ラウンド16進出をかけたPO、セルティック古橋亨梧ら日本人4選手が参戦《ECL》

2021.12.13 23:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)・プレーオフの組み合わせ抽選会が13日に行われた。

今シーズンから新たに創設されたECL。チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)に次ぐ第3の大会として、国際舞台の裾野を広げることを狙いとして発足されることになった。

8グループに分かれて行われたグループステージでは、各グループ首位チームはラウンド16に進めるが、2位チームはそれぞれ、ヨーロッパリーグ(EL)をグループステージ3位で敗退したチームと対戦し、勝者がラウンド16への切符を手にするレギュレーションとなっている。
ELから回ってきたのは、マルセイユやレスター・シティといった実力者のほか、FW古橋亨梧の所属するセルティックや、MF堂安律擁するPSV、FW北川航也のラピド・ウィーンなど、日本人選手所属クラブも。ECLにグループステージから参加していたMF香川真司のPAOKも含めると、このプレーオフでは4人の日本人選手が登場することになる。

なお、グループGに関して、トッテナムの新型コロナウイルスのクラスター発生の影響により、最終節のトッテナムvsスタッド・レンヌが急遽開催延期となったため、2位が確定していない状況となっている。ただ、欧州サッカー連盟(UEFA)は先日、代替日が期日である12月31日までに確保できなかったとして、没収試合となる可能性が高いことを発表。その場合、規則上レンヌの3-0での勝利ということになり、トッテナムの敗退と、フィテッセの2位が決定する。

組み合わせの結果は以下の通り。プレーオフの1stレグは来年2月17日、2ndレグは2月24日に行われる。また、ラウンド16の組み合わせ抽選会は2月25日に予定されている。

◆ECLプレーオフ組み合わせ
マルセイユ vs カラバフ
PSV vs マッカビ・テルアビブ
フェネルバフチェ vs スラビア・プラハ
ミッティラン vs PAOK
レスター・シティ vs ラナース
セルティック vs ボデ/グリムト
スパルタ・プラハ vs パルチザン
ラピド・ウィーン vs トッテナムorフィテッセ

◆ECL決勝トーナメント進出決定済みチーム
LASKリンツ
ヘント
ローマ
AZ
フェイエノールト
コペンハーゲン
スタッド・レンヌ
バーゼル


関連ニュース
thumb

直前にヒザを捻る重傷、W杯の夢潰えたモロッコ代表MFが心境「自分だけの時間を過ごしたかった」

マルセイユに所属するモロッコ代表MFアミーヌ・アリ。25歳の攻撃的MFが自身の心境を綴った。 今季シャルケからレンタル移籍でマルセイユに加入していたアリ。チームの軸としてプレーし、モロッコ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に出場することが決まっていた。 しかし、代表合流前のラストマッチ、13日に行われたリーグ・アン第15節のモナコ戦に先発出場。しかし、後半にアクシデントに見舞われ、プレー中にモナコのアクセル・ディザジがボールをクリア。しかし、このキックと左足が接触すると、ヒザを捻ることに。そのままピッチに倒れ込んだアリは痛みに絶叫。周囲の選手も顔を覆ってしまった。 マルセイユのチームメイトは早くスタッフを呼び、近くにいたモナコの選手も異変に気付いて顔面蒼白。騒然となる中、そのまま担架で運び出されてプレー続行不可能に。W杯直前にまさかの重傷となり、夢は儚く散ることとなった。 そのアリは自身のインスタグラムに病院のベッドに横になる写真を投稿。ケガをしたことへの心境を綴りながらも、相手選手を責める気はないとし、ここからの復帰にすでに意気込んでいると気丈にに振舞うコメントを残した。 「愛する人たちとともに自分だけの時間を過ごしたかったから、少し待ってから話すことにした。想像の通り、肉体的な痛み以上に、ワールドカップの夢が、数時間前に消えてしまったことを実感するのは辛い」 「ただ、試合(モナコ戦)の前の記者会見でも語ったように、僕たちにとっては運命でもあり、それを受け入れる。僕はライオンズ(モロッコ代表)が大会で最高の結果を出すことを祈っている。僕の兄弟たちが、僕を誇りに思ってくれていると信じている」 「それからすでにプライベートで彼にも言ったことだが、ここでも改めて言っておきたいのは、僕はアクセル・ディザジを少しも責める気はないということだ」 「2人でボールをプレーする普通の試合であり、何の意図もなかった。彼がインターネット上で受けた被害は許しがたく、申し訳なく思っている」 「最後に、僕も落ち着いて手術を待ちたいと思った。ドクターと彼のチームに感謝する。これまで経験したことがない最大のケガだ。旅は確かに長くて辛いものだけど、みんなは僕のことをよく知っているはずだ。僕は決して諦めず、さらに強くなって戻ってくることをすでに考えている」 「また、クラブ全体、モナコのピッチでの事故から僕をケアしてくれたスタッフ、常にサポートしてくれたチームメイトにも感謝する。受け取った何千ものメッセージにも感謝する」 「みんなの存在は僕にとってかけがえのないものであり、僕はみんなのおかげで、この試練に冷静に立ち向かうことができる」 「シーズンnの終わりに代表チームとクラブのチームメイトの幸運を祈る。僕は君たちから目を離さない。自分を大切にしてほしい。またグラウンドで会いましょう」 <span class="paragraph-title">【写真】左ヒザ捻挫の重傷でW杯の夢が潰え、ベッドの上で笑顔のアリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClEpT9xoea9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClEpT9xoea9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClEpT9xoea9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Amine Harit(@amineharit)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.20 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

モナコ戦で重傷のマルセイユMFアリ、左ヒザ十字じん帯捻挫で長期離脱へ…

マルセイユは14日、モナコ戦で負傷したモロッコ代表MFアミーヌ・アリの診断結果を明かした。 アリは、13日に行われたリーグ・アン第15節のモナコ戦に先発出場。しかし、後半序盤の58分にモナコDFアクセル・ディザジとの接触で左ヒザを強く捻って悶絶。ピッチ内で応急処置を受けた後、すぐさま担架に乗せられて運び出されていた。 そして、この重傷によってカタール・ワールドカップのモロッコ代表メンバーに招集されていた同選手は大会直前での無念の離脱となった。 その悲劇の負傷の翌日に行われた検査の結果、クラブはアリが左ヒザ十字じん帯の捻挫という診断を受けたことを報告。現時点で離脱期間に関しては言及はないが、少なくとも数カ月単位の離脱となる見込みだ。 2022.11.15 01:08 Tue
twitterfacebook
thumb

左ヒザが逆に…モロッコ代表MFに悲劇、南野拓実欠場の試合で相手と接触し絶叫、W杯絶望の可能性大

カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕が迫っている中、ヨーロッパのシーズン中の開催の弊害が様々なところで勃発している。 日本代表にもケガ人が続出している中、他の国でもケガ人が相次いでおり、モロッコ代表MFもW杯出場の夢が絶たれることとなった。 それはマルセイユに所属するMFアミーヌ・アリ。25歳の攻撃的MFはシャルケから今季マルセイユへとレンタル移籍していた。 世代別のフランス代表を経験している中、2017年10月からモロッコ代表としてプレー。ロシアW杯のメンバーにも選ばれ1試合に出場。その後は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督にほとんど招集を受けていなかったが、6月以降に招集を受け、カタールW杯のメンバー入りも果たしていた。 そのアリは、13日に行われたリーグ・アン第15節のモナコ戦に先発出場。しかし、後半にアクシデントに見舞われてしまう。 58分、相手の背後へのパスに反応するとモナコのアクセル・ディザジがボールをクリア。すると、このキックで左足を持っていかれ、左ヒザを捻ることに。アリはヒザを押さえながら絶叫。自身のヒザがおかしなことになっていることに気がついた。 マルセイユのチームメイトは早くスタッフを呼び、近くにいたモナコの選手も異変に気付いて顔面蒼白。騒然となる中、そのまま担架で運び出されてプレー続行不可能となった。 試合中に起こった悲劇。互いに全力でプレーした結果ではあるが、W杯の開幕を1週間後に控えるタイミングでの無念の負傷となってしまった。 モロッコサッカー連盟(FRMF)も「早く良くなりますように」と投稿。2度目のW杯は直前で無念の離脱となってしまった。 <span class="paragraph-title">【写真】閲覧注意、ヒザを捻った瞬間…そして絶叫するアリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Les images terrible du genoux d'Amin Harit au moment de sa blessure. <br><br> (@MarocFoot22) <a href="https://twitter.com/MarocFoot22/status/1591937021198712834?ref_src=twsrc%5Etfw">November 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> <a href="https://t.co/xWdDykoVIH">pic.twitter.com/xWdDykoVIH</a></p>&mdash; LBFT (@LBFT_1) <a href="https://twitter.com/LBFT_1/status/1591903627563929600?ref_src=twsrc%5Etfw">November 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.14 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位&財政難のシャルケに朗報? 来冬の補強資金をゲットか

低迷するシャルケが来冬の補強資金を手にしたようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 日本代表DF吉田麻也が所属するシャルケはブンデスリーガで最下位に低迷。先月18日にはフランク・クラマー監督を解任し、トーマス・レイス氏を新指揮官に迎えたが、現在までに新体制でも白星を挙げられていない。 状況を好転させるべく来冬の移籍市場で補強に動くことは想像に難くないが、シャルケは財政面でも苦しい状況下に。それでも、今夏にマルセイユへレンタル放出したモロッコ代表MFアミーヌ・アリ(25)の買い取り義務が発生したことで、この売却益を利用する考えだという。 アリは6日に行われたリヨン戦で今季の出場数が15試合に。15試合の出場で500万ユーロ(約7億3000万円)の買い取り義務が発生する契約だったようで、年内に到達したことから、来冬の移籍市場を前にして補強資金を手にすることとなった模様だ。 スポーツ・ディレクター(SD)のペーター・ネーベル氏も「シャルケにとって朗報で、状況が少し楽になる」とコメントしているという。 2022.11.08 17:29 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループD総括】最終節までもつれ込む大混戦をスパーズとフランクフルトが制す

トッテナムが頭一つ抜けた存在も、大本命不在となったグループDは、戦前の見立て通りに今グループステージ最激戦区に。その混戦を土壇場で制したのはトッテナムとフランクフルトの2チームとなった。 ■順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.トッテナム[11/3/2/1/2] 2.フランクフルト[10/3/1/2/-1] 3.スポルティングCP[7/2/1/3/-1] 4.マルセイユ[6/2/0/4/0] ◆思わぬ苦戦も土壇場首位通過~トッテナム~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループ本命に挙げられた中、苦しみながらも劇的に首位通過を決めた。 昨季の終盤戦で躍動したスカッドに加え、今夏MFペリシッチやFWリシャルリソン、MFビスマ、DFラングレと実力者を迎えてシーズンに臨んだトッテナム。内容面に大きな課題を残しながら3位に付けるプレミアリーグ同様にCLにおいても、相手を圧倒するパフォーマンスは見せられなかったが、FWケインFWソン・フンミンを中心に見事な勝負強さを発揮した。 安定したホームゲームではスポルティング戦こそ微妙なVAR判定で劇的決勝点を取り消されて勝ちを逃したが、2勝1分けの無敗を維持。近年不得手とするUEFAコンペティションでのアウェイゲームでは、1敗1分けの未勝利で臨んだマルセイユとの最終節で2-1の逆転勝利。前半の失点によって一時敗退の危機に直面したが、DFラングレの同点ゴールと後半ラストプレーでMFホイビュアが決めたゴールによって逆転勝利し、最終節での劇的な勝ち上がりを決めた。 攻守両面で大きな課題を残しており、決勝トーナメントでは負傷者の復帰や今冬の補強と共にスロースタートの悪癖、ビルドアップとプレス精度の改善が求められるところだ。 ◆鎌田躍動で初の決勝トーナメント進出~フランクフルト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者としての意地をみせ、初参戦となったグループリーグを見事に2位通過した。 EL優勝の立役者となったMFコスティッチの流出や補強面が振るわず、ブンデスリーガで厳しい序盤戦を過ごしたフランクフルト。このグループリーグでもホームでの初戦でスポルティングに大敗と大きく躓いたが、しり上がりに調子を上げたチームはマルセイユ相手の連勝とトッテナム相手の善戦で望みを繋ぐと、最終節ではスポルティングとの敵地での直接対決を2-1の逆転勝利で飾り、見事に逆転での突破を決めた。 MF鎌田大地とMF長谷部誠の日本人2選手では、CL初参戦となった鎌田が第4節のトッテナム戦から日本人選手史上初の3試合連続ゴールを記録。セントラルMFとシャドーのポジションで攻守にハイパフォーマンスを披露し、世界最高峰の舞台で自身の価値を大きく高めた。一方、ヴォルフスブルク時代以来、久々の参戦となった長谷部は第2節のマルセイユ戦からリベロとして3試合連続スタメンを飾った中、ホームでのトッテナム戦ではケインやリシャルリソンを完璧に封じ込める圧巻のパフォーマンスを披露し、国内外のメディアから激賞を浴びた。その後、ヒザの負傷で2試合を欠場したが、決勝トーナメントでの躍動が期待されるところだ。 ◆守田奮闘もマルセイユ戦連敗が痛恨~スポルティングCP~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループリーグを通じて最も安定したパフォーマンスを披露したが、無念の3位敗退となった。 今夏の移籍市場でMFマテウス・ヌネス、MFパリーニャなど絶対的主力が流出し、国内リーグの序盤戦の低迷によって下馬評では最も低い評価となったが、若き智将アモリムの下でグループリーグ序盤戦は見事なパフォーマンスを披露。フランクフルトを敵地で粉砕すると、第2節ではトッテナム相手に互角以上の内容をみせ、試合終盤の2ゴールによって金星を挙げた。 しかし、2連敗で最下位のマルセイユとの連戦ではいずれも自滅でまさかの連敗。初戦では守護神アダンが2失点に絡むミスに加えて退場、第2戦では前半に2人の退場者を出し、自ら厳しい試合展開に。それでも、ホームでの最終節を2位で迎えたが、フランクフルトに競り負けて無念のEL行きとなった。 CL初参戦となったMF守田英正は最終節を負傷欠場したものの、5試合でスタメン出場。デビュー戦となったフランクフルト戦ではアシストを記録するなど、マン・オブ・ザ・マッチ級の活躍を披露。それ以外の試合においても攻守両面で安定したプレーをみせ、前述の鎌田同様に自身の価値を高めている。 ◆勝負強さ欠いて最下位フィニッシュ~マルセイユ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 選手個々のクオリティや経験値で突破の候補に挙がるも、無念の最下位フィニッシュに。 開幕前にサンパオリからトゥドールへの監督交代という混乱はあったものの、昨季リーグ・アン2位の戦力に加えて、FWアレクシス・サンチェス、DFバイリー、MFヴェレトゥら経験豊富な新戦力の加入。リーグ戦での序盤戦の快進撃によって良い形でグループリーグに臨んだマルセイユ。 グループリーグではトッテナムとの初戦のDFムベンバの退場など不運もあったが、パフォーマンス自体は決して悲観すべきものはなかった。ただ、いずれも競り負けたフランクフルトとの2試合、先制点を含め試合の大半で圧倒したトッテナムとの最終節での逆転負けを含め、決定力や耐える時間帯での失点とゲームコントロール、勝負強さを欠いたことが最下位という結果に繋がった印象だ。 2022.11.04 17:31 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly