集合写真でパーマの3人が集結し…磐田FWジャーメイン良がツッコミ「写真撮る人までいじりにきてる」

2022.01.18 20:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ジュビロ磐田は17日、2022シーズンに臨むチームの集合写真を公開。大事な出だしとなるはずの1枚だが、新加入のFWジャーメイン良がある指摘をした。

ジャーメイン良は、集合写真内で3列目の左から3番目に位置。その前に当たる2列目の左から3番目と4番目には、横浜FCから加入したDF袴田裕太郎とDF森岡陸が並んだ。

その結果、特徴的なパーマへアの3人が固まることに。ジャーメイン良は、クラブの投稿を引用する形で、「指示通りのところ立ったらブロッコリー(の絵文字)トライアングルだった。写真撮る人までいじりにきてる」と冗談交じりにクラブの“意図”を指摘をした。

これには、ファンも「小さい森が生まれてる」、「ほんとだ」、「ブロッコリートライアングル(笑)」、「面白すぎる」と反応。ただ、磐田の公式ツイッターは「言われるまで気づきませんでした…狙ってないです」と爆笑の絵文字を添えながら否定している。



1 2

関連ニュース
thumb

湘南が首位でプレーオフステージへ! 2位は6年ぶりGS突破の福岡【ルヴァンカップ・グループD第6節】

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第6節が18日に各地で行われ、D組も2試合が開催された。 勝ち点9で2位のアビスパ福岡はすでに敗退が決定済みで最下位に沈むFC東京とアウェイで対戦。前半は互いに堅い守備が際立つ展開となり、ゴールレスで終える。 引き分け以上で自力で突破が決まる福岡はルキアンやジョルディ・クルークスを送り込み、こじ開けにかかるが、FC東京も集中を切らさず、逆にゴールに迫り寄る。 シンプルなサイド攻撃やセットプレーを活路に相手のゴールに向かっていったFC東京だが、勝ち点1でも十分な福岡も守りでファイト。0-0のドローに終わった。 FC東京 0-0 アビスパ福岡 勝ち点9で首位に立つ湘南ベルマーレは勝ち点7で3位のジュビロ磐田とホームで対戦。突破に勝利が求められる磐田だが、シュートの形を作るのに苦しみ、湘南の積極性が際立つ展開となる。 その湘南もフィニッシュの精度が伴わず、0-0で折り返すが、54分に左サイドから町野が左足で上げたクロスに池田が右足ボレー。これが豪快にネットを揺らして、湘南が先制に成功する。 先にゴールを奪われ、厳しい展開に追い込まれた磐田は63分にファビアン・ゴンザレスがゴールに迫った場面もGK谷が阻止。その後もペースを握り続けた湘南が1-0の完封勝利を収めている。 湘南ベルマーレ 1-0 ジュビロ磐田 【湘南】 池田昌生(後9) 結果、勝ち点を「12」に伸ばした湘南は首位でプレーオフステージに勝ち進み、2年連続でグループステージ突破。勝ち点10の福岡は2位の座を守り、6年ぶりのグループステージ通過を決めた。 ◆順位表 1:湘南ベルマーレ 12pt/+3 2:アビスパ福岡 10pt/0 3:ジュビロ磐田 7pt/-1 4:FC東京 5pt/-2 2022.05.18 21:48 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田の選手1名が新型コロナウイルスの陽性診断

ジュビロ磐田は17日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。 当該選手は11日に、濃厚接触疑いとなり、チームから隔離。ただ、症状はなかったという。 しかし、13日にノドの痛みを自覚。14日にはノドの痛みに加えて、38.1℃の発熱があり、13日に受けたPCR検査の結果、陽性診断を受けたとのことだ。 なお、クラブ内には濃厚接触者はいないとのことだ。 2022.05.17 20:57 Tue
twitterfacebook
thumb

J3から来た男、磐田MF鹿沼の劇的J1初ゴールに解説・水沼氏も惜しみない賛辞

ジュビロ磐田のMF鹿沼直生のゴールを称賛する声が止まない。 14日、2連敗中だった磐田は明治安田生命J1リーグ第13節でホームにFC東京を迎え、先発を6人入れ替えて臨んだ。鹿沼もスタメンに名を連ね、J1初先発を飾ると、伊藤彰監督の起用にファインゴールで応えた。 43分に上原力也の得点で先制した磐田は、79分にアダイウトンの恩返し弾で同点とされ、1-1のまま最終盤を迎えた。ドローもちらつく88分、敵陣右サイド深い位置から鈴木雄斗がクロスを上げ、ディフレクトしてボックス内にボールがこぼれると、拾った大森晃太郎が倒れながらも後方にラストパス。反応した鹿沼がボックス左からダイレクトシュートをゴール右に沈めた。 振り抜くのではなく、優しく合わせたキックはまさしくゴールへのパス。「一瞬、ヤットさん(遠藤保仁)かと思った」、「静学って感じでいい♪」、「小野伸二のプレーが脳裏をよぎった」、「ジーコ鹿沼」、「確かにこれはヤットさんが憑依してるわ」など、名選手と比較するファンの声も多く上がっている。 中継で解説を務めた元日本代表MF水沼貴史氏も、J1初ゴールとなった鹿沼の一撃に惜しみない賛辞を送っている。 「鹿沼が(あの状況でこのようなシュートを)打てるということがまずすごいですし、やっぱり横に遠藤がいるからだと思うんですよね、こういう時にこういうキックを選択できるというのは。これは鹿沼に失礼かもしれないですけれど。でも、あのシュートは冷静で、この状況で、よく打てましたよ」 鹿沼は2020年に専修大学から当時J3のSC相模原へと加入した。リーグ戦全34試合にフル出場し、J2昇格に貢献すると、翌年には磐田へ移籍して今度はJ1昇格。YBCルヴァンカップでは全5試合に出場し、グループD第5節のFC東京戦では97分に値千金の決勝点を挙げていた。 この日も自身のゴールが決勝点となった鹿沼。J3からJ1へ成り上がった男の、今後の活躍にも期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【動画】まさにゴールへのパス、終盤の勝ち越し弾となった磐田MF鹿沼のJ1初ゴール(5:23~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ATDq6D1S6gk";var video_start = 323;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

アダイウトン、古巣磐田への恩返し弾もノーセレブレーション「本当にプレーも人間性も良い」

FC東京のブラジル人MFアダイウトンが古巣への敬意を示した。 FC東京は14日に行われた明治安田生命J1リーグ第13節でジュビロ磐田の敵地に乗り込んだ。古巣対戦となったアダイウトンはベンチからのスタートとなった。 前半の終了間際にビハインドを負い、追い掛ける展開となったFC東京は、76分に青木に代えてブラジル人アタッカーを投入。すると、この策が奏功する。 この交代から3分後、紺野和也がボックス手前でドリブルを仕掛け、カットインから左サイドにパスを供給。ボックス手前左で待ち構えていたアダイウトンはワンタッチでDFを1枚剥がし、右足でコントロールショットを放つと、ボールは素晴らしい軌道を描いてゴール右に吸い込まれた。 起用に即応えたアダイウトンだが、笑顔を見せたもののセレブレーションはせず。2015年から5年間プレーし、日本でのキャリアのスタートとなったクラブへのリスペクトを示した。 交代の際には磐田サポーターからも拍手が送られていたというアダイウトン。人柄がうかがえる一幕に、ファンからも「ジュビロへの感謝と敬意を大切にしてる感じ。本当そういうところも好きな選手だ」、「ほんとアダは良い人だよな」、「本当にプレーも人間性も良い」、「漢」、「帰ってきてくれてもええんやで、、、」などの声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】投入直後に同点弾を決めたアダイウトンはノーセレブレーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ATDq6D1S6gk";var video_start = 248;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 20:34 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿沼直生のJ1初ゴールが決勝弾に!磐田がFC東京との熱戦制し連敗ストップ【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、ジュビロ磐田vsFC東京が14日にヤマハスタジアムで行われ、2-1でホームの磐田が勝利を収めた。 互いに連敗の中で迎える一戦。16位の磐田は前節はセレッソ大阪に1-2で敗れた。降格圏脱出を目指し、先発メンバーを6人変更したなかで、ここ4試合で3ゴールと絶好調のファビアン・ゴンザレスが加入後初スタメンとなった。 対するFC東京は前節、サガン鳥栖に0-1で敗れ、順位も7位までダウン。高萩が今季初先発となった一方で、古巣対決となるアダイウトンはベンチスタートとなった。 序盤から両チームともサイド攻撃を中心にアグレッシブな展開を見せるなかで、ファーストシュートを放ったのはホームの磐田。10分、上原が相手DFからボールを奪取し、ボックス右手前からグラウンダーで折り返すと、走り込んできた遠藤がバイタルエリアから右足をダイレクトで振り抜く。しかし、これは枠の上に外れた。 28分にはアウェイのFC東京にチャンス。カウンターの流れからディエゴ・オリヴェイラが自陣からボックス右まで進入して中央へ折り返すが、わずかにゴール前の高萩には合わない。 中盤での迫力あるデュエルが頻繁に行われた半面、シュートシーンが少なかった前半。しかし、43分にスコアが動く。磐田が自陣からパスを繋ぎながら相手陣内に攻め入り、右サイドの浅い位置でボールを受けた鈴木がダイレクトでグラウンダーのクロスを供給。ボックス右に走り込んできた上原が右足ダイレクトで合わせると、これがゴール右に決まり、先制点を挙げた。 前半はカウンターからチャンスを何度も創出するが、ラストパスの精度が足りなかった印象のアウェイチーム。同点ゴールを狙い、後半から高萩に代えて松木を投入した。 57分にそのFC東京が決定機を迎える。敵陣中央でのパス交換から、ディエゴ・オリヴェイラのスルーパスでゴール前に抜け出したのは安部。GKとの1対1の局面で右足のシュートを放つも、三浦のビッグセーブに遭い、同点とはならなかった。 追加点を狙うホームチームは60分、上原のスルーパスにファビアン・ゴンザレスが抜け出し、ゴール前まで一気に持ち上がる。ゴール前では相手GKをフェイントでかわし、右足を振り抜いたが、がら空きのゴールを狙ったシュートは精度を欠いてゴール右に外れる。 なんとしても追いつきたいFC東京は、76分に青木に代えてアダイウトンを投入。この試合が古巣戦となるブラジル人アタッカーを起用して攻撃陣の活性化を図ると、この策が功を奏す。 79分に紺野がボックス手前でドリブルを仕掛け、左サイドにパスを供給。ボックス手前右でボールを受けたアダイウトンが右足でシュートを放つと、素晴らしい軌道を描いてゴール右に吸い込まれ、見事な恩返し弾で同点に追いついた。 終盤で試合を振り出しに戻された磐田だったが、ホームで勝利への執念を見せる。87分、敵陣右サイド深い位置から鈴木がクロスを上げ、ボックス内にボールこぼれると、拾った大森が倒れながら後方にラストパス。反応した鹿沼がボックス左からダイレクトで右足のシュートを放ち、ゴール右に突き刺した。 鹿沼のJ1初ゴールによって、土壇場で勝ち越した磐田はその後もうまく時間を使いながら試合を進め、2-1のままタイムアップ。連敗をストップさせるとともに、暫定14位まで順位を上げ、降格圏脱出となった。 ジュビロ磐田 2-1 FC東京 【磐田】 上原力也(前43) 鹿沼直生(後43) 【FC東京】 アダイウトン(後34) 2022.05.14 16:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly