山口が田中陸とヘニキの今季退団を発表

2021.12.03 17:21 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
レノファ山口FCは3日、MF田中陸(22)とMFヘニキ(32)の契約満了による今季の退団を発表した。

柏レイソルの下部組織出身の田中は、2018年にトップチームに昇格するも、出場機会を求めて2020シーズンに期限付き移籍で山口に加入。明治安田J2リーグで31試合に出場する活躍を披露し、今季から完全移籍に切り替わった。チームが苦しむなか、今季もリーグ戦31試合に出場し、残留に貢献した。

ヘニキは2014年1月に、ブラジルのクリシューマからFC岐阜に加入して初来日。その後、2016年にボタフォゴへ移籍し母国へ戻ったが、翌年に岐阜に再加入し、栃木SCを経て2020年に山口に移籍した。加入初年度はリーグ戦30試合で2得点を記録したが、今季はここまで8試合の出場に留まっている。

両選手はクラブを通じて別れの言葉を残している。

◆MF田中陸

「レノファ山口の皆さん、2年間お世話になりました。この2年間、悔しいこともありましたがそれも含めて自分にとって貴重な経験だったと思っています」

「良いスタッフ、チームメイトに出会い共にシーズンを戦い自分は成長させてもらいました。また、どんな時でも前を向き戦い続けてこれたのはレノファサポーターの皆さんが温かく支えてくれたからです」

「このチームを離れることはすごく寂しいですが、より成長し、皆さんにいい報告ができるよう精進し続けます。2年間本当にありがとうございました」

「ラスト1試合勝って終われるよう最後の最後までレノファの選手として戦います!」

◆MFヘニキ

「私にレノファ山口でプレーする機会を与え、私のサッカーを信じてくださりありがとうございます。チームを離れますがレノファ山口のJ2残留に少しでも役に立てて、達成できたことを嬉しく思っています」

「ファン、サポーターの方達は私にだけではなく、私の家族にも愛情を与えてくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。私のレノファ山口でのストーリーはここで終わりますが、違うところで新たに始まります」

「なぜなら、私は日本でプレーし続けたいからです。2年間本当にありがとうございました」

「Um grande abraço a todos e que Deus abençoe! (みんなにハグを。そして神のご加護があらんことを!)」





関連ニュース
thumb

山口の選手1名が新型コロナウイルス陽性判定

レノファ山口FCは13日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は13日の朝に37.3℃の発熱と倦怠感があり、医療機関にてPCR検査を実施。陽性判定となった。 この日はチーム活動には参加していない。 濃厚接触疑いのある選手はいないとのこと。また、その他の選手やスタッフは抗原検査で全員陰性とのことだ。 2022.05.13 20:43 Fri
twitterfacebook
thumb

山口のFW大槻周平が右ハムストリング肉離れで全治約5週間

レノファ山口FCは14日、FW大槻周平の負傷を発表した。 クラブの発表によると、大槻は右ハムストリング肉離れと診断。全治は5週間程度とのことだ。 大槻は2021年途中にジェフユナイテッド千葉から期限付き移籍で加入。今シーズンから完全移籍へと切り替わっていた。 今シーズンは明治安田生命J2リーグでここまで8試合に出場。3得点を記録していた。 2022.04.14 10:55 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台が前半に退場者を出しながらも山口に勝利! 山形は助っ人外国人2人が来日初ゴールで大量5得点【明治安田J2第9節】

明治安田生命J2リーグ第9節の6試合が10日に各地で行われた。 ユアテックスタジアムで行われた仙台vs山口では、両チームともになかなかシュートシーンまで持ち込めない時間が続いた中、16分に敵陣でボールをカットした仙台が、味方のパスから相手の背後をついた皆川が右サイドの深い位置まで侵入し、その折り返しを氣田が合わせて先制した。 しかし、26分にキム・テヒョンが2枚目のイエローカードを受けて退場に。1点リードも試合の半分以上を10人で戦わなければならなくなった。 この緊急事態に皆川を下げて若狭を投入した仙台。一方、数的有利を得た山口は45分に橋本が決定機を迎えるが、仙台DF平岡のクリアに遭いゴールならず。前半は仙台がリードを保ったまま終えた。 後半の立ち上がりに大ピンチを凌いだ仙台は51分、中島の敵陣右サイドでのボール奪取から素早くパスを繋いで前進。名倉がドリブルでボックス付近まで侵入し、氣田と真瀬を経由してボールはボックス中央の富樫へ。富樫は相手を背負いながらも、振り向きざまに左足を振り抜きゴールを射抜いた。 一人少ないながらリードを広げた仙台。対して、このままでは終われない山口は68分、左サイドから上がったクロスを岸田が頭で合わせて1点差に。しかし、以降は仙台も攻め手を緩めて守勢を強めたこともあり、スコアは動かず試合終了。巧みに試合をコントロールした仙台が2連勝を収めた。 NDソフトスタジアムでは、山形の新助っ人デラトーレが活躍。秋田との東北ダービーとなった一戦は、前半はスコアは動かなかったものの、後半に入ると山形の攻撃陣が爆発する まずは52分、敵陣中央の鈴木から右サイドからダイアゴナルに走り込む藤本にパスが繋がると、ゴール前へ侵入した藤本はキックフェイントを織り交ぜながら左足のシュートを流し込んだ。 その6分後に秋田のCKでオウンゴールを与えてしまうが、66分に鈴木のクロスからチアゴ・アウベスがゴールを決めて再び勝ち越し。その後、73分に山形はデラトーレを投入。これが来日初出場となった。 一方で秋田は75分、バックパスがデラトーレに奪われると、そのシュートをGK新井がゴールエリアの外で手で弾いてしまい一発退場に。これで数的有利も得た山形は、終盤にかけて猛攻を見せる。 87分、河合からスルーパスを受けたデラトーレがボックス左から流し込んで、チアゴ・アウベスに続いて来日初ゴール。その4分後には、デラトーレが右サイドの深い位置でスローインを受けて、右足アウトサイドでクロスを供給。これがGKの頭上を抜く形でゴールに吸い込まれ、本人が意図せぬ形で2点目をあげた。 さらに95分には木戸が今季初ゴールを決めて、結果的に大量5得点。山形が第2節のロアッソ熊本戦以来2勝目を挙げた。 そのほか、千葉とのアウェイ戦に臨んだ首位の横浜FCは43分に小川のゴールで先制するものの、後半アディショナルタイムに落とし穴。試合終了間際の95分に、千葉は左サイドからクロスを放り込み、チャン・ミンギュの折り返しを新井一耀が押し込んで同点に。横浜FCの連勝は3試合でストップした。 ◆第9節 ▽4/10(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ベガルタ仙台 2</span>-1 レノファ山口 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 5</span>-1 ブラウブリッツ秋田 ジェフユナイテッド千葉 1-1 横浜FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 栃木SC ツエーゲン金沢 1-1 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 1</span>-0 徳島ヴォルティス ▽4/9(土) いわてグルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> 大宮アルディージャ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ヴァンフォーレ甲府</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 FC町田ゼルビア 東京ヴェルディ 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ロアッソ熊本</span> FC琉球 3-3 ファジアーノ岡山 2022.04.10 16:43 Sun
twitterfacebook
thumb

山口の選手1名が新型コロナウイルス陽性判定

レノファ山口FCは24日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は24日に38.2℃の発熱があり、PCR検査を実施。陽性判定を受けたとのことだ。 なお、現在は適切な対策のもとで療養しているとのことだ。 また、クラブ内に濃厚接触者はいないとのこと。また、トップチーム選手、スタッフを対象とした抗原検査では当該選手以外は陰性とのことだ。 2022.03.24 19:34 Thu
twitterfacebook
thumb

山口、大卒2年目の高橋秀典が全治6週間の負傷離脱

レノファ山口FCは15日、DF高橋秀典の離脱を報告した。 高橋は右足関節外側側副じん帯を損傷。6週間程度の加療を要する見込みだ。 昨季に大阪体育大学から入団した高橋。今季はここまで出場がなかった。 2022.03.15 18:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly