ダビンソン・サンチェスがECL敗退に異議「完全に不公平」

2021.12.21 19:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスが、ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)敗退に異議を唱えた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

トッテナムでは選手8名、スタッフ5名が新型コロナウイルスに感染するクラスターが発生し、9日にホームで開催予定だったスタッド・レンヌ戦が延期となっていた。

その後、欧州サッカー連盟(UEFA)は、期日である12月31日までに代替日を設定することが不可能だったとして、没収試合とすることを決定。この結果、トッテナムが0-3で敗戦したこととなり、グループステージ敗退となった。

これを受けてトッテナムは異議申し立てを行うと言われているが、ダビンソン・サンチェスもまた、UEFAの決定を不服としているようだ。

「試合をする権利を持っているのに、『よし、君たちは大会から出て行け』と言われるなんてフェアじゃない」

「コロナのせいで試合ができなかったと知ればなおさらだ。僕たちは試合の準備をし、集中していた。レンヌと戦うためにあらゆることをしていたんだ」

「試合が行われないという知らせを受けたのは、前日の夜だったんだ」

「アウェイ戦で苦戦していた大会だったから、クラブとしてもファンのみんなにとっても少しアンフェアな結果だ。ただ、まだ大会に残るチャンスがあった分、完全に不公平だと思うよ」

関連ニュース
thumb

カラスコにプレミアの強豪3クラブが関心!

アトレティコ・マドリーのベルギー代表MFヤニック・カラスコ(28)にプレミアリーグの強豪3クラブが関心を強めているようだ。スペイン『アス』が報じている。 シーズンを通してパフォーマンスに波はあるものの、本職の左ウイングに加えて、左右のウイングバックやサイドハーフで、ディエゴ・シメオネ率いるチームの崩しの起点を担うカラスコ。 そのベルギー代表に関しては、今夏の移籍市場でトッテナム、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドというプレミアリーグのビッグクラブが獲得に動いているようだ。 クラブとの現行契約は2024年まで残っており、アルゼンチン人指揮官の信頼も厚いカラスコに関して、クラブは来シーズン以降も重要な戦力として考えているという。 ただ、6000万ユーロ(約85億5000万円)に設定されている契約解除金は前述のクラブにとって十分に支払い可能な金額だ。また、カラスコのサラリーはチーム平均の金額で、年俸1000万ユーロ(約14億2000万円)超えのGKヤン・オブラクやMFコケ、FWアントワーヌ・グリーズマンらとは大きく開きがある。そのため、選手サイドがより好条件でのプレーを希望した場合、同選手を失う可能性が十分に考えられるようだ。 とはいえ、現時点で前述のクラブは公式な動きは見せておらず、アトレティコとカラスコの間で条件を改善した新契約を結ぶ可能性も除外されていないという。 2022.06.24 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズMDパラティチがイタリア入り! 複数クラブと交渉か?

トッテナムのマネージングディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏が、イタリアで幾つかの交渉を行っているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など複数メディアが報じている。 報道によると、共に要求が厳しいアントニオ・コンテ監督、ダニエル・レヴィ会長の下で調整役を担うパラティチ氏は、現在イタリアのミラノに入り、選手の獲得と共に売却に向けた幾つかの交渉を行っているという。 パラティチ氏は、同地で来シーズンも武者修行に出ることが濃厚なスペイン代表FWブライアン・ヒル(21)のレンタル先に名乗りを挙げるサンプドリアと交渉を行った模様。同選手に関しては今季のレンタル先だったバレンシアに加え、マルセイユも獲得を希望している模様だ。 さらに、元ユベントスSDは同じくローマとも同地で会談を行った模様。ローマの補強責任者であるチアゴ・ピント氏と直接顔を合わせた中、ウェールズ代表DFジョー・ロドン(24)のレンタル移籍に関して話し合いを行ったという。 アントニオ・コンテ監督の構想外と見られるロドンに関しては、プレミアリーグの中堅以下の複数クラブが関心を寄せる一方、トッテナムを率いた時代に同選手を評価していたジョゼ・モウリーニョ監督が獲得をリクエストしているようだ。 また、今回の会談ではロドンの売却交渉がメインとなったが、ローマでの去就が不透明で、以前からトッテナムが獲得に興味を示すイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(22)に関しても話し合われた可能性があるとのことだ。 2022.06.24 15:42 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルフワインのアヤックス移籍が濃厚に? アラーの移籍金を元手に再オファーか

トッテナムのオランダ代表FWステーフェン・ベルフワイン(24)に対して、アヤックスが獲得に動いているようだ。 2020年1月にPSVから加入すると、デビュー戦でいきなりマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど、上々のスタートを切ったベルフワイン。しかし、その後はケガにも悩まされ、主軸定着には至らなかった。 今季は公式戦32試合の出場で4ゴール2アシストを記録するも、プレミアリーグでの先発はわずか4回のみ。今冬にスウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキが加入したことで序列はさらに低下しており、チームでの居場所を失いつつある。 こうした状況に、ベルフワイン本人もオランダメディアの取材を受け「もっとプレーしたい。現時点ではトッテナムを出たい。それは確かだ」と発言するなど、移籍願望を表明。今年11月から開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指し、クラブでの出場機会を求めている。 そんなベルフワインに対して、以前から高い関心を示しているのが母国のアヤックスだ。今冬にもベルフワイン獲得のオファーを出したものの、トッテナムの要求する金額を満たせず、合意には至らなかった。 しかし、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、アヤックスはコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーの売却について3020万ポンド(約50億1000万円)の移籍金でドルトムントと合意。資金を得たアヤックスは、トッテナムが求める2500万ポンド(約41億5000万円)の移籍金でベルフワインに再オファーする可能性が高まっているようだ。 ベルフワインはユース時代アヤックスに在籍していた経歴があり、移籍が実現すればそれ以来の復帰となる。 2022.06.23 15:55 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムが移籍容認のウィンクス、エバートンが関心か

エバートンがトッテナムのイングランド代表MFハリー・ウィンクス(26)に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 5歳の頃からトッテナムの下部組織に所属していたウィンクスは2014年にトップチームデビューを果たすと、ここまで公式戦203試合に出場して5ゴール6アシストの成績を記録。しかし、今季は11月に就任したアントニオ・コンテ監督の下で出場機会が減少しており、プレミアリーグでの先発は2月に行われた第27節のリーズ・ユナイテッド戦が最後だった。 選手本人は今年11月に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)出場を諦めておらず、出場機会確保のためにも今夏の移籍を検討している。トッテナムもまた、コンテ監督の下でのチーム刷新を進めており、2500万ポンド(約40億円)程度の移籍金で移籍を容認する構えのようだ。 ウィンクスに対してはサウサンプトンやニューカッスル、セビージャが獲得に興味を示しているが、現在具体的な交渉に発展しそうなのがエバートンだという。フランク・ランパード監督は同胞でもあるウィンクスを高く評価しており、クラブに対してゴーサインを出したようだ。 エバートンは今シーズン終盤まで残留争いに巻き込まれるなど失意のシーズンを送っていたこともあり、新シーズンに向けて戦力の増強を模索している。 2022.06.23 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

なぜそこに…?UFC元世界王者の“ランボルギーニヨット”横で泳ぐ“プレミアリーガー”に脚光「今まで見た中で最も奇妙なコンビ」

世界最大級の総合格闘技団体であるUFCで世界王者にも輝いたことのある格闘家、コナー・マクレガーのインスタグラムに意外なサッカー選手が登場した。 マクレガーは、UFCでアイルランド人として初の世界王者に輝いたほか、史上3人目の二階級制覇,、史上初の二階級同時王者に輝くなどした超一流選手だ。 複数回の逮捕経験など“トラブルメーカー”の一面もあるマクレガーだが、21日にインスタグラムを更新。「父の日の週末」と綴り、リゾート地でランボルギーニのヨットに乗りながら家族で過ごした様子を投稿した。 マクレガーの投稿には、豪華なリラックスする子供たちも登場。マクレガーも父親らしい優しげな表情を見せていたが、写真を見進めていくとそこに思わぬ人物が登場する。 マクレガーのヨットの端にしがみつきながら、水着姿でサムアップしているのは、トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリス。家族写真が続く中、1枚だけ唐突にフランスの守護神が現れた。 予想外の2ショットにはファンも驚きを隠せず。「今まで見た中で最も奇妙なコンビかもしれない」、「どういう繋がり?」、「謎ショット」、「これは予想できない」、「意味わからん」といった声が寄せられている。 イギリス『サン』によるとマクレガー一家はフランス南部にしばらく滞在しているとのこと。ロリスとの遭遇は偶然だった可能性が高い。 なお、マクレガーは幼少期にダブリンのルルド・セルティック・フットボールクラブでプレーした経験があり、マンチェスター・ユナイテッドのファンとしても知られている。 <span class="paragraph-title">【写真】マクレガーのランボルギーニヨットの横で泳ぐロリス(7枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfDVjt0oi7-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfDVjt0oi7-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfDVjt0oi7-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Conor McGregor Official(@thenotoriousmma)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.23 06:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly