「オブラクは大きく見えた」股抜きゴールの久保建英がシュート時の“賭け”を明かす「上手くいった」

2021.12.06 19:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マジョルカの日本代表MF久保建英が今季初ゴールを詳細に振り返った。クラブの公式YouTubeが伝えている。ヒザのケガで離脱していた久保は11月27日のラ・リーガ第15節ヘタフェ戦で復帰。12月4日に行われた第16節のアトレティコ・マドリー戦では74分から途中出場した。

上位とのアウェイゲームに臨んだマジョルカは、68分に相手FWマテウス・クーニャに先制を許すも、80分にDFフランコ・ルッソが同点弾を記録。そして1-1で迎えた後半アディショナルタイム1分に久保が大きな働きを見せる。

相手FKのクリアボールからロングカウンターを仕掛けると、FWアンヘル・ロドリゲスのロングパスに抜け出した久保がドリブルでボックス内まで持ち上がり、名手GKヤン・オブラクの股下を射抜く左足シュートでネットを揺らした。

およそ2カ月にわたって離脱していた久保は、ゴールについて「何よりとても満足しています」としながら、「ここまでケガや他の要素から自分が思っていたようにチームに貢献出来ませんでした。このゴールがチームの勝利に役立ったと思いますし、ここからもっと役立てるようにやっていきたいです」とさらなる貢献を約束した。

マジョルカに勝利をもららすゴールになったことについては、「みんなが僕にとてもよくしてくれています。フィジオセラピスト(理学療法士)やフィジカルコーチ、ラウール、監督とコーチ全員、選手たちも僕を励ましてくれました」とリハビリ期間中に大きな恩があったと言い、「確かに難しい時期を過ごしましたが、僕はもうサッカーをプレーして、ゴールを決めて満足して家に帰れます」と語っている。

そして、この劇的な結末を予想していたかという問いには、次のように答えている。

「夢見るのは自由だと思います。僕がベンチにいるときは、いつも点を決めたり、アシストやいいプレーをすることを考えています」

「今日はそうなりましたけど、そうならないときもあります。負けたり勝ったり引き分けたり、だけど続けていくべき方向性はこれだと思います」

肝心のゴールシーンについては、世界屈指のGKであるオブラクとの1対1を制したが、相手の股を抜く選択は賭けでもあったと明かしている。

「正直なところ少し後ろにボールをコントロールしました。なぜかというとアトレティコの誰かが一緒に来ているのを見たからです。ただ、僕がボールを受けた時にオフサイドを狙ったのか彼は止まり、僕はフリーになりました」

「ゴールポストにいるオブラクは大きく見えました。それで僕はナーバスになりましたが、彼は体を投げ出すと思い、股抜きに賭けて上手くいきました」

そのゴールで気が楽になったかと問われた久保は、正直に「実際のところ、答えはイエス。さっきも言いましたが、それまでの僕個人は、みんなが思い、期待していたようなものにふさわしいほどチームの役に立てていませんでした。そして今の僕は解放された状態です」と答えた。

最後に、マジョルカファンだけでなく、保有元のレアル・マドリーファンからの祝福もあるのではと聞かれると、まだ全部を見られていないとしつつ、まずはチームメイトたちと喜びたいと心境を語った。

「まだ全部を見ることができていません。これから1つずつ見ます。でも最初にチームメイトと祝います。僕はこのチームに所属しているし、それが何より大事です。もし他にもメッセージがあるなら、それは嬉しいことです」

1 2

関連ニュース
thumb

「もう少し強引に行っても」中国戦に終盤出場のMF久保建英、サウジアラビアの印象は「アベレージが高い」

中国代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選から一夜明け、28日に日本代表のMF久保建英(マジョルカ)がメディアのオンライン取材に応対した。 27日、日本は中国とカタールW杯アジア最終予選で対戦。前半にPKを獲得すると大迫勇也が決めて先制。その後何度も決定機を迎えるが追加点を奪えない。 中国にほとんど攻めさせない日本は、後半に中山雄太のクロスから伊東純也がヘディングで決め最終予選3戦連発。そのまま逃げ切り、2-0で勝利を収め、4連勝。2位をキープした。 73分から遠藤航に代わって途中出場した久保は、[4-2-3-1]のトップ下に入り、小気味良いプレーを見せて攻撃の活性化を図ることに。追加点こそ生まれなかったが、調子の良さを窺わせた。 途中出場となった久保は「時間もあまりなくて、ちょっと停滞していた感じもあったので、活性化させて、あわよくば1点という感じでした」とコメント。追加点を狙いに行っていたとし、森保一監督からは「トップ下に入って、間で受けて、そのまま前を向いてくれと言われました」と指示を明かした。 その久保だが自身のプレーについては「昨日のあの相手であの時間では、もう少し強引に行っても良かったかなと思います」とコメント。シュートを打つシーンは1度だけだったが、よりアグレッシブにプレーすべきだったと課題を口にした。 ケガの影響もあり、昨年9月以来の代表戦となった久保。最終予選については「僕に関してはあまり代表経験もないので、最終予選を他と比べることはできないです」としながらも、「他の代表の試合とは違いはわからないですが、オリンピックとは違った良い意味での緊張感があると思います」と、独特の緊張感を受けたようだ。 次戦は首位に立つサウジアラビア代表戦。相手は勝てばW杯出場を手繰り寄せることができる状況だ。 サウジアラビア戦については「1回負けているし、向こうが首位で、勝ち点差も4あって、向こうは残り2試合になるので、余程のことがなければW杯が決まるという感じだと思います」と語り、「2試合に持ち越す気は無いと思うので、向こうは勝ちに来ると思います。日本相手に引いてくるということはしないだろうという話を選手たちでしていました」と、ある程度の予想はしているとし「僕たちも勝ちに行って、しっかり勝ち点3を縮めることが大事だと思います」と、首位に近づくことが大事だとした。 そのサウジアラビアの印象については「アジアでは飛び抜けているというか、アベレージが高いと感じました」と能力が高いと警戒。「ボールを扱う能力、スピード、フィジカル、戦術理解もあって、チームとして浸透しているものはあるなと思いました」と、チームの完成度についても警戒した。 2022.01.28 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「すごく難しい」9月以来の日本代表復帰のMF久保建英が[4-3-3]に言及、直接FKは「簡単に決まるものではない」と認識の違いを指摘

日本代表のMF久保建英(マジョルカ)が25日にメディアのオンライン取材に応対した。 日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向け、24日からトレーニングキャンプを実施。海外組の5名を除く18名が参加して汗を流した。 久保も24日のトレーニングに参加し、ジョギングなどで汗を流し、2日目のトレーニングに備えた。 その久保は、ケガによる離脱をしていた中、11月末に復帰。アトレティコ・マドリー戦では土壇場でチームを勝利に導く決勝ゴールを決めると、15日に行われたコパ・デル・レイのラウンド16では、エスパニョール相手に直接FKを叩き込んでいた。 前回の招集から2点を決めて今回の代表活動に参加した久保は、セットプレーについて「FKは自分も蹴ることが多いのでわかりますが、難しいのがわかります。トップレベルのキッカーでも年に何本も決められないので、そんな簡単に決まるものではないと認識したほうが良いと思います」と、セットプレーからのゴールがないことを嘆くことに疑問を呈し、「練習で決めていても試合では決められないことも多いので、決めてみて改めて感じました」とコメント。直接FKの難しさを見る人にも認識して欲しいとした。 9月の代表活動以来の招集となる久保。「息つくヒマもなくシーズン真っ只中で、チームはカップ戦が残っていますが、代表に呼ばれたことで犠牲にして来ています。そういう気持ちはしっかりと見せたい反面、シーズンオフでもないですし、コンディションはみんな良いと思うので、いつもの中2日などで試合があるのと変わらないので時差はありますがいつも通りです」と、強い気持ちを持ってしっかりと臨みたいと意気込んだ。 長いリハビリ生活を送っていた久保。「長かったので色々考えたこともありましたし、チームの試合を見に行くことは何度もありました」と語り、「満足に歩けないこともありました」と、苦しい時期を過ごしたという。ただ、「目の前のリハビリに集中していました」と語り、先を見過ぎないいつものスタイルを崩すことはなかったようだ。 今回の2試合はDF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)が負傷により不参加。また、FW古橋亨梧(セルティック)、MF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)ら攻撃陣も選手を欠いている状況だ。 久保は「僕がケガの時に代わりに呼ばれた選手がいますし、今回ケガの選手がいます。代表はそういうところだと思うので、呼ばれた選手がしっかりと結果を残せれば良いと思います」と、いない選手ではなく、いる選手がしっかりとプレーすることが大事だと語った。 10月、11月のW杯最終予選は「試合は見ていましたし、自分が出られない中でも代表の試合はチーム同様に気になっていて、色々考えていました」としながらも、「見ているだけで何もできないので、ファンと同じで勝ってほしいなと思っていました」と語った久保。中国代表戦、サウジアラビア代表戦については「これからも色々シーズンも続くので、気負いせずにベストのパフォーマンスを出すことが大事です。背負いすぎずにいつも通りの準備で試合に臨んで、いつも以上のプレーをしたいと思います」と語り、考えすぎないことも大事だとした。 久保がいない間、日本代表は[4-2-3-1]から[4-3-3]へとシステムを変更。その[4-3-3]での3試合で3連勝をおさめ、グループ2位につけている。 今回も[4-3-3]が採用される可能性があるが、久保は「昔僕が小さい頃は[4-3-3]のインサイドハーフでやっていた」とコメント。「今は前目のポジションに落ち着いていますが、昔はやっていました。(日本は)インサイドハーフというよりは3ボランチよりだと思いますが、前に圧力をかけるならもっと前に出たほうが良いと思います」と、インサイドハーフとしての立ち位置をもう少し前にした方が良いと感じたようだ。また、「自分がどうなのか代表ではわからないですが、[4-3-3]では自分ならもう少し高い位置を取りたいと思います」と、プレーイメージを語った。 ただ、当時[4-3-3]でプレーしていたのはバルセロナ時代だとのこと。「4-3-3でプレーするチームは世界でも限られていると思いますし、ポゼッションに圧倒的な自信があるチームしか知らないです」と語り、「すごく難しいフォーメーションであるなと思います」と印象を語った。 そんな中、久保は自身については「調子は良い」と語り、「ただ、チームの結果には繋がっていないので、今の最終予選は結果が大事なので、調子の良さをチームの結果に繋げられればと思います」と、クラブでは結果に反映されないものの、代表では結果に貢献したいとした。 その久保だが、重要な局面でのゴールが多いが「どちらかというと、大事なところで決めているということもありますが、決めているのが少ないので注目されているのもあります」と、自身のゴールが少ないことも原因だとコメント。「当たり前に決められることが大事だと思っているので、アシストやゴールを当たり前にできる選手になりたいと思っています」と、どんな試合でも結果を残せるようになりたいと意気込んだ。 2022.01.25 13:52 Tue
twitterfacebook
thumb

久保スタメンのマジョルカはビジャレアルに完敗でリーグ4連敗…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第22節、ビジャレアルvsマジョルカが22日にエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われ、ホームのビジャレアルが3-0で勝利した。なお、マジョルカのMF久保建英は69分までプレーした。 直近のラ・リーガで3連敗中と苦境が続く16位のマジョルカ(勝ち点20)が、8位のビジャレアル(勝ち点29)を相手に4試合ぶりの白星を目指した一戦。 直近のコパ・デル・レイ4回戦のエスパニョール戦を久保の見事な直接FK弾を含むセットプレー2発で制し、準々決勝進出を果たしたマジョルカ。そのコパ勝利の勢いを生かしたい格上相手の一戦では、古巣対戦の久保が右サイドハーフでスタメン出場を飾った。 ジェラール・モレノを始め多くのアタッカーを欠くビジャレアルがアルベルト・モレノを最前線に置く流動的な[4-2-3-1]の布陣を採用したことで、序盤からなかなか守備が嵌らずに後手を踏む展開を強いられるマジョルカ。 すると、12分にはビジャレアルの左サイド深くで得たスローインの流れから1人で2人を見る形となった久保の寄せがわずかに甘くなってペドラサに深い位置でクロスを上げられると、これがDFルッソのオウンゴールに繋がり、ホームチームに早々の先制点を献上した。 失点以降もバタつく場面が目立つマジョルカだが、時間の経過と共に相手の流動的な仕掛けに対して、人に付く意識を強めて徐々にアジャスト。相手陣内でのプレーを増やしていく中、2久保に見せ場が訪れる。 20分、右サイドでキープした久保は相手DFに囲まれながらも絶妙な左足のクロスを供給。これをゴール前でフリーのアマトが頭で合わすが、これは惜しくもGK正面。さらに、直後にはボックス右から左足を振り抜き、最初のシュートを放った。 前半半ばを過ぎると、試合はイーブンの展開となったが、先にゴールをこじ開けたのはまたしてもホームチーム。34分、マジョルカのFKを撥ね返してのロングカウンターからイボーラの大きなサイドチェンジを受けたペドラサがボックス左に侵入し、丁寧なマイナスのクロスを供給。これを中央でフリーのトリゲロスが左足ダイレクトで合わせた。 その後、前半の内に1点を返したいマジョルカが攻勢を強めたものの、ビジャレアルの安定した攻守のバランスを崩すことができず、2点ビハインドのままハーフタイムを迎えた。 後半に入ってイーブンな展開に持ち込んだマジョルカだが、なかなかフィニッシュの形を作れず。これを受け、57分にはアマトとアブドンの2トップを下げてアントニオ・サンチェスと古巣対戦のフェル・ニーニョを同時投入。この交代直後にはマフェオの右クロスからフェル・ニーニョに早速ゴールチャンスも、ヘディングシュートは枠を捉え切れない。 後半最初の決定機をモノにできなかったマジョルカは徐々に攻撃が停滞。これを受け、69分には久保とルイス・デ・ガラレタを下げてイ・ガンイン、セビージャをピッチに送り出した。古巣相手に幾度か見せ場を作った久保だったが、ビハインドでベンチへ下がることになった。 その後も試合はホームチームが危なげなく試合をコントロールしていた中、85分には途中出場のジャクソンがボックス内でDFルッソと交錯したプレーでPKを獲得。これをキッカーのパレホが冷静に決めて試合を決める3点目とした。 一方、この3失点目の場面でPKを献上したルッソに2枚目のカードが出て数的不利まで背負ったマジョルカは敵地で一矢報いることは叶わず。 この結果、ホームのビジャレアルが快勝で公式戦4試合ぶりの白星を奪取。敗れたマジョルカは厳しいラ・リーガ4連敗となった。 2022.01.23 02:16 Sun
twitterfacebook
thumb

マジョルカ、PSGの3番手GKセルヒオ・リコを半年間のレンタルで獲得

マジョルカは21日、パリ・サンジェルマン(PSG)の元スペイン代表GKセルヒオ・リコ(28)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 2019-20シーズンにセビージャからレンタルで加入し、翌シーズンに完全移籍でPSGの正式な一員となったセルヒオ・リコだったが、コスタリカ代表GKケイロル・ナバス、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマというワールドクラスの2人のGKの存在もあって、今季ここまではナバスの退場で急遽出番が回ってきたナント戦の1試合の出場に甘んじていた。 一方、マジョルカでは2017-18シーズン以降、守護神を務めているスペイン人GKマノロ・レイナ(36)の加齢による衰えも目立ち始め、クラブはポジション争いのライバルとしてスロバキア代表GKドミニク・グライフを補強。だが、グライフはここ数カ月に渡って背中のケガに悩まされており、直近の公式戦2試合ではレイナの不在を受け、カンテラーノであるスペイン人GKレオ・ロマン(21)をプレーさせていた。 2022.01.21 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第22節プレビュー】久保が古巣ビジャレアル戦! 上位陣は格下と対戦

コパ・デル・レイやスーペル・コパ開催の影響により変則開催となった第21節では、コパでのダービーで死闘を演じたセビージャの両雄に関して、ベティスが4-0の快勝を飾った一方、セビージャがバレンシア相手にドローと、明暗分かれる形となった。 インターナショナルマッチウィークの関係で1月最後の節となる第22節では、MF久保建英にとって古巣対戦となる16位のマジョルカ(勝ち点20)と、8位のビジャレアル(勝ち点29)の一戦に注目したい。 新型コロナウイルス感染者の影響もあり、直近のラ・リーガで3連敗中と苦境が続くマジョルカだが、直近のコパ・デル・レイ4回戦では久保の見事な直接FK弾を含むセットプレー2発でエスパニョールを破り、準々決勝進出を果たした。そのコパ勝利の勢いを生かしたい今回の一戦では、直近公式戦3試合未勝利も、中盤戦にかけて復調傾向にある難敵ビジャレアルと対戦する。この試合でもスタメン起用が見込まれる久保は、かつて苦難を味わったエスタディオ・デ・セラミカで躍動する姿を見せてほしいところだ。 スーペル・コパでバルセロナ、アスレティック・ビルバオを撃破してアンチェロッティ新体制で初タイトルを手にしたリーグ首位のレアル・マドリー(勝ち点49)は、トロフィーを引っ提げて初のホームゲームを戦う。その対戦相手は奇しくも直近のコパで対戦した15位のエルチェ(勝ち点22)。 守護神クルトワを始め、エースFWベンゼマらに完全休養を与えた上、一部主力を温存して臨んだ3日前の対戦では、0-0で延長戦まで持ち込まれた末、DFマルセロの退場にビハインドを背負う逆境に立たされるも、MFイスコ、FWアザールという伏兵2人のゴールで劇的逆転勝利に持ち込んだ。リーグ戦でのリターンマッチもタフな戦いが予想される中、休養明けのエースの爆発に期待だ。 スーペル・コパではその優勝チームとの接戦を落としたリーグ6位のバルセロナ(勝ち点32)は、トップ4圏内浮上に向けて降格圏の18位に沈むアラベス(勝ち点17)と対戦する。 スーペル・コパでは宿敵に屈辱の敗戦を喫し、コパ・デル・レイではアスレティック・ビルバオを相手に再び延長戦の末に2-3で敗れたチャビ率いるチーム。さらに、同試合では復帰したばかりのFWアンス・ファティ、MFペドリがいずれも負傷交代を強いられた点も気がかり。さらに、契約延長問題を抱えるFWデンベレとの関係が泥沼化するなど、チーム状況は決して良好とは言えない。そういった中、前回対戦でドローに終わった格下相手にきっちり勝ち切り、公式戦連敗の負の流れをストップできるか。 そのバルセロナと同様にスーペル・コパ準決勝で敗退となったリーグ4位のアトレティコ(勝ち点33)は、バウンスバックを図ったコパでもレアル・ソシエダに0-2と完敗し、公式戦3試合未勝利と苦しい状況が続く。公式戦4試合ぶりの白星を目指す今節は、直近の対戦でセビージャと引き分けた9位のバレンシア(勝ち点29)と対戦する。ソシエダ戦では攻撃の手詰まりに加え、守備の緩さを露呈する今季を象徴とする拙い試合運びを見せてしまっただけに、準備期間は短いが、闘将の下で攻守両面の立て直しが急務だ。 首位レアル・マドリーを追う2位のセビージャ(勝ち点45)と、3位のベティス(勝ち点37)は、それぞれ12位のセルタ(勝ち点26)と、11位のエスパニョール(勝ち点27)という中位の相手との対戦となる。 連勝がストップしたセビージャは守備のソリッドさは健在も、フィニッシュの精度に加え、ビルドアップの局面で苦戦が目立っており、今回のセルタ戦では攻撃面の修正が重要となる。 一方、コパのセビージャ戦での勝利を追い風に直近のアラベス戦も4-0の快勝を飾って勢いに乗るベティスは、プレー強度が高いエスパニョールに臆することなく球際できっちり戦いたい。 《ラ・リーガ第22節》 ▽1/21(金) 《29:00》 エスパニョール vs ベティス ▽1/22(土) 《22:00》 レバンテ vs カディス 《24:15》 ビジャレアル vs マジョルカ 《26:30》 セビージャ vs セルタ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs バレンシア ▽1/23(日) 《22:00》 グラナダ vs オサスナ 《24:15》 レアル・マドリー vs エルチェ 《26:30》 ラージョ vs アスレティック・ビルバオ レアル・ソシエダ vs ヘタフェ 《29:00》 アラベス vs バルセロナ 2022.01.21 19:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly