古橋亨梧と同僚ジョタが抜群の相性でセルティックの公式サイトを告知!食い気味な「ハイ、ソウデスネ」に大反響

2021.12.03 21:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ピッチで抜群の連係を見せる2人が、またも連係プレーでファンを沸かせた。今夏、横浜F・マリノスを率いていたアンジェ・ポステコグルー監督の就任とヴィッセル神戸の日本代表FW古橋亨梧の加入で、一気に日本での注目度が高まったスコットランドのセルティック。その中で、古橋はここまで公式戦22試合で14ゴール5アシストと大活躍を見せている。

そんな古橋と良い関係を築いているのが、同じく今夏セルティックにベンフィカからレンタル移籍で加入したポルトガル人MFのジョタだ。古橋と3トップを組むことが多いジョタも、ここまで8ゴール6アシスト、日本代表FWのゴールをアシストすることも多く、抜群の連係を見せている。

注目度が高まっている中、セルティックは2日に日本語版のクラブ公式サイトをオープンしたことを発表。すでに日本語版の公式ツイッターのアカウントを開設していたため、そこで公式サイトオープンの告知を実施した。

告知動画には古橋とジョタの2人が登場。そこでは、古橋が日本語でニュースを読み上げると、ジョタが「ハイ」「ソウデスネ」「ハイ」と食い気味に反応。締めで古橋が「クラブの皆が頑張ってくれたのでグッズ買ってください」とまとめると、ジョタが「ハイ」とそこはやや引き気味に返事して動画は終わった。

シュールな告知動画には、「おもしろすぎる」、「ジョタ最高」、「相槌の破壊力」、「ジョタのファンになりました」と多くのコメントが寄せられ、大反響を呼んでいる。

過去のインタビューでは、古橋との関係改善のために「日本語を学びに行くよ」と語っていたジョタだが、すでに実践してくれているのだろうか。これからも2人のさらなる活躍に期待したい。

1 2

関連ニュース
thumb

「日本人でもこんなシュート打てるんだ」セルティック旗手の“ほぼ”無回転ミドルに驚愕の声「まさに弾丸!!」

セルティックの日本代表MF旗手怜央が待望の移籍後初ゴールをゴラッソで決めた。 今冬に川崎フロンターレからセルティックへと移籍した旗手は、デビュー戦となったスコティッシュ・プレミアシップ第21節のハイバーニアン戦でいきなりマン・オブ・ザ・マッチの活躍。現地のファンを沸かせた。 そして、26日の第23節ハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)戦にも左のインサイドハーフで先発起用されると、再びその期待に応える。 27分、味方が敵陣でボールを奪うと、こぼれ球を拾った旗手が中央をドリブルで持ち上がり、バイタルエリアで右足一閃。ほぼ無回転の強烈なミドルシュートが相手GKクレイグ・ゴードンを襲い、そのままネットに突き刺さった。 旗手の見事なシュートシーンには、「日本人でもこんなシュート打てるんだ」、「まさに弾丸!!」、「朝からスカっとするゴール!」、「シュートスピードがイブラヒモビッチ」とファンも驚くばかりだった。 旗手は、セルティックの2点目のシーンでも起点となると、90分までプレー。チームの2-1の勝利に大きく貢献。現地メディアの採点でもチーム最高評価を受けるなど、素晴らしい活躍を見せている。 <span class="paragraph-title">【動画】日本人離れした旗手怜央の無回転ミドルを改めてチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">WHAT. A. STRIKE. <a href="https://twitter.com/CelticFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@CelticFC</a>&#39;s Reo Hatate HIT that <a href="https://t.co/Uf0B6FIVox">pic.twitter.com/Uf0B6FIVox</a></p>&mdash; CBS Sports Golazo (@CBSSportsGolazo) <a href="https://twitter.com/CBSSportsGolazo/status/1486433634022162433?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.27 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

衝撃ミドルのセルティック旗手怜央、現地の2紙採点でもチーム最高評価「信じられないようなテクニック」

セルティックの日本代表MF旗手怜央に現地メディアも高評価を与えている。 旗手は26日、スコティッシュ・プレミアシップ第23節のハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)に先発。FW前田大然は日本代表の活動のために欠場、MF井手口陽介、FW古橋亨梧はケガのためにメンバー外となり、日本人選手で唯一の出場となった。 左のインサイドハーフで起用された旗手は27分に魅せる。味方が敵陣でボールを奪うと、こぼれ球を拾った旗手が中央をドリブルで持ち上がり、バイタルエリアで右足一閃。強烈なミドルシュートをネットに突き刺した。 旗手は35分のセルティックの2点目の場面でも起点に。セルティックは後半に1点を返されたものの、1-2で勝利し、旗手は後半アディショナルタイムまでプレーした。 旗手に対し、スコットランド『デイリー・エクスプレス』は10点満点中9点を与えた。これはMFマット・オライリーと並ぶ最高評価で、「(相手)GKクレイグ・ゴードンを破る見事な一撃。そして、ハーツのプレッシャーにさらされる中、冷静な判断でピッチを駆け巡り、多くの個人戦を制して攻撃を作り出した」と寸評している。 『セルティック・ウェイ』では10点満点中8点でこちらもチームで最高タイの評価。寸評では「この日本人MFは、ハイバーニアン戦での活躍を引き継ぎ、信じられないようなテクニックで30ヤードの衝撃を放ち、クレイグ・ゴードンの前に致命的な精度で立ちはだかったのである。セルティックは、この選手を手に入れたのだ」と記された。 マン・オブ・ザ・マッチに輝いたデビュー戦に続いての活躍となった旗手。早くも現地メディアやサポーターの心を掴んでいるようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】「信じられないようなテクニック」旗手怜央の衝撃ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="2ByrIHKsU1M";var video_start = 69;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJaMmFxOE1OTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.01.27 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「彼の才能の一部だ」ポステコグルーが衝撃ミドルの旗手怜央を称賛

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、ハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)戦についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 セルティックは26日にスコティッシュ・プレミアシップ第23節でハーツと対戦。MF旗手怜央が先発出場。1-2で勝利した。 前半はペースを握りながら2点を先行するも、後半はハーツに押し込まれる展開が続き、1点差で迎えた72分にはPKを与えるが、相手のミスにも救われてなんとか勝利した。 ポステコグルー監督は試合に振り返り、選手がよくプレーをして勝利を掴めたと語った。 「選手たちを誇りに思う。このような状況下で、我々は変更を呼びなくされた。また、ここに来るまでは簡単ではなかった」 「我々は本当によくプレーし、多くのチャンスを作った。おそらく、もっと早く試合を終わらせるべきだっただろう」 「選手たちはゴールを決め、ファンも彼らを応援して盛り上げてくれたが、それでも我々は本当によく守り、勝ち点3を取れたのは素晴らしいことだ」 また、鮮烈なミドルシュートで初ゴールを記録した旗手についても言及。その能力を称賛した。 「見事だった。レオはデビュー戦の後、さらに期待が高まっていた。そして、彼はその高いハードルを乗り越えた」 「やってくれると思っていたし、かなり素晴らしいゴールだった」 「彼はこれまでストライカーとしてもプレーしてきたので、その経験を生かし、これからも活躍してくれることだろう。ゴールは彼の才能の一部だ」 さらに、追加点を奪ったギオルコス・ギアクマキスについても言及。ポステコグルー監督が獲得した選手たちの活躍を喜んだ。 「ギアクマキスはシーズンの前半は苦戦したが、彼は再び体調を整えるためにハードワークし、彼のパフォーマンスにはとても満足している」 「これが我々が獲得した選手の美しさだ。彼らは全て20代前半であり、ハングリーで、野心的であり、今年だけでなく、その先も核となる存在になるだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】監督も称賛した旗手怜央のワールドクラスの衝撃ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="2ByrIHKsU1M";var video_start = 69;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJaMmFxOE1OTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.01.27 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

旗手怜央が躍動! 鮮烈ミドルで初ゴール&追加点起点でセルティックはハーツを振り切る《スコティッシュ・プレミアシップ》

26日、スコティッシュ・プレミアシップ第23節のハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)vsセルティックが行われ、1-2でセルティックが勝利した。 この試合では、今冬加入のMF旗手怜央が先発出場。FW前田大然は日本代表の活動のために欠場、MF井手口陽介、FW古橋亨梧はケガのためにメンバー外となった。 現在リーグ戦2連勝中のセルティックは、[4-3-3]の布陣で臨み、旗手は左のインサイドハーフで起用された。 セルティックがボールを保持しペースを握って試合はスタート。2試合目の出場となった旗手は、いきなり結果を残す。 27分、敵陣でボールを奪うと、こぼれ球を拾った旗手が中央をドリブルで持ち上がり、バイタルエリアで右足一閃。強烈なミドルシュートがネットに突き刺さり、セルティックが先制する。 デビュー戦でマン・オブ・ザ・マッチに輝いた旗手は2戦目で圧巻のミドルシュート。アンジェ・ポステコグルー監督も満面の笑みでゴールを喜んだ。 先制したセルティックは35分にも追加点。相手陣内でパスを受けた旗手が右サイドへと展開。マット・オライリーが受けると、グラウンダーのクロス。これをギオルコス・ギアクマキスが相手の前に入って巧みに合わせて追加点を奪う。 セルティックが2点リードで迎えた後半、ハーツは62分にリアム・ボイスがスルーパスに抜け出てボックス内左からゴール。オフサイドが疑われたが、VARが導入されていないためチェックはなく、そのままゴールが認められた。 後半は押し込まれることとなったセルティック。72分には、CKの流れからオライリーがハンドを取られてしまいPK。しかし、これをボイスが逆を突くが、左ポストに嫌われ、ボールはギリギリ外れてしまう。 ことなきを得たセルティックだったが、その後もハーツに押し込まれる展開は変わらず。それでも最後まで守り切り、1-2で勝利を収めた。 ハーツ 1-2 セルティック 【ハーツ】 リアム・ボイス(62分) 【セルティック】 旗手怜央(27分) ギオルコス・ギアクマキス(35分) <span class="paragraph-title">【動画】ワールドクラス、旗手怜央の衝撃ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="2ByrIHKsU1M";var video_start = 69;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.01.27 09:58 Thu
twitterfacebook
thumb

「勝つことが一番大事」今冬セルティック移籍のFW前田大然、代表でのポジションについて「自分がどうこう言うべきではない」

日本代表のFW前田大然(セルティック)が、26日にメディアのオンライン取材に応対した。 日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向け、24日からトレーニングキャンプを実施。スコットランドから帰国した前田もトレーニングに参加している。 これまで予選6試合で4勝2敗の成績を残し、現在2位につける日本代表にとって、27日に行われる中国代表戦と、2月1日に行われるサウジアラビア代表戦のホーム2連戦は、W杯本大会出場に向けて非常に重要な一戦となる。 前田もこの2試合への意気込みについては「2試合で勝たないといけない。勝つため何が大事かを考えながらやっていきたいですね。ゴールをとらないと試合に勝てない。だからゴールはしたいけど、チームが勝つことが一番大事なので」とコメント。「もちろん、自分が試合を決めるという思いでやっています。でも、チーム皆がそう思っている。だから、皆で戦って勝っていければ」と語り、個人ではなくチームとして戦う姿勢を強調した。 代表ではサイドで起用されることが多い現状については、最前線でのプレーを望みつつも「まずは試合にしっかり出て、点をとる必要があります。(ポジションは)監督が決めることであって、自分がどうこう言うべきものではないかなと。出たときにしっかり結果を出したいです。(チームには)自分の特徴を知ってもらっていると思うから、どれだけできるかを示さないと。勝たないといけないのだから、点をとりたいです」として、与えられたポジションで全力を尽くす姿勢を示した。 また、前田は1月から加入したセルティックでの印象について聞かれた際、「練習は合流してからすぐハードなものをこなしました。きついものでしたが、練習メニューについてはマリノスと同じだったので、すんなり入れましたね」と語り、昨年夏まで横浜F・マリノスで指揮をとっていたアンジェ・ポステコグルー監督のおかげで順調だとアピールしている。 さらに、デビュー戦となった17日のハイバーニアン戦で開始早々にゴールを記録したことについては「最初が大事だというのは感じていました。うまく行きすぎかなとは思いましたが、それは自分がやるべきことをやってきたからかなと。これからも自信を持ってやっていきたいですね」と今後に向けて意欲を燃やした。なお、ゴール後に披露したアンパンマンのパフォーマンスについては「(アンパンマンだと)全然通じてはいませんでした(笑) 通じるようにこれからもゴールを決めていければ」と振り返っている。 2022.01.26 16:18 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly