ミランに痛手…トモリが左ヒザ内側半月板損傷で1カ月の離脱か

2022.01.15 00:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのイングランド代表DFフィカヨ・トモリが近日中に左ヒザの手術を受けるようだ。イタリア『スカイ』など複数メディアが報じている。

トモリは13日に行われたコッパ・イタリア5回戦のジェノア戦に先発出場したが、プレー中に左ヒザを負傷。24分にフロレンツィとの交代を余儀なくされた。

『スカイ』によれば、試合後の検査でトモリは左ヒザ内側半月板の損傷と診断されたようで、数日中に手術を受けること。なお、離脱期間は1カ月程度になると伝えている。

デンマーク代表DFシモン・ケアーの負傷離脱により、新ディフェンスリーダーとして重要な働きを担っていたトモリは、今季ここまで公式戦23試合に出場。身体能力の高さを生かした守備範囲の広さ、堅実なディフェンスで首位インテルを追走するミランを後方から支えていた。

今後、ユベントスやインテルら上位陣との戦いが控えているミランにとって、トモリの離脱は大幅な戦力ダウンとなりそうだ。

関連ニュース
thumb

引く手数多のエクアドル代表DF、ナポリ、トッテナム、ミランの興味も移籍に興味なし?

レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(20)は今夏の移籍市場で引く手数多だが、移籍する気はないようだ。 インカピエは母国のインデペンディエンテの下部組織育ち。アルゼンチンのタレレスに移籍すると、2021年8月に完全移籍で加入した。 ブンデスリーガ1年目を戦ったインカピエは、センターバックとして27試合に出場し1ゴール1アシストを記録。安定したパフォーマンスを見せていた。 そのインカピエに関しては、ナポリやトッテナムが獲得に関心を示していた中、ミランも獲得に興味を示すことに。多くのオファーが舞い込む中、移籍する気はないようだ。 インカピエの代理人であるマヌエル・シアラ氏がイタリア『Stop&Goal.com』で語った。 「ピエロは現時点でレバークーゼン、そしてドイツでの生活にとても満足している」 「ミランから彼に関心があることは確認しているが、彼はレバークーゼンと話し合い、どのように一緒に成長できるかを確認している」 移籍する意思がないというインカピエ。仮に今夏獲得となれば、3000万ユーロ(約43億円)は必要になると見られている。 トッテナムは3500万ユーロ(約50億3000万円)までは検討しているようだが、果たしてどうなるだろうか。 2022.06.29 20:24 Wed
twitterfacebook
thumb

クレスポ氏が自身と似たキャリアを歩むルカクに理解を示す「ミラノは特別な街」

元アルゼンチン代表のエルナン・クレスポ氏(46)が、インテル復帰が目前に迫るベルギー代表FWロメル・ルカク(29)の決断に理解を示した。イタリア『スポーツ・メディアセット』が伝えている。 現役時代のクレスポ氏はパルマやラツィオでセリエA屈指のストライカーとして地位を確立したのち、2002年夏にインテルへと移籍。だがインテルでは負傷も影響して期待に見合う成績を残せず、わずか1シーズン限りの在籍でチェルシーへ移籍。しかし今度はプレミアリーグに順応できず構想外に。2004年夏にチェルシーからインテルの宿敵ミランへとレンタル移籍したという経験をもつ。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じたクレスポ氏は、チェルシー加入からわずか1年でインテル復帰となる見込みのルカクについて、自身の経歴を持ち出し理解を示した。 「ルカクは復帰を待ち望んだ。インテルでは王様だったが、チェルシーではそうではなかった。愛情や心の問題に直面すると、誰しもが物事をうまく進められない」 「私自身はプレミアではなく、カルチョに心の平穏を感じた。だから戻りたかった。ロンドンの街についてどう感じるかではない。サッカー選手にとってミラノとは特別な街なのだ」 「ミラノは本当に素晴らしく、独特の情熱がある。私の場合はチェルシーにいた時にミランのアンチェロッティが私を必要としてくれた。急いで向かったよ(笑) 」 パルマ時代にも師事したカルロ・アンチェロッティ監督(当時ミラン指揮官)の誘いに応じ、1年レンタルの形で2004-05シーズンをミランでプレーしたクレスポ氏。愛するミラノの街に帰ってこれただけに、レンタル期間が満了する時は悲しみを覚えたそうだ。 「シーズンの最後にイスタンブールでリバプールに敗れたこと。そしてチェルシーに戻らなければいけないこと。悲しみのままにミラノを後にしたよ」 なお、ルカクを巡ってはインテルのサポーターの一部が復帰を必ずしも歓迎しない姿勢を示すなど、未だ賛否はある模様。スクデット獲得をもたらしたかつてのようなプレーでこれらの声を覆せるか、注目が集まっている。 2022.06.29 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、ローマの辞退受けガンペール杯出場か? ケシエいきなりの古巣対戦の可能性も

今夏のジョアン・ガンペール杯の対戦相手が、ローマからミランに変更される見込みだ。スペイン『スポルト』が報じている。 バルセロナは昨夏、クラブ史上初の男女チームの共催という形でガンペール杯を実施し、ユベントスと対戦した。そして、8月6日に予定されている今夏のガンペール杯も男女共催の形を取り、対戦相手は同じイタリア勢のローマに決定していた。 しかし、ローマは今夏のプレシーズン中の遠征の負担を軽減する目的で、急遽ガンペール杯への参加辞退を表明。 すると、寝耳に水の相手方の辞退に憤るバルセロナは27日、「バルセロナとそのファンに与えた損害と損失を考慮し、適切な措置を検討している」と、法的措置を辞さない構えであることを声明で発表していた。 この緊急事態を受け、バルセロナはジョアン・ガンペール杯の対戦相手に相応しいネームバリュー、実力のある男女チームを抱えるクラブを条件に、新たな対戦相手を選定。その結果、同じイタリア勢であるミランを招待する可能性が高まったという。 仮に、今回の対戦が実現した場合、今シーズン限りでミランを退団し、バルセロナへのフリートランスファーが決定的と報じられるコートジボワール代表MFフランク・ケシエはいきなりの古巣対戦となる。 また、女子チームでは今シーズン終了までバルセロナからミランにレンタル移籍していたスペイン人DFライア・コディーナが古巣対戦となる。 2022.06.29 19:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ツィエク獲得を狙うミラン、買取義務付きのレンタルを画策か

チェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)の獲得を目指して、ミランが具体的なオファーを準備しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 先日からツィエク獲得に再挑戦すると取り沙汰されているミラン。同選手は2020年夏にアヤックスからチェルシーに移籍したが、トーマス・トゥヘル監督の下では準主力の立ち位置から脱却できずにいる。 また、チェルシーが同じポジションに新戦力獲得の動きを見せていることもあり、契約は2025年まで残っているものの、適切なオファーが届けば売却も辞さない構えと見られている。 『カルチョメルカート』によれば、ミランのスポーツ・ディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏が、昨夏に続いてチェルシーとツィエク代理人との三者で交渉に当たる予定で、ミラン側は2000万ユーロ(約28億6700万円)から2500万ユーロ(約35億8500万円)の買い取り義務がついたレンタルという条件のオファーを検討している模様。 また、500万ユーロ(約7億1600万円)のレンタル料を支払う意向のようで、現時点では最大で3000万ユーロ(約43億円)に上る可能性のある取引になると見られている。 チェルシーが獲得の際にアヤックスに支払った移籍金はボーナス付きの4000万ユーロ(約57億3600万円)。まだ正式オファーには至っていないが、ツィエクの周囲は忙しい夏を過ごすことになりそうだ。 2022.06.29 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

セリエA王者ミラン、ボトマンに続きレナト・サンチェスも逸か

ミランがリールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)の獲得に失敗したようだ。フランス『ル・パリジャン』やイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など現地メディアが複数伝えている。 現地メディアによればレナト・サンチェスはパリ・サンジェルマンへの加入を決めたようだ。 ミランは今夏、リールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)の争奪戦でニューカッスルに敗れていた。ただ、今回は移籍金ではPSGの1000万ユーロ(約14億3000万円)を上回る1800万ユーロ(約25億8000万円)+出来高を提示していた中、選手本人の意思によって獲得が実現しなかったようだ。 PSGでは新シーズン、リールでレナト・サンチェスを指導したクリストフ・ガルティエ監督が就任予定。その影響があったと現地メディアは伝えている。 2022.06.29 07:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly