度救われた事か、数えきれません。本当にありがとうございました!」 「今後のクラブの発展、心から応援しています。たまには僕の事を少しでも思い出し、気にかけて下さいね!7年半本当にありがとうございました!!」 2022.01.06 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

八戸と契約満了のDF伊勢渉がJFLの奈良クラブへ「ひたむきに戦います」

ヴァンラーレ八戸は29日、DF伊勢渉(25)がJFLの奈良クラブへと完全移籍することを発表した。 伊勢は、駒澤大学、ホンダロックSCを経て、2020年に八戸へと加入。2シーズンで明治安田生命J3リーグで16試合、天皇杯で3試合に出場していた。 奈良クラブへと加入することが決まった伊勢は、意気込みをコメントしている。 「ヴァンラーレ八戸から加入することになりました伊勢渉です。またプレーする場所を与えてくださった奈良クラブに感謝します」 「奈良クラブがJFL優勝、そしてJ3昇格する為に、ひたむきに戦います。奈良クラブの関わる全ての皆様よろしくお願いします。共に戦いましょう!!」 2021.12.29 21:13 Wed
twitterfacebook
thumb

徳島、MF森田凜の奈良クラブへの育成型期限付き移籍延長を発表 「最大限の努力を続けます!」

徳島ヴォルティスは27日、MF森田凜(19)の奈良クラブへの育成型期限付き移籍期間を延長したことを発表した。 徳島の下部組織出身の森田は、2019年に2種登録されてトップチーム入り。しかし出番はなく、翌年の正式昇格以降も公式戦には出場できなかった。その後、出場機会を求めて今年から奈良クラブへ育成型期限付き移籍。今季は日本フットボールリーグ(JFL)16試合でプレーし、1ゴール1アシストを記録した。 来シーズンも武者修行を続けることになった森田は両クラブを通じてコメント。所属元の徳島には「最大限の努力を続けます」と成長を約束し、奈良クラブには明治安田生命J3リーグ参戦に向けての意気込みを語っている。 ◆徳島ヴォルティス 「2022シーズンも奈良クラブでプレーすることになりました」 「今シーズンは自分自身、足りない部分や成長を感じられた部分がたくさんありました。より成長するために、自分のできる最大限の努力を続けます!」 「徳島ヴォルティスが再びJ1に昇格することを心から祈っています!」 ◆奈良クラブ 「奈良クラブのみなさん、奈良クラブでもう1年プレーさせていただくことになりました!」 「今シーズンは悔しいことの方が多いシーズンだったと思います」 「来シーズンは自分が引っ張ってJ3昇格・JFL優勝を成し遂げられるように本気で考え本気で向き合います!」 「僕が好きになった奈良の街にJクラブを作りたいです! そのために奈良クラブすべての人が一丸となって頑張りましょう!」 2021.12.27 13:38 Mon
twitterfacebook
thumb

JFL奈良クラブが鳥取MF可児壮隆を獲得「J3昇格のために全力で戦います」

ガイナーレ鳥取は27日、契約満了で退団が決まっていたMF可児壮隆(30)がJFLの奈良クラブへ完全移籍することを発表した。 可児は、川崎フロンターレの下部組織出身で、阪南大学へと進学。2014年に川崎Fへと入団した。 古巣でプロ選手となったが、リーグ戦では出番がなく、天皇杯でデビュー。2試合の出場に終わると、2015年には湘南ベルマーレ、2016年にはツエーゲン金沢、2017年にはFC今治へと期限付き移籍。2018年から鳥取に完全移籍してプレーしていた。 鳥取では、J3で通算115試合に出場し12得点を記録。今シーズン限りで退団が決まっていた。 可児はクラブを通じてコメントしている。 「ガイナーレ鳥取から加入することになりました可児壮隆です。奈良クラブのJ3昇格のために全力で戦います!奈良クラブに関わるすべての皆様、よろしくお願いします!」 2021.12.27 12:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly