岩手退団のMF有永一生が関東1部のVONDS市原へ完全移籍「必ず昇格しましょう!」

2022.01.08 13:59 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
いわてグルージャ盛岡は8日、MF有永一生(32)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原へ完全移籍することを発表した。

有永は福岡県出身で、国見高校、関東学院大学、AC長野パルセイロを経て、2020シーズンから岩手でプレーしていた。

2021シーズンは明治安田生命J3リーグで21試合に出場し2得点を記録。しかし、シーズン終了前の12月3日に契約満了が発表されていた。

有永は新天地での意気込みをコメントしている。

「VONDS市原でプレーします、有永一生です。JFLに昇格する為にチーム、サポーターが一体となって必ず昇格しましょう!走りまくります!応援よろしくお願いします!」


関連ニュース
thumb

新潟がU-21日本代表三戸舜介のゴールなどで勝利し首位肉薄! 裏天王山は大宮が琉球を下し降格圏脱出【明治安田J2第18節】

25日、明治安田生命J2リーグ第18節の11試合が行われた。 首位のベガルタ仙台(勝ち点35)は4位のファジアーノ岡山(勝ち点27)と対戦。ゴールレスドローに終わった。 上位対決となった一戦。岡山の木山隆之監督にとっては古巣対戦となった一戦となった。 立ち上がりから積極さを見せた中5分、ミッチェル・デュークの展開からハン・イグォンが持ち出してシュートも枠外となる。 仙台は中島元彦のミドルシュート、岡山はミッチェル・デュークがミドルシュートでゴールを狙うが、共に枠を外れていく。 仙台は30分、内田裕斗からのクロスを走り込んだ富樫敬真がヘッド。しかし、これは強く叩けず、GK堀田大暉がキャッチする。 仙台は後半に氣田亮真がカットインからミドルシュート。これは枠に飛ぶがGK堀田がセーブする。 後半はホームの仙台が押し込み続けるが、富樫、氣田のシュートは惜しくも決まらず。ゴールが遠い展開が続く。 岡山は85分、左CKからのクロスを柳育崇がヘッド。これは枠に飛ぶがGK小畑裕馬がキャッチ。ゴールを奪えず、1-1の引き分けに終わった。 2位のアルビレックス新潟(勝ち点32)はアウェイで水戸ホーリーホック(12位/勝ち点22)と対戦し、0-3で勝利を収めた。 連勝を目指す新潟だったが、先にチャンスを作ったのは水戸。8分、椿直起がカットインからシュート。しかし、これは右ポストを直撃する。 対する新潟は14分、新潟は後方からのビルドアップを繋ぎ、最後は三戸舜介がボックス内右からシュート。これはGK山口瑠伊がセーブ。こぼれ球を谷口海斗が詰めにいくがゴールに飛ばない。 すると30分、水戸はカウンターから木下康介が運び、折り返しを安藤瑞季が合わせにいくが、千葉和彦がブロック。黒石貴哉がこぼれ球を拾ってシュートもGK小島亨介がセーブする。 互いにゴールに迫る中ゴールレスで後半を迎えた中53分、三戸がインターセプトのまま持ち出すとカウンター。3-2の状況となったがそのままミドルシュート。GKの手を弾いてゴールに決まり、先制に成功する。 さらに67分、左からのCKからファーサイドにフリーで走り込んだ本間至恩がダイレクトで合わせて新潟が追加点を奪う。 2点リードを奪うと、85分には左サイドでボールを持った本間がドリブルでカットイン。ワンツーで崩すと、ミドルシュートが鈴木孝司の背中に当たって跳ねて決まり、新潟が0-3で勝利を収めた。 また、横浜FC(3位/勝ち点32)はアウェイでいわてグルージャ盛岡(22位/勝ち点14)とアウェイで対戦した。 上位と下位の対決となる中、先にネットを揺らしたのは横浜FC。39分、ボックス右でFKを得た横浜FCは長谷川竜也のクロスからファーサイドでガブリエウがヘッド。これが決まり先制する。 積極的なプレーを見せる岩手だが、横浜FCとの力の差を感じる展開に。それでもしっかりと我慢しながら戦っていたが、うまく試合をコントロールされると、60分に一瞬の隙を突かれてしまう。 GKからのロングフィードがフリックされるも、最終ラインの牟田が拾ってバックパス。しかし、弱いパスを予測したのかサウロ・ミネイロはすでに追いかけており、そのまま流し込んだ。 横浜FCがリードを保ったまま終盤へ。強風の中での試合となったがアディショナルタイムにはボックス手前で小川がコントロールからシュートをねじ込み3点目。リードを広げるが、岩手はその後も押し込むとボックス内右でパスを受けたブレンネルが豪快に蹴り込み一矢報いる。しかし、そのまま試合は終了し、1-3で横浜FCが勝利した。 その他、降格圏の大宮アルディージャ(21位/勝ち点14)と勝ち点でならぶFC琉球(20位/勝ち点14)の一戦は、1-0で大宮が勝利した。 前半はアウェイの琉球が押し込む展開となった中、大宮は粘りの守備を見せて得点を許さず。 後半に入り、大宮がギアを上げて盛り返すと、71分に柴山昌也のクロスを田代真一がジャンピングボレーでニアサイドを撃ち抜き先制。1-0で逃げ切り、順位を入れ替えることに成功した。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 横浜FC</span> ベガルタ仙台 0-0 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 レノファ山口FC 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">栃木SC 1</span>-0 FC町田ゼルビア ザスパクサツ群馬 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 FC琉球 東京ヴェルディ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> 大分トリニータ 1-1 ブラウブリッツ秋田 ヴァンフォーレ甲府 1-1 徳島ヴォルティス 2022.05.25 21:54 Wed
twitterfacebook
thumb

「この鶴タダモノじゃない」岩手のマスコット“キヅール”の華麗なラボーナPKにファン衝撃「めっちゃ上手い」

いわてグルージャ盛岡のクラブマスコットであるキヅールが圧巻のラボーナを決めた。 キヅールは2017年に誕生。クラブ名のグルージャ(Grulla)はスペイン語で「鶴」を意味しており、一般公募の中から選ばれた名前だ。誕生時には、折鶴ながら「折れない心」の持ち主であり、サッカーはそこそこ上手いとの評判だった。 そして、18日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節の大宮アルディージャ戦でその真価が発揮される。 キックオフ前に行われた大宮のマスコットであるアルディとのPK対決に登場すると、キッカーのキヅールは左足で蹴ると見せかけて軸足の右足で蹴るラボーナを披露。アルディの逆を突き見事にPKを成功させた。 この華麗なキックには、ファンも「キヅール足元ハンパない」、「この鶴タダモノじゃない」、「マスコットらしからぬエグいプレー」、「何者だよ笑」、「上手すぎる」、「めっちゃ上手い」と衝撃を受けた様子だ。 ちなみに、キヅールは今シーズン、4月のブラウブリッツ秋田戦でのブラウゴンとのPK対決でもラボーナを披露していたが、この時は相手の正面に飛んでしまい失敗。リベンジに成功した形だ。 なお、肝心の試合でも0-0で迎えた後半アディショナルタイムにMF小松駿太が劇的な決勝ゴールを決め、岩手は連敗を「7」でストップさせ最下位脱出に成功している。 <span class="paragraph-title">【動画】キヅールの華麗なラボーナPK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AD%E3%83%85%E3%83%BC%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#キヅール</a> がPK対決に参戦<br>果たして結果は⁈<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#大宮アルディージャ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%A6%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E7%9B%9B%E5%B2%A1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#いわてグルージャ盛岡</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%80%E5%B2%A9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#一岩</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#グルージャ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/GRULLA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GRULLA</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B2%A9%E6%89%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#岩手</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%9B%9B%E5%B2%A1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#盛岡</a> <a href="https://t.co/7HjuXMzmg5">pic.twitter.com/7HjuXMzmg5</a></p>&mdash; いわてグルージャ盛岡【公式】 (@IwateGrulla) <a href="https://twitter.com/IwateGrulla/status/1526846569164644352?ref_src=twsrc%5Etfw">May 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.19 12:12 Thu
twitterfacebook
thumb

終盤押し込んだ岩手が後半ATの小松駿太弾で7連敗をストップ! 大宮は下位対決で痛恨の敗戦【明治安田J2第15節】

18日、明治安田生命J2リーグ第15節の延期分の大宮アルディージャvsいわてグルージャ盛岡がNACK5スタジアム大宮で行われ、0-1で岩手が勝利を収めた。 岩手のチーイム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が多く出た影響で中止となっていた試合。岩手にとってはチーム活動が停止するなどした中、最下位の初戦となる。 ホームの大宮は下位に低迷している中で、ここ4試合は無敗。直近2試合は引き分けと勝ち点を積み上げている。前節のV・ファーレン長崎戦からは3名が変更。茂木、中野、小島が外れ、三門、柴山、菊地が入った。 対する岩手は活動停止前に7連敗と大苦戦。気がつけば最下位に転落していた。2週間ぶりの試合となったが、スタメンは5名変更。野澤、深川、ビスマルク、石井、和田が外れ、松山、脇本、宮市、小松、韓勇太が起用された。 ともに勝ち点3が欲しい試合。無敗を続けたい大宮と、連敗をストップさせたい岩手の一戦は互いに譲らない展開となる。 28分に浮き球のパスを受けた河田が相手のラインの背後をとると、トラップからそのまま振り向きざまシュート。しかし、わずかに枠を外れる。 徐々に大宮が押し込み、岩手ゴールに迫るシーンが増えていくと30分にもチャンス。ボックス右からの三門がクロス。これを菊地がヘッドで合わせるが、わずかに枠を超えていく。 さらに34分には広大なスペースに抜け出した河田が右サイドからクロス。ファーサイドに走り込んだ武田がダイレクトボレーで合わせるも、シュートは枠を外れる。 ゴールレスで迎えた後半、大宮は柴山を下げて中野誠也をハーフタイムに投入。流れを変えにいく。 すると51分、大宮はGKのクリアボールを拾った武田が3人に囲まれるもキープしてかわすと、左足でミドルシュート。しかし、これは枠を捉えられない。 大宮はさらに67分に矢島と菊地を下げて、三幸秀稔と泉澤仁を投入。泉澤は6年ぶりに大宮の選手としてピッチに立った。 防戦だったが岩手は72分に、この試合最大のチャンス。弓削がミドルシュートを放つもクロスバー。跳ね返りを中村がダイレクトで合わせるが、これは左ポスト。最後はブレンネルが拾ってシュートも、力なくGK南がセーブする。 ピンチの後には大宮にチャンス。73分、左CKからのクロスに新里が合わせるも体を張ってブロックして凌いでいく。 ホームの大宮は終盤にアクシデント。78分にバックパスを処理する際に南が体勢を崩すと、そのままプレー続行不可能に。期限付き移籍で獲得していたGK志村滉が起用される。 アクシデントがありながらも攻め込む大宮。その中で85分に岩手はクリアボールを弓削がダイレクトボレー。これが枠を捉えるが、緊急出場のGK志村がビッグセーブを見せて得点を許さない。 終盤にかけては岩手が押し込み続けると、91分に結実。ブレンネルが右サイドで粘ると、中村がインサイドで受けてグラウンダーのクロス。最後はファーサイドに走り込んだ小松が流し込み、岩手が先制する。 押し込み続けた岩手が最後まで粘りを見せて守りタイムアップ。大宮は5試合ぶりの敗戦、岩手は連敗を「7」でストップさせ最下位を脱出した。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 ▽5/18 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 いわてグルージャ盛岡</span> 【岩手】 小松駿太(後45+1) ▽5/8 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 1</span>-0 横浜FC ロアッソ熊本 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC琉球</span> モンテディオ山形 1-1 大分トリニータ 水戸ホーリーホック 0-0 FC町田ゼルビア ザスパクサツ群馬 0-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 4</span>-3 東京ヴェルディ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 1</span>-0 レノファ山口 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ベガルタ仙台</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 ファジアーノ岡山 栃木SC 0-0 ヴァンフォーレ甲府 2022.05.18 20:59 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグが声出し応援の段階的導入を発表! 6月のルヴァン杯・鹿島戦と、東京Vvs岩手で運営検証を実施

Jリーグは17日、公式試合における声出し応援の段階的導入についてのメディアブリーフィングを行った。 2020年に発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、声出し応援ができないまま3シーズン目に突入したJリーグ。一方で、欧州リーグでは声出しができた他、先日まで行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも声出し応援が可能だった。 日本国内でもサポーターの中ではいつまで声出し応援ができないのかという声が大きくなる中、Jリーグは段階的に声出し応援を導入していくことを発表した。 ステップは1から3まで用意され、声出し応援エリアや声出し応援席を設けて行われていく。 対象試合の観客席の一角を座席間隔を広く保った「声出し応援可能エリア」として指定し、指定エリア内の座席を購入された来場者に限り、不織布マスクを着用の上で声出し応援が可能となる。 また、当面は「声出し応援可能エリア」では飲食や飲酒は禁止。アルコール飲料以外の水分補給は可能となる。 ステップ1では2試合が対象となり、6月4日か11日に行われるYBCルヴァンカップ・プレーオフステージの鹿島アントラーズ戦。対戦相手は未定だが、県立カシマサッカースタジアムで運営検証が行われる。 また、6月12日の明治安田生命J2リーグ第21節の東京ヴェルディvsいわてグルージャ盛岡の試合でも実施。味の素スタジアムで運営検証が行われる。 ともに、ホームとビジターの合計3000人までとなり、選定理由は過去に調査実績のあるスタジアムが選ばれた。 またステップ2は7月に予定され、6試合程度を見込んでいるとのこと。ホームとビジターの計7000人が対象であり、こちらも過去に調査実績のあるスタジアムが選ばれることとなる。 さらに、ステップ3は8月中に実施。希望する前クラブでの実施を考えているとのことだ。 野々村芳和チェアマンは、今回の声出し応援の段階的導入についてコメントしている。 「世界の情勢、日本のコロナ政策を含めて、前に進んでいくことも必要であろうということは当然ながらサッカーの現場ではサポーターを含めて語られてきました」 「今回は声出し応援エリア、席を作ることで、段階的に導入し、ステップを着実に踏みながら、安心安全を確認して段階的に導入していきたいと思います」 「多くの皆さんが熱量を発散させられてこそ良い作品になる。国内では難しい状況ですが、1つずつステップを踏むと先が見えるようになります」 「国内においては安心を担保しないと参加できないという方もおられると思うので、そこの線引きを運営サイドで、どうマネジメントできるかをステップ1でやっていきたいと思います」 「政府の基本的な方針に基づいてどう進めていくかを、今日は実行委員の皆さんと話した上でサッカーを取り戻そうということを握らせてもらいました」 2022.05.17 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

J2岩手の選手1名が新たに新型コロナ陽性判定

いわてグルージャ盛岡は16日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブ内で、多数の感染者が出たことにより、活動を停止していた岩手。リーグ戦2試合が中止になるなどし、18日から再び試合が組まれている。 そんな中、新たに選手1名が陽性判定に。発熱はないものの、12日に頭痛を訴えると、13日には咳と頭痛の症状がありPCR検査を実施。14日にはノドの痛みがあり、PCR検査の結果、陽性となった。 チームの活動停止後も、次々と陽性者が出ている状況。現時点では18日の大宮アルディージャ戦は行われる予定となっている。 2022.05.16 11:23 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly