アルベルト監督退任の新潟、今季コーチを務めた松橋力蔵氏が新指揮官に就任

2021.12.06 15:52 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は6日、松橋力蔵氏(53)が新監督に就任したことを発表した。

同クラブでは、2020年就任のアルベルト・プッチ・オルトネダ監督が今季限りで退任。今シーズン当初は首位を走っていたが徐々に失速し、リーグ戦5試合を残した時点でJ1昇格の可能性が潰えていた。

そしてこの度、後任に就いたのが松橋氏だ。選手時代は横浜マリノスや京都パープルサンガ、ジヤトコサッカー部などで活躍し、2002年に現役を引退。同年からジヤトコサッカー部で指導者としてのキャリアをスタートさせると、2004年からは横浜F・マリノスの下部組織とトップチームでコーチ・監督を歴任し、今季から新潟のコーチに就任していた。

来季から指揮を執ることになった松橋氏は、クラブを通じて感謝のコメント。加えて「目標達成に向けて、全力で取り組んでまいります」とJ1昇格に向けて意気込みを語った。

「このたび、アルビレックス新潟の監督に着任いたしました、松橋力蔵です。2021シーズンをコーチという立場で仕事をさせていただいた中で、来季の監督を任せてくださったクラブに感謝を申し上げると共に、とても光栄に思います」

「就任のオファーをいただいた時点で、すぐにでもお受けしたい気持ちになりましたが、それは新潟で過ごした経験を通じて、この街には厳しくも温かい、ファミリーのような雰囲気を感じたからです」

「トップチームの監督という重責をまっとうするために、新潟全体が期待しているJ1リーグ昇格に向けて、自分の力を精一杯に発揮するのはもちろん、チーム一体となって立ち向かっていきたいと考えています。何事も一人で成し遂げるのは難しいことですが、チームとして同じ方向を向き、惜しみない努力を続けながら進んでいく決意です」

「来シーズンを戦ううえで、積み上げたスタイルに、勝利に固執する姿勢を加えていきたいと考えています。一緒に戦う選手たちもさまざまな経験を持っているので、選手たちの個の力も引き出しながら、負けは断固として受け入れられない意思で戦っていきます」

「この一年を通じて、クラブは本当に多くの方々の支えのもとで成り立っていることを強く感じ、心から感謝をしています。皆様の熱い応援にお応えするためにも、クラブの目標達成に向けて、全力で取り組んでまいります」

「引き続き、アルビレックス新潟へのご支援とご声援を、何卒、よろしくお願いいたします」




関連ニュース
thumb

新潟の選手1名が新型コロナ陽性、発熱などがありキャンプ参加せず

アルビレックス新潟は18日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は14日、15日とチーム活動に参加も発熱などの症状はなし。14日に実施した抗原検査では陰性だった。 しかし、オフだった16日の午後に38.2℃を記録し発熱と咳の症状があり、17日も37.9℃と発熱が続いた他、咳やノドの痛み、頭痛の症状があり、医療機関でPCRを実施。午後に陽性判定を受けたとのことだ。 なお、当該選手は高知キャンプに帯同せず、新潟県内の医療機関で療養。濃厚接触者に関しては、行動履歴などを全て保健所に報告。クラブ独自の判断で、濃厚接触の疑いがある選手は自主隔離をしているとのことだ。 高知キャンプに参加している選手とスタッフ、クラブ関係者は18日以降も抗原検査を実施。濃厚接触者となった選手以外は、トレーニングを行うとのことだ。 2022.01.18 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟の10番、MF本間至恩が契約更新「いい結果が残せるように精一杯頑張ります」

アルビレックス新潟は13日、MF本間至恩(21)との契約更新を発表した。 本間は新潟の下部組織出身で、U-15、U-18と昇格。2017年、2018年は2種登録されると、リーグカップ、J2リーグでデビューを果たした。 2019年に正式に昇格するとレギュラーとしてプレー。2020シーズンは背番号10を付け、明治安田生命J2リーグで40試合に出場し7得点を記録。オフにはJ1クラブからのオファーもあった中で残留すると、2021シーズンも明治安田J2で32試合5得点を記録していた。 今オフも移籍の噂が浮上したが残留を決断。本間はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンも新潟の10番として、プレーさせていただくことになりました」 「アルビレックス新潟を応援してくださる方々のためにも、自分のサッカー人生のためにも、いい結果が残せるように精一杯頑張ります。今年も応援よろしくお願いします」 2022.01.13 09:25 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟、田上大地の完全移籍移行を発表! 2020年に柏からレンタルプレーヤーとして加入

アルビレックス新潟は8日、柏レイソルからDF田上大地(28)の完全移籍加入を発表した。 田上は流通経済大学在学中の2015年に特別指定選手として栃木SC入りすると、2016年からV・ファーレン長崎でプロキャリアをスタート。以後、2019年の柏レイソル入りを経て、2020年から新潟にレンタル加入した。 その新潟では初年度から出場機会を掴み、昨季は明治安田生命J2リーグ24試合に出場。そして、新シーズンから完全移籍に移行して、引き続き新潟でプレーすることが決定した。両クラブを通じて、コメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「皆さんこんにちは。2022シーズンもアルビレックス新潟のユニフォームに袖を通して戦えることを光栄に思いますし、同時に責任も感じています。新潟に加わって3年目となりますが、アルビレックス新潟はパートナー企業様やファン・サポーターの皆様に支えられているクラブだと強く感じました。皆様に結果で恩返しすることを最優先にして、ピッチ外でもクラブのために積極的な活動をしていきたいと思っています!」 「アルビレックス新潟への関わり方はそれぞれ異なりますが、『J1昇格』という目標はみんな同じです。長いシーズンを戦う中で、困難があるかもしれませんが、松橋力蔵監督率いるアルビファミリーなら必ず乗り越えていけます! チームは皆様の期待を力に変えて、真摯にサッカーと向き合っていきます。2022シーズンの最後に、みんなの想いが報われるよう共に頑張っていきましょう! 2022年はニイガタガアツイ」 ◆柏レイソル 「柏レイソルに関わる皆様。このたび、完全移籍でアルビレックス新潟に加わることになりました。柏でプレーできたのは1年間と短い時間でしたが、僕のサッカー人生で最も大切な1年間と言っても過言ではありません。また皆様の前でプレーできるよう、日々精進していきたいと思います。柏レイソルの成功を心から願っています。ありがとうございました」 2022.01.08 11:17 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟、渡邊泰基の復帰を発表! 2020年夏から金沢に1年半レンタル

アルビレックス新潟は7日、DF渡邊泰基(22)の復帰決定を発表した。 渡邊は新潟の下部組織出身で、2018年に前橋育英高校を経由してトップチーム入り。初年度から出場機会を掴んだが、2020年に出番なしの状況が続くと、同年7月からツエーゲン金沢にレンタル移籍した。 昨季もその金沢でプレーすると、明治安田生命J2リーグ37試合に出場して2ゴールをマーク。新潟に満を持して復帰となる渡邊は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「ツエーゲン金沢での経験を活かし、J1昇格の力になりたいという強い思いから、アルビレックス新潟に復帰する決断をしました。自分の居場所は新潟であり、このクラブで勝負する覚悟です」 「一年半ぶりに、アルビレックス新潟でプレーさせていただけることへの感謝を胸に、ファン・サポーターの皆様と共に、最高の景色が見られるように頑張ります。今シーズンも、温かい応援をよろしくお願いいたします」 ◆ツエーゲン金沢 「1年半ツエーゲン金沢でプレーさせていただきありがとうございました。新潟で試合に絡めず、苦しんでいた僕にチャンスをくれたのがツエーゲン金沢でした。結果で恩返しがしたかったのですが最後まで厳しいシーズンになってしまい、自分の力不足を痛感しました」 「そのような中でも背中を押してくれたファン・サポーターの皆様のおかげで最後まで走り切ることができました。本当にありがとうございました」 「この経験を必ず次に活かし、成長した姿を金沢の皆様に見せられるように頑張ります。この素晴らしいクラブでJ初ゴールやJ2通算100試合を達成できたことを誇りに思っています。1年半の温かい応援に心から感謝しています。本当にありがとうございました」 2022.01.07 12:13 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟がDF長谷川巧と契約更新「J1昇格以外は考えていません!!!」

アルビレックス新潟は6日、DF長谷川巧(23)との契約更新を発表した。 長谷川はジュニアユースから新潟に在籍。U-18と昇格し、2015年、2016年と2種登録。2017年にトップチームに正式昇格した。 2018年にはザスパクサツ群馬へ、2019年、2020年はツエーゲン金沢へと期限付き移籍を経験した。 2021シーズンは明治安田生命J2リーグで5試合に出場。新シーズンを新潟で迎える長谷川はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンもアルビレックス新潟の一員として戦えることを嬉しく思います!」 「昨年は、シーズンの大半を怪我によるリハビリなどに費やし、チームに貢献できませんでしたが、そんな自分に今シーズン、もう一度チャンスをくださったクラブには感謝の気持ちしかありません」 「深い感謝の気持ちを、今シーズンは結果という形で返したいと思っています!J1昇格以外は考えていません!!!今シーズンも熱い応援をよろしくお願いします!」 2022.01.06 12:16 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly