10シーズン川崎FでGKコーチを務めた菊池新吉氏が退任「歴史の一部に少しでも携わることができた」

2021.12.05 21:13 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
川崎フロンターレは5日、GKコーチを務めた菊池新吉氏(53)の退任を発表した。

現役時代はヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)や川崎Fでプレー。日本代表としても活躍した菊池氏は、引退後に指導者の道へと進む。

東京Vの育成部門やJFAトレセン、U-16日本代表など育成年代のGK指導に当たったほか、東京V、栃木SCでGKコーチを務め、2012年から川崎FのGKコーチに就任した。

これまで相馬直樹監督、風間八宏監督、そして鬼木達監督の下でGKコーチを務め、近年はタイトル獲得につながる指導を続けていた。

10シーズンにわたり川崎Fで指導を続けた菊池氏はクラブを通じてコメントしている。

「今シーズン限りでチームを退団する事になりました。輝かしいフロンターレの歴史の一部に少しでも携わることができ、スポンサー、チーム関係者、そしてファン・サポーターすべての方々に心から感謝申し上げます。ありがとうございました」


関連ニュース
thumb

川崎Fが新ユニの人気TOP3を発表、MFが上位独占で1位は新“14番”

川崎フロンターレは20日、2022シーズンユニフォームの人気選手TOP3を発表した。 2022年は、川崎Fにとってクラブ設立26(フロ)周年のアニバーサリーイヤー。ユニフォームは、フロンターレと深い繋がりのある風呂(フロ)のタイルからインスピレーションを受けたデザインとなっている。 現時点では後援会会員先行販売となっているユニフォームだが、現時点での人気TOP3が発表された。 3位には、プロ1年目にして大きな成長を遂げ、今季から背番号を22から8へと変えたMF橘田健人が名を連ねている。 2位にランキングしたのは、10番の元日本代表MF大島僚太だ。昨季は度重なるケガで9試合でしかピッチに立てなかったものの、依然として高い人気を誇っているようだ。 そして、1位に輝いたのは日本代表MF脇坂泰斗。昨季までは背番号8を背負っていた脇坂だが、今季からは、2020年に現役を引退したクラブのレジェンドである中村憲剛氏が背負っていた番号「14」になることが決定。その意思を引き継いでいる。 否が応でも注目が集まる中、ファンも大きな期待を寄せているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】風呂のタイル柄!脇坂、大島、橘田の新ユニフォーム姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>人気選手TOP3!<br>\<br>WEBショップで販売中の「2022シーズンユニフォーム」16,500円(税込)の人気選手TOP3の発表<br>脇坂泰斗選手<br>大島僚太選手<br>橘田健人選手<br>悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい後援会会員先行販売は本日23:59まで<a href="https://t.co/x5xywa9ks7">https://t.co/x5xywa9ks7</a>【アズーロ・ネロ】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/ZGO4eUTN3Y">pic.twitter.com/ZGO4eUTN3Y</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1484124043167117314?ref_src=twsrc%5Etfw">January 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.21 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

CBとしてチャンスを掴みたい川崎FのDF谷口彰悟「チャンスであることは間違い無い」

日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、川崎フロンターレのDF谷口彰悟がメディアのオンライン取材に応じた。 21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。 強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。 ここまでの合宿について振り返った谷口は「僕の場合はチームの始動と同時に合宿が始まったので、ここが始動という感じでした。最初から上げていくことはわかっていたので、体作りや心構えは準備していましたし、トレーニングしてみても体のコンディションは良い感じに上がってきていると感じています」と一定の手応えを感じている様子。一方で、「トレーニングしながら頭の部分はもっとあげられると思いますし、体の部分もあげられると思います。良いトレーニングをしています」と振り返った。 今回はDF吉田麻也(サンプドリア)やDF冨安健洋(アーセナル)ら、CBに負傷者が出ており、招集されないと見られている。 CBの選手としてはレギュラー組がいないだけにチャンスではあるが、谷口は「チャンスであることは間違い無いです。そこの座を狙っていますし、1回1回の練習、ワンプレーワンプレーが勝負になってきて、その気持ちで臨んでいます。自分も戦える、できるというのを見せないとピッチには立てないです」とコメントした。 アピールしたいポイントについては「守備の部分では周りを動かすところとか、バランス、誰がどういう感じかは整理できているので周りに伝える、個々のバトルもこだわって見せていきたいです」とコメント。また攻撃面にも触れ「ビルドアップのところでは早く攻めるのか、ゆっくり持ちながら攻めるのかは、現代サッカーではCBがやらなければいけないので、そこは率先してやりたいですし、自信もありますので、率先してやっていきたいです」と語り、「ビルドアップの際に縦につけるパスなど隙を逃さないということは持ち味でもあるので、そこは発揮していきたいと思います」と意気込んだ。 その谷口だが、今回のW杯最終予選への意気込みはかなり強いようだ。 「今回1つチャンスでもあるなというのはもちろん感じています。結局、結果としてチームが勝たないといけないですし、後ろとしてもパフォーマンスを出さないといけないということはわかっています」 「チャンスを生かさないといけないですし、アピールしたいですし、結果を出さないといけない。中国戦、サウジアラビア戦で代表として連勝することしか考えていないですし、自分がチャンスを掴めたら全てを出していきたいと思います」 「ワールドカップに立つということを考えると、先ばかり見るのではなく目の前の試合をしっかりと戦う。準備をしっかりやることが大事になります」 今回は同じ熊本出身のMF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)、MF松岡大起(清水エスパルス)が合宿に参加。そして、同じ大津高校の後輩でもあるDF植田直通(ニーム)も招集される可能性が高い。 植田については「直通の場合は高校生の時から身体能力を含め、パワーを含めて素晴らしいものを持っていましたし、それを武器にしているなと改めて感じました」とコメント。「ヘディングでは絶対負けない、競り合いでは負けない、バトルでは負けないというのは隣ですごく感じて、頼もしく思いました」と代表で共演したときにも感じたという。 その点について「僕も刺激になりましたし、そこでは負けたくないですし、それ以外のところでも後輩ですが負けたくない気持ちがあります。その気持ちが大事で、それが成長につながると思います」と、後輩からも刺激を受けているという。 また「負けたくない部分は全てになりますが、とにかく良いプレーをしてということを常に考えています。ここは絶対負けたくないというのはあまり考えないですし、ライバルでありチームメイトなので、お互いの良さを引き出しつつ、それぞれがバトルはやっていかなければいけないです」とコメント。「今はライバル心をメラメラ燃やしている段階ではないですし、とにかくゲームを勝つということにフォーカスしているつもりなので、チャンスをもらった選手が持っているものを100%出すことが勝利に近づくと思っているので、みんなでやれればと思います」と、それぞれの良さを出してチームとして結果を出せればと語った。 2022.01.20 21:01 Thu
twitterfacebook
thumb

中村憲剛の意志を継承する川崎Fの新“14番”、日本代表MF脇坂泰斗の覚悟「見てもらいたいという強い気持ち」

川崎フロンターレの日本代表MF脇坂泰斗が新たな背番号について言及した。 17日からスタートした日本代表候補トレーニングキャンプに参加している脇坂。昨年3月の初招集以来、およそ1年ぶりの日本代表招集となった。 初招集を受けたシーズンとなった2021年は攻撃を司る軸として明治安田生命J1リーグで25試合に出場し3得点を記録。チームの連覇に大きく貢献していた。 その脇坂は久々の代表合宿参加でアピールをしたいと語っていたが、新シーズンは川崎Fでの背番号が「14」になることが決定。これは2020年に現役を引退したクラブのレジェンドである中村憲剛氏が背負っていた番号として知られている。 クラブの象徴的な背番号を背負うことになる脇坂は「色々な心境があります」とコメント。「やらなきゃとか、プレッシャーとか、ここで成長したいというのもあります」と代表でもクラブでもしっかりと成長を続けたいと意気込んだ。 また「クラブと代表は別物と言いながらもつながっているので、注目されている分ハードルも上がるので、今シーズンは見てもらいたいという強い気持ちです」とし、「14」番をつけることでの高い注目度を歓迎すると語った。 中村氏は「背負いたい選手に背負ってほしい」としていたが、脇坂は「立候補ではないですが、強い意志はありました」と語り、自身が背負う気持ちは持っていたようだ。 その中で日本代表としても中村氏のような定着が求められる脇坂。「14番をつけることでプレッシャーも大きいと思いますし、それを跳ね除けることで大きく成長につながると思いますし、代表やクラブの発展、自分の成長にもつながると思います」とコメント。注目されることでのプレッシャーを成長の糧にしたいとコメントした。 <span class="paragraph-title">【写真】中村憲剛の意志を引き継ぐ14番のユニフォームを着た脇坂泰斗</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYwBu7fPRPz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYwBu7fPRPz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYwBu7fPRPz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Yasuto Wakizaka / 脇坂 泰斗(@yasuto_wakizaka)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.20 08:25 Thu
twitterfacebook
thumb

王者・川崎Fを支えたMF脇坂泰斗、日本代表でも飛躍へ「守備の強度やボールを持った時の質は格段に上がっている」

日本代表候補トレーニングキャンプの3日目を前に、川崎フロンターレのMF脇坂泰斗がメディアのオンライン取材に応対した。 17日から始まったトレーニングキャンプ。19名の日本代表候補と3名のトレーニングパートナーの22名が参加している。 21日に予定されていたウズベキスタン代表戦とのキリンチャレンジカップ2022が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中止に。試合は行えないものの、その後のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けてトレーニングを積んでいる。 2021年3月以来の招集となった脇坂。今回の合宿に向けては「クラブの始動が17日で、フロンターレとしては始動日と同じ日に代表の練習だったので、個人としてあげていました」と、クラブの始動前からしっかりとトレーニングをしていたと語った。 川崎FではJ1連覇に大きく貢献した脇坂。「攻撃のところで得点にこだることが大事だと思いますが、守備の強度もチームでは求められていますし、攻撃の時間を長くするためにも守備でしっかり切り替えて、大事にしてやっていきたいと思います」と、日本代表では少し違う役割があると語った。 特に守備面では違うと言い「人の配置が違って難しいところはありますし、ポジションも違いますが、スイッチには後ろの声掛け、前の圧力ということは変わりないです。前を動かしたり、後ろのアドバイスを聞いて限定することは意識してやっていきたいですし、攻撃につながる守備をしたいと思います」と、守から攻ということをしっかりと意識する必要があるとした。 また「攻撃は後ろから始まりますし、守備は前から始まると思うので、限定していくことは大事になるので、アンテナを張っていきたいと思います」と語り、インサイドハーフなどでもスイッチ役を務めたいとした。 3月以来およそ1年ぶりの招集となった脇坂。代表チームでの立ち位置については「チーム的なことを言うと、3月に選ばれた時は初招集ということもあり、海外組も多くいたので、自分の良さを知ってもらう段階でしたが、国内組が中心なので、自分の良さもわかってもらいつつ、味方の良さもわかっているかなと思います」と、今回は2回目ということと良く知る選手が多いことはプラスになるとした。 また「守備の強度やボールを持った時の質は格段に上がっていると思っているので、2つのステップアップのおかげでスムーズにトレーニングもやれていると思います」と、自身もこの1年で大きく成長したため、状況は違うと語った。 今回のトレーニングキャンプについては「ワールドカップを見据えますが、1日1日の練習を大事にやっていますし、21日までしっかりアピールしたいなということが目標です」と、まずは最終予選へ生き残ることが大事だとした。 一方でW杯に向けては「チャンスは少ないと思うので、少ないチャンスを活かせるように、自分の良さを出せるように、味方の良さを引き出せるようにしていきたいと思います」と、自身の良さを出しながら、味方を生かすプレーを見せたいとした。 2022.01.19 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

3連覇&アジアを目指す川崎F、キャプテンは3年連続の谷口彰悟! 登里、ダミアン、脇坂が昨季に続き副キャプテン

川崎フロンターレは19日、2022シーズンのキャプテン、副キャプテンを発表した。 2020シーズン、2021シーズンと明治安田生命J1リーグを連覇している川崎F。3連覇を目指す2022シーズンのキャプテンには、継続して谷口彰悟が就任した。 また、副キャプテンは3名が就任し、登里享平、レアンドロ・ダミアン、脇坂泰斗と昨季と同じが務めることとなった。 4選手はそれぞれクラブを通じてコメントしている。 【キャプテン】 ◆谷口彰悟 「今シーズンもキャプテンをやらせていただくことになりました。3連覇とACLという大きな目標に向かってチャレンジしていくシーズンになります。選手各自がしっかりとした準備、そして相当な覚悟をもって取り組まないと達成できないと思います。選手、スタッフ、全員の力を合わせて1年間戦い抜いていきたいと思います。」 【副キャプテン】 ◆登里享平 「今年もショウゴ(谷口彰悟)とチームを支えていきたいと思います。シーズンを通して、良い時も悪い時もあると思いますけど、みんなが同じ方向を向いて、楽しんで明るくやっていくことが大事だと考えています。目指す大きな目標に向かって頑張っていきましょう」 ◆レアンドロ ダミアン 「昨シーズンは素晴らしいグループで良いシーズンを過ごすことが出来ました。それはキャプテン、副キャプテン関係なくチームにいる選手、スタッフ全員が協力しあい、一人ひとりが努力しあった結果であったと思います。今シーズンも昨シーズンと変わらず、新しく加わってくれる選手も含めてみんなで協力し合いながら、素晴らしいシーズンを送れるように頑張りましょう」 ◆脇坂泰斗 「今年も引き続き、副キャプテンをやらせていただきます。昨年より厳しいシーズンになると思います。目標を達成するためには、一人ひとりがチームのためにレベルアップすることが大事だと考えています。その上でフロンターレの良さであるチームワークも高めて、しっかりチーム全員で1年間を戦い抜いていきたいと思います」 2022.01.19 11:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly